鹿の道路への飛び出し

昨夜中富良野町の国道237を走っていたとき鹿が道路へ飛び出してきました.



対向車の前をかすめ,僕の車の直前を通過して少し併走,また戻って行きました.ここは山からはかなり離れているんです.ふだん鹿が出るような場所ではない.何をしに来たんだか.夜遊び?

前方の信号が赤だったのでアクセルペダルから足を離しており,速度は出ていなかったのが幸いでした.ドライブレコーダーの内蔵電池が空になったのか時刻設定しても出荷時設定に戻ってしまいます.電池交換できるかな?


[PR]
# by auf1028 | 2018-10-13 13:51 | 動画 | Comments(2)

原木の玉切り

さっき旭川から帰る途中,中富良野町で雄鹿が突然車のすぐ前を横切り,また戻っていきました.横断したわけではない.何しに来たんだよ.赤信号でスローダウンしていたのでぶつかりはしませんでしたが,この辺の道路に鹿が出ることはありませんでした.両側は畑だし迷ったのか?

今年は夏前に薪の制作がほとんど済んでしまいました.今は自分のじゃなく人(といいっても身内ですが)の原木を玉切りしています.

f0080743_22552026.jpg

造園屋さんの払い下げ.木の種類も太さもまちまち.写真ではわかりにくいですがすごい量です.電動チェンソーですこしずつやってます.電動の方が切るときだけ回せばいいので.太いのは脇にまとめておいて後でエンジン・チェンソーで切ります.

f0080743_231326.jpg

切った木についていたキノコ.キノコも種類が多く形も様々で面白いですね.


[PR]
# by auf1028 | 2018-10-12 23:01 | 薪ストーブ | Comments(0)

Miles Davis and John Coltrane Final Tour: The Bootleg Series Vol.6


f0080743_23174475.jpg

1960年のヨーロッパ・ツアー.パリ,コペンハーゲン,ストックホルムでの録音.音源としては今までブートレグで出ていたものですが,CBSが正規版としてまとめて出したと.

放送録音で,録音は優秀とはいえないけどうまく整音されていてバランス良好.

「完全生産限定盤」ということなんですが完全って今後絶対出さないってことなのか?

この頃コルトレーンは実質的にマイルス・グループを退団していたようなもので,そのせいか彼のプレイは実に伸びのびとしています.吹っ切れてます.ウィントン・ケリーもバッキングに苦労している感じです.コルトレーンを聴くために買っても全然損はないと思います.でも高いよね.輸入盤の価格なら納得.

マイルスはこの後コルトーレーンの後釜捜しに苦労することとなります.ジョージ・コールマンも悪くはないのだがコルトレーンと比べちゃねぇ.結局はウェイン・ショーターになったわけですが,ジョー・ヘンダーソンだったらその後どうなったかなと時々思います.


コルトレーンといえば少し前,未発表のスタジオ録音が発見されてアルバムとして出ましたね.これをNHKのテレビニュースでやっていたので少し驚きました.だって,モダン・ジャズの巨人とはいえ知ってる人は,視聴者の数パーセントでしょう.知らない人はなんのこっちゃ?であったでしょう.編成の担当者がファンだったのかな.いや別に悪いと言ってるわけじゃなくて結構なコトだと思いますが.


[PR]
# by auf1028 | 2018-10-11 23:17 | 音楽 | Comments(2)

こんなに背が高くていいのか


f0080743_2324034.jpg

こういうのたまに見ます.赤帽の軽トラックはかなり背の高い幌つけてますね.高さのあるものを積むためでしょうが,これはそれどころじゃない.取り外し可能だから法令違反ではないのだが.

観葉植物でも運ぶのかなぁと思いますが,少し強い横風でコテンといっちゃいますよね.運転も命がけだし後を走るのもいやだ.


[PR]
# by auf1028 | 2018-10-09 23:24 | 小ネタ | Comments(2)

凹んだ屋根の納屋


f0080743_0244750.jpg

凹んだ理由は雪でしょうねぇ.中間に何も支えがない構造上の問題でしょう.もっとも所有者はさほど気にしていなさそうです.

FD 100mmで撮ったのをトリミング.


[PR]
# by auf1028 | 2018-10-09 00:25 | 家,建物 | Comments(2)

街灯


街灯に寄ってくる虫もいなくなっちゃいました.先月は蛾が多かったんですがね.

f0080743_22433669.jpg

蛾は秋に成虫になる種類が多くて,こちらではクスサンという大きな蛾が出てくると秋だなぁって感じです.クスサンのサンは漢字だと蚕.繭を作る種類です.でっかいクスサンが明かりの周りを飛ぶんですが,思うのは人工の明かりがなかった時代,蛾はどうしていたのかと.暗闇の中を飛んでいたんでしょうか.


[PR]
# by auf1028 | 2018-10-07 22:43 | 夜の写真 | Comments(4)

朴の実:最終


また朴の実を見に行きました.あれ・・・葉はすっかり黄色くなり見は落ちて.一個だけ残っていたのを撮りました,

f0080743_024757.jpg

135mmで撮ったのをトリミング.


[PR]
# by auf1028 | 2018-10-07 00:02 | 植物 | Comments(2)

LM3875 invertedアンプに手を加える


まず入力端子の後にCRによるハイカット・フィルターを追加します.高周波をカットするもので市販アンプの99%には入っていると思います.自作アンプでは回路図に描かれていないことも多いのですが,帰還アンプでは入れたほうがいいと思います.

f0080743_22311347.jpg

僕の場合は入力の前にライントランスがあるので入れなくてもよいと思ったのですが,将来どういう使い方をするかわからないので一応入れておくことにしました.現状でも効果はあるようで低音の出方が変わってきました.

次は整流後の平滑コンデンサーを基板上の1200uFのみにする.47研究所のLM3875を使ったアンプGain Cardでは1000uFだけです.47研のページには「電解コンデンサーの容量を極小とし、電気的エネルギーの蓄積を極力排除した結果、音楽信号の急激なライズ・タイムにも余裕をもって追従し、音楽の躍動感をいささかも損いません。」とあるのですが,音楽信号の強弱の変化に対応するためには大容量のコンデンサーが必要,という正反対の主張もあるわけです.どちらも一理あるような気がします.(笑)

まぁ聴いてみようじゃないの,ということでケーブルでコンデンサーをバイパスしてみます.6800uF×8というけっこう大容量が入っています.・・・音が少しスッキリした感じというか・・・表現は難しいですが肌合いが異なることは分かります.ハムノイズは聴こえません.

f0080743_22313717.jpg

これはいける,ってことでシャーシ内から電解コンデンサーの載った基板を撤去しダイオードから電源を直結(仮).しばらく聴いてみていいんじゃないかという結論.じゃぁこんなに大きいシャーシ要らないよね.コンパクトに纏めてちゃんとしたケースに入れることを検討中です.

なお帰還抵抗器は220kから300K,330Kを試して現在はまた220Kに戻しています.この辺は使っているスピーカーや好みにより微調整してもよいかと思います.

そもそもこのアンプは(LM3886アンプもそうですが)メインのアンプが故障したときとか手を入れる最中などに使うテンポラリーアンプとして作りました.前作LM3886アンプはもうひとつという感じでしたが,これはメインの代役として十分使えます.音はかなり違いますけどクォリティは高い.このコストでこの音は驚異的.


[PR]
# by auf1028 | 2018-10-04 22:31 | オーディオ | Comments(2)