カテゴリ:オーディオ( 110 )

LM3875 invertedアンプその後


LM3886アンプよりずっと小型にできるのでケースを捜しましたが,適当なものがない,というかあっても高いのでオーダーで作ってもらいました.ヤフオクでシャーシを出品していた人です.オーダーも受けるということなので連絡して作ってもらいました.

f0080743_2025255.jpg

いわゆる弁当箱シャーシで別に変わったものじゃないのですが,適当な大きさでアルミ2mm厚ってのがないんですね.先日上がってきました.300mm×180mm×64mm.下が現在のケースです.電源トランスは外付けです.

f0080743_2025117.jpg

先日のパチンコトランスをバラックで接続,使ってみました.一次並列,二次を直列にして中点を作りダイオードプリッジに繋ぎます.二次電圧は35vから25V程度まで下がるので最大出力は低下しますが問題ありません.あまり変わらないが低音がスッキリした感じ.悪くない.300VA×2だから余裕ありすぎなんですが,せっかく入手したので使います.

整流ダイオードの選定で色々調べたのですがどうもロームのSiC SBDがよいらしい.でもすごく高いのでとりあえず4個だけ買って普通のセンタータップを使ったブリッジ整流でやってみます.どうも,整流方式云々よりダイオードの選択の方が音に影響が大きいのではないかと・・・.

帰還抵抗は結局330kに決定.ススムのプレート抵抗をICの3番と8番ピンに直接ハンダ付け.47研究所のGain Cardと一緒で世界最短の帰還ループ長となるわけです.

色々やって音が楽に出てくる感じになりました.EL34シングル・アンプと比べて高帯域なはずなんだけど,やはりバイポーラ・トランジスターはFETに比べ(真空管と比べても)ウォームトーンって感じがします.比べればってハナシですがね.高音の質感によるものなんじゃなかなぁ.細かい音がよく出る(あるいは強調される?)のでライブ・レコーディングの再生では臨場感がよく出ます.


[PR]
by auf1028 | 2018-11-21 20:25 | オーディオ | Comments(0)

パチンコ機器用トランス


前から気がついていたのですが,ヤフオクにパチンコ機器から取り外された(?)100V→24Vのトランスがたくさん出品されています.ほとんどがトロイダル・タイプです.パチンコ関連の機器は24Vで動くみたいなのです.

どのみち整流するのだろうから100Vの方が配線が細くて済むのでいいのでは? ちょっと調べてみると24Vなら電気工事の資格がなくても配線できるのだとか.関係ありそうですね.法律的には100Vのラインを延長ケーブルで伸ばす分には問題ないですがステップルでケーブルを固定するには資格がいると聞いたことがあります.

トロイダルなのはEI型などよりはるかに小型軽量だからでしょう.

LM3875の電源をちょっといじろうと思い,ヤフオクで安いトランスを捜しましたがなかなかないので,このパチンコ用トランスを二個落札してみました.一個800円.中古は多く出回っていますがこれより安いことも高いこともあるようです.

この手のトランスは製造者もわからないものがありますがこれは日本捲線工業,一流の会社です.デノンにもトランスを供給しているとのこと.アンプ用と同じクォリティではないと思いますが十分使えるのではないかな.

f0080743_18102974.jpg

100V入力の他に100V出力のアウトレットもついています(中で繋がっているだけでしょう).数珠つなぎにして外部配線を最小にするのか.鉄カバーの内部は樹脂で充填されトランス本体は見えません.

二個入手したのは正負独立整流にしてみようと思ったからです.テストして整流方式を決めてから新たなケースに収めます.


[PR]
by auf1028 | 2018-11-11 18:10 | オーディオ | Comments(0)

LM3875 Invertedアンプ:なかなか好調


LM3886アンプの筐体と電源などをそのまま利用したLM3875 Invertedアンプ,大量の電解コンデンサーを撤去して整流ダイオードからアンプ基板への配線を切り詰め.帰還抵抗を330Kに.かなり良いです.

帰還量を減らした分低域と高域が上昇しゲインは増えます.入力の10Kを増やせばゲインは減りますがとりあえずこのまま.低域はさすがに制動不足の感がありますが膨らんだ分をEQで抑え,やや緩いですがこういう音は好きなので.

細かい音がよく出ます.EL34シングルとは全然違う傾向なのでどちらが良いという話ではないです.それにしてもこんな簡単な(IC内部は複雑ではありますが)構成と低コストでこれだけの音が出るとは驚異的です.こうなるとディスクリートで作ったアンプとどう違うのか比べたくなりますが・・・将来の課題.

f0080743_1853860.jpg

ケースの中はスカスカになりました.基板をもう少し小さなケースに移植することにしました.気に入ったものがなくヤフオクでアンプケースを出品していた人にオーダーメイドで作ってもらうことにしました.180×300mmくらいでアルミのただの箱,天板が簡単にはずせるものでいいのですが,なかなかないです.

ヒートシンクも常用状態では不要と分かりました.ケース全体での放熱で十分です.消費電力はまだ測ってないですが非常に小さいです.限りなくB級に近いAB級なんでしょうか.バッテリーへの充電する時間は短いです.見てるとたまに充電ランプが点くだけ.バッテリーの電気だけで聴いている時間が長いです.


[PR]
by auf1028 | 2018-10-24 18:05 | オーディオ | Comments(0)

LM3875 invertedアンプに手を加える


まず入力端子の後にCRによるハイカット・フィルターを追加します.高周波をカットするもので市販アンプの99%には入っていると思います.自作アンプでは回路図に描かれていないことも多いのですが,帰還アンプでは入れたほうがいいと思います.

f0080743_22311347.jpg

僕の場合は入力の前にライントランスがあるので入れなくてもよいと思ったのですが,将来どういう使い方をするかわからないので一応入れておくことにしました.現状でも効果はあるようで低音の出方が変わってきました.

次は整流後の平滑コンデンサーを基板上の1200uFのみにする.47研究所のLM3875を使ったアンプGain Cardでは1000uFだけです.47研のページには「電解コンデンサーの容量を極小とし、電気的エネルギーの蓄積を極力排除した結果、音楽信号の急激なライズ・タイムにも余裕をもって追従し、音楽の躍動感をいささかも損いません。」とあるのですが,音楽信号の強弱の変化に対応するためには大容量のコンデンサーが必要,という正反対の主張もあるわけです.どちらも一理あるような気がします.(笑)

まぁ聴いてみようじゃないの,ということでケーブルでコンデンサーをバイパスしてみます.6800uF×8というけっこう大容量が入っています.・・・音が少しスッキリした感じというか・・・表現は難しいですが肌合いが異なることは分かります.ハムノイズは聴こえません.

f0080743_22313717.jpg

これはいける,ってことでシャーシ内から電解コンデンサーの載った基板を撤去しダイオードから電源を直結(仮).しばらく聴いてみていいんじゃないかという結論.じゃぁこんなに大きいシャーシ要らないよね.コンパクトに纏めてちゃんとしたケースに入れることを検討中です.

なお帰還抵抗器は220kから300K,330Kを試して現在はまた220Kに戻しています.この辺は使っているスピーカーや好みにより微調整してもよいかと思います.

そもそもこのアンプは(LM3886アンプもそうですが)メインのアンプが故障したときとか手を入れる最中などに使うテンポラリーアンプとして作りました.前作LM3886アンプはもうひとつという感じでしたが,これはメインの代役として十分使えます.音はかなり違いますけどクォリティは高い.このコストでこの音は驚異的.


[PR]
by auf1028 | 2018-10-04 22:31 | オーディオ | Comments(2)

LM3875 invertedアンプ完成


f0080743_19425973.jpg

基板完成.帰還抵抗器,入力に直列に入る抵抗器は後で調整するので簡単に替えられるようにしてあります.

f0080743_19431155.jpg

配線はオヤイデで昔から売っている銀メッキテフロン単線.被覆は薄いので真空管アンプの配線には向きませんが今回の用途にはぴったり.三種類の太さを使い分けました.単純な回路のわりには配線の本数は多いです.端子へ行く線が6本ありますし.LM3886アンプのときはジャングルになってしまい往生しましたが今回はこの程度で済みました.中央のタレット端子がGround Starです.

f0080743_19435282.jpg

スライダックでAC電圧を50Vくらいにして様子を見ます.煙も出ず異臭もないので100Vに上げます・・・大丈夫.直流も出ていません.アンプテスト用スピーカーをつなぎ,音が出ることを確認.O.K.のようです.やれやれ.

回路はここを参考にしました,というか,ほぼまんまです.(笑) 少し違うのは入力抵抗は固定で51K,電解コンデンサーは1200uF,フィルムコンは3.3uFです(手持ちの関係).

f0080743_19432956.jpg

ただし僕の場合は別基板に大容量の電解コンデンサーがついています.なので電源SWを切っても5,6秒間音が出ます.危惧していた電源投入時のショックノイズは聴こえません.

帰還量はもう少し下げてみる予定です.普通の音量で聴いているとき触って熱い所は一つもありません.非常に省エネなアンプです.


[PR]
by auf1028 | 2018-09-25 19:45 | オーディオ | Comments(2)

LM3875

f0080743_1114121.jpg

久々にオーディオ関係を.以前作ったLM3886アンプ,電源部もケースもそのままでLM3875で作り替えることにしました.LM3875は3886より前に出たパワーICでミューティング回路などはついてませんが外付け部品は更に少なくなります.寸法,ピン数とも同じです.

f0080743_1115992.jpg

アンプを作る際の構成は恐ろしくシンプル,電子工作の経験がある人なら誰でも作れるでしょう.(電源部を作る方が多分大変)

47研究所のGain Cardというアンプに使われて,これに刺激された(主に欧米の)オーディオDIYファンが盛り上がったのが2000年代前半.まだweb上には情報が残っています.その後人気はすっかり3886に移ってしまいました.音はウォームトーンの3886とは少し違うようです.

すでに製造終了ですがまだ手に入ります.若松通商で667円で入手しました.LM3875TFという型番ですがTFは絶縁タイプで放熱器につける際絶縁シート不要です.

ケースも電源部も,そして基板も部品を撤去して再利用します.3886のときはシンプルだからと適当に部品を付けて,回路図をチラチラ見ながら成り行きで配線したらぐちゃぐちゃになってしまったので,今回は少し考えながら作ろうと思います.部品は手持ちで済ますので新たに買う物はありません.

データシートにある回路とは違うInvetedで作ります.反転アンプです.8番ピンに信号が入り7番を接地します.


[PR]
by auf1028 | 2018-09-19 11:04 | オーディオ | Comments(4)

adaptecのUSBハブ 及びJPLAYその後


f0080743_2053121.jpg

CDより二回り小さいこの機器はUSBハブです.USB 2.0規格ができたとき発売されたもの.価格も高かったと記憶しています.今のハブはちょっとしたアクセサリーって感じですが,この頃は本格的な周辺機器だたのです.

本来はスタンドが付いていて直立します.真ん中は写真が入ってフォトスタンド兼用,外部電源のアクティブ型ハブです.デカイです.(笑)

なんでこんなものを入手したかというと,DACにUSB経由で信号を送る途中に入れてリピーター替わりに使えないかと思ったのです.信号レベルを上げるリピーターは単独では見たことがなく普通はリピーターケーブルとして売っています.5mくらいの長さがあるのを短かくして使うってのを最初考えたのですが高い.

これはadaptecだから,しかもUSB初期だから手抜きはなかろうと思ったわけです.実際に信号レベルが上がるかどうかは?.リピーターにしてもハブにしても中間に何か入れるのは信号劣化の可能性もあるわけですが500円だったのでダメモトです.ハブとしても使えますし.そこそこ発熱します.きちんと仕事をしているのであろうと期待.

さて音は・・・変わります.僕はクリアになってよくなったと思うのだが・・・まぁ気のせいかもしれません.(笑) 低音がいい感じ.


次に・・・先日音を聞いてびっくりしたJPLAYですが,色々聽いていると不自然さが気になってきました.違和感を感じるソフトもあります.一瞬熱が上がったのですがだんだん聽いていくうちにすっかりさめてしまいました. 

そもそも音の変化が大きすぎるんだよなぁ.音量が上がった感じがする,バックの細かなパーカッションが強調される,最弱音は変わらない.これってMaxmizer入れた感じに似てるよなぁ.今日日ポピュラー系のソフトはすでにマキシマイザーで音作ってるわけで,それにプラスJPLAYだとかなり不自然な音,と僕は感じましたがね.ただ非常に聴きやすくなるソフトもあるしあまり変わらないソフトもある.よくわからない.まぁJPLAYに関しては忘れることにしました.(笑)


[PR]
by auf1028 | 2018-08-16 20:53 | オーディオ | Comments(0)

JPLAY

暑いときは写真の方が忙しく,オーディオをいじらなくなるんですが・・・.PCオーディオでの再生ソフト,ずっとWave File Playerを使っておりますが(僕には)使いやすくて音もよい.でも他になにかないのかなぁと調べてみたらJPLAYです.名前の通り日本の音楽を再生するためのソフト・・・ではなくてポーランドの人が開発したそうです.JRIVERというソフトもありますが全然関係ない.

プレーヤーというよりプレーヤーの後に入ってDCCまたはDACにデータを渡すというもののようです.

2代のPCで使うと最高だそうですが1台でも使えるというので日本の代理店サイトから試用版をダウンロードして試してみました.インストールすると使用しているDCC,audiophilleo 2を捜し出してくれました.

JPLAY miniというプレーヤーが付属しているのですぐ音を出すことができます.

f0080743_23491323.jpg

このようなそっけない画面です.まぁオマケみたいなものですから.音は出たので若干の設定をして色々聽いてみました.まず「音がでかい」です.ふだん聴いてるより+6dBはあるんじゃないか.試用版は数分ごとに1,2秒音が途切れます.音楽の鑑賞はできないが音質の確認はできるニクイ仕様です.(笑)

音はWave File Playerと・・・っていうか今まで使ったことのあるプレーヤーとは全く違います.なんていうか,個々の楽器の音が強烈に浮き出してくる感じです.Wave File Playerとどっちがいいとか悪いとかはよくわかりませんが,これだけ違うとこれはこれで持っていてもいいかと思いました.自分のシステムからこんな音が出たのは初めて.

LP時代にフォノ・カートリッジを取り替えて音の違いを楽しんだように複数の再生方法があってもいいでしょう.


[PR]
by auf1028 | 2018-08-02 23:56 | オーディオ | Comments(0)

ES9018の出力を直接Neumann W444STAへ


寒いわ雨は降るわで連休のお天気は最低でした.連休明けは天気は回復しましたがまだ朝晩寒いです.最低気温4℃って・・・ねぇ.予報では明日の最低気温2℃!

ES9018のI/V変換ですがトランスを換えて色々やりました.だって,音がころころ変わるんだもの.結局手持ちの中ではAMPEXの入力トランスがベストということになりました.これで決まりなんだけど,試してみたいのは真空管による差動アンプ一段のI/V変換です.実験機を作るのはそう大変ではないが,どうしようかな.

その前に試してみたかった,ES9018の出力を直接Neumann W444STAへ.です.W444STAは現在アンバランスで使っていますが本来バランス入出力です.そしてトランス入出力.DACの差動出力をそのまま入れて問題ないでしょう.

f0080743_2357295.jpg

W444STAの背面にある23ピンコネクターは単体で入手可能ですが高いです,二年ほど前にヤフオクで安く出ていたので入手しておきました.これに入出力バランス2系統と+24供給ラインをはんだ付けします.出力はとりあえずCOLDとGROUNDを一緒にしてアンバランス化して聴いてみました.

バッテリー~インバーター電源と相まって,僕のオーディオ歴でいちばんいい音かもしれない.思ったより細身にはならず骨格のしっかりした音です.レンジは広い.オンな感じ.

ただ音楽を聴のならAMPEXのトランスを通した音も魅力あります.後ほどW444STAのバランス出力をこのトランスでアンバランス化してみましょう.



[PR]
by auf1028 | 2018-05-09 23:57 | オーディオ | Comments(0)

ES9018 DACからのトランスによるアンバランスへの変換


バッテリー+インバーター電源,何の問題も起きず快調に使えています.感じることは,とにかく以前の音はフォーカスがボケていたってことです.これは比較で分かることで,前の音だって別におかしいとは思っていなかったわけで・・・自分でやってみないと分からないです.

スピーカーのすぐ横に灯油ストーブがありまして,大音量を出すとこの金属製グリルが共振する.スピーカーの上に載せているプリンターも共振する.これはまぁ仕方ないよな,と思っていたんですがバッテリー電源に換えたら共振がぴたりと止まりました.(驚)

ハヤシラボのハヤシさんも表現は違いますが同様の感想を書いています.「今までは出るはずのない音が出ていた」と.

この大きな変化の理由は波形が改善された,それだけなのか? コモンモード・ノイズの変化とかあるんじゃないのか・・・とは思いますが如何せん浅学の身にてさっぱり分かりません.

今までより調整による音の違いがはっきり分かるようになったので,DACからの出力に使うトランスを色々換えてみました.いわゆるトランスI/V変換と同じ接続ですが,ES9018の場合は受けがハイインピーダンスの場合は電圧出力,インピーダンスが低い場合は電流出力になるらしいので,差動出力をトランスでアンバランスに変換ってことでしょう.

f0080743_20261099.jpg

まぁこういう結線になります.DACのアースとアンバランス出力のコールドを繋ぐのはなんとなくアレですがこうしないとアースが浮いたときのジジジ・・・というノイズが出るので仕方ありません.

手持ちのライントランスやプリ出力用トランスで色々試した結果,一番はLundahlのプリ出力トランスLL1654(5K:600)でした.重量1.3Kgもある大きなトランスですがレンジ,ゆとり感共申し分ない.5Kで受けるか逆にして600Ωで受けるか,微妙ですが5Kで受けた方がよいかも?

f0080743_20262991.jpg

これで決まりと思ったんですがもう一つ,AMPEX 4580200-01(10K:10K)も試してみました.名ミキサーAM-10などの入力に使われたトランスです.時期によって何種類かありますが僕の持っているのは茶色ベース(中期?).これが・・・イイ.「音楽がよく聴こえる」のです.Lundahiに比べたらはるかに小さなトランスですが.ただ最高域がLundahlと比べると伸びきっていない感じ.すこしロールオフしている印象です.しかしバランスがいい・・・.



[PR]
by auf1028 | 2018-04-04 20:26 | オーディオ | Comments(0)