2018年 06月 03日 ( 1 )

孤立した家

美瑛の端っこ,適当に車を走らせていると道路が分かれ,細い方は山に登っていく感じです.砂利道,両側は鬱蒼とした林,まるで林道を走っているよう.道はうねうねと何度か曲がります.狭いのですれ違い不可能,対向車が来ないよう祈りながら登っていくと突然視界が開けます.

上は平坦で驚くほど広大な畑地となっていました.畑の中を何度かカーブしていくと家が一軒あります.

f0080743_2335244.jpg



f0080743_234972.jpg

この家を発見したのは十数年前,その当時は住めないこともない?感じでしたが荒廃が進んでいます.昔は何軒も農家が存在したと聞きますが現在,この家以外は何の痕跡もありません.ただただ東京ドーム二個分の広さがある畑地だけが広がっています.

こんな山(丘)の上,電気も水道もありません.冬は大変だったろうと思います.陸の孤島状態に近かったのではないでしょうか.馬橇は稼動していたと思いますが・・・.

f0080743_2343353.jpg

Google Earthでこの家が見えます.この台地は画面を見て感じるよりずっと高いんです.標高は339mとのこと.最寄の人家まで直線で1.6km,実際には直線で行けないからその数倍・・・.



[PR]
by auf1028 | 2018-06-03 23:04 | 家,建物 | Comments(2)