2015年 02月 15日 ( 1 )

Philipsのミニコンポ

f0080743_14551463.jpg

カメラでもそうなんですが,暇にまかせてネット・オークションを見ていると「手に入れても多分あまり使わないと思うんだけど,欲しい」という品物に出会うことがあります.これもそのクチで・・・.去年から気にはなっていましたが値下げされたので入札しましました.35年前のコンポと考えると高いが・・・これ,日本では発売されてないと思うんですよね.Made in Belgiumです.220V仕様.

1979年から1981年にかけて販売されたフィリップスのミニコンポ,09シリーズのパワー・アンプとプリ・アンプです.他にカセット・デッキとチューナーが存在しました.パワー・アンプだけ欲しかったのだけどプリとセットだったので.

出品者によると「メンテしてあります」ということでしたが,どこをどうメンテしたのかは不明.

Technicsの「コンサイス・コンポ」を連想させますがあちらは1978年発売で一年早いです.

こちらを見ると"Hi-Fi Laboratory Series"の後継とも思われますが,サイズ的にコンサイス・コンポを意識したのではないでしょうか? コンサイス・コンポはサイズをA4に合わせたと言われていますがこちらはさらに小さくB5サイズです.

しかしパワーアンプは高さを他のコンポの倍にして体積は余裕があります.Tecnicsのパワー・アンプはチューナー,プリ・アンプと同サイズにしたため,スイッチング電源を使い実装密度も上げてパーツを詰め込みましたが熱的には少々厳しかったのでないでしょうか.

このパワー・アンプは上部に放熱スリットを持ちますが,上に他のコンポを載せても大丈夫なように側板全面にスリットが入っています.この辺は長期の安定性に影響してくると思います.

よくある,底板に前面パネルをつけてコの字型上部カバーをかぶせる構造とは違います.前面と上面は一体のアルミ押し出し材です.

webでサービスマニュアルを見つけました.2SC2579/2SA1104のシングル・プッシュ.DCアンプです.プリは送り出しにオペアンプTA7322P使用.

音は出ましたが35年前のアンプですから最低でも電解コンデンサと出力リレーの交換は必要でしょうね.またやることを増やしてしまった.(苦笑)
[PR]
by auf1028 | 2015-02-15 14:55 | オーディオ | Comments(0)