街灯


街灯に寄ってくる虫もいなくなっちゃいました.先月は蛾が多かったんですがね.

f0080743_22433669.jpg

蛾は秋に成虫になる種類が多くて,こちらではクスサンという大きな蛾が出てくると秋だなぁって感じです.クスサンのサンは漢字だと蚕.繭を作る種類です.でっかいクスサンが明かりの周りを飛ぶんですが,思うのは人工の明かりがなかった時代,蛾はどうしていたのかと.暗闇の中を飛んでいたんでしょうか.


[PR]
by auf1028 | 2018-10-07 22:43 | 夜の写真 | Comments(4)
Commented by gaku0107boo at 2018-10-08 08:48
おはようございます!
本来は蛾も夜は大人しく潜んでいたんでしょうけど、人間の仕業で夜も活動してしまうことになってしまったのかもしれませんね。
こちらはようやく蚊に刺されることが少なくなってきました。
なんでも近頃は北海道でも蚊がいるとか聞きましたが・・・。
Commented by maou29_v94 at 2018-10-08 16:50
蛾はきっと月明かりが出る時だけ飛んでいたのではないでしょうかね(苦笑)
北海道は色々な事で秋を感じる事ができるんですね。秋虫が飛び始めると夏が終わるってドラマでやっていたような気がします。
秋虫って何ですか(笑)!?
Commented by auf1028 at 2018-10-09 00:18
岳の父ちゃんさん, 蚊は南方系の昆虫ってわけでもな
いですよ.カラフトやアラスカでは夏,大量の蚊が発生
しネットなしでは川下りも出来ないと聞きました.血を
吸える期間短いので蚊も必死なんでしょう.

北海道にいるのはアカイエ蚊とヤブ蚊ですね.子供の頃
はよく刺されましたが下水道が完備しドブがなくなった
現在はそんなにいないんじゃないかな.僕は10年に一
度くらいしか刺されないです.
Commented by auf1028 at 2018-10-09 00:21
魔王さん, そう,月なんですよ昔の夜の明かりって月し
かない.満月の夜はすべての蛾が月に向かって飛んで行っ
たんでしょうか?

秋虫って僕も知らないです.コオロギとかですかねぇ?
<< 凹んだ屋根の納屋 朴の実:最終 >>