納屋の前にあった石と角材



f0080743_22381861.jpg

幌加内町,納屋の前にあった石.20cmくらい.存在感を感じて撮っておきましたいたときに.後で画像を拡大すると石の下にシートのようなものの切れ端が.ずっと前,この納屋がまだ使われていたときにシートを押さえるために置かれたのかな.

f0080743_22382942.jpg

向かいの納屋を見ると今度は角材が閉じたシャッターに立て掛けてありました.この納屋も使われていません.この角材はいつまでこの位置にあるのか.

石(コンクリートかも)にしても角材にしても,そこに置いた人の記憶はもう消え去っているでしょう.誰にも認知されずそこにあった.存在しないも同然だったのを,僕が気を惹かれて撮影.こうやってwebに上げれば複数の人がそれを見る.そう考えるとなにか面白いです,(笑)


[PR]
by auf1028 | 2018-08-15 22:38 | Comments(2)
Commented by hiromiko7 at 2018-08-19 17:11
どちらも、なかなかの存在感ですね。個性を感じます。
ひょっとしたら私なんかより個性的なんじゃないかな?
Commented by auf1028 at 2018-08-19 23:17
hiromiko7さん,これに注目したのは僕が最初で最後で
しょう.そう考えると少し変な気がします.
<< adaptecのUSBハブ 及... 「男山」の看板がある商店 >>