道路脇の郵便受け@美瑛


f0080743_9243416.jpg

郵便受けが道路脇まで出張しているというのはけっこう見ます.農家の場合道路からかなり引っ込んでいることが多く,郵便屋さんの便宜を考えてのこと,とくに冬季.

これはなかなか凝った造りで鉄工所に依頼したのかもしれません.

FD 50mm F1.2L @F1.4ですが後ボケは少しざわざわしてるかな.この光景を絵で描いた場合ボケをボケとして描くことはないわけです.(少なくとも)写真が実用化される前はボケをボケとして描いた絵はないと思います.全部パンフォーカスかあるいはウソでもバックを単純化してしまったはず.

この,キカイが描写するため「ボケがボケとして写る」のが絵との大きな違いだと思います.このレンズはボケがどうこう・・・ってのもわかります.まぁ今はデジタルでボケさえ加工しちゃおうって時代ですが.



[PR]
by auf1028 | 2018-06-10 09:24 | 風景 | Comments(6)
Commented by Otsubo at 2018-06-15 09:17 x
絵画と写真の関係、パースや遠近感も「レンズ」あるいは「カメラ」によって生まれた「技法」だとあらためて思いました。最近は「Bokeh」と云う英語が結構使われると写真好きのアイルランド人から聞きました。
Commented by BigDaddy at 2018-06-15 21:22 x
わぉっ!、妖怪ポストですね!。雰囲気いいですねぇ。やはりこういうのはパンフォーカスよりも背景をボカした方が雰囲気ありますよね。

ボケってほんの少し前まで日本人だけが意識していたそうですから、海外は今でこそボケを重要視していますが、かつては写真も絵画も同じイメージだったのでしょうね。
Commented by auf1028 at 2018-06-15 22:31
Otsuboさん,BIgDaddyさんも書いておられますが西欧で
は「ボケ」に相当する言葉がなかったらしいです.という
ことはボケという概念もなかったといってよいのかな?
アウトフォーカス部というほどのことだったのでしょう.
最近被写界深度のきわめて浅い写真を追求する人が増えま
したね.
Commented by auf1028 at 2018-06-15 22:34
BigDaddyさん,結果的には唐傘お化けみたいになってし
まいましたが雨よけ,安定,高さなど実用的に作った結果
でしょうね.

ボケて見えない部分があるっていう写真独自の表現をうま
く活かしたいですね.やりすぎるとあざとくなりますけど.
Commented by hiromiko7 at 2018-06-17 20:38
「気を付け」しているみたいで好感がもてます。ところで、
人間の目もボケてるんですよね? ボケていることを確認
しようと注視したとたんに絞り込まれてしまうようですが。
Commented by auf1028 at 2018-06-17 22:15
hiromiko7さん, 人の眼もボケているはずですがボケを
ボケとしては認識できないですよね.ところが写真にする
とボケを見ることができる.面白いですね.
<< 美瑛の丘から見た十勝山系 三笠市幾春別(4) >>