FUJINON EX 50mm F2.8 vs AI AF Micro-Nikkor 60mm F2.8D @F8

FUJINON EX 50mm F2.8はフジ最新の(かつ たぶん最後の)引伸レンズ.性能は優秀と思われます.撮影用レンズのような徹底した多層コーティングではないでしょう.歪曲は0.1%とほぼ無視できる値.大判用レンズと同じく前後対称4群6枚構成のオルソメター型.

50mmレンズは何本もあるのですがデッドストックと思われるのがすごく安かったんで買ってしまいました.実際使われた形跡はなく.フジの最新引伸レンズの実力を見たかったんです.

AI AF Micro-Nikkorも歪曲は0.1%.なので画を撮るに最適だろうと入手しました.もう役目は終えたので手放そうと思うのですが,その前にFUJINONと比べてみようと思いました.撮影距離5mくらいってのはFUJINONには不利かもしれません・・・って元々撮影に使うレンズではないんですが.

α7 ISO 320 1/800sec. F8.F5.6とF11でも撮りましたがF8の結果を掲載します.DXO Optics Pro11で現像.アンシャープマスクのチェックを外した他はでデフォルトの設定.等倍からの切り出し.

f0080743_2351439.jpg



f0080743_2354081.jpg

まぁ似たようなものですね,色も含めて.よく見るとフジの方が少し軟調.

開放でフォーカシングしてから絞りましたが普通最良点を捜して,ヘリコイドを多少行きつ戻りつさせます.が,ニッコールは一度でスパンと決まり気持ちいい.開放で収差がよく補正されているからでしょう.この点では手持ちレンズ中いちばんかも.うーん,持っていてもいいような・・・でも出番は少ないだろうし,うーん.



[PR]
by auf1028 | 2018-05-15 23:06 | カメラ,写真 | Comments(0)
<< ちょっといい感じの会館 セミデタッチト・ハウス >>