ES9018の出力を直接Neumann W444STAへ


寒いわ雨は降るわで連休のお天気は最低でした.連休明けは天気は回復しましたがまだ朝晩寒いです.最低気温4℃って・・・ねぇ.予報では明日の最低気温2℃!

ES9018のI/V変換ですがトランスを換えて色々やりました.だって,音がころころ変わるんだもの.結局手持ちの中ではAMPEXの入力トランスがベストということになりました.これで決まりなんだけど,試してみたいのは真空管による差動アンプ一段のI/V変換です.実験機を作るのはそう大変ではないが,どうしようかな.

その前に試してみたかった,ES9018の出力を直接Neumann W444STAへ.です.W444STAは現在アンバランスで使っていますが本来バランス入出力です.そしてトランス入出力.DACの差動出力をそのまま入れて問題ないでしょう.

f0080743_2357295.jpg

W444STAの背面にある23ピンコネクターは単体で入手可能ですが高いです,二年ほど前にヤフオクで安く出ていたので入手しておきました.これに入出力バランス2系統と+24供給ラインをはんだ付けします.出力はとりあえずCOLDとGROUNDを一緒にしてアンバランス化して聴いてみました.

バッテリー~インバーター電源と相まって,僕のオーディオ歴でいちばんいい音かもしれない.思ったより細身にはならず骨格のしっかりした音です.レンジは広い.オンな感じ.

ただ音楽を聴のならAMPEXのトランスを通した音も魅力あります.後ほどW444STAのバランス出力をこのトランスでアンバランス化してみましょう.



[PR]
by auf1028 | 2018-05-09 23:57 | オーディオ | Comments(0)
<< 妙にすっきりした家 カール ツァイス イエナ TU... >>