AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D (2)

AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8Dですが普通のマクロレンズがそうであるようにレンズ面はかなり奥まっています.

f0080743_13125578.jpg

最短撮影距離まで繰り出すとここまで出てきます.単純に全体が出てくるわけではないんですね.

f0080743_1313343.jpg

ヘリコイドの構造は複雑になりコストがかかりますね.インナーフォーカスにした方が低コストにできるのかもしれません.

f0080743_13124388.jpg

これだとフードが要るかなぁと手持ちを捜したらブロニカETRの蛇腹フードがフィルター径62mmでぴったり.

f0080743_13123454.jpg

庭のフキノトウ.最短撮影.F11.たくさんある花の房のなかに多数の花があるんですね.今までよく見たことがなく初めて気付きました.



[PR]
by auf1028 | 2018-05-04 13:13 | カメラ,写真 | Comments(4)
Commented by ポンポコ所長 at 2018-05-04 15:42 x
auf 様

AF Micro-Nikkor 懐かしいです.
昔,暗室の中で高速ストロボを使って,
50mmで微小気泡を撮っていました.

腕が悪かったため,あまり成果はあげられませんでした.
沢山の画像から,必要な映像を探すために,
目が痛くなった記憶がよみがえりました.

こんな綺麗な画像が撮れていたらなぁと思いつつ拝見しました.
Commented by gaku0107boo at 2018-05-05 20:29
こんばんわ!
このレンズ、繰り出すとこんなふうになるなんて初めて知りました。^^
でも、さすがいい写りですね。
それにしてもスゴイフード、これで撮ってたら注目されること間違いなしですね。^^
Commented by auf1028 at 2018-05-05 22:45
所長様, このレンズをお使いだったとは.普通の人はなかなか
マクロレンズを買ったりしないですよね.顕微鏡写真は以前趣味
で撮っていましたがマクロレンズでそれらしい写真を撮ったのは
これが初めてですよ.
Commented by auf1028 at 2018-05-05 22:51
岳の父ちゃんさん, ZeissnのMakro-Planarも凝った構造のヘリ
コイドを採用していたけど時代が新しくなるにつれ簡略化されて
いったと聞きました.このMicro Nikkorは外装にやや安っぽさはあ
るものの光学的には手抜きがない感じですね.
<< カール ツァイス イエナ TU... AI AF Micro-Nik... >>