ミナスの音楽


ミナス(ブラジル ミナス・ジェライス州)の音楽はなぜあんなに素晴らしいのか.ネイティブのインディオの音楽,アフリカから来た音楽,キリスト教の音楽がミックスされて・・・といわれますが,確かにそうでしょう.しかしそういう場所は他にもありますがミナス音楽のレベルは突出しています.一度ミナスへ行ってみたいものです.無理だけど.

今持っているミナス系のアルバムはミルトン・ナシメントとトニーニョ・オルタ各数枚だけ.少し気合を入れてミナス音楽のCDを集めてみようかという気になっています.中古で安いのを,気長に・・・.Youtubeでかなり聴けますけど音質がね,どうしても.

f0080743_23112146.jpg

手始めにミナス音楽の中心人物といってよいでしょう,ミルトン・ナシメントを.今持っているのは「Angelus」と「Miltons」の二枚だけ.

多くの人がそうかと思いますが,初めて買ったのが「Angelus」でした.彼のアルバムとしては世界的に最も有名かつ売れたと思います.ジャズ方面からはW・ショーター,H・ハンコック,J・ディジョネット.P・メセニー.ロック方面からP・ゲイブリエル.I・アンダーソン.J・テイラー等々参加メンバーが超豪華で内容も素晴らしい.

今回入手したのは「MILTON」で「Miltons」とは違うアルバムです.さらに「MILTON」というアルバムはもう一枚あります.ややこしい.

これは前二作ほどはピンと来ませんでしたが持っていてよいでしょう.



[PR]
by auf1028 | 2018-03-19 23:11 | 音楽 | Comments(0)
<< アートなモルタル壁 小さなマンホール蓋 >>