雪を被った牧草ロール

サイロに取って代わった牧草ロール.上富良野町とか,まだ現役っぽいサイロはありますが,もう新規にサイロが作られることはなさそうです.かつての北海道らしさを象徴するサイロ,消えつつあるのはちょっと寂しいです.

雪を被った牧草ロール,異次元世界の神殿のようでもあり迫力がありました.


f0080743_2235145.jpg



f0080743_22353111.jpg





[PR]
by auf1028 | 2018-02-13 22:36 | 風景 | Comments(6)
Commented by BigDaddy at 2018-02-13 23:46 x
おお!、巨大な生クリーム盛りマシュマロですね(笑)。

サイロとこの牧草ロールってそれぞれに長所があると思っていて、サイロが将来なくなるなんて初めて知りました。廃サイロが多いのって牧草ロールの発展が理由なんですね。
Commented by maou2929 at 2018-02-14 14:32
牧草ロールが雪で白いと何か違ったものに見えてしまいますね。
大きなマシュマロにも見えなくもない(笑)
サイロと牧草ロールは切っても切れない繋がりがあったんですね。自分も今ちょっと調べてみて初めて知りましたよ。こんな所にも技術は広がっているんですね。サイロはお役ご免となった今巨大なオブジェになっていたなんて
Commented by auf1028 at 2018-02-14 23:02
BigDaddyさん, 当地ではラップされたロールが目立ち
ますが道東の酪農地帯ではまだサイロが健在のようです.
でもタワーではなくて半地下とか,昔のサイロのイメー
ジからは遠いもののようです.ちなみにサイロに入れるの
は牧草ではなくデントコーンというトウモロコシを刻んだ
ものです.
Commented by auf1028 at 2018-02-14 23:03
魔王さん, 廃サイロが目立つのは離農した人が多いから
というのもあります.酪農もなかなか難しい問題があるよ
うです.
Commented by hiromiko7 at 2018-02-15 19:22
たしかに「神殿」の雰囲気がありますね。国籍不明ですが(笑)。
Commented by auf1028 at 2018-02-15 21:12
hiromiko7さん, 50年前の人がもしこの写真を見たら
何がなんだかわからないでしょうねぇ.そのころこのよう
なラップロールはなかったから.
<< 冬も観光客がいる美瑛セブンスターの木 丘の上の小さな林 >>