Kamik Canuck

ソレルSorelのスノーブーツもう16シーズン履いていて17シーズン目に入ろうとしています.あまり歩かないからね.下部がゴム,アッパーがナイロンの安いヤツ.名称不明.13シーズン目辺りから,かかとの上,ナイロン地が縦にテープで補強されているのだが糸が切れてはがれてきました.ここは歩くたびに曲がるので,このタイプの靴は大体この後ろ側がイカレてきます.

f0080743_1032175.jpg

インナーも替えてないし保温力は新品時から相当落ちてます.昨年はナイロン地がゴム部分からはがれてきたのでセメダイン・スーパーXをべたべたに塗って補修.まだ雪かき時に使うつもりですが外見もかなりヤレてきたので新しいのを買うことにしました.

ナイロン・アッパーのモデルが軽くていいです.ナイロン部分は水を通しますが北海道の乾いた雪ならまったく問題ないです.

しかしこのモデルはもう存在しない.しかもソレルは数年前生産をカナダから中国はじめアジア圏に移しています.似たようなナイロンアッパーのモデルはあるのだが,耐久性については不安になるような情報がちらほら・・・.

ヤフオクに出品されていた物件はゴム部分の横が割れていました.ヒビじゃなくぱっかりと割れているんですよ.信じられませんな.ヴェトナム製でしたがこんなの買う人いないと思うが.修理したって他の部分が割れる可能性あるわけで.雪中を歩行していて靴が割れたら悲惨です.

f0080743_10315798.jpg

そこでソレルと並ぶカナダのスノーブーツ・メーカーKamikカミックの製品を買うことにしました.現在履いている靴とよく似た製品,Canuckです.Made in Canadaで少し安心できます.アマゾン経由でカナダの靴屋から買いました.7800円.送料入れても一万円.向こうでは作業靴に近い実用シューズなんだと思います.注文した後で気付いたのですが国内でも一万円台の価格で売っている所があるみたい.5000円台で売ってるサイトもあったけどさすがに???・・・.

サイズはUS9ですが少しきついか.9.5があればよいのだけどこの手の靴はサイズ0.5刻みではなくこの上は10になってしまいます.しばらく履いてインナーがへたってくるとちょうどよいのではないかな.現状では暖かいというより暑いです.

底のクッション不足なので中敷を追加したいところです.とりあえず後半分だけ,カットして追加する予定.

カナダで売っているのと日本で売っているキャラバン扱いの製品と横幅は同じなのか?2Eとか3Eとかの表示はないので不明です.


実は革アッパーのソレル,カリブー(カナダ製)も持っているのですがめったに履きません.編み上げタイプは履いたり脱いだりするとき面倒なんです.ズボンの裾を入れて紐を締めるのは面倒.Canuckのようなタイプは足を入れる部分が広いのでゴム長履くときと同じ,そのままズボンと入れればよいので楽です.
[PR]
# by auf1028 | 2016-12-04 10:32 | アウトドア関連 | Comments(4)

資材置場

f0080743_23113564.jpg

資材置き場なんだそうです.どんな資材置くんだよ,と突っ込みたくなりますわね.(笑)
[PR]
# by auf1028 | 2016-12-01 23:11 | 風景 | Comments(2)

6C5G

f0080743_22575120.jpg

EL34シングル・アンプの前段の球を6C5GTにしたら音が変わってびっくり,と前に書きました.音像のエッジが立ってクリアなのはいいとして少し音が硬いか.低音も伸びが今ひとつ.なのでST型の6C5Gにしてみました.茶色ベースでメーカー銘が消えていてわかりません.

あ,これはいい.硬すぎずクリア.好みの音です.ただし1940年代製造と思われる6C5GとEL34とでは時代が離れていてルックスはミスマッチといえばミスマッチ.これならMT管の6KA5の三結でもいいんでないのかな.

5極管の三結でドライブ,考えたことはあるのですが三極管を大量に持っているので敢えて試してはみませんでした.音がさっぱりし過ぎになるかも?とも思いました.まぁさっぱりした音は好みではあるのですが程度問題.以前のSiemens 10Wでは合わなかったでしょう・・・わからんけど.

Isophon P25Cに換えてから一年半,まだ少しずつ情報量増えてきてます.何しろ未使用品でしたから.Siemens 10Wは音がこなれるのに7年くらいかかりました.

10Wのときは気付かなかった音が出るのには少し驚いています.スピーカーの能率は6dB下がっています.高能率スピーカーの方が情報量は多いと信じていたのですが.10Wは細かなピークが多いのでマスクされて聴こえなかったのか?

なかなかよい音になったと思います.10Wのコントラストの高さには到底及びませんがソースをあまり選ばない.音像のにじみが少ない.普通といえば普通なんですが.
[PR]
# by auf1028 | 2016-11-29 22:57 | オーディオ | Comments(0)

ライス おかず

f0080743_19165773.jpg

夜,裏通りを車で移動しているとき目に入って,思わず「みそ汁はないのかよ」と突っ込み入れたくなりましたが.(笑)

EOS 5Dあたりからですが,帰宅し現像して画像を拡大,撮影時に気付かなかった細部が面白いってことがよくあるようになりました.ファインダーで見えなかったものも写ってしまう.

この写真にしても「おかず」の右に小さな文字があるのは気付いていましたが「各種あります」とは読めなかった.柿がナントカ?なんだろうと思ってましたが.「ラーメン」の前の「冷やし」も気付かなかったなぁ.


ISO 1600 F1.7 1/20sec.
[PR]
# by auf1028 | 2016-11-26 19:17 | 家,建物 | Comments(4)

日本光学 S型顕微鏡(前期型)

f0080743_23501913.jpg

頂きました.名機といわれています.残念ながら三眼ではなく双眼なので写真撮影に使えないことはないですが不便.今持っているオリンパスの顕微鏡よりずっと高級な製品ですが何しろ半世紀近く前のモノですので整備が必要かと.しろうとがどこまで出来るか・・・.しばらくは飾り物です.
[PR]
# by auf1028 | 2016-11-23 23:50 | 顕微鏡写真 | Comments(0)

SIGMAのARTシリーズは素晴らしいみたい

20,24,35,50mmで開放F値1.4ですが銀塩時代のF1.4とは違い開放からシャープに結像するF1.4・・・らしい.ちょっと欲しいですが手が届かない価格.F1.4でシャープに写る50mm,使ってみたい気もします.

30mm F1.4はAPS-Cサイズなのでなんとか入手できました.F1.7で常用しています.昼でも夜でもF1.7.中央部は十分にシャープ.四隅はマトモに結像していませんが真っ黒になるほど蹴られてはいないので,これでもいいです.ライカ版で30mmという画角は気に入っています.

金曜日の旭川,前日40cm積もった雪が雨で融け道はぐじゃぐじゃ.全部がシャーベット状でもなく一部は氷に近かったりする.無理せず走りました.裏通りを走ってみたけど,さして面白い被写体にも出会わず.

f0080743_23171411.jpg

別に面白くないんだけどこの階段だけ撮りました.昼からやってるスナックだそうです.フォーカスを合わせた段の前後一段も深度外です.被写界深度は非常に浅い.合ってる場所がシャープだから浅いと分かる.全面ぽや~んではなく中心部だけだけどシャープなのがいいです.
[PR]
# by auf1028 | 2016-11-20 23:17 | カメラ,写真 | Comments(0)

踏切

昨日,富良野は朝方数センチの雪しか降らなかったのですが,旭川市では40センチ積もったとのこと.たまりませんな.50kmしか離れていないのに随分違うものです.

先日はお隣の芦別市に住む人から「芦別はこんなに寒くないし雪も少ないよ」と言われました.

f0080743_2311487.jpg

これは先週の写真ですが富良野はこんな感じです.富良野スキー場は19日にオープン予定とか.例年になく早いです.12月は暖かいんじゃないかなぁと思うんですが,どうかなぁ.

ところで踏み切りの脇には(たぶん)必ずこのような鉄製の箱があるんですが何が入ってるんですかね? 列車が接近した情報を遮断機に伝える機械とか?
[PR]
# by auf1028 | 2016-11-17 23:11 | 風景 | Comments(4)

6C5

冬になると趣味が写真からオーディオにシフトするのはいつものことなんですが・・・今年はあまりやることがありません.EL34シングル・アンプはあまりに単純な回路構成でいじり様がありません.電源部はチョーク・インプットでこれは変えられない.

LM3886アンプは夏に使い方を間違えて煙を出しました.(笑) 抵抗器が二本焼けました.換えれば動作するはずですが,電源部はそのままにLM3875で作り変えようと思っています.さらに少ないパーツで作れます.

ということで今はEL34Sを常用しているのですが,時々前段の球を換えて変化を楽しんでいます.製作当初の6J5(RCAメタル管),Philips ECGブランドの6J5GT(東欧製?),Raytheonの5703WB (サブミニチュア管)・・・違いは微妙です.しばらく聴いて他の球に換えると「あぁ,違うんだなぁ」と分かる程度.

先日たまたま6C5GTが目についたのでこれに挿し換えてみました.あれっ,全然違うぞ.エッジの効いた音になります.低音の伸びは控えめで,このせいかと最初は思いましたがよく聴くとたしかにエッジの効いたクリアな音です.ただしキメの細かさでは5703WB に一歩譲る.堅めの音.小編成のジャズにはいいかも.うーん.

f0080743_239122.jpg

この6C5はHytron.ベース周りは金属板が巻いてあり,6C5としては最後期と想像します.RCA 6J5メタルと共に以前のDET9シングルで前段or二段目として使っていました.6J5と入れ替えても音はそう変わらなかったので両者は似たようなものなんだなと思っていました.

6C5は5極管6J7を内部で三極管接続したものとどこかで読んだ記憶があります.

EL34Sもまだ音が変わる要素あったんだなと思いました.
[PR]
# by auf1028 | 2016-11-15 23:09 | オーディオ | Comments(0)