5DにCONTAX用スクリーンを入れてみた

先日,暗いところでMFに苦労したので手持ちのCONTAX(RX,STなど)の標準スプリット・マイクロプリズム・スクリーンを入れてみました.街中ならば多くの場合,被写体に直線部分があるのでスプリット・プリズムでフォーカシングができるのです.

5Dは簡単にスクリーン交換できるようになってます.35mm銀塩一眼レフ用のスクリーンは24mm×36mm+αの大きさであり,Nikon FシリーズやCanon F-1用のコンデンサが付属した特殊なものを除けばほとんどが5Dのスクリーンと置き換えられるはずです.CONTAX用を使ったのにとくに理由はありません.なんとなく良さそうに思えたからです.

ただ一つ問題があって,AFポイントを示す黒い四角がスクリーンにプリントされているのではなくて残っちゃうんですね.邪魔ですがどうしようもありません.10Dではスクリーンはずすと見えなくなったのですが.

さて入れてみようと思ったら,取り付けの時専用ピンセットで摘む部分の出っ張りが5Dは向かって右側にあるのにCONTAX用は左側.これでは入りませんがな(Nikon FMシリーズ用も右側なんですけどね).それではと突起を糸のこで切り取ったら・・・最後のところでぴょんと跳ねてどこかへ行ってしまった.この突起は必要なのでプラスチック板を切り取って(パンの袋を閉じるのに使うヤツ)右側に貼り付けました.(ここでアロンアルファなどのシアノアクリレート系接着剤を使うとスクリーンが白く曇ることがあるので注意)

入れてみたらかなり小さいです.周りが1mm以上空いてしまうので真ん中にセットするのが難しい.ど真ん中だとAFポイントの四角とスプリット・プリズムがだぶって見にくいので少し下になるようにしました.フォーカスをチェックしたら意外にも何もしないでそのままでピンが合います.拍子抜け.多少の加工は覚悟していたんですが・・・10Dのときは縁を均等に薄くしたので大変だった・・・.

手持ちの一番明るいレンズであるEBC FUJINON 55mm F1.8開放で近接撮影したのがこれ.
f0080743_23501687.jpg


マイクロプリズム部分で合わせました.厳密に言えば少しはずれているのかもしれないですが,これだけ合ってれば実用上問題ないでしょう.ピクセル等倍で見てもO.K.でした.

まずは成功ですがF値の大きいレンズだと視野がど~んと暗くなるのが欠点です.当然ながらF4.5以上だとプリズムは使えずマット部で合わせるしかないです.マット部分のピント検出能力は高いですがざらざらが見えてきます.
[PR]
# by auf1028 | 2008-04-15 23:51 | カメラ,写真 | Comments(2)

EOS 5DとDistagon 25mm F2.8(Y/C)で夜撮ってみた@旭川

5DのISO 1600はそこそこ使えるようなので夜間撮影してみました.って,本当のところは昼間雨が降っていて撮れず,夕方旭川に出かけたら着いた頃はもう暗かったからなんですが.

ISO 1600あれば眼で見えるものはほぼ撮れる感じです.が,マット面でのMFはキビシイです.ピンぼけ写真を量産.昼間なら問題ないのですが暗くなると眼のコントラスト認識能力が急激に低下します.やはりスプリット・マイクロプリズムのフォーカシング・スクリーンに交換しないといけないかなぁ.

すべてF4,AEでの撮影です.F2.8で撮ったのもありますがフォーカスが・・・.F2.8だと約半絞りアンダーになることがわかりました.

f0080743_13261472.jpg
ナトリウム・ランプと思われる街灯直下での撮影.このネコの着ているセーター(?)なんですが,やや茶っぽいグレーにしか見えませんでした.撮影結果を見てびっくり! これが本当の色かどうかは昼間見ないとわからないですが.

f0080743_13262947.jpg

5Dのシャッター・ボタンは1D系とは異なり,1ストロークで落ちてしまう単なるスイッチですが10Dより押しやすいしブレにくい.ボタンの位置とか形状とか私の手との相性なのか.もちろん微妙なシャッター・チャンスを狙うには1D系のように途中で手応えが変わって,そこからちょっと押すとリリースされるっていうのが望ましいです.

f0080743_13264067.jpg

[PR]
# by auf1028 | 2008-04-12 13:27 | 風景 | Comments(2)

白樺街道から白銀方面を

一昨日タイヤ交換とオイル交換を一緒にやってしまいました.この時期にタイヤをノーマルに(こちらで言う夏タイヤ)換えるのは初めて.いつもは4月第三週頃です.4月中は降雪の可能性がありますが,凍結しなければ4輪駆動車ならなんとかなります.危ないのは夜間の峠.もし大量に降ったら・・・そのときはそのときで.

一昨年トルクレンチを買って作業が実に楽になりました.手でナットを締めていたときは,はずれちゃいけないというので全力で締めていたのですが,とんでもなく締めすぎであることが判明.トルクレンチを使って規定トルク+αで締めたナットはゆるめるときも大して力が要らないのです.前はタイヤをはずすのも大変だった.(笑)

オイル交換は基本的に自分でやります.冬の間は寒くて全くやる気にならないので冬季間は無交換.走行距離も伸びないですしね.春,夏,そして初冬と年三回交換.スポーツ車でもないので十分でしょう.オイルも安いのをさらに安売りの際に買います.

タイヤ交換して,まだ陽があるのでちらっと美瑛方面へドライブ.オフロード・タイプのタイヤなので重く(ホイールも重い),明らかに加速が悪くなります.おまけに硬くて(古いのでなおさら)ロード・ノイズはひどい,グリップ最低.でも川原など石がごろごろしている場所でも安心して入れるのですよ.今日撮ったのはわずかに2ショット.
f0080743_22524596.jpg
 Canon EOS 5D EF100-300mm F5.6L 100mm F6.7 1/500sec. ISO 400  Raw Shooterで現像
[PR]
# by auf1028 | 2008-04-06 22:53 | 風景 | Comments(0)

MERRELL BAJA VENTILATOR

f0080743_23384956.jpg
 Canon EOS 5D EF35-135mm 43mm F8 1/15sec. ISO 500 Raw Shooterで現像

メレルの名作,M2 Ventilatorは二足履きつぶしてしまった.このモデルには問題があって,かかとをホールドする部分の生地が弱いのだ.中のプラスチック板が出てきてしまう.補修を試みたが生地がナイロンメッシュなのでうまくいかなかった.

仕方ないので現行モデルのChameleon 2でも買うかと思っていたら2004年モデルのこれがオークションに出ていたので落札した.安かったので.M2の驚異的な履き心地とは比較にならないがじゅうぶん水準は超えている.そもそも価格が全然違うのだから納得は出来る.底はM2より曲がりにくいので歩き方も少し違ってくる.

M2との出会いは本当に衝撃的だった.メレル社も当時に比べ製品のヴァリエーションが増えて知名度も上がってきている.一度メレルを履くとどうも他のブランドの靴を買う気がしなくなる,僕のようなファンに支えられているのだと思う(新品では三足しか買ってないけどね).応援したくなるブランドの一つだ.
[PR]
# by auf1028 | 2008-04-02 23:39 | Comments(2)

東京にて

f0080743_0204358.jpg


f0080743_0205584.jpg


f0080743_021517.jpg


f0080743_021154.jpg

ネタがないので東京に行ったとき撮った中からどうでもいいカットをいくつか.いや,どうでもいいというのとはちょっと違うんですが,目に留まったものをただ撮っただけです.撮った本人はそのときの状況を覚えているからいいんですが,見せられた方はつまらないですね.ただ,数を出せばそれなりに見られることもある.こういうのはまず人には見せないしプリントすることもない.ブログだから出せるようなモンです.

一枚目は指が写ってしまいました.左手でフード持つから.癖なんですよ.

Canon EOS 5D Tamron SP17-35mm
[PR]
# by auf1028 | 2008-04-02 00:21 | 風景 | Comments(5)

並木(?)

f0080743_13646.jpg
 EOS 5D Distagon 25mm F2.8(Y/C) F11 1/90sec. ISO 500 Raw Shooterで現像

こういうのも並木といっていいんでしょうか? よく通るルートにあるのです.未だに何という木だか知りません.前にもここの写真をアップしたことがあります.現在はこのように葉が全くありません.これから若葉が出てくるのでしょう.ここはこれからもしつこく撮るつもりです.

前に撮ったのは10Dに17-35mmでした.今回は5Dに25mm.もうちょっと寄りたい感じですが泥田があってこれ以上近づけません.田植えが終わったらなおさら入れなくなります.35mmで離れると撮り位置が高くなってしまうのです.そのうち28mmを調達するかなぁ.

風景写真において厳密なフレーミングを求めるとズームレンズは不可欠ですね,と言いながら買う予定はないのです.(笑) 実はシグマの24-70や24-60もちょっと考えたことがあったのですが,あまりに便利すぎて面白くないので止めました.不便を楽しむっていうのもありますよね.

しかしながら望遠は仕方ありません.ズームにします.対象物が遠くにあればあるほど少しの寄り引きも大変になります.場合によっては野越え山越え行かなくてはなりません.途中には他人の家や土地,川があったりして直進できない場合も多いです.元々望遠はあまり使わない方なんですけど.

振り返ったら太陽の近くに虹のようなものが.彩雲かと思ったら反対側にも薄いのがあったのでこれは光環という現象ですね.
f0080743_131871.jpg
 EOS 5D EF100-300mm F5.6L 100mm F9.5 1/1000sec. ISO 500 Raw Shooterで現像
[PR]
# by auf1028 | 2008-03-30 01:05 | 風景 | Comments(2)

奥まった風景

10Dで撮った写真を整理しています.現像しなかったショットも現像してみたり現像し直したり.最初はCanon File Viewerで現像してましたから.で,思ったのですが,レンズ遊びをしたり風景メインでなければフルサイズの必要はないかなぁと.

ここしばらくはAPS-Cサイズがメインで商品開発されるでしょうし,専用レンズも増えてきました.銀塩時代,アマチュアのカメラは135サイズが圧倒的主流で風景写真ブームによって中判(主に645)も一部使われる状況でした.今後フルサイズ・デジタル一眼レフは20世紀末頃の645一眼レフに相当する地位でしばらく行くのではないか.カメラの格好がよく似ているしレンズが上位互換なのが少し違いますが.
f0080743_21593926.jpg

私としては古いレンズが本来の画角で使えるのが本当にうれしいです.露出に関してはイマイチつかみどころがない感じで,もっと撮ってみないと.もっとも純正じゃないレンズを実絞り込み測光では絞りに対して露出がリニアにならず暴れるのは仕方ないです.現像時に調整するしかありません.本当は白壁かなんかを撮ってデータ作っておけばいいんでしょうが・・・.心なしか5Dでは現像時の調整範囲が10Dより広いような.
f0080743_21595321.jpg

10DはTamron 17-35mmと共に知人の所へ行きました.持っていてもまず使わないだろうから.ただ置いておくより使ってもらった方がいいでしょう.5Dが故障したときというのもちょっと考えたのですがね.ksmtさんの5Dが入院したなどと聞くと不安になりますが,私はksmtさんのように沢山は撮らないですからね.

Canon EOS 10D Tamron SP17-35mm
[PR]
# by auf1028 | 2008-03-27 22:01 | 風景 | Comments(7)

融雪剤の散布

広い畑や田へ撒かれた黒い融雪剤の模様は北海道の春の風物詩です.毎年今頃新聞には空撮で撮つた写真が載ることになっています.
 
f0080743_20353555.jpg
Canon EOS 5D Distagon 25mm F2.8AEG(Y/C) F11 1/350sec. ISO 200 Raw Shooterで現像

融雪剤といっても道路に撒く塩化カルシウムとは全く別物で,融雪促進剤と言うべきでしょうか,黒い粉末です.日射による輻射熱を効率的に吸収して融雪を促進するものです.石灰系や木炭系があるらしいのですがよく知りません.

上から見ると蚊取り線香の渦巻きを四角くしたような形状が一般的ですが,散布する人の個性が出るようで少しずつ違います.高いところからじゃないと写真に撮ってもイマイチ面白くないのです.
 
f0080743_20354466.jpg
Canon EOS 5D EF100-300mm F4.5-5.6USM F6.7 1/1000sec. ISO 200 Raw Shooterで現像

今年は雪融けが異常に早いのですが,標高の高い地域に行ってみたらちょうど散布しているところでしたので撮影させていただきました.スノーモービルで散布することが多いと聞いたのですが,今日見たのはどうも違う.キャタピラーのついたミニ雪上車のようなものでした
[PR]
# by auf1028 | 2008-03-22 20:37 | 風景 | Comments(2)