ジャガイモの花

f0080743_22314410.jpg
 Canon EOS 10D Distagon 25mm F2.8 F8くらい? 1/350sec. ISO 200 RAW
一週間前の美瑛の風景です.毎年,美瑛の夏の風景を見ているわけですが,スカッと晴れた日に行けるとは限りません.どうも私が出かけるときは曇りの場合が多いのです.本日も薄曇,時折雨がぱらつき,日が射すこともあるという忙しい天気でした.

真ん中に見えるのは麦畑です.その下側に広がる濃い緑色はジャガイモの畑です.

カメラを右に振って撮ると.
f0080743_22365255.jpg
 Canon EOS 10D Distagon 25mm F2.8 F8くらい? 1/350sec. ISO 200 RAW

眼下にジャガイモ畑が広がっています.降りていってジャガイモの花を撮ることにします.

f0080743_22402526.jpg
 200607/20/43/|mid|720|480#] Canon EOS 10D Distagon 25mm F2.8 F16 1/125sec. ISO 200 RAW 

畑の中に入るわけには行かないので,いちばん端っこの花を撮らせてもらいました.花の色は真っ白じゃないのですが葉が暗い緑色なので,葉の色を出すと花弁が飛び気味になります.難しいです.

花を撮ってから後ろを振り向くと,この畑は全部がジャガイモじゃなくてアスパラなども植えられていました.そして何だかわからない作物も・・・.
f0080743_2246378.jpg
 Canon EOS 10D Distagon 25mm F2.8 F16 1/350sec. ISO 200 RAW (縦位置で撮ったのをトリミングしています)

これは本当に何だかわからなかったのですが,後で人に訊いてみたところ,ユリじゃないかということでした.百合根を採るんですね.美瑛でユリを植えているのは珍しいと思います.試験的に栽培しているのかもしれません.本当にユリかどうかはもう少し経って花が咲けば判明します.百合根用だとするとコオニユリのはずです.

最後にジャガイモ畑をもう一枚.ここは観光客が車でよく通る道路沿いで,すごく目立ちます.先週ここを撮った人はの数は大変なものだったでしょう.
f0080743_2302222.jpg
 Canon EOS 10D Distagon 25mm F2.8 F22 1/30sec. ISO 200 RAW
[PR]
# by auf1028 | 2006-07-20 23:08 | 風景 | Comments(4)

Canon EOS 10D + Minolta MD Rokkor 35mm F1.8

f0080743_0563391.jpg
 Canon EOS 10D Minolta MD Rokkor 35mm F1.8 F4くらい? 1/500sec. ISO 200 RAW

ミノルタのMFレンズ,MC ROKKORとMD ROKKOR(後期はたんにMD)はCanon EFレンズとフランジバックが0.5mmしか違わないので(短い)アダプターは無理ですが,マウント改造で使えるんじゃないかと思いました.

25mmより少し寄りたい場合もあるので35mmレンズを物色していたのですが,第一候補はYASHICA/CONTAX用Distagon 35mm F2.8.これは中古も豊富で安いです.あとの候補はZeiss JenaのMC Flektogon 35mm F2.4,SMC PENTAX 35mm F2といったところです.ヤシコン用Distagon 35mm F1.4もいいですが高くて買えません.それにこのレンズの真価を発揮させるような状況で撮影することは私の場合ほとんどないと思われます.

そんなところにたまたまMD ROKKOR 35mm F1.8を安く入手することが出来ました.この半端なF値のレンズはMC ROKKORの頃もありましたが,MCはいかにもレトロフォーカス・タイプといった感じの前玉の大きい大型のレンズでした.しかしMD ROKKOR 35mm F1.8はSMC PENTAX M 35mm F2と同様,非常にコンパクトです.
現物を手にしてマウントを外した時点で改造は難しいことを認識しました.うーむ.とくに問題なのは外したマウント側に絞込みの機構がついていることです.形状的にもEFマウントをネジで固定するのは難しそうです.

せっかく入手したのでちゃんとした改造ではなく「なんとか使える」レベルで妥協することにしました.ロッコール・レンズを使えるデジタル一眼レフカメラは現在のところオリンパスのフォーサーズ・シリーズだけです.優秀なレンズ群なのに勿体無いことです.改造してしまっても他のレンズの部品を流用すれば元通りミノルタSRマウントのカメラで使うことは可能です.まぁ私がSRマウントのカメラを今後入手することはないとは思いますが・・・.
f0080743_1155282.jpg


で,なんとかでっち上げました.EFマウント・ロッコール・レンズ.いろいろ問題はあるのですが,なんとか使うことは出来ます.レンズの無限遠位置ではオーバー・インフになるようにしました.正確にインフに合わせるのは困難だからです.ちょっと撮ってみただけですがなかなか優秀なレンズです.解像力も高く,歪曲もよく補正されています.もっとも70年代以降の一流メーカーの作った35mmレンズは皆優秀なんじゃないかと思います.この焦点距離は設計もしやすかったのではないでしょうか.

とりあえず家の周りで撮った花の写真を上げておきます.あまり寄れるレンズではありません.開放で遠景だと「ぽや~ん」だろうと思いますが,このような被写体だと開放でも結構よく写ります(シャドー部は少し締めました).
f0080743_0564437.jpg
 Canon EOS 10D Minolta MD Rokkor 35mm F1.8 F1.8 1/500sec. ISO 200 RAW
[PR]
# by auf1028 | 2006-07-17 01:01 | カメラ,写真 | Comments(8)

ラベンダーの季節

f0080743_1950752.jpg
 Canon EOS 10D EF100-300mm 280mm F13 1/180sec. ISO 200 RAW

今日は買い物の帰りに寄り道して中富良野町の「ファーム富田」へ行ってみました.観光客,アマチュアカメラマンでいっぱいです.ラベンダーの最盛期はもうちょっと先ですが,最近は早咲き~遅咲きと色々植えてピークをなるべ長くしようとしているようです.

ここは観光スポットでシーズン中は人も車も多いですから例年はあまり近寄りません.今日は観光客のふりをしてちょっとだけ撮ってきました.

上の写真,実はファーム富田ではなくて隣接する「とみたメロン」の畑のようです.新しい駐車場が出来ていてがらがらだったので入りました.色が濃いめの種類です.早咲き種なのかもしれません.

駐車場から見る十勝連峰はすっかり夏の景色です.
f0080743_2053169.jpg
  Canon EOS 10D Distagon 25mm F2.8 絞り値不明 1/1500sec. ISO 400 RAW

ファーム富田のすぐそば,上富良野町よりに知り合いの人がやっている「とんぼ玉工房 Sora」があります.とんぼ玉の販売,製作教室もやっています.
f0080743_209316.jpg
 Canon EOS 10D Distagon 25mm F2.8 絞り値不明 1/750sec. ISO 400 RAW
[PR]
# by auf1028 | 2006-07-11 20:13 | 風景 | Comments(6)

初夏 夕暮れ

ネタがないので10日ほど前に撮った写真をひっぱり出してきました.農道を車で走っているとき,思わず脇道にそれて車を停めました.
f0080743_2223335.jpg
 Canon EOS 10D Distagon 25mm F2.8 F5.6 1/20sec. +1EV ISO 400 RAW

ふだん日没や日の出の写真はあまり撮りません.だいたい,人にそういう類の写真を見せられてもきれいだとは思いますが,それだけです.撮った本人はそのときの体験を,写真をトリガーとして思い出しているのですが・・・.その場の感動を写真では10%も表現できないことがわかっているからです.と,いいながらやっぱり時々撮ってしまうのですが~.

肉眼よりはるかに狭い明暗差しか表現できない写真の欠点がもろに出てくる状況でもあります.このような場面ではHDRが有効なのかもしれません.

山が近いので夏場は天気の移り変わりが激しいときがあります.雨が降ったり晴れたり雲が湧いてきたり,忙しいです.このときの雲に夏の到来を感じました.

ポジションはそのままで左を向いて撮りました.
f0080743_22262174.jpg
 Canon EOS 10D Distagon 25mm F2.8 F5.6 1/15sec. +1EV ISO 400 RAW

盛夏ともなるとこの辺は夜,カエルの鳴き声でうるさいはずです.
[PR]
# by auf1028 | 2006-07-07 22:31 | 風景 | Comments(2)

Distagon 25mm F2.8 と Tamron 17-35mm,DPPとRawShooter

今日は快晴だったのでDistagon 25mm F2.8 と Tamron 17-35mmの比較テストをしてみました.30年前のレンズと最新(でもないか)のズームレンズの対決.

Tamronは25mm付近に設定しましたがこの辺はいちばん収差補正が良好ではないかと思います.F5.6,ノーフィルター,ISO 200,RAWで撮影して16bit TIFF→ピクセル等倍の中央付近を切り取ってJPGに変換しています.現像後は何もいじっていません.Diatagonはヘリコイドを無限遠いっぱいに回した状態(マウントアダプター調整済),Tamronは無限遠をかなり行き過ぎるのでMFで合わせました.AFでも撮りましたがフォーカスの差は認められませんでした.

まずキヤノン純正のソフト,DPPでの結果を.シャープネスを+1に設定,あとはデフォルト(スタンダード).ちなみにDPPのピクチャースタイルにおいては「スタンダード」と「ニュートラル」「忠実設定」が別々にあるのであります.
f0080743_0163242.jpg
f0080743_0164183.jpg
どっちがどっちだかわかりますかぁ? このような状況下では差は出にくいだろうと思ってはいましたが,予想以上に差は少ないです.強いて言えば色がちょっと違いますね.細部の輪郭はDistagonの方がちょっとシャープか,いやどうかなぁ? あ,上がディスタゴンです.

次はRawShooterで現像,シャープを+1であとはデフォルト.
f0080743_02507.jpg
f0080743_025124.jpg

こちらも上がディスタゴンですがDPPとは空の色が全然違います.緑も.まぁ両者のデフォルト設定が異なるということなんでしょうけど.こちらの方がシャープ感強いです.よく見ると緑色の屋根の部分にモアレのような色ムラが出ています.これはまずいなぁ.低減する設定もあるのかもしれません.英語なのでまだ使い方がよくわかっていません.

全景を上げておきます.
f0080743_8123896.jpg

[PR]
# by auf1028 | 2006-07-05 00:36 | カメラ,写真 | Comments(5)

古い家シリーズその3

f0080743_0402421.jpg
 Canon EOS 10D  EF100-300mm 100mm F8 1/125sec. ISO 400 RAW
旭川へ行ったとき見つけた家です.昭和30年代なのかなぁ,当時の北海道ではわりとポピュラーな形式と思われますが,木造二階建て(ロフトつき),屋根の傾斜を途中で変えて雪が落ちやすくしてあるタイプです.

変わっているのは正面だけモルタル塗りで洋館風(?)にしてあるところです.しかし横を見るとバレバレです.横の窓,一部をアルミの新しいものに換えてあります.現在は無人のようですが10年位前までは住んでいたのではないかと思われる生活感が残っています.
f0080743_0484783.jpg
  Canon EOS 10D  EF100-300mm 100mm F8 1/125sec. ISO 400 RAW
これは一階部分.窓にいっぱいスーパーの買い物袋が結び付けてあるのは何のためだったのか.玄関の戸も近代の新しいものに換えてあります.

f0080743_0522277.jpg
 Canon EOS 10D  Distagon 25mm F5.6(?) 1/350sec. ISO 400 RAW
全景はこんなです.間違えて露出補正をマイナスにしたまま撮ったのを無理やり持ち上げたのでトーンが不自然です.画面左端の電柱はファインダーでは見えていませんでした.

何十年も経つと全体に歪んでくる木造家屋の,一部だけをモルタルにしたためひび割れています.一階と二階の間のラインなんかもう歪んでいますね.レンズの歪曲ではありません.

EF100-300mmの100mm側は安レンズにしてはなかなか良い写りです.使えます.300mm側はちょっとアレなんですが.(笑)

現像ソフトのRawShooter,フリー版をダウンロードして試用中です.キヤノン純正のDPPと比べてサムレイルの表示が劇早なので使いやすいです.RAWファイルしか表示しません.操作は少し独特ですけどDPPやSYLKYPIX(フリー版)よりはるかに使いやすいと感じました.
[PR]
# by auf1028 | 2006-07-02 01:08 | 家,建物 | Comments(5)

クモの巣

f0080743_21373558.jpg
Distagon 25mm F2.8にハマの角フードをつけました.これでは短すぎてあまり効果がありませんが,とりあえずないよりましでしょう.写真右側のブロニカETR用蛇腹フードをつけようと思ったのですが,やっぱり大き過ぎ.重さでヘリコイドに負担がかかりそうなのでやめました.

金曜日は天気がよかったので試写をと思い山方面へ出かけましたが結局たいしたものは撮れませんでした~.

f0080743_21193979.jpg
 Canon EOS 10D Distagon 25mm F2.8 絞り不明(忘れた 5.6?) 1/250sec. ISO 200 RAW
地面にシート状に張られたクモの巣です.朝露がついて虹色に光り,きれいだったのですが・・・写りませんでした.

f0080743_21303151.jpg
 Canon EOS 10D Distagon 25mm F2.8 絞り不明(忘れた F8?) 1/125sec. ISO 200 RAW
これもそうです.付近にはいっぱいあります.主の姿は見当たりません.

f0080743_21391639.jpg

Canon EOS 10D Distagon 25mm F2.8 絞り不明(忘れた F11?) 1/90sec. ISO 200 RAW
別の巣にクモがいました.これ,ピクセル等倍で見ると体の模様もわかります.調べてみるとどうもコクサグモのようです.違うかもしれませんがクサグモの仲間であることは確かだと思います.

f0080743_21383524.jpg
 Canon EOS 10D EF 100-300mm  300mm  F8 1/250sec. -1EV  ISO 400  RAW
これは全然別の場所,木の上にあったクモの巣です.こちらはまた立体的で3D構造になってます.色々あるものです.
[PR]
# by auf1028 | 2006-06-27 21:44 | 昆虫など | Comments(4)

Canon EOS 10D + Distagon 25mm F2.8 for YASHICA/CONTAX

f0080743_13212398.jpg

MFがしやすいフォーカシング・スクリーンに換えたので,常用として使えるマニュアル単焦点レンズを入手しようと思いました.普通はレンズを手に入れたからそれに合うスクリーンにするわけで,順序が逆です.

そこそこ広角として使えるNikkorの20mmを予定していましたが何故かこれになってしまいました.APS-Cサイズの10Dでは40mm相当くらいですか・・・ちょっと長いですがマニュアル・フォーカシングはしやすいです.20mmではボケの程度が小さいので近接撮影ででもないとMFはいささかしんどいです.

このレンズは十数年前にCONTAX 159との組み合わせで常用していました.まさかデジタル一眼レフでまたこのレンズを使うことになるとは,当然ながら手放したときには想像もしませんでした・・・.100%,コダクローム200で使っていましたが相性は抜群に良かったと思います.教会の中とか夕暮れとか,明暗差のある場合に雰囲気のある写真が撮れたというのが感想です.色調はやや暖色系と感じましたがフィルムとの相性もあったでしょう.

これをEOS 10Dで使うとどうなるか・・・レンズの個性があまり出ない可能性もありますが楽しみなところです.CONTAX用ツァイス・レンズは製造中止になってから人気が再燃し,一部のレンズは高騰したり入手困難になったりしていますが,この25mm F2.8はタマ数も多く入手はそれほど難しくありません.

このレンズ,発売されてからもう30年経っているわけですが設計はさらに古いです.元々Rollei SL35シリーズにあった同一設計のレンズ(QBMマウント,コーティングはローライHFT)をヤシカ/コンタックス用に持ってきたのだと思います.M42マウントも存在します.このM42版を5年ほど前ネット・オークションで見つけて落札しかけたのですが,もう中判に移行していたため使うことも少ないだろうと思い,逃してしまいました.あとで少し後悔しました(今はとても高くなっています).この経験が今回購入する動機の一つとなっているのは間違いありません.

あとツァイスのDistagon 25mmとしてはM42マウントで名前だけが違うスコパレックス(フォクトレンダーVSL-1用)やIcarex用のF4がありますが,これらはもう入手困難なコレクターズ・アイテムです.あ,もちろんContarex用Distagon 25mm F2.8が最初でしょうか?
f0080743_13223654.jpg
 Canon EOS 10D Distagon 25mm F2.8 F5.6 1/90sec. ISO 400 RAW
f0080743_132515.jpg
 Canon EOS 10D Distagon 25mm F2.8 F5.6 1/3000sec. ISO 400 RAW

EOS 10Dにつけて今朝テスト撮りに出かけましたがあいにく空はどんよりと曇り小雨もぱらつく天気.それでも少し撮ってきましたが本格的なテスト撮影はお預けです.皮肉なことに帰宅したら薄日が射してきて・・・.窓から露出の傾向をつかむために何枚か撮りました.

マウントアダプターはケチって安いのを買いましたが無限遠が出ないようなので削りました.大体いいみたいですが,もう少しかな?って感じもあります.フランジバックの少しの狂いは焦点距離の短いレンズほど効いてきます.このアダプターはロック無しタイプです.ロック無しといっても別にレンズがすぐ外れるわけではなくて,アダプターごとレンズを外してからでないとアダプターを外せないのです.このためボディにアダプターをつけたままYASHICA/CONTAXマウントのレンズをつけ外しはできません.

なかなかいい感じです.常用レンズとしてイケると思います.ただ絞りによる露出の変化があります.スクリーンをFM3A用に交換しているのでオリジナルのスクリーンだとまた違うのでしょうが,F5.6で適正で他の絞り値では補正する必要があるようです.
[PR]
# by auf1028 | 2006-06-24 13:43 | カメラ,写真 | Comments(7)