<   2016年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

6C5G

f0080743_22575120.jpg

EL34シングル・アンプの前段の球を6C5GTにしたら音が変わってびっくり,と前に書きました.音像のエッジが立ってクリアなのはいいとして少し音が硬いか.低音も伸びが今ひとつ.なのでST型の6C5Gにしてみました.茶色ベースでメーカー銘が消えていてわかりません.

あ,これはいい.硬すぎずクリア.好みの音です.ただし1940年代製造と思われる6C5GとEL34とでは時代が離れていてルックスはミスマッチといえばミスマッチ.これならMT管の6KA5の三結でもいいんでないのかな.

5極管の三結でドライブ,考えたことはあるのですが三極管を大量に持っているので敢えて試してはみませんでした.音がさっぱりし過ぎになるかも?とも思いました.まぁさっぱりした音は好みではあるのですが程度問題.以前のSiemens 10Wでは合わなかったでしょう・・・わからんけど.

Isophon P25Cに換えてから一年半,まだ少しずつ情報量増えてきてます.何しろ未使用品でしたから.Siemens 10Wは音がこなれるのに7年くらいかかりました.

10Wのときは気付かなかった音が出るのには少し驚いています.スピーカーの能率は6dB下がっています.高能率スピーカーの方が情報量は多いと信じていたのですが.10Wは細かなピークが多いのでマスクされて聴こえなかったのか?

なかなかよい音になったと思います.10Wのコントラストの高さには到底及びませんがソースをあまり選ばない.音像のにじみが少ない.普通といえば普通なんですが.
[PR]
by auf1028 | 2016-11-29 22:57 | オーディオ | Comments(0)

ライス おかず

f0080743_19165773.jpg

夜,裏通りを車で移動しているとき目に入って,思わず「みそ汁はないのかよ」と突っ込み入れたくなりましたが.(笑)

EOS 5Dあたりからですが,帰宅し現像して画像を拡大,撮影時に気付かなかった細部が面白いってことがよくあるようになりました.ファインダーで見えなかったものも写ってしまう.

この写真にしても「おかず」の右に小さな文字があるのは気付いていましたが「各種あります」とは読めなかった.柿がナントカ?なんだろうと思ってましたが.「ラーメン」の前の「冷やし」も気付かなかったなぁ.


ISO 1600 F1.7 1/20sec.
[PR]
by auf1028 | 2016-11-26 19:17 | 家,建物 | Comments(4)

日本光学 S型顕微鏡(前期型)

f0080743_23501913.jpg

頂きました.名機といわれています.残念ながら三眼ではなく双眼なので写真撮影に使えないことはないですが不便.今持っているオリンパスの顕微鏡よりずっと高級な製品ですが何しろ半世紀近く前のモノですので整備が必要かと.しろうとがどこまで出来るか・・・.しばらくは飾り物です.
[PR]
by auf1028 | 2016-11-23 23:50 | 顕微鏡写真 | Comments(0)

SIGMAのARTシリーズは素晴らしいみたい

20,24,35,50mmで開放F値1.4ですが銀塩時代のF1.4とは違い開放からシャープに結像するF1.4・・・らしい.ちょっと欲しいですが手が届かない価格.F1.4でシャープに写る50mm,使ってみたい気もします.

30mm F1.4はAPS-Cサイズなのでなんとか入手できました.F1.7で常用しています.昼でも夜でもF1.7.中央部は十分にシャープ.四隅はマトモに結像していませんが真っ黒になるほど蹴られてはいないので,これでもいいです.ライカ版で30mmという画角は気に入っています.

金曜日の旭川,前日40cm積もった雪が雨で融け道はぐじゃぐじゃ.全部がシャーベット状でもなく一部は氷に近かったりする.無理せず走りました.裏通りを走ってみたけど,さして面白い被写体にも出会わず.

f0080743_23171411.jpg

別に面白くないんだけどこの階段だけ撮りました.昼からやってるスナックだそうです.フォーカスを合わせた段の前後一段も深度外です.被写界深度は非常に浅い.合ってる場所がシャープだから浅いと分かる.全面ぽや~んではなく中心部だけだけどシャープなのがいいです.
[PR]
by auf1028 | 2016-11-20 23:17 | カメラ,写真 | Comments(0)

踏切

昨日,富良野は朝方数センチの雪しか降らなかったのですが,旭川市では40センチ積もったとのこと.たまりませんな.50kmしか離れていないのに随分違うものです.

先日はお隣の芦別市に住む人から「芦別はこんなに寒くないし雪も少ないよ」と言われました.

f0080743_2311487.jpg

これは先週の写真ですが富良野はこんな感じです.富良野スキー場は19日にオープン予定とか.例年になく早いです.12月は暖かいんじゃないかなぁと思うんですが,どうかなぁ.

ところで踏み切りの脇には(たぶん)必ずこのような鉄製の箱があるんですが何が入ってるんですかね? 列車が接近した情報を遮断機に伝える機械とか?
[PR]
by auf1028 | 2016-11-17 23:11 | 風景 | Comments(4)

6C5

冬になると趣味が写真からオーディオにシフトするのはいつものことなんですが・・・今年はあまりやることがありません.EL34シングル・アンプはあまりに単純な回路構成でいじり様がありません.電源部はチョーク・インプットでこれは変えられない.

LM3886アンプは夏に使い方を間違えて煙を出しました.(笑) 抵抗器が二本焼けました.換えれば動作するはずですが,電源部はそのままにLM3875で作り変えようと思っています.さらに少ないパーツで作れます.

ということで今はEL34Sを常用しているのですが,時々前段の球を換えて変化を楽しんでいます.製作当初の6J5(RCAメタル管),Philips ECGブランドの6J5GT(東欧製?),Raytheonの5703WB (サブミニチュア管)・・・違いは微妙です.しばらく聴いて他の球に換えると「あぁ,違うんだなぁ」と分かる程度.

先日たまたま6C5GTが目についたのでこれに挿し換えてみました.あれっ,全然違うぞ.エッジの効いた音になります.低音の伸びは控えめで,このせいかと最初は思いましたがよく聴くとたしかにエッジの効いたクリアな音です.ただしキメの細かさでは5703WB に一歩譲る.堅めの音.小編成のジャズにはいいかも.うーん.

f0080743_239122.jpg

この6C5はHytron.ベース周りは金属板が巻いてあり,6C5としては最後期と想像します.RCA 6J5メタルと共に以前のDET9シングルで前段or二段目として使っていました.6J5と入れ替えても音はそう変わらなかったので両者は似たようなものなんだなと思っていました.

6C5は5極管6J7を内部で三極管接続したものとどこかで読んだ記憶があります.

EL34Sもまだ音が変わる要素あったんだなと思いました.
[PR]
by auf1028 | 2016-11-15 23:09 | オーディオ | Comments(0)

初冬の十勝岳

今月は本当に12月を先取りしたような天気,気温でいささかうんざりです.土曜日は寒さが緩みましたがしばらくは平年並みの気温だと薪割りもできるのでありがたいのですが.

金曜日は久々の晴天,少し雲はありますが「山びこ高地」へ行ってみました.途中からは除雪されていなくてトラック?の深いわだち.乗用車だと無理でしょう.

壮大な十勝山系のパノラマは絶景でしたが写真で表現するのは難しい・・・.広角レンズだと遠景が前景に比べて小さくなってしまい迫力が出ない.パノラマ写真で撮るかムービーでパンニングするかでしょうか.

f0080743_23361056.jpg




f0080743_23362491.jpg




f0080743_23364516.jpg



AF-Nikkor 200mm と 80mm, Planar 50mm F1.7
[PR]
by auf1028 | 2016-11-12 23:38 | 風景 | Comments(2)

フランス 1990's

フランスで撮ったポジの中にコダック純正でマウントされたものがありました.コダックは紙マウントで,カビが生えやすいことに気づき長巻で返却してもらい自分でフジのプラスチック・マウントに入れていたのですが,これはたまたま面倒なのでマウントしてもらったのかな?

コダクロームの場合はどこに出そうが東洋現像(当時)にまわされるのでコダック純正マウントになります.コダックのマウントは四隅が丸いので四角にクロップすると見えている画面より小さくなります.当時はぜんぜん気にならなかったのだが・・.

マウントされたスライドは面積でフィルムの94%程度と聞いたことがあります.フィルムの全画面は見えないわけですがCanon A-1の視野率がたしか94%,ファインダー内で見えている範囲がほぼ出てるんだからいいかなと思っていました.

マウントからはずしてデュープすればいいんだけど,そこまでするほどの写真じゃないのでマウントが見えているままでアップしてみました.

f0080743_235823100.jpg

露出や撮影状況によるのかなぁ.補正しきれず変な色のコマもあります.いかにも古い写真って感じで悪くはない.しかし現実の色からは離れているのです.

f0080743_23583446.jpg

記録という点では情報量が低下しているのだけど,古い写真が古っぽく見えるのだから表現(といえるかどうか微妙ですが)としては悪くない.撮影時は意図しなかったローファイ化.

f0080743_23584747.jpg

天体現象を記録したような科学写真では退色はたんなる劣化に過ぎません.

f0080743_23585934.jpg

さらに,退色した写真が古っぽく見えるということは古い写真や印刷物の色があせることを知っているからそう思うのであって.たんに色がおかしい写真と思う人もいるのではないか.

f0080743_23591122.jpg

まぁ「本当の色」なんか存在しないのだから適当に色が着いてればいいのさ,という考えもありましょう.個人の作品ならば.

Canon A-1 FD24mm F1.4, FD80-200mm Kodachrome 200
[PR]
by auf1028 | 2016-11-10 23:59 | 古い写真 | Comments(2)

中国 安渓の映画館 1990's

オフの時間少し安渓の街を歩きましたが,誰も我々を日本人と思わず中国語で話しかけてきます.考えてみれば当時日本人を見たことのある人はほとんどいなかったでしょう.

ウーロン茶製造という産業があるせいかけっこうな都会で歴史のありそうな古い建物は目に付きませんでした.

f0080743_23375048.jpg

映画館がありました.次の上映を知らせる掲示.なんだか昔の日本の映画館を思い出してしまいました.洋画もあるようです.戦争映画(抗日映画か?)も.

f0080743_2338211.jpg

24mm F1.4を持って行くつもりが現地でケースを開けたら14mm F2.8が入っていて呆然.レンズケースが同じ大きさだったので間違えたのです.不本意ながら近くのものは全部14mmで撮ることになりました.それまで買ったものの一度も使っていないレンズで.(笑)

Canon A-1 FD14mm F2.8 Kodachrome 200
[PR]
by auf1028 | 2016-11-07 23:38 | 古い写真 | Comments(2)

α7のISO 3200

北海道は12月を先取りしたような気温と天気です.ドライブしていても路面ばかり見ているもので,撮影対象を捜す余裕がありません.加えて昼間がどんどん短くなってきました.

午後6時前というのに空が少し明るいくらいでほぼ夜.古いけれど現役らしい理髪店の入り口を,撮れるかな? SIGMA 30mm F1.4をF1.7で手持ち限界1/15秒だとISO 3200になってしまうけど一応撮っておきました.光源は少し離れたナトリウム・ランプの街灯です.

f0080743_2313213.jpg

帰ってRaw Therapeeで現像したら色はしょうがない,ナトリウム・ランプはほぼ単色ですからこんなものですが,思いのほかよく写っていました.ノイズも気になりません.見えているものはほぼ写せる.まぁNikon D3が出たとき「見えているものは全て写せる」と謳っていましたから当たり前のことなんでしょうね.

フィルム時代には考えられなかった.ISO 3200相当のフィルムはありましたけど粒子荒れてザラザラ.それも(表現手法として)アリではあったのですがね.

もう旧機種のα7,高感度ノイズに関してはそう優れている方ではないと思うのですが,これだけ撮れれば十分かなと思いました.α7SⅡだったら見えないものまで手持ちで写せるのでしょうな.そこまでは必要ないけど.冬の間は夜の写真が増えるかも.
[PR]
by auf1028 | 2016-11-05 23:13 | 家,建物 | Comments(2)