<   2016年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

前衛的生け花

最高気温が一桁の日が続いています.タイヤも換えました.ただしこのまま冬に突入かどうかは何ともいえません.11月前半はうって変わって暖かい日が続くかもしれません.

昔の北海道の晩秋は冬支度で大変でした.薪の製作と貯蔵(その後の時代は石炭を所定の場所に貯蔵),漬物つくり,ガラス窓に透明ビニールを貼る・・・等々.

現代では車のタイヤ交換くらいのもので,それも自分でやる人は少なくなりました.ガソリンスタンドで2000円前後ですから(持ち込み)ねぇ.

僕の場合は二台のタイヤ交換自分でします.業者が規定トルクで締めてくれるかというと・・・外れて苦情が来ると困るからえてして締めすぎではないかと想像します.現に手では緩まない場合もあった.もちろんちゃんとやる所もありますが,インパクトレンチで最後まで締めちゃうようなトコには頼まないほうがいいです.

オイル交換は軽トラのみ自分でやります.年二回.4月は固めのオイル(車がすごく古いので)ですが11月は仕方ありません5W-30を入れます.

加えて薪作り.かなり作ったけど今年は焚き始めが早いのでもう少し割っておきたいです.あ,煙突掃除もしなければ.今夜は雪が降っています.

f0080743_23224192.jpg

自然が作った前衛的生け花.(笑) 美瑛にて.
[PR]
by auf1028 | 2016-10-29 23:23 | 植物 | Comments(4)

アートな納屋


f0080743_23242575.jpg

屋根のトタンを赤く塗り,壁もトタン貼りの納屋はよく見ます.そのありふれた納屋の壁に赤いラインを入れると・・・印象がこうも変わるものか.
[PR]
by auf1028 | 2016-10-26 23:24 | 家,建物 | Comments(4)

玉切り終了

薪の長さに原木を切る作業を玉切りといいます.先週三時間,今週二時間計五時間(休み休みですがほどで玉切り終了.といってもウチのじゃありません.近所のペンション・オーナーから原木を大量に頂いたのでそのお返しです.

f0080743_1447471.jpg

作業効率はチェンソーのパワーに反比例します.電動チェンソーでもできないことはないですが相当な時間がかかります.僕のSTIHL MS240は排気量35ccですが50ccクラスだったらもっと早いでしょう.けど個人が薪造りのために所有するには35ccクラスで十分です.

最近,刃の研ぎ方が上達したので(まだまだですけど)以前よりよく切れるようになりました.研ぎがよくない刃だとホントに切れない.
[PR]
by auf1028 | 2016-10-22 14:48 | 薪ストーブ | Comments(3)

陽だまりのトンボ

先週は暖かい日が多くて薪割りは半そでシャツでしていたんですが,今日はみぞれというか,霰が融けかかったようなのが降るほどで寒い一日でした.

f0080743_2312236.jpg

先週半ば,トンボが陽だまりにかたまっていました.もう皆死んじゃったのかなぁ.
[PR]
by auf1028 | 2016-10-20 23:12 | 昆虫など | Comments(6)

FUJICA ST605 + Vivitar 28mm F2.5

M42マウントの28mmレンズを調達しました.これでライカ判のフィルム撮影ができます.Vivitarはアメリカのレンズ&カメラ販売会社ですが,ファブレスで製品はすべてOEMです.

f0080743_1273944.jpg

Vivitar 28mm F2.5というレンズは複数ありますが,これは日本のキノ精密が製造した製品です(シリアル・ナンバーで分かる).Super TakumarかSMC Takumarの28mm F3.5でいいや,と最初は思ったのです.どちらもタマ数が多すぎて安く手に入ります.でもちょっとひねってこれにしました.

後玉にカビありということで安く入手.カビは取れましたが跡が残っちゃった.まぁいいでしょう.

造りはよいです.F2.5とはいかにも半端ですが暗い時間に撮りそうなのでF3.5より少し有利です.なにしろデジタルカメラのように暗いからといってISOを上げられるわけではないので.

フィルター径67mmと大きいです.最前面に凹レンズを置いた古いタイプのレトロフォーカスなんでしょうか.キャップは金属製のねじ込みです.

問題はST605のファインダー視野内がゴミだらけなことです.朽ちたモルトプレーンが落ちてきたのでしょうか.アイピースの内側も汚れてフレアーが出る.しかしアイピースの裏もフォーカシング・スクリーンの後側も盛大に分解しないとアクセスできないのであきらめるしかないですなぁ.
[PR]
by auf1028 | 2016-10-19 12:07 | カメラ,写真 | Comments(2)

未完成のサイロ (美瑛)

(タワー)サイロは北海道らしい風景を作る建造物ですが,ラップサイロの普及によりもう新しいのは造られないかも知れません.見かけたら撮るようにしています.

屋根が取れてただの円柱になったサイロも見かけます.

これも屋根がないんですが本体は新しい.建設途中で止めてしまったように見えます.こんなのは初めて見ました.

f0080743_23523562.jpg

[PR]
by auf1028 | 2016-10-17 23:52 | 家,建物 | Comments(0)

ケンとメリーの木

旭川に行くとき一時国道から外れてこの木の脇をよく通ります.距離的にはショート・カットにならないんだけど交通量が極めて少なく,信号も一つしかないので時間的には早くなる・・・たぶん.ただし冬は除雪しないので通れなくなります.

f0080743_1075374.jpg

そばに駐車場があり,冬以外は常に何台か止まっています.道路の真ん中でうろうろしたり写真を撮ったり.アジア系の観光客が多いです.ガイドブックに載ってるのでしょう.たぶん全員「ケンとメリーのスカイライン」見たこともないでしょうな.

40年経ってもこれだけ人を集めるってのもすごいです.観光スポットってこういうものなんでしょうね.札幌時計台,播磨矢橋,人魚像,小便小僧,マーライオン・・・.

ここは見晴らしがよく,景色としては悪くないです.夕方がお薦め.一本だけ立っている大きなポプラ,近くで見ると迫力はあります.もっと近くから超広角撮りたいのですが道路から外れると私有地なので.観光客が近くの畑に入り込み,付近の農家の人たちは怒り心頭のようです.

撮り終わってふと空を見ると月が出ています.日没寸前.大雪山系と雲が幻想的でした.

f0080743_108650.jpg

[PR]
by auf1028 | 2016-10-16 10:08 | 風景 | Comments(4)

福建省の建材 1990's

福建省廈門市から烏龍茶の産地安渓市まで,現在は高速道路で二時間ということなんですが,当時は砂利道を半日近くかけて行きました.

途中は低い山々だけ.背の低い樹は生えているもののはげ山に近い感じ.途中の小さな街で小休止.店がいくつかありましたが.

f0080743_0474058.jpg

これはどうも建材屋のようでした.建材といっても石です.細長くカットされて.この辺は木材というものがほとんどないらしく,それも当然ですね近くに森林がないのだから.

f0080743_0475798.jpg

電柱も石です.まぁ全部の電柱が石なわけでもなくて鉄パイプかな?というのもありました.一枚目の写真左にあるように.

f0080743_048793.jpg

石の運搬はもっぱらこのような耕運機です.後の荷台に何本も載せ盛大に煙を出しながらそこいら中トコトコ走っていました.走っていたというか,歩くに近い速度でしたが.

安渓からの帰り,突然車が止まりました.片側車線が何かの理由で通れず,交互通行を指示する人間もいないので上下の車が突っ込めるだけ突っ込み,どうにもならない状況になっています.完全に動かなくなった道路の脇,ちょっと高くなった場所を耕運機は渋滞を尻目に石を積んでトコトコ走っていました.(笑)

Canon A-1 FD14mm F2.8 Kodachrome 200
[PR]
by auf1028 | 2016-10-14 00:48 | 古い写真 | Comments(0)

FUJICA ST605とST801

昔撮ったポジをデュープした画像をいじっていて思ったのですが,粒子が見える写真もいいじゃないかと.銀粒子はアナログ写真特有のものです.デジタルカメラで撮った画像を拡大していくと細部はモザイクの中に消えてゆくのに対して,銀塩写真は粒子の中に細部が消えていきます.

この銀粒子をあえて出そうというわけです.デジタルの画像にソフトで粒状を付加することもできますが結局はニセモノであり,ある種のあざとさがつきまといます.

もちろん写真の歴史を見れば素粒子を生かした写真はたくさんありますが最近あまり見ないですね.(知らないだけかも)

粒子を出すにはフィルムサイズは小さいほうがいいのでライカ判カメラを持ち出します.撮影可能なカメラは何台か持っていますがM42マウント時代のフジカ一眼レフを使おうと思います.

FUJICA ST605とST801の二台あります.どちらもオークションで安く入手しました.801が1972年発売,中級機ながら(たぶん)初めてLEDを露出表示に取り入れ(数字が出るわけじゃなくて赤点が上下に動くだけですが),最高1/2000秒の高速シャッターを持つ実力機です.

f0080743_23241127.jpg



f0080743_2324274.jpg

605は1976年頃出た普及機ですがOLYMPUS OM-1に近いサイズで801より持ちやすいです.シャッターボタンの「いつ落ちるか分からない」感じが気に入らないけれど.これに28mmか24mmをつけて撮ろうと思います.レンズはこれから調達します.
[PR]
by auf1028 | 2016-10-11 23:24 | カメラ,写真 | Comments(2)

黄色い戸板(芦別市)

このところ薪の原木運びと薪造りに追われ,写真撮っていません.日が暮れるのが早くなったこともありますが.

冬に使う薪を今造るのかよ?と思われるかもしれませんが,毎年そんなものです.年内は去年の残りで賄えるでしょう.新年までには大体乾くんじゃないかな.ベストな状態ではないでしょうけど.

北海道で薪ストーブを使っていた時代も秋に薪造りしていたらしい.子供の頃の薪ストーブに関する記憶は少ないのですが,ストーブの中でジュウジュウいいながら薪が萌えているのを見た記憶があります.秋に生木から薪にしたんでしょう.

f0080743_19215425.jpg

もう使われていない農家の納屋の入り口を黄色く塗られた戸板が塞いでいます.何のために黄色く塗ったのか・・・謎.
[PR]
by auf1028 | 2016-10-09 19:22 | 家,建物 | Comments(2)