<   2015年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Leitz Focotar 40mm 2.8

35mmレンズと50mmレンズとでは写る範囲が倍違います.この間を埋める40mmレンズが欲しいなと前々から思っていました.メイン機をα7に換えたことでもあるしこの際揃えようか,と思ったのですが欲しいと思うレンズがない・・・.

MF時代の一眼レフ用レンズは「パンケーキ型」,薄さを売りにしているものばかりでイマイチ食指が動きません.無理して薄くしてるんじゃないの?と思ってしまうんですねぇ.コシナのNOKTON 40mm F1.4というのはあるけどこれも薄いよなぁ・・・F1.4という明るさも要らないし.

まぁいいかと思っていたらこのレンズをヤフオクで発見.安くはないが高くもない.ライツの最新型(といっても1978年)引伸機 FOCOMAT V35 AF に標準でついていたレンズです.

f0080743_1624421.jpg

引伸レンズによる撮影は以前も試みました.バックフォーカスの関係で50mmは使えず長いタマだけでしたが.接写でベローズにつけて使うには軽量コンパクトで便利でしたが,普通の撮影では「わざわざ引伸レンズを使わんでも・・・」という感じで飽きてしまいました.当時入手したBORGのいちばん薄いM42ヘリコイドもあるし試してみるかな.

40mm引伸レンズはローデンシュトックやシュナイダーにもあるしニコンにもありました.ライカ判用ですが50mmとの違いはヘッドをそれほど上げなくても大きなサイズのプリントができるという点です.

f0080743_1625135.jpg

鏡胴は樹脂製です.小窓が開いていて引伸機の光源によって照らされ絞り値が読み取れます.

引伸レンズを撮影に使う場合,各収差の補正は1m前後を基準に設計していると考えられます.マクロではない一般撮影レンズの設計基準は無限大です.

近接撮影はよいけれど風景写真などを撮る場合像面湾曲が出る可能性はあります.まぁこれで風景を撮ることはないでしょうけど.

α7への取り付けは 1mm厚M42→SONY Eアダプター(ヤフオクで売っていた)・・・BORG M42ヘリコイドのいちばん薄いタイプ・・・M39→M42変換リング となります.

この状態ではかなりオーバーインフです.30cmくらいまで寄れるのでこれでいいことにします.

マミヤ35用というクラシックなフードを入手しました.少し内径が大きいので輪ゴムを挟みます.絞り変更はフードを回すことになりますがこのフード,外側がローレットになっているので都合がよいです.

f0080743_16252014.jpg

庭の花を撮ってみました.F16 1/80sec. ISO 1600 .この距離で手持ちだと狙ったところにフォーカスはまず来ません.開放でフォーカシング,絞る動作で簡単に数ミリ以上カメラが動いてしまいますから.数打ちゃ当たる方式です.少し風があったので被写体ブレがあるかも?

あっさりした写りで解像力は高く,拡大するとどんどん細部が見えてきますがエッジの効いたカリッとした描写ではありません.

何枚か画面隅にフレアが出まして,原因を探ると絞り読み取り窓から光が入ることが分かりました.そりゃそうだよなぁ.内部のスリットを塞ぐ必要があります.

建物を撮るとどうなるかはおいおい検証していきます.
[PR]
by auf1028 | 2015-09-30 16:25 | カメラ,写真 | Comments(4)

SOLO CONCERT : Keith Jarret


少し前「オーディオ喫茶 我風」店主とお話していて,ジャズ喫茶でバイトしていた関係で「ケルン・コンサート」と「リターン・トゥ・フォーエバー」は死ぬまで買わない,と言ったところ「ケルン」よりこちらがお薦めということで入手してみました.まだ未聴.

f0080743_21282752.jpg

出た当時はけっこう話題になりましたよ.ソロ・ピアノでLP 三枚組ですからねぇ.ジャズ喫で掛かっていたのは覚えていますが当時はソロ・ピアノなんぞつまらん,ドラムスとベースが入っていないジャズなんて・・・という感じだったので内容は全く覚えていません,というか耳には入っているが聴いていない.箱入り三枚組で高かったので話題になったわりに買った人は少なかったかもしれません.

少し前からソロ・ピアノ・ブームの始まりって感じでチック・コリアのソロVol.1&2,レイ・ブライアントのモントルー・ライブ,キース・ジャレットの「フェイシング・ユー」,ヨアヒム・キューンの「ソロス」等々ありました.

その後「ケルン・コンサート」「サンベア・コンサート」,ポール・ブレイの「オープン・トゥ・ラブ」,そしてダラー・ブランドの「アフリカン・ピアノ」など続々.山下洋輔も出していたなぁ「バンスカリーナ」でしたっけ? セシル・テイラーの「アキサキラ」というのもあった.

何れも僕は興味なかったのですが,年をとったのでソロ・ピアノも聴けるようになりました.一時間くらい淡々と同じペースで演奏してくれるようなアルバムがあったら欲しいのですが・・・演奏する方としてはそうは行かず,やはりチェンジ・オブ・ペースを入れてくれますよね.ただひたすら独り言をブツブいってるようなアルバムを買ってくれる人は少ない.(笑)
[PR]
by auf1028 | 2015-09-28 21:28 | 音楽 | Comments(0)

先月とりあえず撮っておいた廃屋

太陽が山に隠れてしまい翳っているので次回撮ろうと思ったのです.が.とりあえず数枚撮影しておきました.次回来たら取り壊されている,なんて可能性もありますから.

f0080743_2241427.jpg

トタンのツギハギ度もさることながら,家の構造が変わっています.途中で角度が変わる屋根の形は北海道型ですが,出っ張っている玄関だけは北海道らしからぬカタチ.

f0080743_22412022.jpg

玄関に向かって左奥はたぶん納屋で住居と一緒にしてしまったのかな.複雑な構造で造るのは難しかったのではないかなぁ.年代的に,納屋にはたぶん馬が居たと思います.
[PR]
by auf1028 | 2015-09-24 22:41 | 家,建物 | Comments(2)

薪ストーブ フロントバッフル交換

現在使っているMorso 3112(ディスコン),燃焼室の手前上方にあるフロントバッフルと呼ばれる部品が段々湾曲してきました.三年前くらいから交換しないといけないかなと思いつつ,引き伸ばしてきましたが限界です.このストーブは芽室町のウッディハウスさんから購入しましたが,輸入代理店は新宮商工です.

ネットより新宮商工に問い合わせたところ在庫あるので着払いで送ってくれるとのこと.在庫がない場合は取り寄せに相当な時間がかかるそうで.ラッキーでした.担当のS氏は非常に親切に対応してくれました.

f0080743_13245919.jpg

鋳物がこんなに曲がるとは・・・.チト過激に焚きすぎたかも.本州だとこんなにはならないんじゃないかな.
[PR]
by auf1028 | 2015-09-20 13:25 | 薪ストーブ | Comments(2)

世界を走るヤマハオートバイ

先日写真を撮っていてふと横を見ると廃倉庫(or納屋)の手前に金属の板が立てかけてある.ん?右下に見えるのはヤマハの音叉マークではないですか.

f0080743_19483255.jpg

離れて見ると逆さになってますが「世界を走るヤマハオートバイ」と読めますね.ここは昔バイク屋だったのでしょうか.しかし何時の話だろう・・・.この右側にも廃看板が立てかけてあり,漢字らしいのですが全く読めません.店名でしょうか.

北海道でバイク専門ショップは少ないです.なにしろ一年の半分近くは乗れませんのでね.二輪の台数は少ないですから.自転車屋も兼ねていたり石油ストーブの修理,除雪機の販売もしていたり.
[PR]
by auf1028 | 2015-09-17 19:49 | 家,建物 | Comments(2)

秋の空

先週の金曜日,台風と台風崩れの低気圧に挟まれた当地は曇ったり晴れたり不安定な天気.午後には気温と湿度が上昇してきました.

f0080743_2114424.jpg

夕方はかなり晴れました.もう秋の空です.太陽が沈んだばかりの西の空,反対側の空,ぐるりと見回すと実にドラマチックな日暮れです.これはいかに広角のレンズを使ってもスティルでは表現できません.魚眼レンズで撮ったとしても,ただ記録したに過ぎないでしょう.動画でパンすればかなりマシですが・・・.

f0080743_2115790.jpg

撮った本人は記憶があるから写真を見ればそれがトリガーとなって当時の空を思い浮かべることができます.しかしその感動を第三者に伝えるのは難しい.まぁ昔からよく分かっていることなんですが.(笑)
[PR]
by auf1028 | 2015-09-15 21:02 | 風景 | Comments(2)

消防倶楽部

f0080743_23165988.jpg

消防団の建物でしょうか,中にポンプとかしまってあったのでしょうね.

f0080743_23181854.jpg

字はタイルを貼って作ってるんです.凝ってますねぇ.(ピクセル等倍にトリミング)

これはLUMIX DMC-G5と14-45mmで撮りましたが安いキットレンズとは思えないくらいシャープに細部まで写ります.G1と同時に出た古いレンズですが,後の14-42mmよりよいという話を聞いて買った記憶があります.軽くて小さい,見た目はおもちゃみたいなんですが.

OLYMPUSのボディだと結構色収差が出るって話もあるのでボディ内補正してるんでしょうか.G1のときはSilkyPixで現像してましたがパープルフリンジが出ることもありました.今は気にならない.ボディ内補正も進化してるのかな.

Raw Therapeeでディストーション補正せずだと樽型の歪曲が出ます.上のカットもよく見ると曲がっているのがわかるでしょう.カメラ出しのJPGやレンズ情報を持っている現像ソフトではきっちり補正されます.当然,わずかながら写る範囲は狭くなります.

G5も古くなっちゃいましたが描写は非常によいと思います.電子シャッターのみの使用ですが.
[PR]
by auf1028 | 2015-09-13 23:18 | 家,建物 | Comments(2)

α7とSMC PENTAX 28mm F3.5(K)で撮ってみる

前にもアップしましたが,その後出番は極めて少なくしまい込まれていました.Distagon 25mm F2.8(Y/C)があるのでねぇ・・・.使わないともったいないと引っ張り出してきました.PENTAX K→Canon EF→SONY Eというマウント・アダプター二段重ねです.

このレンズ,構成図を見ても設計者の意気込み,気合を感じます.当時Fすでに2.8が当たり前のところ敢えてF3.5に押さえ高い描写性能を狙ったのではないでしょうか・・・ってのはもちろん僕の思い込みですが,そう思って撮ればアガリもよく見えるというものです.(笑)

f0080743_17513385.jpg

現像はRAW Therapeeで,自分の標準プロファイルを色温度5500,ノイズ低減あり,シャープ化ONでアンシャープマスクではなくRLデコンボリューション使用,マイクロコントラストON(効きは弱い),デモザイク・アルゴリズムをeahd にしています.もちろんこれを基準に場合によって調整します.

f0080743_17562840.jpg

この植物,前にも撮ったなぁ.山の方へ行くとよく見るんですがここは街の中・・・.自動絞りじゃないので手持ちでの近接撮影はなかなかキビシイです.これは運よくフォーカスが合っています.不安定な態勢だったので1/100秒のシャッター速度を得るためにISO 4000まで感度を上げています.

f0080743_17515538.jpg

トーン再現に70年代のツァイス・レンズと共通するものを感じます.気のせい?(笑)

f0080743_17564228.jpg

この建物は何度も撮っています.今日はアングルを変えて.

最良画質と思われるF8~F11で撮りました.フォーカスの合っているところはなかなか精細な描写です.
[PR]
by auf1028 | 2015-09-12 17:53 | 家,建物 | Comments(2)

山火事注意のリス

先日,山火事注意の看板になぜリスが描かれているのかというネットのニュースがありました.

40年前に作られたキャラクターなんですね.

f0080743_23335653.jpg

たまたま先月写したカットにも纏を持ったリスが.この看板40年くらい経っていそうです.
[PR]
by auf1028 | 2015-09-08 20:13 | 風景 | Comments(4)

New FD 35-105mm F3.5

α7の登場でCanon FDレンズをデジタルカメラで使うことができるようになりました(本来の画角で).といって非常に欲しいレンズがあるわけでもないのですが,かつてF-1やA-1を使っていた僕にとっては懐かしさもあり,オークションを眺めています.現在でも十分使えると思いますし,タマ数があるせいかその割りに安いです.

f0080743_2214146.jpg

上記のズームレンズ,4980円で程度もかなり良かったので落札してみました.ズームレンズはカビ,クモリがあるものが多いので要注意です.純正フード,キャップつきというのもgood.

このフードはプラスチック製で使わないとき逆さにしてレンズに付けられるようになっています.別に買うとなるとけっこう大変です.使い込まれたフードでは取り付け部分が磨耗してガタガタになっていることが多い.入手したレンズはフード共々あまり使われていない感じです.

1981年発売開始,定価59000円.高級なレンズではないがエントリークラスの普及型でもない.微妙なところ.

ズームはリングを回転させる方式でズーミングによる鏡胴長の変化はありません.フォーカシングは前群回転繰り出し.この後,AF化されるまでズームレンズはほとんどが直進ズーミングとフォーカシングを一緒にできるアクションズーム(メーカーによってよび方が異なる)になってしまいます.この方式はあまり好きではない.長期の使用でガタが出たりユルユルになって下を向けると鏡胴が伸びたり・・・.動体撮影には便利だったとは思いますが.

f0080743_22143669.jpg

数枚撮っただけですが,周辺部がどうとかうるさいことを言わなければじゅうぶん使えます.歪曲収差もあまり気にならない.現在のレンズのように現像の際収差補正なんて行われないので不利です.撮影位置が限定される場合,例えば車道の反対側の建物を撮るとか,そんな場合に出番はあるでしょう.

どうも,開放でフォーカシング後絞って撮るとピント位置が前に来るような気がする.焦点移動があるのかも.絞った状態でフォーカシングした方がよいかも.
[PR]
by auf1028 | 2015-09-06 22:14 | カメラ,写真 | Comments(4)