<   2015年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ホップ畑

よくTV CMに富良野のホップって出てきますが富良野は富良野でも上富良野町のことです.ホップ畑がたくさんあります.前にファーム富田の社長(現会長)が建物に麻ヒモみたいのを張ってホップを這わせていたのをみて,自分もやってみたいと思ったのだけどどこに種が売ってるのかわからない.

f0080743_18233696.jpg

道の脇に畑があったんで撮っておいたのですが,」広角で寄ったのは失敗.スカスカになっちゃった.今度望遠で撮り直します.
[PR]
by auf1028 | 2015-06-30 18:25 | 風景 | Comments(4)

どうも納得できない家

家の前は草が生い茂りもう何年も人が住んでいないと思われます.一見して農家らしくない.場所はもうこれから先は山という集落のはずれです.少し別荘風でもある?

f0080743_2274458.jpg

後側の屋根が突然切り立って,これでは雪が前の屋根にぜ~んぶ溜まってしまうではないですか.この構造は納得できない.後は別の建物なのか.そうだとしても建物と家の間に雪が落ちてしまいますよね.

ドアの左に玄関灯のようなものがありますが,実はこれ表札も兼ねているんです.拡大すると住んでいた人の名前が読み取れます.

灯油タンクが無いのも変だなぁ.業者が回収したのかもしれませんが.

f0080743_2275865.jpg

家の前,庭だった?場所になぜか水道の蛇口.水が出っぱなしなので止めようとしましたが,腐食したのか横に穴が開いていて止まらない.帰ってから気がつきました,横にあるのは元栓なのだからこれを閉めればよかったのです.今度行ったら閉めてこよう.いつまた行くかわかりませんが・・・
[PR]
by auf1028 | 2015-06-24 22:08 | 家,建物 | Comments(4)

Isophon P25C 鳴らしてみた

取り付けネジ4箇所の間隔がSIEMENS 10Wとほぼ同じで今のアダプターリングがそのまま使えそう.なのでユニット交換してみました.4.5Ωor5ΩということなのでLM3886アンプに接続です.

f0080743_2048521.jpg

並べてみるとP25Cの方がわずかにコーン径が大きいですね.ほんのちょっと.

f0080743_20482911.jpg

マグネットの大きさはこんなに差があります.三回りくらい小さい.まぁこれはケチッてる訳じゃなくて軽量コーンで磁気回路を強力にすると(相対的に)低音が出ないユニットになります.ので磁気回路を弱くしてバランスのよい周波数特性にしようという事でしょう.設計思想がそもそも違うユニットなんですね.当然能率は低下します.


FT3RPはそのままで聴いてみますとなかなかバランスよく,フツーの音ではないかと.10Wとは随分違います.軟調です.クラシックも穏やかに聴けます.

チト平板すぎるのでEL34シングルに繋いでみます.OPT二次側の配線は16Ωになっていてこれを変更するのは大変なので,とりあえずLUXMANのマッチング・トランスを使います.二次側のみ使用でオートトランスとして16Ω→4Ω.トランス二段重ねですな.

平板さはかなり解消され,やっぱり無帰還アンプの方が全然いいですね.力強さは10Wより劣りますがキツイところがあまりなく何でも聴けます.能率はやはり低いです(-3dBくらいか).相対的に低音が出ます.やや倍音が勝ってますが.70~80年代のポピュラー系と相性いいです.

10Wのように聴いていて時々ハッとするような魅力には欠けるものの,ジャズもクラシックもまずまず.これはこれでいいような気も・・・.

未使用デッドストック品なのでしばらく鳴らすと変わってくるでしょうか.
[PR]
by auf1028 | 2015-06-20 20:48 | オーディオ | Comments(0)

納屋

納屋をトタンで壁も含め全部拭いちゃうのはよく見ますが,住居じゃないから見栄えは置いといて耐久性重視ってことなんでしょうか.

f0080743_22561094.jpg

これはもう使われていない(たぶん)納屋ですが視覚的なインパクトは強烈です.
[PR]
by auf1028 | 2015-06-16 22:56 | 家,建物 | Comments(6)

水田に上がる煙

いつもは通らない道路を走っていると前方の水田に白煙が.農薬散布かと窓を閉め外気導入をオフしましたが近づいてみると違いました.

f0080743_2132043.jpg

水田の雑草を取ったのを畦に集めておき,乾燥したのを燃やしているようです.水田にお灸をすえている様な.(笑)
[PR]
by auf1028 | 2015-06-13 21:03 | 風景 | Comments(4)

Isophon P25C 10インチ フルレンジ


Isophonは古くからあるドイツのスピーカー・メーカー.フォステクスみたいな感じで他社へのOEMも多く,Siemens CoaxialのトゥイーターはIsophon製であるのはよく知られているところです.

未使用品がヤフオクに出ていて10000円から.この価格で落ちることはあるまいと思いつつ,見逃すと後悔するのでいちおう開始価格で入札しておきました.そうしたら他に誰も入札せず・・・.それほど欲しいわけではなかったんですがこれが一本5000円ならラッキーというべきでしょう.フェライト磁石だから人気が無いのかな? 出品者はウーファーと表現していましたが高域があまり伸びていないフルレンジと云ってよいのではないかな.

f0080743_14432695.jpg

実はP25Cというのは知らなかったんです.P25Aはebayでよく見ますし日本でも所有者は多いと思います.ヨーク型アルニコの10インチフルレンジ.最初P25CはP25Aのフェライト版かと思ったのですが違いました.ネット上で1976年のIsophonカタログを見つけましたがそこに載っているのはヨーク型アルニコのP25Cなのです.インピーダンスはどちらも4.5または5Ω.

P25Aが最初からこのインピーダンスということは,ソリッド・ステート・アンプで鳴らされることを前提とした製品なのかもしれません.多分1960年代半ばに出たと思われますので.

P25AのフレームはIsophonによくある前部と後部を溶接した2ピース型できれいな銀色に塗装されています.一方P25Cは1ピースの鉄板プレスフレーム,塗装は素っ気無い濃いグレイです.P25CはAのコストダウンされた後継機なのでしょうか?

今回のC型は元箱に入っていましたが箱には「Germany」とあります.West Grmanyでないことから1990年以降の製品である可能性が.なんつーか,コストダウンを重ねたP25Aの末裔という感じです.ちなみにP25Bというのは検索しても出てこないので多分存在しないのだと思います.もっともP25Cも情報は極めて少ないです.

届いた箱は驚くほど軽い.マグネット小さい~.コーン紙はSiemens 10Wとは違って表面に細かなシボがあり,少し柔らかくかつ厚い感じです.ヴォイス・コイル径も小さい.透けすけの紗のようなセンターキャップ,もちろん塵除けです.ボビンはアルミかもしれません.というのは少なくともコーン紙からちょっと出ている部分はアルミなのです.

カタログの説明だと「汎用スピーカー」みたいな表現です.A型もそうですが主に簡易PA用でしょう.映画の小規模な出張上映会とか.家庭用Hi-Fiユニットではなくて.

f0080743_14434715.jpg

LM3886アンプを使用しLUXMANのマッチング・トランスを通して裸で鳴らしてみます.能率はやはり10Wよりは低いか.小音量でスイープ信号を入れてみます.ビリつきはなし.フレームは盛大に振動しています.

そのうち10Wと入れ替えてみよう.けっこうイケるんではないかな?
[PR]
by auf1028 | 2015-06-08 14:43 | オーディオ | Comments(0)

ホームセンターで見たポスター

レジで視野の端に入って,男がナイフを構えているように見えたので.

f0080743_21344156.jpg

制作した関係者は全く気づかなかったんでしょうなぁ.
[PR]
by auf1028 | 2015-06-06 21:35 | 小ネタ | Comments(6)

旭川 ペーパン地区(1)

旭川市の東端,地名はアイヌ語由来ですが米飯の字を当てています.実際米所でもあり道路の脇は水田が多い.

f0080743_14121745.jpg

ペーパンダム.発電用ではなく農業用水ですね.

f0080743_14123252.jpg


古い灯油タンクには球形のものがあります.最近のは直方体のモナカ構造ばかりです.球形は作りにくそうです.これは普通のより随分大きい.ビニールハウス用とか?

f0080743_14125921.jpg

[PR]
by auf1028 | 2015-06-01 14:13 | 風景 | Comments(0)