<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

LM3886アンプその後

最初低音寄りの音だなぁと思っていたら高音も出てきました.通電三日目くらいで安定かな.どちらかというと温調か.端正というか,刺激的な音はしないです.屈託なく音が出てくる感じで気に入りました.帰還アンプ特有の抑制感は仕方がないですが音量上げた状態ではあまり気になりません.

こんな低コスト,少しの手間でこれだけの音が出るとは.複雑な心境です.昔はパワーICというと安価なシスコンやカーステレオ用と見下していましたが・・・.

出力リレーがなくても電源投入時ノイズは出ません.電源オフすると数秒間は音が出ています.保護回路も内蔵しているらしい.全く至れり尽くせりで.普通に聴いてる状態ではヒートシンク,ほんのり暖まる程度です.

電源部のキャパシター,容量は十分だと思いますが・・・SUNCONの1000uF 63Vが10個250円でヤフオクに出ていたので40個落としてみました.ダメ押しです.(笑) 基板には4列×7個が無理なく載せられる数でした.とりあえずミノムシクリップで仮付け.

f0080743_1922773.jpg

低音に弾力が出て高域は澄んできました.まぁメリットばかりではないと思いますがしばらく聴いてみます.もしかしたらKMHははずしてSUNCONだけの方がよいかもしれない.

パワーがあるのでイコライザーでかなり極端な補正をしても大丈夫.ドンシャリ状態で聴いていますがクラシックのオーケストラはやっぱり低音出た方がいいですね.

仮ですがメインのアンプに採用です.近々EL34 三結シングルを作りますので,それまでは.
[PR]
by auf1028 | 2015-03-31 19:02 | オーディオ | Comments(4)

福寿草

先週,某所の立ち木を切ってきました.庭にある木が伸びすぎて・・・というよくある話で,桂の樹.切った樹は軽トラで持ち帰って薪にします.双方得になっていい話しです.

高さは三間以上あるので一度には切れません.途中で先の方を切るために一間脚立を持って行ったんだけど,これでは高さが足りない.先方の二段はしごを借りて中間を切りました.これが今回いちばん危ない作業.エンジン・チェンソーを片手で保持して切るわけにもいかず,途中の枝を利用して体を安定(でもないが)させてなんとか切りました.

その庭に咲いていたのが福寿草.へぇ~,雪が残っているのにもう咲いてるんだ.福寿草って野草かと思ったら園芸種でもあるんですってね.北海道ではネコヤナギの次に咲く花かも.フキノトウと同時期くらい?

分けていただいたのでとりあえず鉢に植えました.

f0080743_20511398.jpg

[PR]
by auf1028 | 2015-03-30 20:51 | 植物 | Comments(2)

LM3886アンプ音出し

長らくサスペンドしていたLM3886パワーICを使ったアンプ,去年の九月にはアンプ基板,電源基板とも完成していて,あとはケースに組み込んで配線するだけだったのですが・・・.ヒマになったのでバタバタと組み込んでやっと音出しです.結果はある程度見えているだけにモチベーションが上がりませんでねぇ.

電源部を組み込み,負荷なしで通電したらフューズが切れるというアクシデントがありました.なんで切れるのか分からずしばし呆然.ダイオードの耐圧不足でした.オークションで入手した日本インターのショットキー・バリア・ダイオード,どういうわけか耐圧100Vとばかり思い込んでいたのです.データシートを確認したら・・・10V! そりゃぁ飛んじゃうわけです(短絡).勘違いというか思い込みってのは恐ろしいですなぁ.

改めてInfineonの1200V/10A SBD,真空管アンプに使って好結果だった虎の子のダイオードでブリッジ組み直し.(小基板でブリッジ部分を簡単に換えられるようにしてあります)

電源トランスはケース内が窮屈になり,重量バランスがあまりに片重になるので予定変更,外に出しました.JAEの3ピンコネクターでアンプと接続します.

f0080743_180958.jpg



f0080743_1802160.jpg

ケースはオークションでアマチュアの方が自作品を安価にて出している真空管アンプ用弁当箱をひっくり返して使いましたが,ケチらない方がよかったかも? まぁ実験機みたいなアンプですから.最終的にはケースを換えて組みなおすかもしれません.

アンプを作るといってもIC内でアンプは出来ているわけで,電源を作り外付け部品を追加するだけです.キットや基板は色々出てますがユニバーサル基板で手配線です.部品配置のまずさもあって配線は混乱しました.ICのピンから配線を延長してターミナル的な部分を作ってから配線すればよかったと途中で気づきましたが後の祭り.

ナショセミのデータシートに近い構成,信号経路にコンデンサーありのACアンプです.入力CはノイマンW444STAがトランス・アウトですから省きました.イトウ電子のサイトを参考に電流帰還を掛けられるようにしましたが,とりあえずはフルレンジ・スピーカーでの使用ではないので掛けてません.

電源部は怪しい「small L」,平滑コンデンサーは数年前どこかで安売りしていた日ケミKMH 6800uF を8個です.トランスが出た分のスペースにコンデンサを搭載して追加することも可能ですが聴いた感じでは十分かなと.

f0080743_1804197.jpg


f0080743_1805229.jpg

配線完了.これでホントに音出るのかな?と思っちゃいます.スライダックを通して恐る恐る電圧を上げていきます.フューズは切れず焦げ臭くもなりません.電源電圧は±39V出ています.DCオフセットも問題なし.壊れてもいいテスト用スピーカーを接続して・・・音は出ました.けっこう低音出るみたい.

LUXMANのマッチング・トランス経由でメイン・スピーカーに繋いでみます.エージング・ゼロにしてはいい音だなぁ・・・.手持ち部品を活用したので一万円くらいで出来ちゃいました.
[PR]
by auf1028 | 2015-03-22 18:01 | オーディオ | Comments(2)

冬も終わりました

すっかり寒さが緩み,昼間は晴れていればストーブ要らないようになりました.最低気温は零下だったり少しプラスだったり.冬は終わったと感じます.今までの積雪があるので景色としてはあまり変わらないんですが.タイヤ交換はまだ早い.

f0080743_22144021.jpg

冬が終わったとはいえ,春になったかというとそうでもない.中途半端な季節です.洗車しても無駄な時期でもあります.(笑)
[PR]
by auf1028 | 2015-03-19 22:14 | Comments(4)

春のような冬のような

2月はとんでもなく暖冬小雪でした.このまま春になっちゃうのかなと思いましたが先日の低気圧の通過でこちらも雪が降りました.道東とは比較になりませんが久々に除雪車が出ました.

昨日旭川へ行きましたが国道はほぼドライ.今のスタッドレス・タイヤはドライでスピードを出しても以前のような「グニャグニャ感」がほとんどなくなりましたね.ドライで走るとグリップあり過ぎで変な感じです.

場所によってはまだまだ雪がありますからタイヤ交換はまだまだ先です.

f0080743_23375593.jpg

時間は遅かったんだけど「オーディオ喫茶 我風」へ押しかけました.久々にレコードの音を聴きました.最近レコードのことを「アナログ」っていう人がいるけど変だよね.CDを「デジタル」とはいわないでしょう? さらにテープの立場はどうなる.(笑)

日本ではミュージック・テープは普及しませんでしたがアメリカではけっこう数が出たみたいで(オープンのね)中古が出ていますね.日本でも2トラ38のミュージック・テープ,少数ながら出たのですが,当時のテープはまだ残っているのだろうか.

コルトレーンのスウェーデン録音,いわゆる「白盤」を聴かせていただきました(インプレッションズ.聴くのは初めて.これは驚きました.「ヴィレッジ・ヴァンガード」の後の欧州ツアーですが全然違う.素晴らしい.音質は悪いのですが鑑賞に耐えます.家内は「ライブハウスそのまま!」と絶賛してました.いや,ホールかもしれないけど.(笑)

コルトレーンのソロで始まり,そのまま最後まで吹ききっちゃうんですが,途中で止まらなくなってしまった感じですね.それとも予定通りなのだろうか? 何にせよ結構なものを聴かせていただきました.
[PR]
by auf1028 | 2015-03-07 23:37 | Comments(9)