<   2014年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

1978年12月31日

最近写真撮れていないので昔の写真から年末っぽいのを一枚.

f0080743_23433028.jpg

1978年12月31日ですよ.Canon F1,FD 28mm F2 Kodak 2475Recording.

FD 28mm F2は開放だと球面収差がひどく実用は無理な感じでしたが一段絞れば非常にシャープで,いいレンズだったと思います.タマ数は少なく,現在入手は難しいと思います.今ならSONY α7と組み合わせればフルサイズで使えるんですが,そこまで こだわってるわけじゃない.

2475Recordingフィルムとの組み合わせでは1/8秒,F2.8で見えるものはほぼ写りました.粒子は非常に粗いんですが今見るとこの感じはなかなかいいですね.
[PR]
by auf1028 | 2014-12-20 23:44 | 古い写真 | Comments(2)

Amanero Combo384

初冬,薪造りに忙しくオーディオ工作を中断していました.一度中断すると頭をそっちの方向へ復帰させるのは簡単じゃないです.

システムはチョコチョコいじってまして,現在かなり気に入った音が出ています.が,しばらく経つと「もう少しよくなるんじゃないか」と考え始め,何か作り出すでしょう.(笑)

f0080743_22581561.jpg

ということで現在,製作のモチベーションは低いのですがこのようなものを買ってしまいました.破格に安かったからです.普通12000円で売ってるのがマルツオンラインで6250円(税別)! 安すぎます.これも出てから二年くらいかな?新バージョンが出るので在庫処分なのだろうか?

384KHzまで対応するDDC,ネイティブでDSDを扱えるので使っている人多いですね.ドライバーをPCに入れればUSBバスパワーなので動きます.ただしアウトはI2Sのみ.

ハイレゾやDSD,完全に閉塞状態にあるオーディオの,唯一空いた風穴という感じで最近よく話題になりますが僕はあまり興味ないです.そのうち試してみるかもしれないですが.

とにかくソフトが少なく,価格も高いので現状ではお話になりません.いくらハイレゾだからって,パッケージ代も流通費用もかからないのにアルバム一枚3000円オーバーはないでしょう.なんちゃってハイレゾもあるようですし.ニセレゾなんて言葉もできちゃいましたし.
[PR]
by auf1028 | 2014-12-18 22:58 | オーディオ | Comments(0)

JBL 2402に日立の音響レンズ

先日入手した日立の音響レンズをJBL 2402につけてみました.

まずバッフル面から出っ張っている2402をツライチにします.

f0080743_22321363.jpg

フランジとサブバッフルとの間に三箇所スペーサーをかましただけです(手抜き).

f0080743_2226364.jpg

そして音響レンズを両面テープで貼り付けましたが少し曲がってますね.(笑) 写真撮るまで気がつかなかった・・・.まぁいいでしょう.

f0080743_22263079.jpg

2402,ルックスのせいでしょうか,ハードな音がするようなイメージがありますが実際はそうでもありません.音色的にSiemens 10Wとの相性はよいと思いますが能率が10dB以上高いのでアッテネーターを入れる必要がありますけど,とりあえず0.1uFという小容量ののGlass Capacitorを通してプラス・トゥイーター的に鳴らしてみます.スパイス的に.

スパイス効き過ぎのようですが,しばらくこれで聴いてみましょう.これまで繋いでいたピエゾははずしてあります.抜けのよい音でまずまず.やはりピエゾより品位が高い.ただし約15KHzまでです.低域が伸びていないのだからバランスはよいともいえますが・・・.

そのうち3KHzくらいのクロスでネットワークとアッテネーターで聴いてみる・・・かもしれません.
[PR]
by auf1028 | 2014-12-14 22:26 | オーディオ | Comments(2)

雪が降りてこない

f0080743_23174097.jpg

写真は8日に撮ったものです.山の上のほうからなかなか雪が降りてきません.ひと月前とあまり変わらない.春の景色みたいにも見えますが写真で感じられるよりずっと寒いです.それ以後ちょっとずつ雪が降ってちょっと見は冬景色になりました.

けど10cmも積もってません.道路も除雪車入らないですね.日本海側は大雪だったんですがねぇ.週末の寒波でどかっと降りそうな気配です.
[PR]
by auf1028 | 2014-12-11 21:16 | 風景 | Comments(2)

電動ドリルのニッカド電池をエネループに置き換える

北海道も場所によってかなりの積雪らしいですが,富良野は昨日まで積雪ゼロ.こんな年も珍しいです.今日はちょっと積もっていて景色は白くなりました.富良野新プリンススキー場は7日にやっとオープンするそうです.

・・・電動ドリルはACのを二台持っていますが,バッテリー式もあればばちょっと使いたいときわざわざコードを伸ばさなくてもよいので数年前に買いました.

日本メーカーのいちばん安いのです.家庭用.電池はなんと今時ニッカド7.2Vです.力は弱く電池の持ちも悪そうだけど使用頻度を考えればこれでいいかと.電池式ドリルは予備電池がないと話になりません.電池切れと同時に作業が中断してしまいます.チャージには時間がかかりますし.プロでも使えるクラスのドリルを中古で買ったとしてもリチウム・イオンの予備電池はとても高いのです.

しかし使ってみると電池の持ちは想像以上によくない.予備電池を満充電しておいても自然放電がかなりある.さらにリチウム電池のように使った後充電器に挿しておくというのが気軽にできない.使い切ってから充電しないと「メモリー効果」によってフル充電できないのです.

そこで電池ボックスの中身をエネループに入れ替えようと思いました.エネループはニッケル水素電池で充電器はニッカドと共用できそうです.メモリー効果や自然放電も皆無ではありませんが実用上無視できる範囲です.

f0080743_23505657.jpg

オリジナルの電池は単三より短くて太いのが6本直列になっています.これで容量1300mAhしかない.交換したエネループ・プロは2450mAhで倍近くあります.

単三のエネループ・プロを6本,バッテリーホルダーに入れましたが内部スペースの関係で収まらず下に飛び出してしまいました.(笑) スポット溶接ならホルダーを使わず収まりきると思うんですができるはずもありませんで.次は半田付けでやってみよう.温度センサーも一本の被覆を剥いてつけときました.(温度が上昇しすぎたとき充電を中断するようになっているはず)

f0080743_23511769.jpg

いちおうドリル付属の充電器で充電できます.エネループに最適かどうかはともかく.フル充電時の開放電圧は8.4Vもありますがまぁ大丈夫でしょう.

回してみるとニッカドとは回し始めの音が違うんです.ニッカドの方が高い.定常回転時の差はないようです.ニッカドの方が立ち上がりがよい? 内部抵抗が違うんでしょうか.実使用時において力の差は感じません.持ちの方は寒くなって外で工作しなくなっちゃったのでよくわかりませんが多分よくなってるんじゃないかと思います.

 *危険が伴いますので絶対に真似しないでください
[PR]
by auf1028 | 2014-12-06 23:50 | DIY | Comments(2)