<   2014年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

RFTの小型フルレンジ

f0080743_2393954.jpg

オークションで入手したRFT(東独)の小型スピーカー.28×18×10cmほどでキャビネットはプラスチック.裏蓋もプラでメッシュになっており一種の後面開放箱です.壁掛けにした場合は密閉型でもなく少し隙間ある型?となりますか.自分で使うわけじゃないんですがルックスが気に入りました.

f0080743_23104162.jpg

口径13cmほどのフルレンジスピーカーがマウントされておりマグネットはフェライト.1970年ころの製品ではないかと思います.コーン紙は軽そう.鉄板プレスフレームのようですがちゃんとグレイに塗装してあります.

f0080743_2395997.jpg

鳴らすアンプはこれもヤフオクで¥4000のKENWOOD A-1001.実物を見ると思ったより大きかった.これより古いアンプでは整備なしに使うのは難しい.

f0080743_23105437.jpg

底板に錆が多かったので,ん~?と思ったけど中を見るとまずまずきれいでコンデンサーなどの部品交換もとりあえず不要と判断.でも内部で電源コードがヘタクソに繋いでありました.電源コードを切断後廃棄されたのを違うコード持ってきて使えるようにしたのでしょう.このアンプ,ナントカ電機製ってありますがOEMなのか.まぁホンダの軽が八千代工業製だった(今は違う)みたいなもんですか.

音は立派なものだと思いますが,電源スイッチはストロ-クがゼロに近く操作感が悪い.電源コードのプラグを差し込んだだけで赤いダイオードが点く.電源ONで入力セレクターのポジションを示す赤いダイオードが点いてこれがパイロットランプ代わり.なんだこりゃ.

前面のノブは右が音量調整,左が入力セレクター.まったく違う機能にまったく同じ大きさの丸いノブを割り当て,対称の位置に置くってのは操作するキカイのデザインとして最低と思いますがね.こういうのはデザイン重視じゃなくて見てくれ重視・・・ってこんな古いアンプに今更文句言ってもしょうがないのですが.(笑)


この組み合わせで聞くと当然ながら低音は出ませんが音楽を聴くにはそれほど違和感ありません.軽量コーンならではのある種魅力的な音です.思い切って音量上げるとキャビが盛大に共振します.小音量専用といってよいでしょうか.

二日ほどこの組み合わせで音楽を聴いていましたが,Lo-Fiではあるものの(比べなければ)それほど違和感なく聴けるなぁ.もちろん情報量は少ないのですがそこを脳内で補完して聴く感じというか,ある意味能動的に聴くことになります.昔,小さなラジオしか音楽ソースがなかった頃はこういう聴き方をしていたわけで.たまにLo-Fiで聴くのも悪くないと思いました.

この13cm?フルレンジはもっと大き目のしっかりした箱に入れると相当よい音がしそうです.
[PR]
by auf1028 | 2014-10-29 23:11 | オーディオ | Comments(2)

メモカメラとしてのDimage X50

先月,外で作業していてふと顔を上げると1mと離れていない距離にある木箱からエゾリスのしっぽが出てるではありませんか.箱には木の皮などが入っていたので餌を探していたようです.

写真を撮ろうとカメラを取りに行って戻ったらすでに離れた場所に移動していました.このとき常に服のポケットに入れておけるカメラが欲しいと思いました.

さて,コンパクトなデジタルカメラはいくらでもありますがぱっと出してさっと撮るというわけに行きません.ポケットから出し,メインスイッチを入れ,AFが合うのを待ってシャッタ-を切る.数秒かかります.

メインスイッチがレバー式ならまだしも最近のカメラはほとんど上面のシャッターボタンの隣に,それより小さな出っ張りのないボタンとなっています.出っ張りのないのは誤操作を防ぐためでしょう.カメラを出してからボタンの位置を探す時間がかかります.しかも押しにくい.

SONYのTシリーズのような屈曲光学系でレンズバリアが電源スイッチも兼ねているタイプなら操作は早くできます.しかし調べてみるとTシリーズは最新機種以外は起動が遅いようで.最新機種は高いし,物理ボタンを減らしてタッチパネルで操作するというのは好きではありません.

色々調べていくと10年以上前のKONICA MINOLTA Dimage X50,レンズバリアがスイッチを兼ね,起動時間0.5秒しかも光学ファインダーつき・・・ってこれ持ってたなぁ.

数年前に入手して,ほとんど使わなかったのは液晶が壊れているジャンクだったからです.光学ファインダーがあるので撮影はできますが各種設定ができないんですよ.

f0080743_233321.jpg

ヤフオクで動くのを一台とジャンク一台を落札しました二台あわせても二千五百円です.動作品の方は問題なし.ただし使い込まれて角の金属めっきがはがれてプラスチック地が少し出ています.どちらもレンズバリアにはアタリあり.ジャンクの方は一見普通に動作しましたが電源部に問題があるようでバッテリー残量が時々表示されず,何かの操作をしたとき勝手にリセットします.

液晶は無事なので手持ちのX50に移植しました.

f0080743_23331288.jpg

液晶にはCASIOとありますね.この時代,同じLCDを搭載していたカメラは多数あったのでしょう.

これで完動品が二台となりました.83.5×62×23.5mm,150gというのは常時ポケットに入れておける大きさ重さとしてはギリギリですね.液晶バックライトを消して光学ファインダーで撮ればバッテリーも持つでしょう.画質はメモカメラと考えればまったく問題ないです.最広角側で37mm相当というのが残念なところ.
[PR]
by auf1028 | 2014-10-27 23:33 | カメラ,写真 | Comments(2)

雪の予報ははずれ

数日前の予報では今日降雪ということで,タイヤを換えた人も多かったようです.僕は軽トラだけ換えました.が,本日は雲一つない快晴.

f0080743_0355976.jpg

それでも夜間は急激に気温が下がってきました.最低気温がマイナスになるのは確実.

去年は初雪が10月中旬であわててタイヤを換えたらその後ず~っと降らなかった記憶があります.RAV4は週末にでも換えようかな.軽トラはタイヤの軸にジャッキをかけるのですぐ上がるしタイヤは軽いしボルトは4本しかないし交換はあっという間なんですが.

自分でタイヤ交換する人も少なくなりました.ガソリンスタンドで4本1500円で換えてくれるなら自分でやらないよね.

だけどトルク管理やタイヤローテーションを考えると.僕はずっと自分でやってますがトルクレンチは必須.付属のパンタグラフジャッキもグリスアップしておくと全然違います.安い油圧ジャッキはすぐに油漏れしたりするので考えものです.
[PR]
by auf1028 | 2014-10-23 00:03 | Comments(2)

富良野岳冠雪

旭岳はとっくに冠雪してますが昨日の朝見ると富良野岳も.十勝山系はずっと頭が白くなっています.この雪が段々降りてくる.まぁ年によっては一度融けちゃったりすることもあるんですけどね.

f0080743_23471893.jpg

今年は早めにタイヤ替えておこうかなぁ.去年は雪の降る中,急いで軽トラのタイヤを交換したらその後ずっとドライで.
[PR]
by auf1028 | 2014-10-16 23:48 | 風景 | Comments(4)

ロバート・フランク

「Moving Out」は1995年に世界各地で開催されたロバート・フランク写真展の図録です.これは日本語版.

f0080743_23352425.jpg

どうも写真に対するモチベーションが低下しているので,これを見ながら写真について少し考えてみようと.

フランクは「現代写真の祖」といわれている(らしい).彼の写真集「The Americans」から近代写真が始まった・・・といってよいのかどうか分からないが,まぁそんな感じ.

写真とはそれを見る人とそこに写された世界とを繋ぐものだが,その(過去に存在した)世界は同時にフランクの世界でもあるという二重性.写真でこのような「表現」が可能であるという発見に写真家たちは衝撃を受けた・・・のだろうと僕は勝手に思ってる.別に写真史を研究したわけでもないので違うかもしれないが.

この写真集にはフランクが渡米する前,ローライ・フレックスを使ってヨーロッパで撮った写真も載っておりこれは初めて見ました.わりと普通の写真に思えますが.

1950年代後半,ライカによって撮られた写真群がとてもイマジネイティブだと思う.ウォーカー・エヴァンズとの出会いが何らかの影響を彼に与えたのではないかというのが僕の推測.もちろんケルアック等ビートニクの仲間たちの影響もあるだろう.新しいムーブメントが動き始めたときの作品は(どんなジャンルにおいても)力があるよね.

f0080743_2335412.jpg

その後の身の回りにあるものを撮った写真,ポラロイドによる作品,シークエンス写真などは(アート関係者の評価は高いのかもしれないけど)あまり面白くない.

まぁ彼の写真を分析したところで仕方がないので,何も考えず数々の写真を眺めることにしよう.
[PR]
by auf1028 | 2014-10-12 23:35 | カメラ,写真 | Comments(0)

Bug head Emperor HQ

音楽再生ソフトとしてはWAVE FILE PLAYERを使っているわけですが.一部で話題のBug head Emperorを使ってみました.Ver. 3.28 ,Vectorからダウンロードできます.

インストールするとBug head EmperorとBug head Emperor HQ ,二つのアイコンがデスクトップに現れます.スタンダードのBug head Emperorはこの際使う意味はありません.

f0080743_17114296.jpg

Bug head Emperor HQですがBlackだのBananaだのとにかく選択肢が多く,さらにアップサンプリングなし,×2,×4(ハイスペックなPCだと×8も出るらしい)と選べましてどれで聴けばよいものやら・・・.

いくつか聴いてみましたが,音は他のソフトと違います.面白い.情報量が増えるわけではないけど分離がよいと感じます.

現在×4のBasicのうちのBananaで聴いています.音がカタマリになってうるさいと感じでいたソースや平板でつまらないと思っていたソースもうまく聴かせてくれます.Hi-Fi的にはBasicでない他のモードを選ぶのでしょうけど現在のところこれでいいや,って感じです.

CPU負荷は大きいです.作者であるおりゃさんのFacebookを見ると現在ベータ版の3.8がありますが,これは最高のスペックを持つPCが必要なようです.僕のノート(Core i7 2.8GHz WIN 7 32bit)では無理そうです.そもそも3.28のマニュアルにはノートは向かないと書いてありまして.

音楽専用にデスクトップ機を,Core i7 3.4GHzくらいでもよいから64bit windows 7を入れてメモリーを32G積んで・・・ともチラッと考えましたが・・・.イマイチ気が進まない.
[PR]
by auf1028 | 2014-10-07 17:12 | オーディオ | Comments(2)

モニター切り替え器

貰ったHPのWIN 7機を使い始めましたが今までのXPサーバーにはWIN 7,8で動作しないソフトウェアが入っているので廃棄するわけにも行かず,当分併用します.HP Eliteは小さいのでサーバーの上に載せ,ディスプレイは共用することにしました.

そこで入手したモニター切り替え器,ELECOM DTSP22-VGA.切り替えは機械式では使い物にならないということが分かっていたので電子式を選びました.モノが来てから気がついたのですがモニターケーブルが二本要るんですね.サンワサプライの短いのを入手.


本体が軽いのにケーブルが後に三本もぶら下がり.安定しないです.これは置き方を工夫するしかない.画質は・・・わずかに劣化しているような気もしますが元々高級なモニターじゃないので気にならない(DELLの付属品).高解像モニターの場合はもっと高級な切り替え器の方がよいかもです.
f0080743_2215537.jpg

モニターのみならずマウス,キーボードも共用できる製品もあって「CPU切り替え器」って言うんです.違うだろ,と思うんですがNEC 9800,もしかしたらその前からこの名前なんですね.CPUを切り替えられるわけがないよね.
[PR]
by auf1028 | 2014-10-05 22:01 | PC関連 | Comments(0)