<   2013年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

日本光電のライントランス

日本光電は昔,音響用トランスも作っていたらしくたまにオークションに出てきます.民生用は作らなかったので知名度は低いです.前々からタムラよりいいんじゃないか?と思っていましたがオークションに出ていたので落としてみました.ダメモトです.安かったので.ディストリビューション・アンプの出力用との事ですが・・・.

2.4K:600Ωのステップダウンです.6×4cmくらいあってとにかくコアがライントランスとしては異例に大きいです.コアが大きいのはレベルに余裕があるということで悪くないですが,大きければいいというものでもないでしょう.微小レベルの音はどうなんだ?って気もしますよね.

f0080743_23131418.jpg

RAMSA WZ-DM36のアナログアウトとNeumann の間に入れてみました.WZ-DM36の出力インピーダンスは「負荷600Ω以上」ということなので150Ω程度と思われます.W444STAの入力インピーダンスは2Kらしい.しかしW444STAの入力にはhaufeのトランスが入っているのでここにトランスを入れるのは屋上屋を重ねる感もあります.普通はそんなことしないよね.

まぁ試験的に入れてみました.これがいいんだな・・・.USB-DDCからデジタルマルチプロセッサーに直接信号を入れるようにして,情報量は増え今まで気づかなかった音が聴こえるようになりました.が,どうも「平板でつまらない音」になってしまい色々やってました.その結果まずまずかな・・・と感じていたのですが,このトランスを入れるとさらに改善されました.

このよくなったというのは,音に深みが出て彫りが深くなった,気に障る音が出ない,音楽が聴きやすくなった・・・等々感覚的かつ主観的なものです.とはいえ世の中には同じ感想を持つ方もきっといるんじゃないかと思います.
[PR]
by auf1028 | 2013-11-26 23:13 | オーディオ | Comments(0)

グルーガン

十数年ぶりにグルーガンを買い替え.頻繁には使わないけどあると便利ですね.

今まで使っていたgootいちばん小さくて安いやつ(現在は売っていない),ボディがブルーの.トリガーが戻らなくなったので分解してみたら中のスプリングが飛び出して行方不明に・・・.

まぁこれには不満があって買い替えたいとずっと思っていたのでいい機会です.

欠点その1,本体がすごく軽いのにコードが太くて固いゴム,スタンドを使って立てようとしてもすぐコケる.

その2,たぶん温度が低いのだと思う,グルーを吐出してノズルを引くととにかく盛大に糸を引く.接着した後糸の始末をしなくてはいけない.ダンボールの接着などしようと思ってもすぐ固くなってしまい着きが悪い.十分溶けていない.これ,絶対ヒーターの温度が適正値より低いんだと思う.もちろんグルー・スティックはgoot純正を使ってですよ.現行品は改善されてるかな.

これ,温度が高すぎても置いてあるときグルーが垂れたりするから微妙なところなんでしょうか.

ちなみにgootではホットボンドといってますね.商標登録かな.ホットメルトというのも聞いたことがある.これはどこの会社だろう?

f0080743_214171.jpg

購入したグルーガンはテクノスのG4HS,消費電力14Wで高温型だそうです.アマゾンで二千円台前半.スティック(7mmタイプ)も一緒に買いました.

これスイッチつきでしかも後ろにパイロットランプがある.これはいいです.前はよく忘れて通電しっぱなしにしていた.使ってみるとほとんど糸は引きません.(笑) これが普通だよね.使った感じはとれもよいです.

f0080743_21412384.jpg

細い針金を曲げたスタンドが付属しますが使ってみると前に畳んでも後ろに持ってきても邪魔.撤去しました.これは惜しい.置いたときコケる事もないんですが使うときに邪魔なんだなぁ.横に置くことになりますか・・・.

あと気になるのはスティックの送り,トリガーを絞りきらないと次の送りにならない.小刻みに送ることが出来ない.gootはできたんですがね.

まぁ値段を考慮すれば立派なものだと思います.
[PR]
by auf1028 | 2013-11-24 21:40 | その他 | Comments(0)

先日撮った写真

上旬の関東行き,群馬なんですがいちおうPanasonic DMC-G1にズーム二本を持っていきましたがたいして撮りませんでした.

例によって廃墟っぽいのばっかりですがアップします.(笑) 他にもおっと思う建物はたくさんあったのですが,ちょっと車を停めて撮るってわけにいかない.道が非常に狭いのでね.北海道だと簡単に停められるのですが.

f0080743_22242621.jpg

先にアップした倉庫の隣にあった元雑貨店.看板の字は判別不可能だなぁ.こういう表通りに面したガラス戸の店ってまだ残ってますよね,現役で.

f0080743_22244793.jpg


f0080743_2225020.jpg


f0080743_22251525.jpg

この三枚は造り酒屋の跡.住宅に囲まれた静謐.

f0080743_22253313.jpg

これはあまりにブキミだったのでわざわざUターンして撮りました.(笑)
[PR]
by auf1028 | 2013-11-21 22:26 | 家,建物 | Comments(4)

DVD-RAM

DVD-RAMをデジタルカメラで撮ったファイルの保存に使ってました.使ったことのない人の方が多いでしょうね.(笑) メディア単価は高いけれど耐久性は民生用光ディスクの中でもダントツ.CD-Rとは比較になりません.さらにカートリッジ入りなら落下させたりしてもまず大丈夫.FAT32でフォーマットすればHDDのように読み書きできる.

片面4.7G,両面タイプならその倍.アーカイブにはうってつけ・・・と思ったのですが結局のところ容量不足と,とにかく読み書きが遅い.保存の必要のないカットを整理しようとしても時間がかかりすぎ能率が悪い.

f0080743_23255085.jpg

先日すべてハードディスクに移しました.カートリッジ式のディスクを読めるドライブはまだ持っているけど遅いので,全部ディスクを取り出してパイオニアの外付けBDドライブを使って読み出し,HDDに移動.これで快適に写真の整理ができます.HDDだと信頼性の点はイマイチなのでバックアップを取っておきます.
[PR]
by auf1028 | 2013-11-17 23:25 | PC関連 | Comments(2)

三日ほど関東方面に行ってきました.旭川空港へ着いたら雪.東京出発時と気温差20℃.カメラはいちおう持っていきましたがたいして撮らなかった.その中の一枚.

f0080743_152565.jpg

サムネイルで見るとルオーの描いた十字架か?という感じですがちゃんと見ると倉庫の扉です.しかし尋常ならざる状態です.どうしてこうなったのか,さっぱりわからない.封印にしては厳重かつ雑すぎる.
[PR]
by auf1028 | 2013-11-09 15:03 | なんだかわからないもの | Comments(2)

MARCHIN' ON! : The Heath Brothers

f0080743_14551563.jpg

パーシー(p),ジミー(sax),アルバート(ds)のジャズプレイヤー三兄弟によるヒース・ブラザース.STRATA-EASTから出たグループ最初のアルバム,LPを中古で二枚持っていたけど処分してしまってCDで買いなおし.

何しろマイナーなレーベルなのでなかなかCD化されず気がついたときは廃盤になっていた.ボンバ・レコードというところから2003年に出ていたんだ.後述の理由によって中古LPはもちろんCDも高騰していてなかなか買えなかった.

このアルバム,最初の三曲を除いてヒース・ブラザーズ(とくにジミー)とピアニスト,スタンリー・カウエルのコラボレーションといってよいと思う.4曲目の「Maimoun」はカウエルの曲で自身のアルバムで何度か録音している.この曲からいきなりカウエルの世界になる.

そしてLPではB面に相当する「Smilin' Billy Suite」.延々と繰り返される印象的なフレーズをベースとして展開される世界.作曲はジミー・ヒース.多少はジミー風味も入ってますかね.

90年代末期にNASが「illumatic」の中ででサンプリング(ほぼまんまですが)したことによって,この曲はジャズを聴かない人達にも広く知られるところとなりました.他にも多くのミュージシャンがサンプリングしたらしい(他のは聴いたことない).なんたってヒース・ブラザーズのアルバムとナズのCDでは売れる数が二桁は違いますからね.この曲はすっかり有名になってしまった.

NASのCDを買って聴いていたらこの「Smilin' Billy Suite」が引用されてたんでびっくりしましたよ.

ヒース・ブラザーズはこの後も色んなレーベルからアルバムを出しますが内容はフュージョン風味も加えた軽いタッチで,このアルバムとはだいぶ印象が違います.

STRATA-EASTレーベルのアルバム群はなかなか再発の機会に恵まれないですが皆聴き応えあります.ビリー・ハーパーのデビュー作もよかったし.
[PR]
by auf1028 | 2013-11-05 14:55 | CD | Comments(2)

原木置き場ほぼ完成

f0080743_2334510.jpg

これは先月撮った写真なので今はもう屋根を貼り終っています.原木じゃなく廃材置き場になっています.屋根を木の板にしたのはこれも廃材でタダだから.もうひとつ貼りやすいから.早く薪作りをしたいので.もう少し細かく補強は入れます.

ただ,この板は長年家の外壁に使われて劣化が進んでいます,内部はボソボソ.冬は持たないんじゃないかと意見もあって,僕もそう思います.(笑) 積もった雪は絶対落ちない.もっとも屋根の材質が何であれこの角度では落ちないでしょう.一冬なんとか持ってほしい.加重は平均してかかるから,なんとかなるんじゃないか.

2×4材を12本くらい使った他は全部廃材です.この小屋(?)は,なんと全部ムク板でできているのです.

現在遅れた薪作りに集中しています.冬になってからでも薪作りはできるとはいえ,やりたくないですから.解体予定の納屋から運んだ廃材も薪にしてしまいます.

廃材はだいたい劣化しているので軽く,火力は弱くて火持ちも悪いですが厳寒期以外は十分使えます.なんたってタダですから.
[PR]
by auf1028 | 2013-11-03 23:33 | 薪ストーブ | Comments(2)