<   2013年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

48KHzへのアップコンバート

DDC-192-SPWは無事にインストールできました.実は最初うまく行かなかったんですが原因はUSB 3.0のポートを使ったためでした.USB Audio Class 2.0の機器はなかなかシビアです.ハブ経由も避けた方がいいようです.

しかしまだ音は聴けません.WZ-DM36のデジタル入力はサンプリングレート48KHzしか受け付けないのです.CDをリッピングしたWAVファイルをプレイしても音は出ません.

こういう場合サンプリングレート・コンバーターという機械があります.ベリンガーのは他の機能も盛り沢山で約2万円とリーズナブルな価格.少し疑問はあるがとりあえず試してみようかと思いましたが現在全国的に品切れ中でした.本格的な機器は高価です.

仕方ないので音楽ファイルをソフトウェアでコンバートするという方法をとりました.44.1KHzから48KHzへのアップコンバートは88.2KHzのような逓倍と違って難しいようです.

AudioGateはサンプリングレート変換機能を持っています.試してみると処理は恐ろしく早いです.しかし音質の変化が非常に大きい.何を聴いても一聴きれいだけど音像は水彩画調アニメ(?)的でウソっぽい.これは不採用.

Upconvという日本のフリーソフトがありました.まだ開発途上だそうですが,これで48KHz 24bitにアップコンバートしてWAVE FILE PLAYERで再生して変化はわからない.ただし変換に時間がかかります.仕方ない,こつこつとファイルを変換していくことにしました.

ところで僕はアップサンプリングして音がよくなることはないと思うのね.ダウンコンバートの場合だと,器が小さくなるわけだから中身を減らさないといけない.だから音は劣化する.逆にアップコンバートの場合,器は大きくなるが中身は一緒なんだから音は変わらないのではないのかな.

ただし,画像ファイルとのアナロジーで考えると・・・解像度上げても見えなかったものが見えてくるわけではない.けれど特殊な処理でジャギーをなくして滑らかにしたり,少しきれいに見えるようにすることはできる.音の場合も少しはメリットあるのかも,と思う.

f0080743_19355622.jpg

アップコンバートしたファイルを聴いてみます.USBケーブルはその辺にあったやつ,デジタルケーブルは手配中でまだ手元にないのでとりあえず中古のキャノンプラグで自作しました.シールドはありません.音はクリアで安定しています.いいんじゃないでしょうか.ただ思ったより差は(確実にあるんだけど)小さい.PCM2706+TDA1543 DACはかなり健闘していたんだな,と思いました.前の構成には一度もS/PDIFに変換されないというメリットもあったのです.
[PR]
by auf1028 | 2013-10-28 19:35 | オーディオ | Comments(4)

USB-DDC

今はPCからUSB経由で音楽を聴くことがほとんどなんですが,USBインターフェイス及びDACのキットを作ってからシャシの上に仮置きされたまま.ケースに入れようとは思いつつ・・・早二年.それにしてもUSBレシーバーPCM2706,一時各所で多用されましたが今となっては古い.そもそも汎用オーディオ用チップです.ここがボトルネックになっているのではないかと思っていました.

W444STAをシステムに加えたのを機にPCからRAMSA WZ-DM36(デジタルマルチプロセッサー)までのラインを見直そうかと.

現在の状態はUSB-DACでアナログ変換されてからセレクターを経由,アナログ出力しかないCDプレイヤーとの入力を切り替えています.そしてWZ-DM36に入って再びデジタル化され,内部でイコライジングと片チャネルの位相を反転されてからアナログ化され出力されます.A/Dコンバーターを一度,D/Aコンバーターを二回通るわけです.

もうPCメインなのでUSBからデジタル信号のままWZ-DM36に入れようと思いました.とりあえずはWZ-DM36のD/Aコンバーターを使いますが,WZ-DM36はデジタル出力もあるので将来好みのDACを使うことも可能です.

で,USB経由のDDC(Digital to Digital Converter)を捜しましたがWZ-DM36のデジタル入力はAES/EBU(XLRバランス)です.この出力を持つUSB-DDCとなると選択肢は少ないです.DDCとDACを兼ねた製品が多く純粋なDCCはまだまだニッチな存在のようです.まぁ基本的にはチップをアセンブルするだけですので製品として価格の高いものを出しにくいというのもあるんじゃないかな.

f0080743_1433098.jpg

色々調べた結果選んだのはキャッスル電子(寝屋川)のDDC-192-SPWです.RCA出力ですがオプションでXLR端子を追加してもらえます.問い合わせたところ試作品があるので安く売ってくれるとのこと.ただし製品版にあるサンプリングレートの表示機能はなし.これをお願いしました.直販です.送料サービスしてくれて,えらく安く済みました.

f0080743_1435097.jpg

キャッスル電子にはLinux専用DDCというのもあってなかなか面白いです.チップは最近多いXMOSではなくTE8802LなのでDSDには対応しないかもしれない.DSDは聴かないので問題ないですけど.DDC-192-SPWは電源内蔵で内容を考えると安い.ケースはアルミ引き抜き材に黒アルマイトで非常に強度が高い.これってエーワイ電子(高槻)のDDC-192 ALLと基板は同じじゃないのかな.基板上にはI2Sの端子があるとのことで将来色々遊べそうです.
[PR]
by auf1028 | 2013-10-27 14:03 | オーディオ | Comments(6)

富良野岳

晴れた日の夕方,十勝山系が赤く染まる季節になってきました.これは富良野岳.まだ雪は一部しか積っていません.

f0080743_092833.jpg

室内よりガラス越しの撮影.G-Vario 100-300mmの300mm,35mm判換算600mmが手持ちで気軽に使えるのは便利ではあります.まぁ600mm相当といっても300mmは300mmでしかないわけですが.

300mmだと眼で確認できないものまで写ります.8×10(インチ)の大判カメラだとこの焦点距離が標準レンズですからね.そう考えると如何に高精細であるかわかります.
[PR]
by auf1028 | 2013-10-20 00:09 | 風景 | Comments(2)

Neumann W444STA チョークインプット電源完成

早く音を聴きたかったので拙速で作ってしまいました.基本的に手持ちの部品で,といってもケースと電解コンデンサは買わねばなりません.

f0080743_21495711.jpg


ケースは手ごろな値段で適当なものがなかなか見つからず,タカチMBシリーズとケチってしまいました.1.5mmアルミのコの字型を組み合わせるカタチで,組んでようやく剛性が確保できる感じ.専用シャシはないので底板に直接部品をねじ留め.部品を取り付けると多少強度が上がります.

f0080743_2151372.jpg



f0080743_21504756.jpg

電解コンデンサはEPCOSの100V/6800uFを二個.耐電圧高すぎますが,たまたまオークションに出ていたので.造りはとてもいいです.EPCOSって元をたどると松下/シーメンスのコンデンサメーカーなんですね.

f0080743_21501287.jpg

パワー・スイッチは裏につけました.出力端子はいつものようにJAE.外装部品は以前作った3A/109Bラインアンプを解体したものを多く使用しました.

二段目のチョークはMAGNETEKの10H/90mmA.コンデンサは前に真空管のカソードパスコンに使ったSolen 110uF/300Vが使い途がなく遊んでいたので.真空管アンプを作り始めたころ,カソードパスコンは容量大きい方が低いほうまで出るからと,むやみに大きな容量を使っていたんです・・・.

W444STAに繋いでみると電圧が低くて結局ブリーダー抵抗なしということになってしまいました.これはおかしいのだけど・・・よくわからない.電圧は24V弱でコードによるドロップもあるだろうからもう少し低くなってるでしょう.問題ないと思います.顕著に発熱する部品はパイロット・ランプに入れたドロッパー抵抗のみ.

音を聴いてみます.ハム音は聴こえません.最初はやや大味でしたが段々こなれてきました.現在20時間ほどの通電ですがもっとよくなるでしょう.もちろん秋月のスイッチング電源よりもよいのですがあっと驚くほどの違いでもなく,これだけの物量を投入してこの程度の差かよ,と思わないでもありません.(笑) まぁ本人は満足しております.
[PR]
by auf1028 | 2013-10-15 21:51 | オーディオ | Comments(3)

十勝山系初冠雪

昨日は雨で一日中寒かったので,山の上の方は雪だろうと思っていましたが,やはり.これは融けないんじゃないかなぁ.

f0080743_0153024.jpg

[PR]
by auf1028 | 2013-10-15 00:15 | 風景 | Comments(2)

原木置き場建設中

薪の原木置き場を新たに建設中です.数年前作ったのは横6尺(一間)×4尺ほどでしたが今度のは9尺×6尺と約2.5倍の広さです.さらに内部を上下に分けようという野心的プロジェクト.上の段には廃材のうちまだ使えそうなのをストックする.

僕の工作物としては過去最大.とりあえず2×4材で土台を組み始めました.床があって屋根がつけば構造的にはふにゃふにゃでいいのです.木を置けばその重量で安定します.が,知り合いの大工さんが同情したのか(笑)家を解体した際に出た柱材を持ってきてくれました.当初の予定よりしっかりしたものになります.

f0080743_23455048.jpg

今床を貼っています.材料は取り壊し予定の納屋にストックされていた廃材.家を壊した際の廃材ですがかなり劣化が進んでいます.板は表壁に貼られていたものらしいですが,薄いのは踏み抜きそうなので二枚重ねにしてあります.これでも弱いけど木を置けば加重が一箇所にかかることはないので問題ない・・・と思う.

板の防腐塗料は高いのでウッドデッキなどに塗る塗料を使ってます.古い板なので塗料をどんどん吸い込む・・・予定以上の塗料を消費しそう・・・.

この作業のため薪割ができないでいます.早く完成してとりあえず廃材を収納したいのですがね.
[PR]
by auf1028 | 2013-10-10 23:46 | 薪ストーブ | Comments(2)

Neumann W444STA 電源のテスト

ノイマン・アクティブフェーダー用電源,三端子レギュレーターを使えば簡単ですが,ここもチョーク・インプットで行きたい.

手持ちのチョーク,航空機用と思われるアメリカ製4H 400mAが使えるかも.6AR6パワーアンプおよび3A/109Bラインアンプで使った実績はありますが,一桁低い電圧で使えるかどうかやってみないとわかりません.で,製作を始める前にバラックでテストしてみました.

整流素子の後にチョークを置いただけではチョーク・インプットにはなりません.チョークに臨界電流以上の電流を流してやらないと.チョーク入力用のチョークは臨界電流値が発表されています.今回のように何用か不明のチョークは実際やってみないことにはわからない.

100mAも流せばいいかなと予想しましたが臨界電流値は電圧によって変動するので・・・どんなものか.W444STAだけだと電流は50mA以下と思われます.ブリーダー抵抗を入れ整流後の直流電圧を観察しながら抵抗値を調整します.

f0080743_237829.jpg

スライダックを使って少しずつ電圧を上げながらテスト.

電源トランスはDACの正負電源に使おうとオークションで入手しておいた16V-0-16V 1.5A.何かの機器用でしょう,未使用品.中点は使わずブリッジ整流してチョーク・インプットだと得られる電圧は28Vくらいか? もう一段Lを入れるのでちょうど24V付近になると予想.

ダイオードは日本インターのショットキー・バリア・ダイオード3PHA20 200V/3A(無選別品).

ブリーダー抵抗値を200Ωとして電圧24V.抵抗値を少し高くすれば目標の電圧が得られるでしょう.うまく行きそうです.
[PR]
by auf1028 | 2013-10-06 23:08 | オーディオ | Comments(4)

GET UP WITH IT / Miles Davis

レコードでは持っていて内容はよく知っているけどたまには聴きたいのでCDを入手.

f0080743_190103.jpg

僕がリアルタイムでマイルスのアルバムを新譜として聴いたのはこれが最初.札幌のジャズ喫茶act:に行ったら一曲目の"HE LOVED HIM MADLY"がかかっていた.この曲の出だし,オルガンの単音を聴いてラ・モンテ・ヤングを想起した人は多いと思う.

この曲以外は1970年~1973年のセッションでメンバーも曲によって全然違う.要するに寄せ集めのアルバムでありますね.

70年代前半のマイルスはしばしばスタジオで色々なメンバーを集めてセッションを行い,プロデューサーのテオ・マセロはそれらの演奏からピックアップした曲を(場合によっては編集して)アルバムにするという感じだったらしい.「マイルスは演奏するだけ.アルバムはオレが作る」.

マセロが引退した後,CBSは「ビッチズ・ブルー」のセッションををはじめ未発表曲を次々とリリースしたがマセロはそれに対して批判的だった.そりゃそうだね.

しかしもう30年も前のことだ・・・マイルスの演奏を時系列で並べたソースが出されてもいいんじゃないかと思います.とくに70年代前半は色々なアルバムにバラバラに収録されているので.

この演奏,「ファンク」と形容されることが多いけどそうは思わない.マイルスにその志向があったことは確かだけれど,これをファンクと呼ぶには洗練されすぎている.

僕が面白いと思って聴くマイルスはここまで.ジャズの地平を切り開いてきたマイルスもここまで.でもそれで十分.だけどこれ以降のアルバムもかなり持っているんだなぁ.ファンだからね.
[PR]
by auf1028 | 2013-10-03 18:59 | 音楽 | Comments(2)