<   2012年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ピエゾ

f0080743_232177.jpg

以前のエンクロージャーに両面テープで貼り付けていたときの写真です.

これをスピーカー・システムに追加する実験をしています.ドーム・トゥイーターみたいに見えますが,ピエゾ(圧電素子)です.ピエゾはピックアップとして楽器に使われますがスピーカーにもなります.

ピエゾスピーカーといえば安物ステレオシステムやカラオケ用スピーカのトゥイーターとしてよく使われています.なんたって振動板とフレームだけで,コイルもマグネットもないのだから極めて安価に作れるのです.

このユニットもパイオニアの安物ステレオシステムに使われていました.はずしてオークションに出していた人がいたのです.ピエゾなんてまったく関心がなかったのですが,このルックスに惹かれました.タンジェンシャル・エッジ風? よく見ると溝は刻まれているだけで本格的なタンジェンシャル・エッジとは違うし,そもそも振動板自体で音を出す(この点ではリボン・トゥイーターと一緒)のであるからエッジ関係あるのかなぁ.設計者のシャレだったりして.(笑)

ピエゾはダイナミック型スピーカーに比べインピーダンスがべらぼうに高いのでネットワークを介さずとも使えます.高域はスーパートゥイーター並に伸びている場合が多い.もっともこのユニットに関してはスペックは全然分かりません.能率はたぶん90dB程度ではないかと.このままアンプに繋いで聴くと可聴域の音もかなりチリチリと出ております.

Siemens 10Wにこれを追加して聴くと高域がリッチになってなかなか面白い.たぶん倍音付加器として作用しているんじゃないかと思います.エキサイター / エンハンサーを通した音に通じるものがある.これだけではやはり音に芯がないので結局はJBL 2402も鳴らします.

新エンクロージャーにこのユニットを片チャネル二本ずつ,コンデンサーを通して追加してみました.2402と並列になっています.ほんのちょっと効いているだけですが悪くない.

安物高音ユニットの代名詞のようなピエゾですが,2000年代になってmurataのセラミックを使った高級トゥイーターやクレハの振動板をプリーツ状にしたユニットなど新しい動きがありました.マグネットもコイルも要らないピエゾはこれから進歩するのではないでしょうか.クレハのユニットを使った全帯域ピエゾのスピーカー・システムも発表されたけど売れたのかなぁ? 低域に対しては能率がきびしいみたいで70dBだそうで.
[PR]
by auf1028 | 2012-09-30 23:21 | オーディオ | Comments(2)

原木

今年は薪割作業が遅れています.現在割って積んである量だとワンシーズン使うのにちょっと足りない.昨シーズン低温の日が多く例年よりかなり多くの薪を消費してしまったツケが回ってきています.まぁ知り合いから細目ではあるが薪をもらえることになっているのでなんとかなるか.それにしても,もっともっと割っておかなくては.

f0080743_16145363.jpg

しかしなかなか薪割の時間がとれない.昨日は原木搬入で半日が終わってしまいました.白樺がメイン.ナラなどに比べたら火持ち,火力は劣りますが灯油ストーブとの併用だからじゅうぶん使えるし,なんたってタダです.有り難く戴いてきました.

ハイゼットに目一杯積むのは無理なので半分くらい.これでもタイヤはすごく凹むし坂の登りはセカンドギヤでやっと.タイヤは6PRとか8PRなんてものじゃない,使い古しのスタッドレスなので無理はできません.空気圧を3.2くらいに上げました.ハイゼットバンは板バネなので空荷だとピョンピョン跳ね気味ですが,このくらい積むと却って乗り心地はよくなります.

木は長いままなので現地である程度切ってから積み込み.けっこう時間がかかります.全部は搬入できませんでしたぁ.今まで五回運んでますがあと三,四回分残っています.積み下ろしだけでなく木を切りやすいようにセットするのにも体力を消耗します.疲れた疲れた.

運んだ分は来年以降割ります.それまで庭に井桁で積みシートをかけておく,この作業にも時間がかかります.当分の間休日は薪割と原木整理で終わってしまいそう.
[PR]
by auf1028 | 2012-09-29 16:14 | 薪ストーブ | Comments(4)

エンクロージャー入れ換え完了

f0080743_23454025.jpg

昨日,一気に作業を終わらせました.ルックスは一気に近代化されました.が,以前の箱と今回の箱,スピーカー・システムの発売時期は4年しか離れていません(1974年と1978年).Siemens 10Wもあの安っぽいプレス・フレームが隠れると何やら格調高く見えるような気がします.もっともネットつけちゃうので見えないですが.

JBL 2402,ホーン開口部とサブバッフル面の前後位置は後で揃える予定です.時間がなかったので後回し.いちばん上の二つ並んだのは実験中のピエゾです.これはまだ結線していません.ユニットは縦配置の予定でしたがサブバッフルの穴開けを間違えたようで横位置でないと付きませんでした.(笑) まぁいいでしょう.

昨日軽く音出し,今日ネジを増し締めしてから聴いています.10Wには0.39mHのL,2402は0.2uFのコンデンサーが入った状態.RAMSA WZ-DM36は状態を16チャンネル分メモリーできるので今までの調整は残しておいて,別のチャンネルにしパラメトリックEQはフラットな状態で聴いています.

今回の箱は高さと幅は以前のより大きいですが奥行きが浅く,左右は絞られているので内容積は大差ないかも・・・? 全体に反応はよくなったような気がします・・・ホントかな?(笑) 200Hz付近が盛り上がっているかも.例の,一部のヴォーカルがカラス声になる現象はあれっ,あまり感じない.ただしソースによってはもっと高い帯域でピークがあるようにも感じます.この辺はもっと聴き込んでみないと.周波数特性は前と比べ微妙に変わっているようですね.

f0080743_23455178.jpg

前面ネットにSIEMENSのエンブレムを貼りつけて完了です.
[PR]
by auf1028 | 2012-09-22 23:03 | オーディオ | Comments(6)

煙突が三本

休みの日にもなんだかんだと用事があって写真撮影になかなか行けません.スピーカーのエンクロージャー入れ替えも早く済ませたいしなぁ・・・う~ん.

f0080743_23181467.jpg

で,初夏に撮ったカットのアップです.イマイチだったのでアップしなかったのですが,よいアングルが取れなくて.車がいないとき交差点の真ん中から撮るのがよいと思われますが早朝しかチャンスがないですね.

変わった屋根の形と煙突が三本もあるのに注目したわけです.集合煙突,一階に一本,二階に一本.相当に古い建物らしいですがかなりしっかり造ってあるようで立派に現役です.

向こうには「銀ビル」も見えます.
[PR]
by auf1028 | 2012-09-19 23:18 | 家,建物 | Comments(2)

エンクロージャーの穴開け

さていちばん気の重い作業,SS-L8Sのエンクロージャー背面に多数の穴を開ける.本来平面バッフルか後面開放箱で使いたいSiemens 10Wを箱に入れなければならない.内容積100リットルは欲しいところですがそれも今のところは叶わない.半分程度しか確保できません.

背面に多数の穴を開けるってのはローサーのアイデアル・バッフルがありますね.多孔ボードを貼りつけたような感じで穴は小さいです.内部は一部仕切られていて動作原理はよく分かりません.今回はそれとは全然違いまして低音をコントロールしようという意図はありません.たんなる圧力を逃がす穴です.それでも多少なりともバスレフ・ポートとしての動作はするでしょうけど予測がつきません.

普通のダクトを使ったバスレフはこのユニットには向かないと感じました.密閉はもちろん有り得ません.この手の薄くて軽いコーン紙を持ったユニットは背圧をなるべくかけずに使いたいです.

ジーメンスのオイロフォンなどを見ると背面に細長いスリットが多数あります.空気抜きだと思うんですが昔のテレビやラジオの背面にもありましたよね.あんな感じです.細長い穴を開けるのは出来ないことはないですが,大変な手間が掛かるので丸穴で済まそうということです.

f0080743_23182817.jpg

穴開けは最初20mm程度の木工ドリルでお手軽に・・・と思ったんですが使ってみると全然ダメ.先端のネジ部分が板に食い込んでドリル部分を引っ張るんですが,引っ張りが強力すぎて少しでも斜めに入ると全く修正が効きません.手持ちでは真っ直ぐに穴を開けるのは困難.

ヤスリでネジ部分を取ってしまいました.全然食い込んでいきません.(笑) 当たり前ですね.4mm程度の下穴を開け,強く押しつけると削れますが最後,貫通する際薄く残った部分を押し破ってしまうので非常に出口がキタナイ.当て板を使うとよいことは知ってますが今回は使えない.

あきらめて18mmのフォスナービットを調達しました.これは穴が平らに削れていくので途中までは非常にきれいですが,最後の最後はやっぱり残った部分付近を割っちゃうんだなぁ.貫通穴を開けるものではないですからねぇ.

貫通穴なら当然ホールソー.手持ちのは最小22mmで予定より少し大きい.これは許容するとしても板厚に対して深さが足りないんです.あ・・・気がつきました.途中で周りを切った部分を折ればいいんですね.行けるところまで行って別のドリルに10mmの金工用ビットを装着,少し食い込ませて軽くこしると簡単に途中から折れます(合板なので).反対側は少しバリが出ますがこれは許容範囲内.

f0080743_23185187.jpg

これで方針決定.方眼をプリントしたA4の紙を貼り付けて3mmドリルで下穴を開けました.あとは開けるだけ・・・なんですが何しろ48個もあるので非常に時間がかかりました.今日は一台分で終了.残りは来週.手前側は塗装に少しマクレが出ますがまぁ仕方ないかな.穴開けが終了したら切り口をペーパーで軽く仕上げてから塗装・・・うーん,いささかうんざりしてきました.(笑)
[PR]
by auf1028 | 2012-09-14 23:19 | オーディオ | Comments(4)

納屋に歴史あり

f0080743_23441764.jpg

この納屋,もっと光線状態のよいときに撮りたいとずっと思っているのだけどなかなか実行できない.午後だとベタ光になっちゃうのね.300mmで撮りましたがかなりトリミングしています.この角度では途中田んぼだったか畑だったかがあって近づけない.

農家の納屋としてまぁ普通なんだけど,このタイプはもう造られることはない.現在だといわゆるD型ハウスになってしまうでしょうね.そう考えるとなるべく記録しておきたい気がします.

建てられたのは昭和30年代ですかねぇ.最初は全部板張りだったと思う.この時代,家の外装は皆こんな感じ.板はトドマツでしょうか.その後トタン張りになった.その際何故かメインの入り口が塞がれてしまったのがわかりますね.

丸い穴の跡が見えるのはたぶん煙突があって,撤去した後塞いだんでしょう.屋根が段違いになってるのは最初からでしょうがどんな意味があるのか.そんなことを考えながらこの手の古い建物を見ているわけです.
[PR]
by auf1028 | 2012-09-13 16:50 | 家,建物 | Comments(1)

ステンキャップ

ステンレスの六角穴付きボルト,通称キャップスクリューです.強度,耐久性とも優れているので僕はよく使います.

f0080743_2310148.jpg

今回スピーカーユニット,アダプター,サブバッフルの取付にM4のステンキャップを使うことにしました.ホームセンターでは4本組みくらいでナット,ワッシャとのセットで売られていますが割高です.

近年とみに増えてきたネジ通販サイトをいくつか見ましたが送料がネックですねぇ.たしかに「ネジ一本から」買えるのですが少量のネジに対して送料がかかりすぎる.ステンキャップは種類が少ないところもある.

先日LOCTITEの錆転換剤を購入した札幌の福本商店ではM4 35mmが20本で336円です.しかもメール便可能.三種類の長さとワッシャ,ナットを注文しました.ここは素材や工具など色々あって,しかも道内なので送料が安い.これからも使えそうです.
[PR]
by auf1028 | 2012-09-06 23:10 | オーディオ | Comments(2)

アダプターとブラインドプレート

現行スピーカーユニットのSS-L8Sのエンクロージャーへの移植計画,少しずつ進んでいます.取付アダプターの塗装はなんとかやっつけました.塗料は手持ちの日本ペイント油性つやなしブラック.

f0080743_2311352.jpg

あとJBL 2402用サブバッフル,バスレフダクトやアッテネーターの穴を塞ぐブラインドプレートを切り出しました.けっこう数が多くて手が掛かります.手持ちの7.5mm松単板.薄い? まぁそうですけど今回はあまり気にしないことにしました.(笑) とにかく手持ちの材料で済ませる方針.
[PR]
by auf1028 | 2012-09-03 23:11 | オーディオ | Comments(0)