<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

霧の朝

ここのところ寒い日が続いていましたが,22日は(Yahooの気象情報によると)午前三時に最低気温マイナス25℃.朝,街は気温の逆転層により霧の海に沈んでいました.

霧氷が盛大に見られるはずの橋付近も霧に包まれ何も見えません.とりあえず下流の方へ行き景色を撮っていたら寒さでカメラのバッテリーがダウンしました.


次の日の最低気温は低気圧の接近で南風が吹きマイナス1℃.一日でこんなに気温が変化しては身体がついていかないです.まったく・・・.

 
[PR]
by auf1028 | 2011-12-24 23:12 | 動画 | Comments(2)

インテルドライブ

入力トランスの実験ですが,ジャズには非常によいと感じたものの色々聴いてみると・・・トランス入れない方がよいと思えるソースもあり,抵抗値を変えながら聴いているうちに何だかよく分からなくなってきました.(笑) 他のトランスでも試してみたいところですが手当たり次第に購入するわけにも行かず.前UTC A-20を持ってたのだが使うこともあるまいと手放してしまった.うーん持ってればよかったなぁ.10年以上前ですがね.

f0080743_18515163.jpg

アルミ板の上に端子板と共に設置,テストしやすくしました.

ところで1970年代後半ですかねぇ,僕が初めて自分のステレオ装置を所有した頃フォノ・カートリッジの結線を片チャネル逆にし,スピーカーの片側の結線も逆にすると音質が向上するという話がありました.これは左右共通電源のステレオ・アンプにだけ適用されるコトなんですが.ナントカドライブっていったよなぁ・・・と検索してみるとすぐ分かりました.インテルドライブです.

つまり超低域は音溝の振幅制限もあって左右チャネルほぼ同レベルでカッティングされる.超低域の信号を逆相で入れると左右でキャンセルされて電源の動作が楽になるという理屈です.僕もやってみましたが当時持っていた装置では効果はさっぱりわかりませんでした.今考えてみると効果はありそうに思います.ただもうレコードは聴いていないので確かめることはできません.

この方法,実用的には問題があってフォノ以外の入力は普通のアンバランスですからそっちを聴くときはスピーカーの結線を戻さなければなりません.実に面倒.だから試した人は多かったでしょうが,常用していた人はほとんどいなかったのではと思います.

先ほど,ストーブの前でうたた寝していてふと思いつきました.今実験しているトランスでは入力と出力のコールド側を接続していません.ということはインテルドライブできるのではないか.ドライバー一本あれば簡単に試せます.CDの時代になっても超低域が左右同レベルで入っているか?という疑問はありますけど.

さて聴いてみると・・・.低音が出てくるというわけではなく締まる方向ですね.全体に骨格がしっかりしたように思えます.ジャズにはよろしいがクラシックはどうかな? しばらく聴いてみます.

 
[PR]
by auf1028 | 2011-12-18 18:52 | オーディオ | Comments(0)

霧氷

金曜日は最低気温がマイナス20℃くらいになったようで,12月中上旬にここまで冷えるというのはちょっと早いなぁ.川霧も少し出ました.朝,霧氷が見られる川岸をドライブした際の動画です.



今年の雪量は今のところ昨年より多くソコソコ,気温も低いですね.来週末には近くのスキー場も開くでしょう.(新プリンスホテル側はすでにオープンしています)
[PR]
by auf1028 | 2011-12-11 21:45 | 動画 | Comments(4)

十勝岳の硫黄

f0080743_23205748.jpg

窓から見える十勝山系.これを撮ったのは少し前なので今はもう少し下まで白くなっています.十勝岳の噴煙は山の端沿いに少し見えます.噴煙が富良野側にたなびくことは滅多にありません.

積雪のあるときに十勝岳が噴火すると融雪型泥流が発生し大きな被害が出る可能性があります.中腹には(普通行かないような場所ですが)防災ダムが何カ所か設置されています.数年前,道に迷ってたまたま工事現場を見る機会がありましたがかなり大がかりなもので,夕方だったこともありSFチックな光景に呆然とした記憶があります.写真撮っておけばよかったなぁ.

十勝岳山頂に登ろうとずっと思っているのですが,適当な季節の休日に用事があったり天気が悪かったりでなかなか実行できずにいます.安政年間に噴火したという旧火口(安政火口)は現在の火口からずいぶん離れていますが,ここは十勝岳温泉稜雲閣前駐車場から歩いて簡単に行けます.昨年行ったときは遊歩道の下に監視カメラ用ケーブルが新たに敷設されていました.本火口のみならず安政火口も常時監視しているんですね.

f0080743_23211590.jpg

安政火口で拾ってきた硫黄の塊です.本火口付近にはもっとたくさんの硫黄があり昔は採取されていたそうです.噴火の際硫黄採取の人達が亡くなったこともあったとか.来年こそは十勝岳登山をしたいと思うんですが・・・.

 
[PR]
by auf1028 | 2011-12-06 23:21 | Comments(0)