<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

増殖

f0080743_23534540.jpg

工場の裏側なのだが本棟から増殖したようなこの部分,細部を見るとどんどん疑問が湧き出てくる.塞いである並んだ出窓のようなものは何? 青いドアの横にある換気口を塞いだようなのは? ドアの右側,小さな屋根がついている出っ張った部分は何なのか? (たぶん雪の重みで傾いでいる)低い位置にある小さな屋根は必要なのであろうか?

f0080743_2354360.jpg

鉄板にL字アングルを溶接して作ったと思われる非常に重そうなドアは現在開閉できるのだろうか?

 
[PR]
by auf1028 | 2011-07-30 23:54 | 家,建物 | Comments(2)

Raytheon 5755の動作点を探ってみる

次作パワーアンプ,天板の穴開けまで終わったのですが残念ながら計画変更によりボツです.ここ数ヶ月の経験によりチョーク・インプット,電源部別筐体必須と考えるようになりました.別筐体とするのはチョーク・コイルからの不要輻射を避けるためです.ニッケルやパーマロイで電磁シールドするという手もあるのですがどうかなぁ・・・.あと電源トランスの振動から逃れることができる.複数のアンプで電源部を使い回しできる可能性がある.

今考えているのはアンプ部だけを新調し,当座は現在の電源部を使うというやり方です.その後新たに電源部を作る.

しばらくは新アンプの製作に取りかかることはできないので,とりあえず今のアンプ,ドライブ段の適正化を試みます.現在Raytheon CK5755(1/2ユニット)を使っていますがこれはたまたま使ってみたら好ましいのでそのままになっているだけで,本来このようなHi-μ管を使う予定ではありませんでした.(当初はECC32を使っていた)

まずデカップリングの抵抗器を10KΩから6.8KΩに変更,ドライブ段の電圧を上げます.これは5755が非常に小さなプレート電流で動作するので,「高電圧,少電流」で使ってみようというただそれだけの理由です.(さしたる根拠なし)

f0080743_023327.jpg

次にプレート負荷抵抗とカソード抵抗の値を色々変えてみます.過去に作ったアンプをバラした際にとっておいた中古の抵抗器を動員します.すでに圧着端子がついているので交換が簡単なのです.

設計段階での検討やシミュレーションではなくて,実際抵抗器を取っ替え引っ替えして音を聴いてみるというのはなかなかできないもので,私もここまで色々の値を試してみたのは初めてです.結果的にはプレート抵抗100Kか82K,カソード抵抗は1K~1.5K程度に落ち着きそうでまぁ普通の値ですね.(ただしカソード抵抗の値は推測です 中古の抵抗器,その辺の値がなかったので後ほど新品でやってみる予定です)

現在プレート抵抗146K,カソード抵抗4.7Kで聴いているのですが抜けがよく,開放的でこれも悪くない.ただクラシックの弦がちょっとキツイです.今1954年録音,ラミンの「ヨハネ受難曲」を聴いていますがなかなかいい感じです.

プレート抵抗10Kとかあり得ない値も試してみましたが,ゲインは極端に落ちるとしてもちゃんと音が出るのには(当然ですが・・・)なんか感心してしまいました.つまり気味の音でよくはないですけどね.あとバイアス-0.5Vとか,初速度電流領域でも一聴普通の音が出るのですねぇ.このように普通試してもみない条件での音を聴けたのは面白かったです.

 
[PR]
by auf1028 | 2011-07-24 00:23 | オーディオ | Comments(2)

イタチハギ

もう数週間前になりますが,野花南の丸山を撮っていたとき,家内が後ろで何か撮っている.ん?この不気味な花は何だ? とりあえず撮影,帰ってから調べました.葉の形状からマメ科の植物であることは分かるのですぐに判明.イタチハギっていうんですね.帰化植物で日本全国にあり,別に珍しいものではないということで.

f0080743_055489.jpg

今まで何度も見ていたのでしょうが,この異様な花がなければ若いニセアカシヤくらいにしか見えないでしょうねぇ.

 
[PR]
by auf1028 | 2011-07-21 00:06 | 植物 | Comments(0)

今年のラベンダー

金曜日,ファーム富田へ行って来ました.今年,早咲き種はイマイチのようです.遅咲きの方はまぁまぁ,って感じでしたがこの連休はずっと雨模様,土曜日は肌寒いくらいで日曜は少し気温が上がり湿度も上がってきました.ラベンダーは雨が続くと色が悪くなってしまうのでちょっと心配です.

f0080743_2330933.jpg

アジア系の観光客は,やはり例年より少ないような気がしますね.

 
[PR]
by auf1028 | 2011-07-17 23:30 | 風景 | Comments(2)

SiemensのMPコンデンサ

オーディオマニアという言葉はまだ死語ではないと思うのですが,どうでしょう.日本ではオーディオに凝っている人程度の意味で使われてますが,もちろん本来「mania」っていい意味ではないので.「Maniac Cop」なんて映画もありましたね.周りの人が揶揄を込めて「あの人はオーディオ・マニアだ」みたいな使い方でしょう.

一時「オーディオ・フリーク」って言葉も使われたんですが(アメリカからの輸入でしょうか)これだっていい意味ではない.

それで,もっと上品な言葉として「オーディオファイル」というのが輸入されました.Audiophile,オーディオ愛好家.しかし,向こうではどうなのか知りませんが日本でオーディオファイルっていうと,豪華で広いリスニングルームに数百万円から一千万円オーバーのアンプ,スピーカーを設置してるような人を思い浮かべてしまうのですが.

私の場合音楽好きと工作好きが合体しただけで,上記のどれにも入らないと考えています.(まぁオーディオに無縁の人から見れば「オーディオマニア」に見えるんでしょうが それは仕方ない) そもそも高忠実度再生を目指していない,目の前にマイルスを,エヴァンスを再現しようなんて思っていません.好みの音で音楽が再生できればよいのです.

では実際にどうするかというとこれはなかなか難しく・・・目標のない航海みたいなもので.現在は真空管アンプと高能率フルレンジの組み合わせで,いい線行ってると自分では思っていますが,考えてみると過去にKさんの所で聴いたSiemensのスピーカー+直熱三極管シングル・アンプの音に多大なサジェスチョンを与えられた故のようです.ただしKさんの音を目標にというわけでもないので,結局自分でも何をやってるかよくわからないです.その時々「これいいんじゃないかな」と思ったことの積み重ねの結果が現状ですかねぇ.

f0080743_1535571.jpg

さて,今回入手したコンデンサ,0.1uF,630Vということでパワー・アンプのカップリングに使うのですが,私の場合カップリング・コンデンサによって音造りをするってのはなくて,箔タイプのフィルム,MUSICAPかMITを使って別に不満もありません.

これ,オークションで見ておっと思ったのですが1971年製のペーパー・コンデンサ未使用品ということでした.写真をよく見るとMPと書いてありますがな・・・まぁMPでも貴重といえるのではないでしょうか.

同容量のVitamin Q(本家)に比べ一回り小さく,軽いです.届いたら音を聴きたくなるのは人情で,早速聴いてみました.圧着端子をつけてネジ止めするだけなので簡単です.最初は相当変な音でしたが数時間で落ち着いてきました.

カップリング・コンデンサを換えて音の変化をここまで感じたのは初めてです.二年前と比べてシステムが相当クォリティ・アップしているせいでしょうか.電源トランス,ダイオードと配線材以外のパーツをアメリカ製で固めたこのアンプに,二個だけ入ったドイツ製コンデンサがここまで音を変えるとは・・・.別にこれが今まで使ったコンデンサの中でも最高とは言いませんが,非常に説得力のある音です(意味不明ですいません).オーディオってホントにワケが分かんないですねぇ・・・.
[PR]
by auf1028 | 2011-07-14 15:35 | オーディオ | Comments(4)

野花南の丸山

芦別市野花南(のかなん)にある丸山です.国道方面からは付近の山並みからちょっとはずれて,ピラミッド型に見えるのでかなり目立ちます.

f0080743_23502091.jpg

この角度からだと片側がちょっと膨らんできれいなピラミッド型からちょっと崩れているのがわかります.高さ400mほどの,岩山のようです.前に見たときは秋で,いささか不気味に見えましたが夏に見るとそうでもないか・・・.登山道はないですが登った人は多いようです.

昔からUFOの発着場とか色々いわれているようですが,山の上に着陸してもしょうがないような気がします.私は着陸地点の目印ではないかと思いますが,「UFOは目視で操縦してるのかい」って突っ込まれそうです.(笑)

「あと二つの地点と結界を作っている」という説もあり,これはありそうです.

 
[PR]
by auf1028 | 2011-07-12 23:50 | 風景 | Comments(0)

パワー・アンプに30PHA20

最近ずっとSBDの実験をやっていますがまだ試していない組み合わせ,パワー・アンプに30PHA20です.7個シリーズを二組.最初はしっかり作っていたのに段々手抜きになってきて,USベースに基板をホットボンドでつけただけ.まぁボンネットが被さりますから見た目はあまり気にせず・・・.抵抗は入れませんでした.

f0080743_023123.jpg

(整流管も含め)いちばん低音が出ます.しかしちょっと緩い低音ですがこれは望むところで・・・.一聴,とても普通の音に聴こえるかも.Hi-Fi寄りになってしまったかなぁ.

まぁパワー・アンプとラインアンプに30PHA20を使った状態で夏の間は聴いてみようと思います.節電にもなりますし.整流管二本分の発熱って結構なものですよね.

 
[PR]
by auf1028 | 2011-07-11 00:23 | オーディオ | Comments(6)

マンホール@赤平市

久々に撮ったマンホールの蓋.「虹の映えるまち 赤平」ってことなんですが,お隣の芦別市が「星の降る里」といってるのでなんとなくそれに対抗したものかもしれません.(違うかもしれません)

f0080743_2330487.jpg

[PR]
by auf1028 | 2011-07-05 23:30 | マンホール | Comments(4)

外壁,換気口,シャッター


f0080743_20515389.jpg

先日,赤平市を通りかかった際に撮ったものです.赤平市も以前炭坑で栄えた街です.国道から一本それた道を走っていたら旧炭坑施設が残っていました.

f0080743_20521688.jpg

どうもこういう被写体に惹かれてしまう.SLを撮影する人が多いように消え行くものを記録しておこうという意識か.それと本来の目的を失った物体に面白みを感じるのか・・・な.

f0080743_2052345.jpg


 
[PR]
by auf1028 | 2011-07-03 20:53 | 家,建物 | Comments(0)