<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ガトー・バルビエリ 「エル・パンペーロ」

f0080743_23514792.jpg

久々に聴くバルビエリ.インパルスのプロデューサーとして有名なボブ・シールが立ち上げた「フライング・ダッチマン」から出た盤ですがどうもこのレーベル,ジャケットデザインにまるで気を使ってないみたいで.それにしてもボブ・シールがあの,ルイ・アームストロングの歌で有名な「この素晴らしき世界」の作曲者だったとはね.最近まで知らなかった.

この盤は1971年モントルー・ジャズ・フェスティバルでのライブだが発売当時FMラジオ放送で聴いたのかなぁ,バルビエリがLP両面に渡って延々と吹きまくっていたような印象を持っていた.今聴いてみるとLPで片面2曲入るようにちゃんと演奏時間を調整しているようであります.一曲はそれほど長くない.30年前の記憶なんてあてになりませんなぁ,まったく.

ガトーさんには失礼ながらこのCDを買ったのはベースのチャック・レイニーとドラムスのバーナード・"プリティ"・パーディが目当てだったのです.ご両人ともジャズ専門ではなくセッション・マンですな.どちらも大好きなミュージシャンです.とくにチャック・レイニー.20世紀後半のポピュラー音楽ファンは皆レイニーのベースを意識せずに聴いているはず.膨大な数のセッションに参加しています.ジャズからキャンディーズまで.(笑)

パーディは,パーカッショニスト二人の陰に隠れがちな感あり.録音バランスの問題もあるかも.ピアノのロニー・リストン・スミスはパーカッシヴな演奏で好演と思う.じゃあ,ってんで同じくフライング・ダッチマンから出ているリーダー作を聴くとこれがどうも・・・.曲によっては素晴らしいのだが.陳腐なヴォーカルが入った曲は実につまらない.

バルビエリ,最初のリーダー作はESPで,ドン・チェリーの「エターナル・リズム」やJCOAの「エスカレーター・オーヴァー・ザ・ヒル」にも参加しており前衛派という印象だったのだけど,「ラスト・タンゴ・イン・パリ」の音楽を担当してそこそこヒットしてからはラテン・フュージョンみたいになってきましたね.

このアルバムではラテン・フレイバーもあり,所々フリージャズ的ブロウもあるのだが・・・例えばアルバート・アイラーなんかの場合は別にフリージャズをやりたいというのではなく本当に自分のやりたいことをやっているだけ,って感じがする.だけどバルビエリの場合はどうも違うかなぁ.まぁ「ラスト・タンゴ・イン・パリ」はとてもいい曲だと思いますよ,ハイ.

ところで休刊した「スイングジャーナル」の元編集長が中心となって新しく「JAZZ JAPAN」という雑誌が出るのだと・・ってもう出てますね.ジャズといっても幅が広すぎて,世代的にもどの辺に焦点を合わせるのかとても難しいと思うが健闘を祈ります.とりあえずスイングジャーナルは僕にとってはまったく興味の外で立ち読みする気もしなかった.新雑誌,オーディオの記事は止めた方がいいんじゃないかな.アルバム・レビューは必要だろうが点数をつけるのは止めて欲しいものだ.アルバムを点数で評価するなんてバカげてると思う.ページ数も少なくていい.SJ誌みたいな厚くて重くてデラックスな雑誌は,もうあまり売れないと思うよ.あとライターの発掘だね.中野宏昭さんみたいな人はもう現れないのだろうか.
[PR]
by auf1028 | 2010-08-31 23:52 | CD | Comments(2)

再生バッテリー

f0080743_0443452.jpg

再生バッテリーというのを購入してみました.車のバッテリーが弱っていて冬季はエンジンのかかりが悪く,だましだまし何とか乗り切った.しかし今度の冬は到底無理だろう.

前に乗っていたRAV4のバッテリーは10年近く使った.最後は白い粉を吹いていたがそれでも車は普通に動いていた.毎日乗っていたからだよね.レガシィのバッテリーは23L.19サイズに比べて大きくて高い.日本製は1万円以上する.いつ動かなくなるかわからないボロ車のために買うのはもったいない.といって輸入物の4~5千円で売ってるバッテリーはとても使う気がしない.

再生バッテリーというのがあることを知って買ってみた.ヤフー・オークション経由.新品並の持ちは期待できないが,値段は1/4程度.新品の半分持つとしても十分リーズナブル.再生といってもできるだけの処理をしたのとテキトーに処理をしたのとがあるだろう.ちゃんとした業者かどうか,古いバッテリーを引き取ってくれるのはひとつの目安になると思う.ある程度の規模で長期的にビジネスをしていると思われるから.

今回買ったのは電極に銀合金を使った半密閉のJohnson Controls社SILVEN X.同様に銀を使ったPanasonicのCAOSより新品実売価格は高い.Made in India だけどね・・・.同じ業者が出品している中で古河FBクラスより千円高いだけなのでこれにしてみました.送料込み¥4700は安いと思う.+500円で運送会社の集荷伝票が同梱され,電話すれば古いバッテリーを回収してくれる.省資源の見地からしても再生して使えるものは再生した方がいいと思います.
[PR]
by auf1028 | 2010-08-28 00:44 | 自動車関係 | Comments(2)

安政火口

十勝岳安政火口へ行ってきました.温泉宿「稜雲閣」前の駐車場から1.5kmほど? さしたる登りもなく,ここまでは登山道というより遊歩道って感じです.7年前にも行きました.このときは4×5一式と三脚を担いで行ったのでバテました.7月上旬でわずかに雪が残っていました.今回は5Dとレンズ3本入ったショルダー・バッグのみ.今年は大雨が何度か降りましたがそのとき道沿いに水が流れたのでしょう,所々えぐられており中位の石がごろごろ,かなり歩きにくい状態でした.風が吹き抜け爽やかです.

f0080743_003991.jpg

画面中央が安政火口です.順光なので立体感全然出ないです.撮影ポジションが限られるので誰が撮っても同じような写真になります.朝撮るとまた違うんでしょうが・・・.江戸時代にはここが噴火口だったわけですが,現在の火口から距離はかなりあります.硫黄の臭いが.火口付近には硫黄の塊があります.前回は煙というか水蒸気が少し出ていましたが今回は見えません.

f0080743_005157.jpg

上の写真左に見えるTwin Peaksのアップ.いや,そんなに大きくない岩ですが.これも誰が撮っても同じように・・・.(笑) 今回登山の装備はしてこなかったのですが,ついでなので登山道を少し進み,富良野岳が見える場所まで登ってみました.時間も時間なのでここまで.次回はもっと早い時間に,装備もちゃんとして来よう.

f0080743_01141.jpg

この岩山の下,ハイマツが群生していますが付近にナキウサギがいるようで,鳴き声がはっきり聞こえます.眼を凝らしても当然ながら見えず.今度望遠鏡を設置して観察してみようかなぁ.

  Canon EOS 5D   Distagon 25mm F2.8 (Y/C) COSINA APO-LANTHAR 180mm F4 EBC FUJINON 55mm F1.8

 
[PR]
by auf1028 | 2010-08-23 00:02 | 風景 | Comments(2)

変った形の樹

f0080743_23315512.jpg

いつも旭川へ行く道沿い,といっても道からは少し離れているけど妙な形の樹がある.何の樹だか全然分からない.刈り込んでこういう形にしたわけではないようなのだが・・・.

f0080743_23321284.jpg

  Canon EOS 5D  Tokina AF 300mm F4 COSINA APO-LANTHAR 180mm F4
 
[PR]
by auf1028 | 2010-08-18 23:32 | 植物 | Comments(0)

トランスで200Vを100Vに

f0080743_034996.jpg

先日ジャンクのトランスをネット・オークションで落札した.100Vを200Vに昇圧できるということなのだが,説明の写真を見て一瞬眼が点になった.100V-100Vの絶縁トランスの一次と二次の線をジャンパでつないである・・・.う~ん,そうか.巻線を直列にしてオートトランス(単巻トランス)として使っているのだな.こんなの誰も落札しないだろうと思って入札.落札した.出品者は北海道内なので送料は600円.しかもいちおうケースがついてくる.容量は1KVAある.これは安いと思った.何に使うかはさておいて.(笑)

トランスが届いた.TOYODENとあるがトヨズミの古いトランスらしい.静電シールドつき機器組込用複巻絶縁トランス1:1(電圧微調可能).10kgくらいある.少し錆が出ている部分があったので錆転化剤で処理.ケースは本来何かの機器に使われていたバックアップ充電器+鉛バッテリー用らしい.材質はジュラルミンのようだ.このままでも使えるが見栄えを考えるとあちこちに開いた穴を塞ぐ必要がある.

少し時間ができたのでパワー・アンプに100V-100V絶縁トランスとして使ってみた.コンセントの103Vに対し105Vと少し電圧が上がるがまったく問題はない.AC100Vがアースから浮いてフローティングになるわけだ.この場合他の機器はつながない方がいいかもしれない(アースのループができる?).ACに載っているノイズも少しは減少するだろうが,アイソレーション・トランスやノイズカット・トランスとして売られているものに比べたらノイズ抑圧効果は少ないだろう.レギュレーション的には1kVAに対しアンプの消費電力は90W程度なので余裕あり過ぎるくらい.

CDを聴いてみる.ウン,なかなかいいじゃないか.低音は柔らかく音程明確.コンセントの100Vに換えてみる.やっぱりいいじゃないか.(笑) 違いは分からなかった.もちろんこれは僕の環境と耳では違いが検出できなかったということであって,この種の絶縁トランスの使用に意味がないという結論ではない.まぁ電源ケーブルを高いのに換えたりプラグやタップを高級品にしたら音がよくなった,なーんて経験はない人ですからね.音質判断力はプアなのかも.(笑) そもそもオーディオ用として何万円もで売られているケーブルやタップは使ったことはないです.

変化がわからないことに少しがっかりしながら次のテスト.200Vのコンセントがあるのでトランスの端子接続を変え,巻線を直列にしてオートトランスとして100Vにダウンさせる.つまり手元に来た状態と逆にするわけです.もちろんこんなのはイレギュラーな使い方もいいトコなので絶対に真似しないで下さい.この場合はうーん,ちょっと音が変わったような気がするんですね.低音が硬くなったというか締まったというか芯が出たというか.これはもうちょっと聴いてみようと思います.よければちゃんとしたダウントランスを入手するとして.単巻トランスとして使うのでノイズ低減効果はまったく期待できません.

使用状態でも無負荷でもトランスのうなりはありません.ただ無負荷状態での消費電力がちょっと大きい.200Vインで0.3Aほど消費します(クランプ・メーターによる測定).コアも熱くなります(触れないほどではない).鉄損が大きいのですね.EIコアだとこんなものなのか? 設計も古いですしね.

単巻トランス(オートトランス)と複巻トランス(絶縁トランス)の違い,オーディオを始めた頃は知らなかった.下に図を載せておきます.マウスで描いたのでがちゃがちゃです.(笑) 普通のオーディオ機器に使われている電源トランスは絶縁トランスです.デジタル・アンプはどうなのか知らないけど.安いダウン(アップ)トランスはオートトランスが多いです.いわゆるスライダックは可変式オートトランス.何故「オート」っていうのか不思議なんだけど.

f0080743_0342839.jpg

[PR]
by auf1028 | 2010-08-15 00:34 | オーディオ | Comments(3)

須田一政

f0080743_2340189.jpg

写真を始めた頃は写真雑誌,じゃないかカメラ雑誌を毎月買っていた.とにかくそれしか情報源がなかったのだから.最初は「アサヒカメラ」を買っていたがそのうち「カメラ毎日」にした.両方は買えなかったから.カメラ毎日の方がなんというか斬新で意欲的であったような気がした.その頃カメラ毎日では須田一政という写真家が「風姿花伝」を連載していた.日常の風景を6×6(たしかミノルタ オートコードではなかったか)で不気味に切り取る人だと思った.

さして惹かれたというわけでもなかった,あのような写真を撮りたいとも思わなかったが今でも覚えている,ということは,強烈な印象を受けたんだろうな.今も元気に活動されているようで何よりです.「須田一政塾」のサイトから「風姿花伝」の写真を見ることができる.改めて見てみたたが実に懐かしい.70年代を感じますね.

最近気がついたのだが,僕の写真の撮り方に須田一政と共通する部分があると.気がついたとき自分でもちょっと驚いた.似ているってわけじゃなくてね.僕の場合は日常の,ふつうは眼に入っても気に留めずそのまま通り過ぎてしまうような光景の「ある部分」を,あえて写真にすることによって提示しようというのがある.この点が須田一政と共通しているかなぁと.もちろんあのような強烈さ,おどろおどろしさはないけどね.もちろん日常の説明的な写真も多いし風景写真も科学写真記録写真も撮るけどやりたいのはそっちの方.まぁ,なかなか他者には伝わりにくいのではあるけどね.

 Panasonic DMC-G1  G VARIO 14-45mm

 
[PR]
by auf1028 | 2010-08-12 23:41 | カメラ,写真 | Comments(2)

納屋

農家に付属する納屋ですが,農機具をしまうのに必要ですね.収穫物も一時的に収納するのかな? 建てられた当時は馬小屋も兼ねていたんじゃないかと思います.今はトラクターですね.

一度トラクターを運転したことがあるんですが,左右のブレーキ・ペダルが別なんですね(一緒に固定することも可能).戦車もそうなのかなぁ? 

f0080743_0504779.jpg

それにしても立派な納屋です.二階があることが分かります.現在田んぼの方を向いているこちら側が正面入り口だったのか? この時代の建物は歪みが出ているのが多いです.これもよく見ると歪んでいますがそれほどひどくはありません.右下のトタンが剥がれているのは7,8年前の台風による被害だと思います.このときは風速30m以上,古い建物のトタンが剥がれたり樹が倒れたり大変でした.わが家ではテレビアンテナが曲がってしまいました.

このような建物はもう建てられることはありません.D型倉庫に取って代わられました.なるべく記録しておこうと思っています.撮ってるとたまに文句を言われたりしますがね.

  Canon EOS 5D  Tokina AF 300mm F4
 
[PR]
by auf1028 | 2010-08-10 00:51 | 家,建物 | Comments(2)

幾春別の家


f0080743_23394787.jpg

三笠市幾春別は札幌へ行くとき必ず通る.旧住友奔別炭坑の街であった.数年前パイパスができて元々寂れていた旧市街はさらにひっそりとしてしまった.この家の前には郵便局があったのだがバイパス沿いに移転してしまった.

まだ郵便局があった頃この家の前を通った.どうやら商店らしくタバコのボール箱(カートンが百個くらい入る大きさの)が中に積まれていた.ただし営業しているかどうかは定かでなかった.

f0080743_23401899.jpg

説明的に撮りすぎたと思ったのでトリミングしました.もちろん記録という点ではできるだけ状況説明した方が当然よいのですがね.また次回撮ろう.気になった場所はかなりしつこく撮ります.

  Canon EOS 5D  Distagon 25mm F2.8 (Y/C)
 
[PR]
by auf1028 | 2010-08-02 23:41 | 家,建物 | Comments(2)