<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

イノセラムス

ここのところ非常に忙しく,アンプ製作は秋までお休み.写真もほとんど撮れない.ってことで古いネタですが.

先日の林道歩き,書いたように高い湿度と変化のない景色で早々に終了した.その後三笠方面に進み芦別川でちょっとだけ化石探しをすることにした.道路沿いに車を停められ,簡単に川原に降りることができる初心者向けの場所.6月なら簡単に川原へ降りられるのに今は草が背丈以上に生い茂っており,かき分けつつ足下を確認しながら降りる.

f0080743_0144648.jpg

こんなのがありました.僕が割ったのではなく誰かが割って,目立つ所に置いていった.たぶん知ってる人だ.イノセラムスの化石ですがアンモナイト・ハンターにとってイノセラムスは釣りにおける外道みたいな存在で,あまり持っていく人はいないようで.学術的には「示準化石」として重要な側面もあるとのこと.つまり地層の年代を特定するのに使えるということですね.

僕も最初のうちは持って帰りましたが今では置いていきますね.まぁ,そもそも形が面白くないしねぇ.イノセラムスの化石を一般人に化石の代表的サンプルとして見せると「貝ですか」「貝です」・・・いつもそれで終わってしまいます.(笑) 占冠で一度30cmクラスのを見たことがありますがあれは迫力があった.しかしとても持って帰れない.表面は風化していたしね.

f0080743_0151179.jpg

こちらは僕の割ったノジュール.このように表面に凹凸が見られるノジュールは何か入っています.残念ながらこれもイノセラムスだった.でもその上に見える丸い形状の物体はたぶん異常巻アンモナイトの一部だと思います.あと妙なモノを見つけたので持って帰りましたがまだザックに入ったまま.報告は後ほど.30分ほど居ただけだが風もなくとにかく暑い.やはり化石探しは6月だなぁ.

EOS 5D EBC FUJINON 55mm F1.8
 
[PR]
by auf1028 | 2010-07-30 00:16 | 化石 | Comments(2)

キジバト

先週,庭に植わっているカエデの枝を脚立に登って電動チェンソーで切りました.いつの間にか成長して葉が隣家の屋根に触れているのです.屋根を塗り換えるので・・・という話で.片手でチェンソーを持って落下する方向を考えながら切っていきます.頭上から切り屑と毛虫が降ってきます.

ふと視線を感じて(かどうかわからないけど)90度左を見ると,4~5m離れた白樺の木の中間,ほぼ同じ高さにキジバトが営巣して抱卵している.ハトはこっちを見ていて眼が合ってしまいました.(笑) 何をやってるんだろう,うるさいなと思ってるんでしょうな.最近この辺をウロウロしていると思ったら家のすぐ前,玄関のすぐそばの木に巣を作っていたとは.翌日から塗装が始まり溶剤の臭いも流れてきます.巣を放棄しやしないかと心配したのですが大丈夫のようです.

f0080743_103643.jpg

調べてみたらキジバトは本来山鳥のはずですが近年は都会にも進出し,人工物に営巣したりもするんだそうで,このくらいの騒音や臭いは平気なんでしょうか.狩猟鳥でもあるのですが最近は空気銃で鳥を撃つ人もまず見なくなりました.私が「キジバトは食えるんだよな」と思っていることなど,もちろん知る由もありません.(笑) 中国へ行ったとき鳩のスープがよく出てきたなぁ.

オスメス交代で抱卵しているはずですがまったく区別がつきません.来週中には孵化すると思われます.

  Canon EOS 5D  Tokina AF 300mm F4(トリミングしています)
 
[PR]
by auf1028 | 2010-07-25 01:02 | 動物達 | Comments(0)

窓ガラス

昔,家のガラス窓は今のように大きな一枚物のガラスじゃなく,木枠にA4くらいの窓ガラスを複数はめ込んだ構造だった.そのうちの一枚が割れたりするとガラス屋さんに行って所定の寸法に切ってもらい,断面が三角形の細い木(あれの名称は何だっけな・・・)で周辺を押さえ小さな釘(ガラス釘と言っていた)を何本か打って留めたのだった.

子供の頃,家の大工道具箱の中にガラス釘とそれ用の小さな金槌があったのを覚えている.

f0080743_0272374.jpg

窓ガラスも透明なのだけでなく,曇りガラスや模様が入ったもの,色々あった.旭川で撮ったこの窓(実は入り口のドアなのだが)はさしずめ各種窓ガラスの見本帖というところ.そう,ここはガラス屋さんなのだ.

  Canon EOS 5D  Distagon 25mm F2.8 (Y/C)
 
[PR]
by auf1028 | 2010-07-19 00:28 | 家,建物 | Comments(2)

繋がった家

先日タクシーが暴走して歩道の人をはねた事件があったけど,たぶんアクセルとブレーキの踏み違いだよね.普段からブレーキ・ペダルは左足で踏むようにしておけばこのような間違いはなくなる.ってことで左足ブレーキを推奨する人がいるけどどうだろうか? 僕も左足ブレーキを使うことがあるけど,それはカーブを速く曲がりたいときだ.そうでないときにも使うが,それは左足ブレーキの感覚を忘れないための練習.左足でブレーキを踏むとガーンと効いてしまい急ブレーキになるが,それは慣れていないからで練習して感覚をつかめば右足と同じようにコントロールできるようになる.

しかし普通ならフットレストにしっかり載せている足が離れるので,コーナリングの際どうしても体勢が安定しない.さらにほとんどの車においてブレーキ・ペダルはアクセル・ペダルより高い位置にあり,踵を床につけたままペダルを踏むことはできない.どうも体が落ち着かないのだ.結局左足ブレーキの方が速いのは確かなのだが,フルバケット・シートでないとなぁというのが実感.

f0080743_22512178.jpg

さて,札幌で買い物の途中「三角山 五衛門ラーメン」に寄る.僕は煮干しダシのラーメンはダメだし,油だらけのも好きじゃない.旭川のラーメンは油でフタをしたようなのが多くてダメだ.札幌ラーメンも僕が札幌に住んでいたときのそれとは大きく変わっているようだ.ここは僕が食べられる数少ないラーメン屋なのだ.

五回くらい来ているのだけど今日は珍しく写真が撮れるくらいの明るさだった.(夏だからだよね) 裏から見たら五衛門ラーメンとその隣の建物,そのまた隣,またたまた隣と四軒の建物それぞれの間に隙間がないことに気がついた.隣は同じく五衛門のジンギスカン屋なのだが残り二軒も五衛門関係なのかなぁ.この建築物,法律上は一体どうなっているのだろう?

 Panasonic DMC-G1  G VARIO 14-45mm
 
[PR]
by auf1028 | 2010-07-14 22:53 | 家,建物 | Comments(4)

マンホールの蓋:三笠市

札幌へ行く途中,三笠市幾春別で古い木造の家を撮っていたら家内が発見した.海竜が陸棲の恐竜を襲っているところでしょうか? 普通のマンホール蓋より小さいサイズ.

f0080743_0304259.jpg

そのすぐ後運転中に普通サイズを発見,車を停めて撮影.恐竜がアンモナイトを踏みつけている.背景では火山が噴火中.

f0080743_0305892.jpg

どちらもいささかマンガチックに過ぎるような気もしますが,まぁいいかぁ.一般的なイメージの恐竜ってこんなものでしょうかね.

 Canon EOS 5D  Distagon 25mm F2.8 (Y/C)
 Panasonic DMC-G1  G VARIO 14-45mm
 
[PR]
by auf1028 | 2010-07-11 00:32 | マンホール | Comments(2)

G'zOne

携帯電話機を換えた.今まで使っていたdocomoのN503iは9年くらい使った.(笑) キーやコインと一緒にポケットに入れておくので表面はスレスレ,何度か踏みつけて外装にはヒビが入っている.でも機能的にはまったく問題ない.バッテリーはさすがに昨年ダメになって取り換えた.もちろん新品は手に入らないのでオークションで中古を300円で.色が違うけどまぁいいや.僕の場合携帯電話機の使用頻度はとても低い.webなんか見ないしメールも滅多に使わない.じゃぁなくてもいいかというと,そうも行かないのだなぁ.

f0080743_1452797.jpg

このままmovaの停波まで使おうかと思っていたが,docomoからFomaへの切り替えを促する電話が来てそれによるとFomaの方が料金安いのだそうだ.知らなかった・・・実にけしからん.Fomaへの移行に際して手数料はかからない(当たり前だ)が端末を買わなければいけない.docomoではその場合一万円から三万円くらいの割引きがあるといっているが,非常に曖昧である.自分の好きな機種が安く買える可能性は低いと見た.それなら新規でauにした方が安いのじゃないか?

旭川に行ったとき携帯販売店でちょっと相場を見てみよう.そしたら一時消えていた(らしい)新規0円があるじゃないですか.auに換えよう.実際に使うのは以前ちょっと欲しいと思ったCASIOのG'zOne W42CAにしよう(とっくに製造中止ですが現行のG'zOneはちょっと違うと思う).

携帯を持っていなかった家内と一緒に0円で購入.家族割引に入って家族間通話無料.新規加入料と番号移行手数料は販売店独自のポイントサービスでほぼチャラ.

買ったのは東芝T003だが去年秋のモデルが0円とはねぇ・・・今はこんな感じの薄型ばかりだがポケットに入れると据わりが悪いです.それに片手で開くのが難しい.まぁTVを見るときくらいしか使わないけど.

f0080743_1454623.jpg

横から見るとW42CAの巨大さがよく分かりますね.僕には全然問題ないですけど.ただし800MHz帯再編成によってあと二年ほどしか使えない.オークションで新品も売ってるけどそれを考えるとお金をかける気がしないので中古を1700円でゲット.電子コンパスは使えます.まだ山へ行くと圏外の場所も多いです.写真にGPS情報を付加できるのもいいけど(今は皆そうなのかな?)圏外では不可能なんでしょうな.まぁ気に入ってます.
[PR]
by auf1028 | 2010-07-08 14:06 | Comments(0)

林道を歩く

去年ゲートから1kmほどしか行けなかった林道,今年またチャレンジです.去年はもう少し早い季節でしたが一度目は雨が降ってきたので引き返しました.次は一緒に行った家内のトレッキングシューズの底が剥がれてきてまたもや中止です.さて今年は・・・.

f0080743_23355159.jpg

山は緑一色です.前日雨が降ったからでしょうか,非常に湿度が高く快適ではありません.わかりにくいですが画面中央下に渓流があります.水面付近は霧が発生しています.温度の低い水に周辺の空気が冷やされて霧が出たということなのでしょうか? すごく山奥のように見えますが,ここは家のすぐ上にあるスキー場の裏側です.直線距離だと数kmしかないはず.あ~,熊避け鈴を忘れてきた・・・.

f0080743_2336543.jpg

樹の形が面白かったので撮りましたが,見た感じを再現するのは難しいですねぇ.

f0080743_23361787.jpg

アザミの花にチョウが.こういう被写体もあるだろうと,今日は最短撮影距離60cmのPlanar 50mm F1.7ではなく45cmまで寄れる(これが普通ですが)EBC FUJINON 55mm F1.8を持ってきました.最短距離での撮影は自動絞りでないので難しい.絞り込む際にどうしても被写体との距離が変わってしまいます.絞っておいてピン合わせした方がまだましです.これはF5.6くらいだったか? 面積で半分程度にトリミングしています.奥にカメムシも見えますね.目一杯近づいてもチョウは逃げません.これはエゾスジグロシロチョウではないかと思います.

EOS 5D EBC FUJINON 55mm F1.8
 
[PR]
by auf1028 | 2010-07-05 23:36 | Comments(0)

ラベンダーがそろそろ

咲いてきました.中富良野町「ファーム富田」にて.昨日の午後6時過ぎに撮ったのでコントラスト低いです.シャッター速度1/20秒で切ったらブレてました.この大きさでは判らないですが.

f0080743_21395078.jpg

ファーム富田の売店や施設は午後5時で閉まりますがその後も別に入れないわけではないので,閉まる直前に行くのをお薦めします.買い物を済ませたらゆっくり花畑を見て.人が少ないので落ち着いて見ることができます.しかも涼しい.写真撮影にはイマイチ向かないですけどね.十勝山系を遠望しながら黄昏の時間を楽しむのもなかなかいいですよ.

  Canon EOS 5D  Distagon 25mm F2.8 (Y/C)
 
[PR]
by auf1028 | 2010-07-03 21:40 | 風景 | Comments(2)

ラフマニノフの自演

ラフマニノフの自作自演としてはSP時代アメリカでの録音があるけどこれは1979年の録音(London Decca).ピアノロール(自動ピアノ)によるものです.ピアノロールというものがどれだけ忠実に演奏を再現できるのか,僕には全然分かりませんがラフマニノフ本人が再生を聴いて驚嘆絶賛したらしいので(初めての体験で驚いたという事を差し引いても)そこそこいいところを行ってるんだろうか.

ラフマニノフという人は体格が良く手も非常に大きかったということで,ラフマニノフ本人が弾いていると想像しながら聴くと演奏もなかなか力強いものに感じられる.いや実際相当に力強いと思う.かなり面白く聴けました.ホントの(?)録音もそのうち買うつもりです.何時買うか分からないけど.ラフマニノフ全集CD10枚組は高いので.

f0080743_22195326.jpg

ところで「共感覚」という知覚現象ですがwikipediaによれば・・・共感覚(きょうかんかく、シナスタジア、synesthesia, syn?sthesia)とは、ある刺激に対して通常の感覚だけでなく異なる種類の感覚をも生じさせる一部の人にみられる特殊な知覚現象をいう。 例えば、共感覚を持つ人には文字に色を感じたり、音に色を感じたり、形に味を感じたりする。・・・ってことなんですが.

僕自身は共感覚を持ってはいない.共感覚を持っているか否かは本人の言によるしかない.そう感じるのだと言われれば他人がそれを否定することはできない.持っていても敢えて隠していれば他人には分からない.パウル・クレーが共感覚者だと以前本でで読んだような記憶がある.あぁそうだろうな,と思う.

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を聴きながら,ふと彼は共感覚者だったのではないかと思った.なんとなくですが.で,調べてみたがそういう情報は見つからなかった.wikipediaによるとラフマニノフとモスクワ音楽院で同窓だったスクリャービンが共感覚者だとあるのだよね.うーむ・・・.
[PR]
by auf1028 | 2010-07-01 22:20 | CD | Comments(4)