<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

金槌

f0080743_091033.jpg
 Canon EOS 5D Mamiya Sekor 80mm F4 Macro(for 645)

金槌の柄が折れた.薪ストーブ焚き付け用にもらった廃材に釘が刺さったままだったので反対側から叩いたら折れてしまった.この金槌はプロ用ではないがアマチュア用としては高級なものであり,打つとき妙にバランスがよく使いやすかった.

考えてみれば買ってから20年近く経っている.元は完全に取れたといってよい.しかし買うときに柄に貼られたシールだったかパッケージだったかに「耐久十万回保証」とあったのを覚えている.本職じゃないから十万回使えるなら一生買い換えずに済むと思ったのだが・・・思った以上に使ったわけだ.

この金槌は釘抜きつきだ.ゲンノウというのは両方平たい(片方はやや丸みを帯びる)やつ.じゃぁこのタイプは何というのか,調べてみたら箱屋槌というらしい.
[PR]
by auf1028 | 2010-01-31 00:10 | Comments(6)

SANYO 薔薇

サンヨーの薔薇ってカラーテレビだったかな? 覚えている人も少ないでしょうね.この写真は一昨年夏撮ったものだが,なかなか気に入った物件なので光線状態のよいときまた撮り直そうと思っていた.が,昨年末行ったら取り壊され空き地になっていた.旭川の古い家はどんどん無くなっていく.
f0080743_23564849.jpg
 Canon EOS 5D Planar 50mm F1.7(Y/C)
[PR]
by auf1028 | 2010-01-27 23:57 | 家,建物 | Comments(2)

ルンダール出力トランスの結線

Lundahlの出力トランスLL1620は一次,二次とも複数の巻線に分割されており,これらを繋ぎ換えることによってプッシュプルとシングルに使い分けることができる.さらに一次インピーダンスは3,3K,6K,11K,二次は4Ω,8Ω,16Ωに対応しているが,そのためには指示された結線によっていちいち端子を繋ぎ換えなくてはならない..要するに普通のトランスによくあるタップというものがないのだ.同社のトランスは皆そうなんである.

不便といえば不便だが設計者の方針であるらしい.「死んでもタップは出さねぇ」のだ.ここまでくるとこれはこれで潔い.今回一次は3.3K,二次は16Ωにするわけで配線を済ませておこうと思ったのだが・・・
f0080743_2344579.jpg
データシート(英文)によると二次側の結線はこのように6種類もある.わっ,こりゃなんだ.各図には巻線抵抗値と最大出力電圧が記されているだけだ.どの結線にすりゃいいんだよ~? こういうの見ると頭が痛くなってくる.そう,本来僕はアンプ作りには向いていない非理系人間なのであるが・・・数式もダメだし・・・.後で考えることにする.(笑)

f0080743_2345138.jpg
トランスの二次側,購入した時点ではこうなっている.ベークライトの板から各巻線の端が出ていて四本ずつなんとなくまとめてワニスが塗ってある(右下の四本は少し伸ばした).これでいいんですかい?と言いたくなる状態.これらのエナメル線の先っぽを端子代わりにして結線すると,結線変えの度にどうしても力が掛かり根元の所が曲がるだろう.何度も曲げると折れちゃうんじゃないか? そんなに結線変えるか?ってハナシもあるが少なくとも2,3回はするだろう.

何とか端子をつけてまとめられないか.ひと月くらい考えていたが,いい案は浮かばない.端子間幅約5mmというのがつらい.先日,「これ,もしかして基板ピッチじゃないのか?」と思い手持ちの基板をあててみたら・・・ぴったりなんですねぇ.

f0080743_23452662.jpg
このように7cm×9cmの基板がちょうどつく.これで各ランドに16本の線を半田付けすれば全体としての強度はかなり取れる.基板から出っ張った6~7mmの部分を端子代わりにする.基板の取付穴は不要なので左右はも少しカットしよう.

ちなみに結線の仕方は二日後データシートを落ち着いて読んだらちゃんと書いてありました.(笑) 
[PR]
by auf1028 | 2010-01-23 23:47 | オーディオ | Comments(4)

充電器が出てきた

長いこと紛失していたTX1の充電器だが,こういうのはあきらめて替わりを買うと出てくるものである.そろそろ見つかるだろうと思っていたら・・・出てきた.(笑) うれしいのは一緒にPanasonic DMC-L1の充電器も出てきたこと.こちらも使えなかったのです.

久々にL1で撮ってみました.富良野にある三つのスキー場です.
f0080743_20151149.jpg

一番手前が中富良野町町営スキー場,次が富良野北の峰スキー場,奥が新プリンスホテル裏のスキー場です.中富良野町スキー場は開いている時期が短いのでこのように三つのスキー場をひとつの画面に入れられるのは今頃だけです.こういうのはやはり5Dの方が向いていますなぁ.以前撮ったように4×5ならもっと良い.ちゃんと撮ろうと思ったら撮影場所はもっと選ぶべきだし空に明るさが残っている時間帯に撮影した方がよいです.ま,今日は買い物帰りに撮っただけなので.

Panasonic DMC-L1ZUIKO ED14-42mm F3.5-5.6
[PR]
by auf1028 | 2010-01-22 23:11 | 風景 | Comments(6)

Canon TX1復活

久しく使えなかったTX1が復活した.故障したわけではなく充電器が行方不明で使えなかったのだ.家の中にあるはずなのだが見つからない.そのうち出てくると思っていたのだが,半年以上経っても見つからない.

TX1は動画も撮れるしメモ撮りには便利なのである.悔しいが仕方ない,安~い中国製を買ってみた.¥890.先日香港より到着した.充電はできる.しかも車のシガーライター・ソケットからも充電可能なのだ.しかし充電の仕方が純正と全く同じではないだろうな.バッテリーの寿命に影響は無いのか? わからない.

f0080743_2104660.jpg

久々に使うコンパクト機.AFでズーム,手ぶれ補正と便利ではあるがやはりつまらないですなぁ.まぁ写ればよいという感じ.

f0080743_2105974.jpg

[PR]
by auf1028 | 2010-01-16 21:01 | Comments(0)

真冬の薪割

嵐の正月が開け,比較的穏やかな日が続いています.キーンと冷え込む日がありません.

先週の休日,風もなく暖かい(といっても日陰は零下ですが)ので少し薪割をしました.太過ぎる薪を少し修正しただけです.

秋に薪割をした際,一本がなるべく太くなるように心がけました.太い薪の方が火持ちがよいからです.しかしストーブを毎日使うようになったらいささか太過ぎる薪がありました.体積的にはもちろんストーブに入るのですが,実際薪を入れるときには前に入れた薪が中にあるわけですから.

f0080743_0202755.jpg
あと断面がまん丸な薪はそう太くはなくても入れたあと手前に転がってくる場合がありまして写真のように少し端を欠いてやりました.

f0080743_0203752.jpg
当然屋根の下に積んであるわけですが,風雪の強いときは雪が舞って薪が雪だらけになります.一週間経ってもこんな状態です.気温がずっと零下だったら濡れることもないのですが,今年は昼間プラスの気温になる日も多くちょっと問題です.湿った薪はフロギストンが減少し(笑)燃えが悪いです.一次燃焼のエア供給量を多くすれば燃えることは燃えますが明らかに効率が悪い.灰の中に消し炭状態のが混じります.室内に数日置いてから燃やすことにしました.かなり改善されます.
[PR]
by auf1028 | 2010-01-11 00:20 | 薪ストーブ | Comments(6)

高圧リレー

アンプ製作はなかなか進まない.が,これはこれで悪いことではない.肩に力が入りすぎて一気に作ろうとすると往々にして妙なモノができるのは経験済みである.

進まない原因の一つに,現用アンプに不満があるわけではないのでモチベーションが上がらないということがある.前段の球は3種類を替えながら各一週間程度聴いて結局5755に落ちついてしまった.特性的に適してるとはとても思えないのだが・・・聴いて良い方を選ぶのは当然ですからね.

最初はアンプのダンピング・ファクターが低下したような鳴り方で,これはこれで聴きやすくていいかと思っていた(6L6系三結だといささか締まりすぎの感も).ところがここ数週間で変わってきた.低音が締まり音程が明確,高音も細かい音の分離が良くなってきた.別に何をしたわけでもない.たんに5755のagingが進んだということなのか?

さして不満がないとはいえ10年経って手を加えたい箇所はいくつかある.とくに電源部.だがアンプは一台しかないので改造している間音楽が聴けなくなる,それは困るのでやっぱりアンプを作らなくてはいけないのだ.

f0080743_18482412.jpg
高圧電源をON/OFFするリレー部分だけ完成した.パワートランスの中点でON/OFFする.今まではスイッチでやっていたが,オークションで沖田の高圧リレーを安く出してる人がいたので買ってみた.グラスファイバー入り(?)樹脂モールド密閉型で重く非常にしっかりした造り.DC24V駆動なので整流回路を作った.ダイオードは31DF2と贅沢ですが手持ちがいっぱいあって・・・.ガラエポ基板は30年前に買ったヴィンテージ物.トランス,電解コンデンサ,基板用端子台はオークションで調達.ダイオードで(ブリッジじゃなく)両波整流って初めて作ったなぁ.
[PR]
by auf1028 | 2010-01-02 18:48 | オーディオ | Comments(2)