<   2009年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

薪だらけ

この間薪を譲ってくれたAさんに「ストーブで焚けるものなら何でもいただきます」と言っておいたところ週末に自分の車で薪を大量に持ってきてくれました.有り難いことです.車の置き場兼薪割り作業場がご覧のような状態に・・・.前回のような薪ではなくて短く切ってくれたもの及び半端その他.これだけあれば今季に焚く量は完全にクリアです.絶対焚ききれないと思う.
f0080743_23484593.jpg

これは薪割どころではありません,どこかに積まなくては.とりあえず庭に少し積みました.冬は雪に埋もれますが問題ないでしょう.焚くのは来年になります.他の場所にもどんどん積まなくてはなぁ.次の日見たら薪がまた増えてるような・・・うーむ.
[PR]
by auf1028 | 2009-09-28 23:49 | 薪ストーブ | Comments(2)

十勝岳:紅葉

上富良野町から十勝岳温泉方面へ登っていくと,さすがに高い所は秋が早い,紅葉が始まっています.白樺はまだ黄色になりかけという状態で見頃はあと一週間後くらいでしょうか.まぁこの辺は針葉樹との混成ですので山全体が赤くなるというほどではありませんが.

傾いた太陽に富良野岳の稜線が照らされています.

f0080743_014013.jpg


f0080743_01492.jpg

これは白銀荘温泉を過ぎ望岳台手前から日没寸前に撮りました.「上ホロカメットク山」かなぁ.森林限界線から上はハイマツしか生えていません.

 Canon EOS 5D Mamiya Sekor 80mm F4 Macro, Tokina AF300mm F4
[PR]
by auf1028 | 2009-09-27 00:02 | 風景 | Comments(2)

牧草ロールその後

前に撮った美瑛の牧草ロールがラッピングされて道路の側に置いてありました.ラッピングされた牧草は中で発酵します.黒か白のポリエチレン・シートでラッピングされますが,発酵の状態が違ってくる・・・らしい.温度のせいでしょうかね.

f0080743_23425265.jpg
この場合はストライプになってますから発酵の具合は黒と白の中間になるのかな.

 Canon EOS 5D Distagon 25mm F2.8(Y/C) トリミングしています
[PR]
by auf1028 | 2009-09-24 23:43 | 風景 | Comments(0)

嵐の予感

なんちゃって,次の日は快晴でした.(笑) 美瑛にて.

f0080743_23231931.jpg

 Canon EOS 5D Cosina APO-LANTHAR 180mm F4
[PR]
by auf1028 | 2009-09-20 23:23 | 風景 | Comments(2)

マンホール蓋の標準デザイン?

マンホール蓋の標準デザイン?
積丹トンネル付近で写真を撮っていて,ふと足元を見たらマンホールが.この付近に下水道や上水道があるはずがありません.人が住んでいない.これは山の方からの雨水が道路に流れるのを防ぐための暗渠があるのでしょう,きっと.
f0080743_2351160.jpg

このデザインは上富良野町で撮ったこれやhiromiko7さんが撮ったこれと,細部は異なるものの基本的には同じデザインですね.

なお中央の文字は「国土交通省 北海道開発局」です.2001年以降に作られたということですね.

 Canon EOS 5D Planar 50mm F1.7(Y/C)
[PR]
by auf1028 | 2009-09-19 23:54 | マンホール | Comments(8)

【クリムト、シーレ ウィーン世紀末展】

というのを見てきました.追分ソーランラインを走った帰りです.@札幌芸術の森美術館.札幌芸術の森というのはギャラリーや工房,シアターを含む広い施設で今回初めて行きました.市の中心からはかなりの距離があります.

クリムトとシーレだけなのかと思っていたら違いました.他の画家達の作品もたくさんあります.ウィーン・ミュージアムの所蔵品.それほど期待していなかったのですがとても良かった.量的にも適当であったと思います.あまり大量にあってもただ見たというに過ぎなくなってしまう.展示の仕方,照明(光量及び当て方),解説等も適切でした.平日でもあり郊外という場所のせいもあるのでしょうか,観客もそう多くはなくゆっくり見ることができました.これが上野だったら・・・大変でしょうね.

クリムト展示室の最初は弟のエルンスト・クリムトの絵から始まり,てっきりグスタフ・クリムトの作品と思って見てしまいました.解説を読まなかったので.途中で気がつきまた最初から見直し.

シェーンベルクの作品を見ることができたのは望外でした.そう,あの作曲家のシェーンベルクです.ココシュカの作品をもっと見たかったですが.

この展覧会はこれから南下して東京,大阪,北九州で開催されるそうです.これで千数百円は安い.多少なりとも興味のある方にはお薦めです.

f0080743_017828.jpg

これは芸術の森,片隅の光景です.18リットルのオイル缶でしょうか? 隅々まで清掃,整備されている場所ですからこれも何らかのアートに違いありません・・・が何だかわからなかった.

 Canon EOS 5D Planar 50mm F1.7(Y/C)
[PR]
by auf1028 | 2009-09-18 00:18 | Comments(0)

追分ソーランライン(3)

「積丹トンネル」を抜け,次のトンネルとの短い区間に駐車できるスペースがあったので車を停めた.山側は高さ1.5mくらいの土止め,さらに丈夫な金網が張ってある.金網の向こうには切り立った岩壁が.この写真では真正面から太陽光が当たっていることもあって迫力は感じられないが,実際目の当たりにするとかなりのものです.地層はぐにゃぐにゃと曲がっていて,この岩山が改訂から盛り上がったものであろうことが実感できます.

f0080743_2343548.jpg

積丹トンネルの写真.岩山をくり貫いてます.昔のトンネルによくある馬蹄型の断面ではなく幅を十分取った近代的なトンネルです.追分ソーランラインが小樽から江差までつながったのはわりと最近のことらしいのですが,この辺りが最後まで残っていたのではないだろうか.

f0080743_23447100.jpg

反対側のトンネル.同じような感じですね.それにしても,この海岸線のトンネルはほとんど例外なくカーブしています.何か理由があるのだろうか.追い越しをし難くしている?

f0080743_23433980.jpg
 Canon EOS 5D Distagon 25mm F2.8, Planar 50mm F1.7(Y/C)
[PR]
by auf1028 | 2009-09-15 23:46 | 風景 | Comments(0)

再びケンとメリーの木

f0080743_022917.jpg
夕刻に通りかかったのでまた撮ってみましたが・・・.もっと遠くから撮りたいところなのですが,起伏があるため離れると木の下の方が写らない.撮る角度を変えたくても畑に入るわけにはいきませんからねぇ.難しいな.

f0080743_024735.jpg
 Canon EOS 5D Planar 50mm F1.7(Y/C), Cosina APO-LANTHAR 180mm F4
[PR]
by auf1028 | 2009-09-14 00:03 | 風景 | Comments(0)

スプリッティングマスター

オーダーしていた斧が届いた.Helko(独)のスプリッティングマスター DT-6というもの.80cm,ヘッド2kg.同じヘくルコには「スカンジナビアン・スプリッティングアックス DT-1」というのがあり,長さは同じ(ただし柄はストレート)ヘッドは刃渡りが短めだが重量2.5kg.どう違うんですかねぇ? 商品説明にはどちらもよく割れるとしか書いていない.DT-1の方が太い木向けなような気がする.どちらにしても伐採用の斧とは別物.刃物というよりくさびに柄がついた感じ.

f0080743_23475288.jpg

ヘルコのシリーズは塗装が違うだけでバーモンターと全く同じに見える.バーモンターの方がブランド的には少し上? ヘルコ・ブランドの方が少し安い.

薪割斧,ホントは去年買ったトマホーク・シリーズの大型を買うつもりだった.ところが近くのホームセンターに斧が数種類展示してあり,買うつもりだったトマホークと今回購入したDT-6があった.ちょっと振ってみたところトマホークの少し内側に弧を描いた柄は,どうも振りにくいのだった.刃先のコントロールがし難いんじゃないかと.DT-6は自然な感じで振れた.実際薪を割ったらまた違うのかもしれないけどね.DT-6のような微妙にS字(?)にカーブした柄が使いにくいという人もいるようだ.

少し考えたがヘルコの方がかなり安いので決定.輸入品で一万円弱だから別に高級品ではない.

f0080743_23481196.jpg

5,6本割ってみた.スコーンと割れ,割れた薪が左右に吹っ飛びます.いい感じですね.ちょっと手こずったのもあったけど.使う前のイメージでは刃先が当たる直前に少し腰を落とし,木にヘッド重量を預ける感じで・・・と思ったのだが,実際にはテイク・バックを大きめに取りハイスピードで振り抜いた方がいいみたいだ.ヘッドが軽めだからだろうか.まだ思ったところに当たらない.熟練するともっとうまく割れると思う.
[PR]
by auf1028 | 2009-09-09 23:50 | 薪ストーブ | Comments(6)

追分ソーランライン (2)

海岸を車で走り続けます.最初はのんびり走っていましたが,最悪でも日没までに「せたな町」まで行きたいという目標があるのになかなか近づかない.後半はちょっと人には言えないような速度で飛ばし,ちょうど日没時にせたな町に到着しました.

せたな町は少し前まで瀬棚町でした.浅瀬が棚のようになってたのでしょうか? 岸近くにこの町の象徴である岩「三本杉」があります.適当に車を停めて堤防に上がったら目の前に三本杉のうち二本がありました.岩の間にまさに沈まんとする太陽が.もう一本は少し離れているのでこの角度からは写りません.

f0080743_23414727.jpg

写真を撮って車の方に戻ったら足下に直径30cmほどの小振りなマンホール蓋が.ご当地マンホールですねぇ.三本杉ですカモメが飛んでいます.周囲の植物は何だろう?ちょっと判らない.

f0080743_2341593.jpg

 Canon EOS 5D Planar 50mm F1.7(Y/C)
[PR]
by auf1028 | 2009-09-08 23:42 | 風景 | Comments(4)