<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

雨の多い夏

7月に入ってからやたらと雨の日が多く,これは少し異常です.河川の増水,地盤の緩み,農作物への影響など心配されます.大丈夫なのだろうか.気温はここ数日上がってきましたが先週までは寒いといってよい日も多かったです.

天候は週半ばから回復するようなんですが,晴れたらすぐ暑くなるんだろうなぁ.富良野へ来てちょうど10年目ですが,すっかり暑さに弱くなってしまいましたぁ.かといって寒さに強くなったかというとそうとも思えない.結局暑さ寒さに弱くなってしまったような.(笑)

f0080743_065181.jpg
 Canon EOS 5D SMC PENTAX 28mm F3.5(K)
[PR]
by auf1028 | 2009-07-28 00:07 | 風景 | Comments(2)

ストレートに撮るとは

22日は雨模様だったので部分日蝕は見られなかった・・・ところが富良野でも雲を通して見えたのだと後から人に聞いた.残念.東京も天気は悪かったようだが見えたのだろうか.

誰か「日蝕を見る東京都民」を撮った人はいたのだろうか? もちろんアッジェの「日蝕を見るパリ市民」のパロディですが.家にあった小学館百科事典載っていたこの写真は妙に印象に残った.アッジェのその他の写真,パリの街角を撮った数々の写真を見たのはずっと後になってからである.写真を撮るようになってからもアッジェの名は常に頭の中にあった.東京の街をアッジェのように撮りたい,そう思うのだがいざカメラを構え写真を撮るその時はそんなことは全然覚えていない.(笑)

写真を始めた頃,アサヒカメラなどを買って読んでいたが森山大道などの「ブレボケ」の流行(といっては失礼かもしれないが)はすでに下火となっていた.が,たまに森山の写真が載ることはあったように記憶している.まぁこういうのもアリとは思うが,自分としてはストレートに撮った写真を撮りたいと思った.

しかし考えてみるとストレートに撮るというのはどういうのとなのか? 地面に寝そべったり脚立の上から撮るのではなくて,自分の視線をカメラに置き換えてナチュラルに撮るということなのか.衒いなくケレン味なく撮るという程度のことなのか・・・.まぁどうでもいいことなのかもしれないが.

f0080743_23153793.jpg
 Canon EOS 5D SMC PENTAX 28mm F3.5(K)
[PR]
by auf1028 | 2009-07-23 23:19 | Comments(6)

Pioneer PD-HL1

長年愛用してきたNECのCDプレーヤー,名機CD-10がついに壊れたのは約二年前.とりあえず予備に持っていたSONY CD-391という,オークションで新品同様が500円だったプレーヤーを使った.13kgあったCD-10に比べ指三本で持てるような軽い機種だったが音も軽いのにびっくりした.まぁ2万円くらいのプレーヤーのようなので仕方あるまい.

そのうち適当なプレーヤーを(もちろん中古で)入手しようと思いつつ二年近くも使い続けてしまった,そのCD-391も時々音が飛ぶようになってきた.これはまずい,何か手に入れなくてはとネット・オークションを見てみたが・・・それなりの金額を出してまで欲しくなるような機種がなくて困ってしまった.

例外としてEMTは欲しいと思うが全く手が届かない.あまり古いのはためらわれる.古くて10年前くらいまで.僕はオーディオマニアじゃないので出して4万円くらいまでだなぁ,せいぜい.強いて選ぶとマランツCD-17Dというのが評判も良いのでこれでいいかと思ったが落札相場はけっこう高い.10年前に定価10万円だった機種に4万出すのはねぇ・・・.そもそもCDプレーヤーのような回転機構を持つオーディオ機器の中古はリスクが大きいのだし.

f0080743_23223362.jpg

とりあえずお遊びでPioneer PD-HL1という10年前の機種,ジャンクであったので落としてみた.電源は入るがその他の動作は未確認である.4200円.発売時定価4万円弱(その後少し上がった)の入門機,3.8kgと軽い.ネット検索してみるとわりと評判がよいのだ.まぁオーディオ機器の(カメラのレンズだってそうだが)評価なんて,自分と趣味趣向が共通している人間のもの以外は参考にならないということはよく分かっているのだが.

届いたPioneer PD-HL1,CDをプレイしてみると音は出る.でも何かおかしい.片チャネルの音が出ていないのだ.ビンコードのプラグをぐりぐり動かすと音が出たり出なかったりする.ははぁと思いカバーを開けてみる.案の定,ピンジャック・ユニットから脚が四本出て基板に半田付けされているのだが一本の半田がパターンから剥がれ浮いていた.ちなみにここだけ半田の量が少なく,富士山型に盛られていなかった.半田ゴテを持ち出して修理.ユニットから二本の爪が出て基板の穴に噛んではいるのだが,固定というより位置を決めているだけだ.

f0080743_23225428.jpg

ほとんどのAV機器は(高級機は知らない)このように背後のピンジャック・ユニットの脚(端子)が内部の基板に直付けになっているようだ.配線を最短に出来るのはメリットかもしれないが,背板の剛性が低いとプラグ抜き差しの度に基板上の半田付け部分にストレスがかかる.硬くて太い高級ピンコードなんか使ったらかなりの力が掛かる.PD-HL1の背板はペナペナである.

さて,音を聴いてみると今まで先入観として持っていたパイオニア・トーンとは全然違う.結構イイのですよ.とくにジャズのドラムスがよろしい.シンバルのカツーンという音が気持ちいい.今までのCDP-391の音がひどすぎたので良く聴こえるというのもあるだろうが,それだけではない.4万円の機種でここまでよいとはちょっと驚いた.低音も景気よく出るがやはり厚みが足りないというか重量感の不足というか,CD-10に比べると腰高になるが仕方あるまい.しばらくこれを使うことにした.4200円のCDPでほぼ満足してしまうのだから我ながら安上がりですな・・・.(笑)

ただ,リモコンがないので不便である.リモコンだけ中古で入手できる可能性は低い.たまたまオークションにリモコンつきのPD-HL1が出ていたので落札してしまった.一台は手を加えることにした.現在CDプレーヤのマスタークロック改造を商売としているところがいくつかあって,結構な料金なのだが依頼する人は多いようだ.いい商売ですなぁ.自分でやる人もいる.僕は素人だからそこまでは出来ないしやる気もない.やるとしたら電解コンデンサ総取り替え,筐体の補強,電源強化くらい.10年近く経っていると電解コンデンサはそれなりに劣化してると思う.電源トランスをもっと容量の大きいのに交換して筐体の外に出したいのだが,お金がかかるのでそこまでやるかどうか? それとピンジャックはあれではまずいと思うので別につけようと思う.
[PR]
by auf1028 | 2009-07-18 23:23 | オーディオ | Comments(6)

レコファン

f0080743_23341148.jpg

旭川駅前,真正面の通りは「買物公園」という,まぁ恒久の歩行者天国みたいになっている.駅から一条,二条と八条まで.八条まではけっこうな距離がある.直行する道路は車が通るから信号待ちもしないといけない.駅から離れるに従って人通りは少なく,ちょっと寂しくなる.

七条に中古レコード店「レコファン」がある.東京にも同名の店があって僕もたまに利用していた.関係あるのかなぁとずっと思っていたが,支店というわけではないけど「のれん分け」ということらしい.もちろんCDもあるけどレコードもかなりある.通販もしている.

この写真はレコファンとは関係なくて,レコファンの入っているビルの横から撮ったもの.この日は車を路上に停めていたので店内には入らなかった.今度駐車場に入れてゆっくりCDを見てこようと思っている.

 Canon EOS 5D SMC PENTAX 28mm F3.5(K)
[PR]
by auf1028 | 2009-07-17 23:34 | 家,建物 | Comments(0)

なぜ写真を撮るのか

僕が写真を撮るということに興味を持ったのは自分の見た光景が定着できる,それが素晴らしいことであったからだと思う.どんなに印象深い光景でも時間が経つと共に風化していく.しかし印画紙に定着すればずっと残せるのだ.最初はそれができるだけで感動していた.

どちらかいうと視覚型人間なのかと思う.言葉を多少なりとも視覚化してしまう傾向がある.昔,東洋現像所がイマジカと社名を変更したとき,イマジカと聴く度頭の中に変な鹿が現れて困った.ナウシカもそうだなぁ.いしかわじゅんのマンガの中に「市松の不安」なんてのを見つけて嬉しくなってしまった.

東京で最初に住んだのが吉祥寺で,サンロードの本屋に「郷土のマンガ家いしかわじゅん先生」コーナーがあり何冊か買った.「憂国」とかけっこう好きだ.

f0080743_1145144.jpg
 Canon EOS 5D SMC PENTAX 28mm F3.5(K)
[PR]
by auf1028 | 2009-07-11 01:15 | 植物 | Comments(0)

並木

前にも写真をアップした並木.そばを通るときは大体撮ります.今年は旭川へ行く回数が少ないので撮った回数は少ない.いつもこのような,同じ角度で撮っているので
f0080743_23543139.jpg
 Canon EOS 5D SMC PENTAX 28mm F3.5(K)

今日は正面にもまわってみました.なるほど,正面から見るとこうなんだぁ・・・なおこの二枚の写真には1時間ほどの時間差があります.
f0080743_23544739.jpg
 Canon EOS 5D Planar 50mm F1.7 (Y/C)
[PR]
by auf1028 | 2009-07-07 23:55 | 植物 | Comments(2)

廃道を行く

富良野から三笠へ行く道に「大滝トンネル」というのがあります.このトンネルを迂回するように道があり,つまり旧道ですね.地図を見るとこの道沿いのサキペンベツ川に「大滝」というのが.トンネルの名前の由来です.短い廃道ですが三笠側からちょっと歩いてみました.

廃道はゲートで閉ざされています.ゲート付近に車を停めて歩きました.岩山の脇を削った一車線の道.こりゃぁ道を造るのも大変だったろうし,通るのもまた大変だったろうと思われます.

f0080743_063131.jpg
垂直に近い岩壁.ロッククライミングに好適なんじゃないでしょうか.門外漢なのでよくわかりませんが・・・.ただし登ったら下に熊がいて降りられない,なんて可能性もゼロではありません.まぁ昼間は概ね大丈夫と思いますが.

f0080743_064383.jpg
このように道路上には熊の糞が.縄張りを主張してるんでしょうか.

f0080743_07155.jpg
肝心の大滝はずいぶん小さな,角度の緩い滝でして,橋の上から見下ろして撮ったのがこれですが俯瞰で見た滝はまったく面白くありません.下から撮らないとね.ロープを使って降りられないこともないですが,そこまでして撮るほどのものでもない.

撮り終わってふと足元を見たら1mほどのアオダイショウが橋の端を這っています.いやぁ,踏みつけなくてよかった.

午後三時半を過ぎたので戻りましたがまた来ようと思います.この川には新生代の植物化石層があるそうなので.

 Canon EOS 5D SMC PENTAX 28mm F3.5(K)
[PR]
by auf1028 | 2009-07-03 00:08 | 風景 | Comments(4)