<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

朴の花

林道で見つけました.白川郷の民宿で朝食に出た「朴葉味噌」の葉によく似てるなと思いながら撮影,帰ってから調べたらやはり朴でした.ホオあるいはホウとも書きますが植物学的には「ホオノキ」ということで,ホオが正しいのでしょう.北海道でも普通にあるとはちょっと意外でした.トドマツと一緒に生えてるのは北海道ならでは.
f0080743_2339311.jpg
 Canon EOS 5D G-Sonnar 90mm F2.8
[PR]
by auf1028 | 2009-06-23 23:39 | 植物 | Comments(4)

麦畑

f0080743_2116357.jpg

ここのところずっと雨が多く低温の日が続いている.日照不足で農業に影響が出るんじゃないかと心配になるほど.今週あたりはまぁ,天気は悪いけれど暑くも寒くもなくだったけれど月初めはストーブを点けた日もあった.灯油ストーブを最低火力でちょろちょろ燃やす程度だったけど.

ストーブといえば近所で薪を売ってくれる所を見つけた.去年は芦別の薪屋さんに配達してもらったのでかなり高いものになってしまった.広葉樹で火持ちがよく上質の薪ではあったが.

今回見つけたのは薪屋さんではなくて一般の人が趣味(?)で裏庭に薪を大量に積んでいるのだ.品質的には落ちるかもしれないが相当安く譲ってくれるようなのでありがたい.割ってあるのもあり,原木のままのもあったが割ってあるのを早く処分したいそうなのでお願いしておいた.軽トラで2~3回運べばいいんじゃないかなぁ.今年の冬の灯油使用量は激減するだろう.今回のような情報はネット検索では全く引っかからない.口コミだけである.

金曜日の午後は久しぶりに青空が見えたので夕方,カメラを持って中富良野.上富良野方面に出掛けました.目立つのは麦畑の緑色.


f0080743_23413751.jpg

 Canon EOS 5D SMC PENTAX 28mm F3.5(K)
[PR]
by auf1028 | 2009-06-21 21:16 | 風景 | Comments(4)

パタゴニア ウィンドシャツ Patagonia Windshirt

ウィンドジャケットとも言われたりするが,要するに軽量薄手のウィンドブレーカー.この手の上着はあると重宝するので良いいものがあると(安ければ)入手しておくことにしている.トレッキングの際,夏でも半袖シャツだけというわけにはいかない.暑ければ小さく畳んでザックに入れておけばよい.この上にジャケットを重ね着するのもアリ.

もちろん普段着としても使える.北海道は夏でも夜間けっこう冷える日が多い.(キャンプや星見をするときはこれに加えてフリースも必要だ)

僕は別にミリオタではないけど米軍用品,衣料はけっこう持っている.下手なアウトドア用衣料より実用的&機能的でしかも安い場合が多い.きっかけは'80年代のフライトジャケット・ブームのときに買ったMA-1だったと思う.
f0080743_031958.jpg

アウトドア用ウェアも昔から好きでずっと着ているけど,どちらかいうと街着としての方が多い.必ずしもアウトドアで実用的ではない場合もあるのだ.それにしてもアウトドア・ブランドのウェアって,どうしてあんな派手な色が多いのか.マゼンタ,オレンジ,エメラルドグリーン,パープルなど・・・デザインもむやみに切り返しを入れたりパネル・カットにしたり.街着としてはいささかためらわれる奇矯な色使いのものが多い.スポーツウェアの一種であるかならのか? ブラックも多い.黒は夏に山の中で着るには適さない.スズメバチを引き寄せるから.

アウトドア・ウェアはアースカラーが最適だと思う.つまりタンやオリーブドラブなのだが,そういう製品が少ないのはミリタリー・ウェアに似てしまうからなのかな,とも思う.

このウィンドシャツは兵士全員に支給される普通のウェアとはいささか異なる.米陸軍によって開発されたECWCS (Extreme Cold Weather Climate System)のラインアップのひとつで,造りもしっかりしており価格も高い.以前からちょっと欲しいと思っていたのだが高かったので買いはしなかった.今回中古があったので入手.ECWCSシリーズの製品にはWild Things製のもあり,アウトドア・ウェア・メーカーの技術力が求められたようだ.

ややレアだったのだが,最近新品も豊富に出回り始めたようだ.日本でも簡単に入手できるようになった.価格は1万円から3万円の間でバラついている.3万円は高すぎる.(笑) ただし現在新品で入手できる製品はパタゴニア製ではないかもしれない.

Usedではあるが程度は極上,Sサイズで誂えたようにジャスト・フィット.気に入りました.残念なことに袖口が細く,まくり上げて半袖状態に出来ない.あとちょっと問題なのは米軍の現行迷彩柄,ACU(Army Combat Uniform)であることなのだが普通の人はたぶん知らないからいいか.知っている人が見たらミリオタと思われるだろう.まぁ半分は当たっているので.(笑)
[PR]
by auf1028 | 2009-06-18 15:53 | Comments(0)

先週金曜日は最近では珍しい良い天気.芽室町のウッディハウスさんと今期初のアンモナイト捜しに出掛けました.まぁ成果は大したことはなかったんですが,芦別川の水量の少なさに驚きました.こんなのは初めて.川床は藻に覆われ非常に滑りやすい.

川面を変なモノが流れていきます.藻の集まったものと思われます.光合成によって生成された酸素の泡がいっぱいついています.この季節何年もこの川に来ているのですがこんなのは初めて見ます.
f0080743_23374756.jpg

さらに上流へ行くと同様なものが沢山あるんですねぇ.川床にも藻が密集しています.これが浮上して流れているのか? 次回両方採取して顕微鏡で見てみればはっきりします.採取用の容器を持って行かねば.
f0080743_2338052.jpg

半日石の上を歩いていたら足の裏が痛くなりました.僕の持っているゴム長靴は底が薄いんですよ.農作業用なのかな,上がすぼまっていて非常にムレます.ただ,そのため一瞬水の中に入っても少ししか水が入らないというメリットはあります.プラスチック板を切って底に敷こうかなぁ.

 Canon EOS 5D SMC PENTAX 28mm F3.5(K), G-Sonnar 90mm F2.8
[PR]
by auf1028 | 2009-06-14 23:39 | 植物 | Comments(2)

林道を歩く (2)

今週は写真を撮れていないので前回の続き.林道を歩くといってもゲートからたかだか500mほど歩いただけなのですけどね.このときは車の中にあったカメラバッグをそのまま担いで行ったのですが,数キロ歩くときは機材を選ばないとなりません.ウエストバッグに5Dとレンズ2本,ザックにあと1本.

f0080743_23483986.jpg

結局は25mm,90mm,180mmとなってしまうのですね.ときによって90mmの替わりに50mmだったりしますが.

f0080743_23485457.jpg

 EOS 5D G-Sonnar 90mm F2.8
[PR]
by auf1028 | 2009-06-10 23:49 | 風景 | Comments(4)

林道沿いの樹

林道を散歩してきました.数百メートル歩いたら雨が降ってきたのですぐ戻ったのですが.尻岸馬内(シリキシマナイ)林道といいます.尻岸馬内川にず~っと沿って続いています.富良野北の峰スキー場のちょうど裏側にあたる場所.後日また来ようと思います.

地質的には夕張山系に属するようでアンモナイトの化石はなさそうです.ずっと行くと石灰岩があるそうで,フズリナの化石はあるかもしれません.こちらは素人にはあまり関係ないですが.

林道があるということは,当然伐採のために作ったわけです.が,ゲート付近は手つかずの状態ではないにしろ古そうな広葉樹がトドマツに混じり何本か残っていてなかなかいい感じです.
f0080743_23494017.jpg

しかしながらその,いい感じを写真で表現するのは難しいなと思います.実際見ているときは樹を中心に眺めているのですが,写真に撮ったのを見てみると周囲の細部まで写っているため同じような印象にならないんですね.そう難しく考えることもないのかもしれませんが・・・.
f0080743_23495359.jpg

帰りに富良野市の喫茶店「北時計」に寄ったら二階で倉本聰氏の「点描の森」展がまだやっていました.小品を数十点展示してあります.5月上旬からやってます.いつまでやるという予定はとくにないそうです.題材は樹です.ボールペン(水性?)による点描.僕は冬,雪の積もった樹を描いたのがいいと思いました.

 Canon EOS 5D Planar 50mm F1.7 (Y/C) , SMC PENTAX 28mm F3.5(K)
[PR]
by auf1028 | 2009-06-06 23:50 | 風景 | Comments(2)

Anna Maria Jopek / Upojenie

このアルバムは2002年に出たのだが僕は全然知らなかった.Pat Methenyプロデュース&参加している.たまたま知り合いのところで聴いた.メセニーの過去の名曲に歌詞をつけてヴォーカルで,しかもポーランド語で歌っている(オリジナルの曲もある).最初聴いたときメセニー・ファンである僕は強烈に違和感を感じたが,数曲聴いているうちにそれはす~っと薄れていった.
f0080743_19484090.jpg

最初は"Upojenie / Anna Maria Jopek & Friends with Pat Metheny"として発売された.CD売場ではヴォーカルのコーナーに置かれたことも多かったのではないだろうか.一聴しただけではジャンル不明だし.
f0080743_19485495.jpg

数年後今度は"Upojenie / Pat Metheny & Anna Maria Jopek"として再発された.メセニーのリーダー作になってしまったのである.現在市場には両方が流通している状態のようだ.再発盤は三曲ほど追加されている.ジャケットも変更されている(初盤のライナー見開きにあった画像).ジャケット・デザインとしては後の方がいいと思う.

長年メセニーを聴き込んできた人とそうでない人とでは受け止め方が違うと思うが,メセニーファンだったら間違いなく楽しめると思う.クォリティは相当高い.文句なしのお薦め盤.
[PR]
by auf1028 | 2009-06-04 19:49 | 音楽 | Comments(0)