<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

薪ストーブ:2次燃焼中心に燃やすと

当初は新聞紙にマッチで火をつけ,焚き付けの木に火を移して薪を少しずつ燃やしていく・・・な~んて考えていたのだが・・・ストーブの中で焚き火をしているような感覚ですね.

しかし,このストーブの場合は,焚き付けの量をケチらず一気に火をつけてなるべく早くストーブ内の温度を上げた方が良いと分かった.いぶって煙の出る状態をなるべく短く,早く2次燃焼,3次燃焼の状態に持っていった方が煙突の詰まりは少なく,燃焼効率も良いと思われる.

薪の燃えている部分及びその周囲から出るガスを煙筒から排出せずにストーブ内で燃焼させてしまうのが2次燃焼である.ストーブ内の温度が上がり,巡航運転状態になれば新しい薪を入れても煙が出るようなことは全くなくて,薪から出たガスは2次,3次燃焼してくれて良好なサイクルが保たれる.煙突から出るのは無色の煙である.子供の頃使っていた薪ストーブとは根本的に違うものなのだ.

このストープを選んで正解だったと思う.外気導入の必要がなければもっと安い機種もあったのですがね.正面の大きなガラス窓も燃焼状態がよく見えるし,火をつけて鋳物の筐体が熱くなる前にガラスを通して熱線が出てくるのですよ.寒い中で火をつけるときは少しでも早く暖まることができるわけで.

薪ストーブは当然ながら細かな火力調節はできない.空気の量を調節するのと煙突にダンパーを設けて調節するくらいである.煙突ダンパーは高いので見送ってしまった.でも中間にスライド煙突を入れたので何時でもつけられるのだけれど.

f0080743_20281534.jpg
薪を少し多めに入れてしまったので1次燃焼用空気調節を極度に絞ったらストーブ内が2次燃焼の炎で充満された.暗い赤色で少し紫の混じったような炎.写真ではうまく色出ないし,その激しい動きは動画でないと記録できないのだなぁ.

f0080743_20282632.jpg
2次燃焼用ガス噴出孔から炎が出ている様子が分かると思います.真ん中の3本の炎は薪から上がっているのではなくてガス噴出孔がら真下に吹き出ているのです.

ここまで空気を絞るとガラスが曇ったりするので,もう少し1次燃焼用空気は入れた方がいいと思いますが.

2次燃焼ありとなしでは燃費もずいぶん違うのではなかろうか.morsoやSCAN,ヨツールなど北欧のストーブと,北米のダッチウェストなどとは2次燃焼でも設計思想が異なるのではないかと思ったりします.
[PR]
by auf1028 | 2008-11-30 20:31 | 薪ストーブ | Comments(5)

この冬一番の冷え込み

今朝,外に出てずいぶん気温が低いなと思ったら最低気温が-16℃くらいになったらしい.えー,まだ11月ですぜ・・・.カメラを持って出たものの,霧が出ていて見通しが悪い.霧といっても固体で・・・細かい粉雪みたいな感じです.いわゆるダイヤモンド・ダストが見えるほど寒くはない.結局大したものは撮れませんでした.
f0080743_20163546.jpg
 Canon EOS 5D G-Sonnar 90mm F2.8 1/2000sec. ISO 320 DxO Optics V5.3で現像
まだ葉がついている桐(たぶん)の木に霧氷が.11月に霧氷が見られるのは珍しい.美瑛では-20℃まで下がったらしいです.すかっと晴れたので放射冷却により気温が下がったのでしょう.11月に北海道内で-20℃を記録したのは20年ぶりということです.
[PR]
by auf1028 | 2008-11-25 20:17 | 風景 | Comments(2)

十勝岳と月の出

これは12日に撮ったものです.十勝岳の噴火口の真上にちょうど月が出たのです.この位置関係になるのは冬しかありません.噴煙は南から北に流れています.三脚につけたのだけれど床が弱くて(室内からの撮影)ちょっとブレたかな?
f0080743_23193694.jpg
 Canon EOS 5D Tokina AF300mm F4 F8 1/2000sec. ISO 500 DxO Optics Pro V5.3で現像
[PR]
by auf1028 | 2008-11-23 23:19 | 風景 | Comments(0)

霜の降りた朝の続き

f0080743_18585959.jpg
カラマツにも霜がついています.早い時間だったらもっと白かったんでしょうが.カラマツの黄葉,今年はイマイチかもしれない.ちょっと赤っぽくてきれいな黄色じゃないんです.

f0080743_1859949.jpg
スキー場は上の方だけ見れば滑ることができそうに思いますが,現在はかなり融けてしまいました.オープンにはまだ一月以上あります.スノーボードのシュプールが2本見えます.歩いて登った跡もあって,誰か初滑りしたんですね.

f0080743_18592256.jpg
公園の木にこんなのが.普通の松ぼっくりよりもかなり細長いです.

 Canon EOS 5D Tokina AF300mm F4 (トリミングしてあります)
[PR]
by auf1028 | 2008-11-17 19:00 | Comments(4)

霜の降りた朝

この数日,晴れた朝は放射冷却で最低気温が0℃を下回るようになりました.

公園の芝生もベンチも白くなっています.
f0080743_010593.jpg
 EOS 5D EF35-135mm 35mm F9.5 1/180sec. ISO 320 Raw Shooterで現像

スズメも寒そう.
f0080743_0101761.jpg
 EOS 5D Tokina AF300mm F4 F8 1/1500sec. ISO 800 Raw Shooterで現像 (トリミングしています)

このカラスは穴の開いた枯れ葉を拾い上げては下に落とす動作を繰り返して・・・明らかに遊んでいます.何が面白いのかは不明ですが.
f0080743_0103060.jpg
 EOS 5D Tokina AF300mm F4 F8 1/500sec. ISO 800 Raw Shooterで現像 (トリミングしています)
[PR]
by auf1028 | 2008-11-13 00:11 | Comments(0)

SMC PENTAX 28mm F3.5(K)

f0080743_1932075.jpg
1975年に旭光学はそれまでのM42ネジマウントからバヨネット式のKマウントに変更したK2,KX,KMの一眼レフ三機種を発表した.それに伴いレンズ名はそれまでの「タクマー」から「ペンタックス」になった.当時僕はこの名前に激しく違和感を感じた.だって,ペンタックスというのはそれまでカメラ名だったのだから・・・「Kタクマー」でいいんじゃないかよーと思った.

最上級機種のK2はとても格好良く見えて(とくにブラックは),欲しかったがとても買えなかった.当時は中古で入手したOM-1を使っていたかな.

SMC PENTAXレンズ群は新設計のものとSMCタクマーの光学系をそのまま流用したもの,両方が存在した.このSMC PENTAX 28/3.5,ずっとSMC Takumar 28mm F3.5と光学系は一緒だと思っていたのだが実は新設計のレンズだったと知ったのはつい最近.

それにしてもSMC TAKUMAR 28mm F3.5って世界でいちばん売れた28mmレンズではないだろうか.タマ数が多すぎるためきれいな個体でも中古価格はとても安い.今年の春,銀座の清水商会に程度が良いのが5千円台でもう少しで購入するところだった.

--------------------------------
SMC Takumar 28mm F3.5
サイズ   58 x 41.5mm
重量   212g
最短撮影距離   0.4m
レンズ構成   7群7枚
絞り羽根   5枚
最小絞  F16
フィルター径 49mm


SMC PENTAX 28/3.5
サイズ   63 x 47mm
重量   261g
最短撮影距離  0.3m
レンズ構成   7群8枚
絞り羽根   5枚
最小絞  F22
フィルター径 52mm
--------------------------------

なるほど,レンズが一枚増えている.
1975年の時点でも28mmでF3.5というのはいささかショボい.当時普及型でF2.8が普通だったと思う.新設計なのにあえてF3.5に抑えたというのは販売価格を低めにしたかったからなのだろうか.

SMC PENTAX 28mm F2も発売された.このレンズはYASHICA/CONTAXシリーズのDistagonと同一設計らしい.非常に数が少なく高価である.

24mmも新設計された.SMC PENTAX 24mm 3.5であるが,出た数は少ないようだ.(後にF2.8も発売されこちらも希少) 中古でもほとんど見ない.

かねてからの懸案であった(と思われる)バヨネット・マウントへの切り替えを果たし,標準フィルター径をNikonと同じ52mmとしたペンタックスであったが,一年と少し経った1976年に早くも方向転換する.カメラの主力ラインナップを小型軽量シリーズに切り替えてしまったのだ(MX,ME,ME super).マウントは変わらないがレンズの標準フィルター径がタクマーと同じ49mmに戻り,レンズ名の頭にMの文字が加えられた.

K2が欲しいと思っていた僕はこのコンパクト路線に変わってしまったペンタックスに対する興味が急激に薄れてしまった.その頃はCanon F-1を使っていたが,カメラの大きさなんてこのくらいがちょうど良いと思っていた.Olympus OM-1から替えて別に大きすぎるとか重いとか,気にもならなかった.一眼レフの小型軽量化に全く魅力を感じなかったのである.レンズについても大きく重くていいから性能を追求してほしいと考えていた.

Mシリーズの28mmはF3.5,F2.8,F2と三種類.F2はわりと後に出たような気がする.

MがついたPENTAX 28mm(普及クラス)
--------------------------------
smc PENTAX M28m F3.5
サイズ   63 x 36mm
重量   180g
最短撮影距離  0.3m
レンズ構成   6群6枚
絞り羽根   5枚
最小絞  F22
フィルター径 49mm


smc PENTAX M28m F2.8
サイズ   63 x 31mm
重量   156g
最短撮影距離  0.3m
レンズ構成   7群7枚
絞り羽根   5枚
最小絞  F22
フィルター径 49mm
--------------------------------

全長がかなり短縮されている.F2.8なんてこんなに短くていいの?と思うほど.

Mがつく前のKマウントレンズは売られていた時期が短かったため数が少ない.中古での入手もなかなか難しい.そのなかでもSMC PENTAX 28/3.5は売れた数が多く中古価格も低くて入手しやすい.とはいえ最近なかなか見なくなったのでカビありだったが安く手に入れた.カビは絞りのすぐ前の一面だけだったので後群ブロックをはずすだけで簡単に清掃できた.

程度はまぁまぁ.絞り環の塗装が少し剥げていることからして結構使い込まれたと思われる.そのわりにレンズはきれい.

前にRIKENON 50mm F2をEOSマウントに改造したときはバヨネット部を切り取ってM42→EOSマウントアダプターを貼り付けた.今回もそれで行く予定だったのだが現物を見て無理と分かった.バヨネットの出っ張りを取ってしまうと絞り環と絞り羽根との連動ができなくなってしまう.同じKマウントでも構造が違うのだ.いじりすぎてダメにしたCONTAX→EOSマウントアダプターの内側をヤスリで削って貼り付けることにした.絞り連動板とレンズガードは切り取る.

このままではオーバーインフなのでスペーサー(プラスチックの薄い板)を入れる.接着剤の厚みがあるので何度もやってみて正解が出たらO.K..アバウトです.三度目くらいにぴったり無限遠が出た,と思ったら5Dのミラーが降りない.撮影はできるのだがホンの少し当たっている.横位置だと降りるのだが縦位置だと降りない.スペーサーの厚みを調整するのは厄介なのでレンズ枠の上部をちょっとだけヤスリで削った.試写してみたが片ボケは感じられない.

F8辺りでは四隅が光量落ち及びコントラスト低下が見られる(流れはない).もっと絞れば判らない.Distagon 25mmと比べると寒色系だが,これはDistagonのほうが標準に比べ暖色系なのだ.シャープなレンズだ.まだ色々撮ってみないと分からないが常用レンズになるかもしれない.

Mがつく前のKマウントレンズ群それもタクマーとは異なる新設計のレンズは,設計者の気合いが感じられるようでついつい欲しくなってしまう・・・.

*上記のレンズスペック・データはweb上で収集したもので間違っている可能性もあります

f0080743_19322484.jpg



f0080743_19324165.jpg
 Canon EOS 5D SMC PENTAX 28mm F3.5(K) F16 ISO 250 DxO Optics V5で現像
[PR]
by auf1028 | 2008-11-06 19:33 | カメラ,写真 | Comments(0)