<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

十勝山系初冠雪

昼前,十勝山系が冠雪しているのに気がつきました.昨日の夜間に降ったのでしょう.平地ではもちろん雨でしたが.この雪は一旦融けるかもしれないです.

f0080743_0252984.jpg
 Canon EOS 5D Tokina 300mm F4 F6.7 1/4000sec. ISO400 DxO Optics V5で現像
[PR]
by auf1028 | 2008-09-30 00:25 | 風景 | Comments(0)

安養寺屋 枝打ち鉈

f0080743_081878.jpg
斧の次は鉈です.(笑) 焚き付け用の細い薪を作るために鉈は必要です.斧で出来ないことはないですが危なくてしょうがない.鉈に関しても知識が無くて何を買ったらいいのか全然分からない.子供の頃,薪ストーブを使っていた家には必ず鉈があったでしょう.私の家にもあったはずなんだけどまったく覚えていない.

ホームセンターで見てもどれがいいんだか見当がつかないし,結構な値段がします.少しはまともなものが欲しいと思い,webでちょっと調べるとやたらと土佐の鉈が出て来るんですが,土佐は鉈造りの本場なんでしょうか.鍛冶の名前を全面に出した広告も目立ちます.私はあまのじゃく系なので,なんだかんだと能書きを並べられると却って買う気が失せてしまいます.望むのは「ちゃんとした実用品」なのであって高級品が欲しいわけではないし耐久性のない安物も困る.

結局選んだのは福井県の「安養寺屋」の枝打ち用両刃です.ここはホントに「鍛冶やさん」という感じのお店で,槍鉋や釿(ちょうな)も作っています(芋掘り器も).メールでの対応も早くて感じが良かった.ケースは¥2500というのでケチって買いませんでした.本体¥6900.

重さ145匁(1匁=3.75g),持った感じは丁度いいかな.藪払いにも使えるかな,と思っていたのですが振り回すにはちょっと重い.藪払い用には「鞘鉈」というもっと細長いのが良さそうです.

刃が先端だけついていません.「今須型」というそうで.こちらではまず見ません.鉈にも地方色があるようです.
[PR]
by auf1028 | 2008-09-29 00:08 | Comments(3)

EOS 5Dで撮ったカットなのだけど長辺をカットして短辺と長辺の比率をおよそ 1:√2 にしてみました.いわゆる白銀比(Silver Ratio)です.僕はこのくらいの比率がいちばん落ちつくと思うんだけどなぁ.135サイズは比が大きすぎて縦位置だとどうも落ちつかない.3:4はいささか小さいかなと.

f0080743_23424763.jpg
 Canon EOS 5D Distagon 25mm F2.8(Y/C) 1/60sec. ISO 250 DxO Optics Pro V5で現像
[PR]
by auf1028 | 2008-09-25 23:43 | 家,建物 | Comments(5)

今日の十勝岳の噴煙

本日は快晴でほぼ無風状態.ただし透明度は悪く遠景はかすんで見えました.十勝岳の噴煙はご覧のように大雪山系方面に(北へ)長くたなびいていました.こんな状態を見るのは初めてです.
f0080743_0115061.jpg

Canon EOS 5D Tokina 300mm F4 F5.6 1/1000sec. ISO800 Rawshooterで現像 トリミングしています
[PR]
by auf1028 | 2008-09-21 00:12 | 風景 | Comments(2)

派手な家

一昨年の夏,たまたまこの建物の前を通り大きなインパクトを受けた.そのときは別のモノを撮りに行く途中だったので「後日また撮りに来よう」と,撮らずに目的地に向かったのだった.その後何度か来てみたがどうも最初の強烈な印象が感じられないのだ.光線状態のせいだろうな.やっぱり撮れるときに撮っておかないとダメなんだなぁと思った.

そして今年,ふと思い立ってほぼ前と同じ時刻に行ってみた.季節も一緒.おぉ,最初の印象に近いじゃないか.微妙に違うような気もしないでもないが,二度目だからなのかもしれない.

f0080743_012537.jpg
 EOS 5D Planar 50mm F1.7(Y/C) 1/180sec. ISO 320 DxO Optics V5で現像

前にも書いたけれど近辺の古い家を見ると撮っておきたくなってしまう.撮ったからどうということもないのだけれど,記録しておいた方がよいと思うのだ.今の建て売り住宅にはない個性があるし,年月を経た味わいがある.印象に残っていた家が撮る前に取り壊されて更地になってしまった,なんてことはよくある.

・・・浅草の十二階という建物があった.関東大震災で燃えてしまったという.どんな建物だったかは残された写真,当時の錦絵,それについて書かれた文章などで伺い知ることが出来る.逆に言うとそれらによってでしか知ることは出来ない.実際に自分の目で見,そして中にも入った人の記憶にある十二階と我々が今想像する十二階の姿とはかなりの違いがあるではないか.

ある建物を撮ったとする.撮影したときは建物が写真の内容を規定しているのだが,建物がなくなってしまうと今度は逆に写真が被写体(のイメージ)を規定するのだ.そう考えると何だか少し変な感じがする.
[PR]
by auf1028 | 2008-09-17 00:13 | 家,建物 | Comments(2)

DxO Optics V5.2 その2

過去にEOS 10Dで撮ったカットはDxO Optics V5.2で現像するとどうなのか. 5Dとは少し様子が違うかなぁ? まず緑が気に入らないですねぇ.DxO Opticsでなくては,という場面はあまりないかも.

DPPで現像した結果と並べてみました.上がDPP.ピクチャースタイル「スタンダード」.
f0080743_038519.jpg

 Canon EOS 10D EF100-300mm F8 1/750sec. ISO 400
どちらも(とくにDxO Opticsの方は)散々いじくり回してますんで.コンクリート橋脚の表面が剥げた部分の感じはかなり違いますね.ちゃんとレタッチすれば同じように追い込めるのかもしれないけれど私には無理なようです.
f0080743_0381596.jpg
なお,ゴミのように見えるのは虫です(たぶん蜂).
[PR]
by auf1028 | 2008-09-15 00:38 | カメラ,写真 | Comments(2)

DxO Optics V5.2

高いのでかなり迷いましたが購入しました.このソフトの売りである,レンズごとの収差補正に該当するレンズを一本も持っていないのに購入したのは,ひとえに(5Dに対しての)デモザイク処理の優秀さによってです.先日アップした簾の偽解像がいちばん少ないことに感心しました.さらに(カットによってですが)細部の描写が良いのです.他のカメラでもそうなのか,は解りませんが・・・.

使い勝手はいいと思えません.日本語も少し変です.ヘルプは英語なので何だかわからない部分もあります.デフォルトで現像するとコントラスト,彩度とも高くてバキバキ.Raw Shooterとは対照的です.

処理速度も反応も私の旧式PC(Xeon 2.4MHz Dual mem 2G)ではなかなかつらいものがあります.激速なRaw Shooterと使い分けることになるでしょう.

f0080743_0371157.jpg
 Canon EOS 5D Tokina 300mm F4 F5.6 1/1000sec. ISO 400 DxO Optics V5.2で現像
[PR]
by auf1028 | 2008-09-12 00:37 | カメラ,写真 | Comments(0)

システム斧 トマホーク

f0080743_19205691.jpg
先月,ホームセンターで初めて見た.ニューフェイスらしい(少なくとも日本では).キワモノかと思ったが,帰ってから調べたらそうではないらしい.ドイツ製.なんでトマホークなの?まぁいいですけど.柄がプラスチックであるのが印象的だった.

斧は一挺欲しいとずっと思っていながら所有したことがない.買っても使い途がないから.今期,薪ストーブを導入するので必要になった.最初考えたのは僕でも名前だけは知っている「グレンスフォシュ」だが,いつの間にかずいぶんと高くなっていて購入をためらっていた.トマホークはグレンスフォシュよりは安い.でもハスクバーナより実売では高くて,けっこう強気の価格ではある.

いちばん小型のHand Axeを買ってみた.薪割り用というより焚き付けに使う細い薪を作るためだ.

トマホークはシステム斧であり,柄が長短2種類,刃が6種類あってネジ2本で簡単に交換できる.柄と刃のオールセットもあり5万円.高いのか安いのかよくわからない.

なお,全く同じ刃を使用して柄が木製の「Vario 2000シリーズ」も存在する.この場合は直接ではなく前後に金属部品を介して柄につける.

柄はソリッドでなく中空.柄が非常に軽いのと,刃が柄の下側にしか存在しないので普通の斧と比べると持ったときのバランスが違うのではないか? これが買う前ちょっと気になったの点なのだ.ちょっと使ってみると確かにそうであるようなそうでもないような・・・? 今までまともな斧を使った経験がないのでよくわからないのでありました.(笑) 柄は少し滑りやすいと思う.
f0080743_1921158.jpg

薪はまだないので手近にあった2×4の端材で試してみたら簡単にパコンと割れた.斧といっても薪割り用と森林伐採用,森林メンテナンス用では刃が全然違うことぐらいは知っていた.このトマホークTM-1は刃の中央が盛り上がっていることからしてもHand Axeといいながら薪割り斧に近いのではないかと思う.刃の重量600g,全長450mm.

さて,刃が2.3kgクラスの本格薪割り用斧はどうするか・・・.今から原木を割って薪にしても乾燥が間に合わないので,すぐに必要ではないのだけど.
[PR]
by auf1028 | 2008-09-06 19:21 | Comments(4)