<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ハーフNDのようなもの (2)

フジのシートフィルターで作った濃度0.3(×2)の部分NDフィルターですが,今度はカメラをちゃんと三脚に据えて撮ってみました.露出をそろえたのはいいんですが露出補正もせずしかもNDなしの方に揃えちゃったので,アンダーになってしまったのを現像で持ち上げる羽目になりましたが.先日より薄雲が多くモヤった感じです.
まずXR RIKENON 50mm,F11 1/250sec. ISO 100です.
f0080743_0291784.jpg


f0080743_0293973.jpg

効果がよく出ていて不自然さもあまりないと思います.なかなかいいんじゃないでしょうか.

Distagon 25mmでも撮ってみました.境目がはっきりしてくるのでF5.6で. 1/1500sec. ISO 100 こちらはかなりアンダーになってしまったので効果が強調されてしまったところはあります.
f0080743_0373586.jpg


f0080743_0374738.jpg

いいと思いました.×2で十分効果がありますね.後処理で同様な結果を出すのは難しいのではないでしょうか.ただしこのように地平線,水平線が一直線な状況ってなかなかないものです.使える状況はかなり限られてしまうでしょうね.別にかさばるものではないのでカメラバッグに常に入れておくことにしました.
[PR]
by auf1028 | 2008-06-28 00:45 | カメラ,写真 | Comments(2)

ハーフNDのようなもの

KenkoなどからハーフNDというフィルターが出ています.真ん中から半分がNDフィルターとなっていて空だけ光量を落とすことができます.ですがいつも真ん中から上を落としたいとは限りません.同じくKenkoのSQフィルターシリーズには長方形のフィルターも用意されており,専用ホルダーを使えば境目の位置を無段階に変えることができます.CokinやLeeのシステムでもできるのかもしれません.

もちろん後からレタッチすることもできますが太陽が画面に入ってしまう場合など,撮影時にある程度落としておいた方がよいです.

しかしこれらのシステムはフィルターもホルダーも高価です.手持ちのCONTAX用ゼラチンフィルターホルダーを使って手軽にできないかと考えました.
f0080743_0123063.jpg

要するに7.5cm角のシートフィルターを上から入れていって空だけ光量を落とそうというものです.境目がグラデーションではないのですがレンズとの距離が近いのでボケるだろうという予想.ボケ方は焦点距離,絞り値,フィルターとレンズの距離によって変わってきます.このホルダーは回転できるので角度も変えられます.
f0080743_0125424.jpg
右側が最初に試作したもの.シートフィルターの紙マウントを半分に切っただけです.フィルターは撮影用ではなく照明用の濃度0.6.プロ用のNDフィルターは濃度の表記が0.6とか0.3のようにされます.感覚的にはわかりにくいのですが0.6だといわゆる×4,2絞り分落ちとなります.左側がフジの撮影用フィルターを使って作った正式版.こちらは濃度0.3で×2,1絞り落ちです.

見た感じ0.6では濃すぎるような気がしますがちょっと試してみました.
f0080743_0134392.jpg
f0080743_014534.jpg
 Canon EOS 5D XR RIKENON 50mm F2 F11 ISO 100
晴天の午前中,逆光気味の条件.フィルターが撮影用ではないので平面性及び色はやや問題があるかもしれません.まぁテストですので.

効果はありますが空が落ちすぎで不自然な感じもします.でもモノクロプリントしていた頃はこのくらい焼き込んでいたかもしれない.濃度0.3の正式版はまだ使ってないのですが後日レポートします.状況にもよりますがこの中間が使いよいのかもしれない.0.4や0.5ですね.

50mmクラスのレンズで絞りを開け気味で使うと,な~んとなく画面の上(あるいは下,左右でもいいけど)半分が暗いという画が撮れます.これも状況によっては使えるかもしれない.
[PR]
by auf1028 | 2008-06-25 00:15 | カメラ,写真 | Comments(0)

フラクタル

写真じゃないんですが・・・マンデルブロ集合というやつで・・・全然理解はできないのですが,フリーフラクタル画像生成プログラムXaosというのがあったので遊んでみました(各OS用あり).
f0080743_019773.jpg

ランダムに画像を生成すると色々なパターンが出てきます.マウスの左右ボタンでズームイン,アウトができますがビデオカードの能力が高くないと描画がついていかない.

f0080743_021842.jpg

コンピュータでないと作れない画像ですねぇ.
[PR]
by auf1028 | 2008-06-22 00:23 | Comments(0)

XR RIKENON 50mm F2 (2)

サイモン&ガーファンクルのファンってほどではない.アルバムを聴くと好きな曲とまったく興味のない曲が混在している.A面がトータル・アルバムとなっている「ブックエンド」の「アメリカ」という曲は昔から好きだったし今でも好きだ.アルバムは持ってないんですが・・・.

主人公の若い男性がKathyという女性とヒッチハイクしたりグレイハウンドに乗って旅をするのだが,Kathyは想像上の存在で実は一人で旅行しているのかもしれない.真ん中あたりの歌詞に
"It took me four days to hitchhike from Saginaw.
I've come to look for America."
とあるからだ.WeではなくI.考えすぎか? この歌を聴かなかったらサギノーなんて地名を覚えることもなかったろう.

先日コンピレーションのCDでこの曲を聴いていたらふと疑問がわいてきた.出だしの二行.
"Let us be lovers,We'll marry our fortunes together,
I've got some real estate here in my bag."
二行目をKathyのせりふとして解釈している例もあるのだけどたぶんそうじゃないだろう.

この行の意味である.「財産なら少しあるんだ」のような解釈が普通だけど,わざわざ"real estate"と言っている.不動産が鞄の中にあるとはどういうことか? 権利書のこと? もしかして「不動産は鞄の中に入るほど持っている・・・つまり持ってない」ということなんじゃないのかなぁ.

そんなことを考えました.ところでアルバムにはジャケット写真の撮影者クレジットされてるんでしょうかね? モノクロ,広角気味のレンズでぐっと寄っている.側のP.サイモンにピンが合っておりA.ガーファンクルはややアウトフォーカスになっている.ハッセルブラッド500Cあたりで撮ったのではないだろうか.それともワイドローライ?


さて,XR RIKENON 50mm F2ですがちょっと撮ってきました.晴天でもモヤっていてなかなか遠景が撮れない.
f0080743_19122454.jpg
F2開放,最近接45cm.フォーカシングは難しい.何枚か撮ったうちの一枚.拡大してみると中心部は少しフレアっぽいものの良く解像しており産毛に覆われたような表面もちゃんと写っています.後ボケは先日の作例と同様で,線が幅広の板状になります.二線ボケの一歩手前?.まぁ私はこの辺をそれほど気にする人間ではありませんが.

f0080743_19123959.jpg
F8,アンダーになってしまったので現像で思い切り持ち上げました.10Dではここまでできなかった.5Dのラティテュードは広いです.現代のカラーネガに比べりゃオーバー側は狭いですがポジに比べりゃ・・・.かなりシャープですね.拡大して見ると深度が思ったよりずっと浅いです.

f0080743_19125468.jpg
F16,ネギ畑.予想が外れて遠景も一番手前もピンが来ませんでした.

Canon EOS 5D ISO 320
[PR]
by auf1028 | 2008-06-18 19:13 | カメラ,写真 | Comments(0)

XR RIKENON 50mm F2

50mmという焦点距離のレンズは持っていなかったので(55mmは持ってます)なんとなく入手しました.このレンズに関してはXylocopalさんがこちらでレポートされたことがあります.まぁ,安かったんですよ.ボディXR-500つき(難あり)で4000円しなかったのですから.
f0080743_074385.jpg
CONTAX用Planar 50mm F1.7あたりが欲しかったのですがちょっと高いので・・・.Planar 50mm F1.4はたぶん好みではないしUltronは高い.Nikkor 50mm F2はどうかなと思って調べたのですがどうも好みと違うようだし.

状態はやや汚れあり,ホコリあり,内部に円形のシミのようなものが.カビとは違う感じでしたが内部だからなぁ,やっぱりカビなのか? 後玉をはずして簡単に清掃できました.

このレンズ,評価が高いらしいのですが所詮廉価版のXR-500のために作られた定価¥9000の安レンズ,コーティングはマルチではなく内部の内面反射対策も不十分です.とくにレンズのコバが光るのが気になります.

私が入手したのは金属鏡胴で最短撮影距離45cmの初期型,市場で最も人気の高いタイプ・・・といっても¥5000くらいで買えるようで.RIKENON 50mm F2はかなり長い間販売されましたが途中からプラスチック鏡胴で最短撮影距離60cmになってしまいました.

その2代目はLがついていましてこっちはもっと安いです.光学系は同じらしいのですが.Sがついたのもあるようで,こちらはよくわかりません.その後鏡胴が短縮されパンケーキレンズ・ライクになり型番からXRがなくなります.絞り優先&シャッター速度優先両方に対応したPタイプです.短鏡胴にもPがないものがあるらしい.短鏡胴はもしかしたら光学系違うかも? よくわかりません.とにかくリケノン 50mm F2はいっぱいあります.カメラがイカレてレンズだけ中古で流通している場合が多いのではないでしょうか.

ペンタックスと同じKマウントです.Kマウント→EOSマウント変換アダプターは存在しますがレンズの入手価格の4倍くらいするので安いM42→EOS変換アダプタを利用してマウント改造しました.無限遠をぴったり出すのは難しく,いつものようにややオーバーインフです.
f0080743_08149.jpg
 Canon EOS 5D  F2 1/8000sec. ISO 400

早速撮ってみましたが,どん曇りの夕方と屋内という条件でサンプルとしてはあまり適当ではないです.そのうち色々撮ってみます.後ボケは硬いですね.開放では周辺光量落ちが目立ちますがこんなものでしょう.全体に少々フレアっぽいので後処理でシャドウを少し締めました.

f0080743_082029.jpg
 Canon EOS 5D  F5.6 1/90sec. ISO 250

絞ればかなりシャープです.拡大するとフォーカスの合っているのは非常に狭い範囲であることがわかります.よく言われているようにパリパリ,パキパキって感じは別にしないです.普通にシャープです.遠景より数mくらいの中景(?)が得意かもしません.まだよくわからないですが.
[PR]
by auf1028 | 2008-06-15 00:20 | カメラ,写真 | Comments(4)

廃踏切付近

廃踏切の付近で撮った四枚.廃踏切って妙な言葉ですが,要するに前道路だったのが道路でなくなってしまったので踏切は不要になったということ.
f0080743_2331233.jpg

以前国道だったのが上に跨線橋ができたのです.旧道として残しておくと踏切も残さなくてはならない,遮断機が必要になる・・・からか? 道路としてもほとんど交通量はないと思われる場所でした.
f0080743_23313751.jpg

踏切のあった場所は鉄パイプでバリケードを作ってある.これをどかして無理矢理通ったとしてもその先にはコンクリートの構造物があり,戦車でも乗り越えるのは難しそうです.つまりこの場所,現在は道路ではないということなのですね.徐々に植物によって浸食されつつあります.
f0080743_23314672.jpg

f0080743_23382073.jpg

 Canon EOS 5D Distagon 25mm F2.8(Y/C)
[PR]
by auf1028 | 2008-06-09 23:32 | 風景 | Comments(0)

先週「ヴィレッジ」という映画をテレビで放映していたのでちょっと見た.外界から孤立した村で町との間は魔物の居る森で隔てられているという設定なのだが・・・ヒロイン(かな?)がこの禁断の森に入って行ったら,そこはスカスカの林でシラけてしまった.ネライだったのか撮影の都合上だったのかはわからない.最後まで見なかったし.

北海道でさえ人の手が加わっていない森はないといってよいらしい.ほんの100年前までは大部分が人跡未踏の森林だったはずなのだ.北海道の開発は,まず森林資源を求めて始まったといってよいのではないかと思っている.この近辺に多数残る森林鉄道の跡をみると本当にそう思う.
f0080743_003814.jpg

以前C.W.ニコルが森について語る番組をテレビで見たが,共感する部分もあったし違和感を感じる部分もあった.僕の森に対するイメージは人の手が加わった跡のない,道もない場所なのだ.
f0080743_005218.jpg

Canon EOS 5D Distagon 25mm F2.8(Y/C)
[PR]
by auf1028 | 2008-06-05 00:01 | 植物 | Comments(4)

川原を歩く

沢を降りた後どうしようか,車の中でしばし考えました.別の沢へ行ってみるか,川原の先週行かなかった区域に行くか・・・.車を今の場所に停めたままさっきの沢の延長を川まで下っちゃえ.車を移動させる手間が省けます.川まで多分障害物はないでしょう.

ぬるい気の抜けたコーラと激甘のコンビニパンという,ふだんなら気持ち悪くなるようなカロリーだけの昼食をとります.体を動かした後は食えるんですね~.いつもこのパターン.予備にカロリーメイトを携帯しています.
f0080743_2213858.jpg
途中の林.未だ若い林ですね.いい感じです.たぶん樹を伐採した後,自然にできた林と思います.山中の人の手が余り加わっていない森は笹が生い茂っていて歩けたものではありませんが,これなら散策できます.すぐ近く,上の方で鳥の声がするのだけれど,いくら見回しても姿が見えない.
f0080743_221598.jpg
芦別川に出ました.誰もいません.魚も多分いないので釣り人も来ません.用事があるのは私のように化石を捜す人だけ.でもエキスパートはこの辺の化石が取り尽くされていることを知っていますからあまり来ないはず.この辺の川床は岩盤です.
f0080743_222119.jpg
直径80cmほどの大きなノジュール.化石が入っている可能性はありますが,こんなのは削岩機でもないと割れません.割っても化石が入っているとは限らないのです.対岸にもっと大きなノジュールが見えます.毎年位置が変わっているなぁ.
f0080743_2222485.jpg
ノジュールの破片にアンモナイトの一部が.縫合線とよばれる模様が見えます.かなり大型の個体でしょう.

 Canon EOS 5D Distagon 25mm F2.8(Y/C)
[PR]
by auf1028 | 2008-06-02 22:03 | 風景 | Comments(0)