<   2008年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

林道を歩く

f0080743_032059.jpg
 Canon EOS 5D Distagon 25mm F2.8(Y/C)
林道を歩いてきました.木材伐採のために作られた林道は沢に沿って延びています.ある程度行ったら沢に降りて下ろうという計画.基本的にはアンモナイトの化石を捜すためですが,国道からすぐ入れる場所ですからあまり期待はできません.今では早朝から数時間歩いて山に分け入らないと成果は期待できないと思われます.なかなかそこまではできなくて・・・.手前にイタドリが写ってますが一週間後同じ場所に行ったらたぶん倍くらいに伸びているでしょう.
f0080743_0321617.jpg
 Canon EOS 5D G-Sonnar 90mm F2.8
f0080743_0322787.jpg
 Canon EOS 5D Distagon 25mm F2.8(Y/C)
三枚目の写真は蕗の花,フキノトウの成長したものですが,この種子(タンポポの種子に似ていますね)があちこちを飛び交っています.窓を開けて走っていると車の中に入ってきたりします.2枚目の写真にも拡大してみると何個も写っていました.

この日は林道歩き~沢下り~川原歩き~小さな沢を登る,とまとめてこなしたら帰ってから脚がガタガタでした.ふだん歩かないからなぁ.ゴム長靴履かなきゃいけないというのもつらいところです.
[PR]
by auf1028 | 2008-05-31 00:34 | 風景 | Comments(2)

北海道では川岸にヤナギが繁茂しているのをよく見掛けます.これは北海道だけなのか,よくわかりませんが少なくとも関東付近では見たことがないです.5,6月太陽がある程度上った時間にヤナギの葉がきらきらと輝く光景をよく見ます.葉の表面が非常に艶があるためでしょう.
f0080743_15224876.jpg
 Canon EOS 5D G-Sonnar 90mm F2.8 1/1000sec. ISO 320 Raw Therapeeで現像

それを撮ろうと川原へ出かけました.薄雲はありましたが予想通りの光景が.しかしこの,見た状況を写真で再現するのは難しいですねぇ.アンダー目のコマから持ち上げてみたり,現像ソフトを換えてみたり色々やってみましたが・・・.まぁこんなものかなぁ,今ひとつですが.先日アップしたシラカバの若葉は透過光で輝いていましたがこちらは反射光です.
[PR]
by auf1028 | 2008-05-29 15:25 | 風景 | Comments(4)

近眼レンズ

f0080743_202932100.jpg
Mamiya Fish-Eye 14mm F3.5CS,このレンズはフォクトレンダーVSL用Voigtlander Color-F-Skoparex 14mm f3.5及びローライSL35用F-Rolleinar 14mm f3.5と光学系は同じなのではないかと思います.どちらもMamiyaのOEMであり外見がよく似ています.10枚7群.レアといえばレアなレンズでしょう.対角線魚眼レンズは16mmが多いのですが有名なTakumar 17mm F4というのもあり,現行のCanonやsigmaは15mmで14mmは少数派です.いずれも対角線画角は180度なのですから歪み方が違うということなのでしょうか.

Mamiya CSレンズというのは1977年に発売されたMamiya NC1000(S)用のマウントです.一眼レフのマウント変更の度数では世界一のマミヤ,その最後から二番目のマウントです.1980年にZEシリーズに切り替わったので売られていた期間は短くあまり市場には出回っていないようです.たとえ中古であったとしてもこれが使えるボディが今どれだけ残っているか・・・(ZEシリーズにもつくことはつくらしい).

NC1000,国内より海外で売れた数の方が多そうです.シャッタースピード優先のAEカメラで機能的にもスペック的にもCanon AE-1とよく似ています.レンズの最小絞りを通り越して絞るとAEポジション.ここからの解除はボタンを押しながら.この仕組みもCanon FDレンズと一緒です.

カビありジャンクということで安く入手しました.魚眼レンズって,もし買ってもすぐに飽きて使わなくなることがわかっているからまともな値段ではとても買えません.フランジバック45.5mmというデータがweb上にあったので(これはヤシカ/コンタックスマウントの値と同じです),アダプターは当然存在しないだろうけれど改造は難しくないだろうと思い入手しました.ところが・・・.カビ取りは4,5面しなければなりませんでした.幸い手持ちの工具で分解できました.第2面だけはカビ跡が残りましたが影響は少なそうです.

f0080743_2033710.jpg
このレンズはフィルターを内蔵しています.SL(UV),LB2(薄いアンバー),Y2,R1の4種でThruポジションはありません.絞りの直前で小径のフィルターがターレットで切り替わるのです.なるほど絞りの位置がいちばん小さいフィルター径で済みますね.初めて見たので写真を撮っておきました.デジで使うには不要なので撤去したくなりますがそうもいきません.フォーカスその他光学性能が変わってしまうでしょう.このフィルターはなぜかひどく汚れていました.これも清掃.

手動絞りで使えるようにするのはやっかいでした.よくM42のレンズにあるような絞り込みピンがあるのですが,これを押し込んだままにすればO.K.とはいきませんでした.絞り込むに従ってピンが押し込まれていく構造なのです.これを手動絞りにするためにはスプリングを使った機構が必要です.最初,複雑な絞り伝達機構の中間にある部品をバネで引っ張る方法を試してみたのですが,バネの力が足らずF11までしか絞り込めません.ストロークを取りたいのだけれどレンズ後方にあまり出っ張らせるわけにはいかない.結局絞り込みピンを燐青銅の板バネ(カメラをバラしたとき取って置いた部品)で押し込むことで解決.ただし耐久性には疑問あり.
f0080743_20295639.jpg


さて,本来のマウントを取り去りEOSマウントをとりあえずあてがってファインダーを覗いてみたら・・・レンズ面から15cmくらいの所にフォーカスが合います.あれっ,こんなはずでは・・・.マウントを削って薄くしましたが1mm強まで薄くしたところであきらめました.このやり方では無理です.絞り環がカメラボディのフランジ面より少し中に入るくらいまで近づけなければ無限遠は出ません.近接専用として使うことにしました.

距離目盛りを無限遠にしたとき約30cmの所に合焦します.これは本来の最短撮影距離と同じです.最短までヘリコイドを繰り出すと約18cmにフォーカスが合います(繰り出し量は2mmほどしかありません).レンズ面からは10cmくらい.使える範囲がきわめて狭いレンズになってしまいました.(笑)

f0080743_20301943.jpg
 Canon EOS 5D F16 ISO 200 Raw Therapeeで現像
ちょっと外で撮ってみましたが(最短距離)このような対象だともっともっと寄れた方が面白いですね.F16まで絞っても深度は思ったより浅い.この場合オリジナルの最短撮影距離30cmではあまり面白くないでしょう.これはこれでいいかも.拡大すると花の上の小さなハナカミキリムシがよくわかります.順光の場合自分の影は逃げられません.いずれにせよ魚眼レンズっていうのは撮る対象を捜さなければいけないレンズですね.
[PR]
by auf1028 | 2008-05-26 20:34 | カメラ,写真 | Comments(4)

G-Sonnar 90mm F2.8

f0080743_093769.jpg
CONTAX Gシリーズ用のSonnar 90mmです(ミノルタX-50で撮ったのですごいコントラストです).Gシリーズの中でもこのレンズだけは改造して一眼レフで使えることができ,web上でもいくつか例を見ることができます.ペンタックスのヘリコイド(Sマウント)接写リングとBORGのヘリコイド7842を持っているのでこれを使ってEOSで使ってみる事にしました.

今までゾナーを使ったことはありません.一眼レフ用のゾナーは最短が85mmだと思います.CONTAXシリーズ用85mm F2.8とコンタレックス用のF2(だったかな?)です.レンジファインダー用としては有名な50mmがあり,コンパクトカメラ用には39mmや40mmもあります.ゾナーはバックフォーカスが短いと聞いたことがあります.一眼レフ用に短い玉がないのはそのせいかもしれません.

CONTAX用はプラナーF1.4の陰に隠れて人気はイマイチですが優秀なレンズと聞きます.ちょっと使ってみたいのですが,できるなら100mF3.5の方が出番が多そうです.しかし100mmはチト高いのです.そこで思いついたのがこの90mmだったのですが,後でよく考えてみたら85mmと90mmの差なんて50mmと55mmより小さいわけです.(笑) まぁGの90mmは非常に安く手に入るのでいいでしょう.

新たにヘリコイドと90mmを買って改造するよりはCONTAXの85mmを買った方がいいような気がします.もっとも写りはかなり違うかもしれないですが.90mmの設計はかなり新しいですからね.

f0080743_0112952.jpg
改造途中.ペンタックスとBORGのヘリコイドを比べたら前者がわずかに短いのでこれを使うことにしました.私の用途では無限遠が出ないと困ります.実際やってみるとインフを出すためにはヘリコイドの内側をザグってレンズブロックをはめ込む必要がありました.中に入れた長さは4mmくらい? 絞りレバーがヘリコイドに当たるまであと数ミリ.BORGを使っていたらこのやり方では難しかったかも.この状態で一応使えます.絞り値は読めないですが.試写してインフが出ることを確認.最短撮影距離は1mくらいで,これはCONTAX Gで本来の使い方をしたときとほぼ同じです.これ以下の距離はヘリコイドとM42-EOSアダプターの間に接写リングを入れればよいわけです.

f0080743_0114330.jpg
f0080743_0152254.jpg
接写リングを入れて5Dで撮った写真全体及び中心部ピクセル等倍がこれ.距離40cmくらい? 開放です.風景の作例は後ほど.現在は仮組みの状態で,レンズ面と撮像素子の並行が少し狂っているようです.ほんの少しなのだけれど・・・.今まで撮った感じでは欠点の少ない良いレンズだと思います.開放でも相当にシャープ,周辺減光は少しあります.

BORGのいちばん薄いヘリコイド7841を使えばもっと楽に無限遠を出せるでしょう.さらに絞りのクリックもつけられる.ただし最短撮影距離が中途半端な値になるのと,ヘリコイド自体が薄いので回しづらいだろうと思います.値段も高いし.
[PR]
by auf1028 | 2008-05-23 00:16 | カメラ,写真 | Comments(0)

f64のカメラバッグ(中古)

f0080743_20335955.jpg
カメラバッグを換えました.今まで使っていたのはTAT0NKA-タトンカの小型バッグで,ズームレンズをつけた一眼レフと大きめのズームレンズ及び小物類がちょうどはいる大きさでしたが,ズーム離れしてしまった現在もう少し大きめのが必要になりました.

機材を収納して移動するためのバッグではなく,車から離れて撮影する際に本体とレンズを入れておき,撮ろうと思ったときにすぐカメラを取り出せるスナップ・バッグです.私はカメラを裸で持ち歩くということはしなくて(故にストラップはつけない)常にバッグに入れておくんです.

・レンズをつけた5Dの他にレンズ2本(できれば3本 広角はフードつけた状態)が入る
・ワンタッチで開けられる
・地面あるいは床に置いた際に自立する
・できるだけ小型で素っ気ないデザイン
・色はグレー系がよい
・厚みは少ない方がいい

上記の条件を満たすものは見つからなくて,色を妥協すればロープロのステルスリポーター300AWか400AW(Dがつかない旧型)しかないかなと思ったんですが,たまたまオークションで出ていたf64のバックを格安で入手しました.

f64って名称はエドワード・ウェストンやアンセル・アダムス等のf64グループから取ったっていうんですが・・・グループはとっくに存在してないし,どういうことなのかな? 今どきf64って知ってる人も少ないでしょうね.

それにしてもカメラバックってなんで黒が多いんだろう? タムラックも新しいのはロープロを真似たようなブラックの製品が多くて.ロープロは強いですね,この分野では.最近ドンケもポピュラーになってきて黒以外の色もあるんですが,イマイチ好みではない.アルチザン&アーティストは名前が嫌いだ.(笑) テンバの登場は衝撃的だった(私もさんざん使いました)けれど最近のテンバはまるで違うメーカーのようだ.
f0080743_20341089.jpg
バッグに機材を入れてみました.EF 35-135ズームをつけた本体を真ん中に,左側にはDistagon 25mmメタルフードつき,その下にはペンタックスのレンズケースに入れたROKKOR 35mmがやはりCONTAXのメタルフードつきで入っています.右側にはAPO-LANTHAR 180mmと丸めた小物入れ.きつきつですがなんとか初期の目標は達成できています.バッグの幅は300mmですがあと50mm大きければも少し楽に入ったところ.でもこのくらいの大きさが軽快でいいです.外装はキャンバス地とコーデュラ・ナイロン併用.

前面に見えるカバーがベルクロで留まっていてロックもなくベリベリ,ガバと開く豪快な仕様.短めのベルトは手で持つときのため.最初は邪魔と思いましたが使ってみたらあった方が便利でした.星条旗のタグがアクセント? な~んでアメリカ国旗をつけて歩かにゃならんのだ~適当な日章旗を見つけて取り替えようかとも思いましたが,それも大人気ないのでやめておきます.(笑)
[PR]
by auf1028 | 2008-05-21 20:34 | カメラ,写真 | Comments(2)

電柱

f0080743_23475719.jpg
 Canon EOS 5D Distagon 25mm F2.8(Y/C) F8 1/1000sec. ISO 320 RawShooterで現像
山に向かう道沿い,ここから先はもう民家がないという場所にある廃屋のそばに立っていた電柱.あー,昔は電柱ってみんな木だったんだよなぁ.コールタールを塗られて少し茶色っぽい黒だった.この電柱も根本付近にはコールタールが少し残っていた.

電線はとっくに撤去されているのに,なぜか電柱が一本だけだけ残されているのだ.傾けたアングルで撮ったが実際にも鉛直ではなく少し傾いている.高所平気症の僕でもこれはちょっと上れないなぁ.
f0080743_23375933.jpg
 Canon EOS 5D G-Sonnar 90mm F2.8 F8 1/350sec. ISO 250 RawShooterで現像
[PR]
by auf1028 | 2008-05-17 23:38 | 風景 | Comments(5)

スズメ

ここ2,3日ウチのスズメ達の動きが変わってきた.いや,もちろん飼ってるわけじゃないんですが去年作ったドイツ産高級スプルース材で作った巣箱は玄関のドアから1mくらいですからねぇ.角度は90度ずれてるとはいえ,よくここに巣を作ったものだと思います.去年は途中まで巣作りをしたのだが途中で放棄されてしまった.やっぱり玄関に近すぎるとは思うけど,ここだと雨風がしのげるんですよ.観察もしやすい.
f0080743_23284711.jpg
 Canon EOS 5D COSINA APO-LANTHAR 180mm F4 1/1000sec. ISO 1000

頻繁に代わる代わる飛び立っては数分後戻ってくる.雛が孵っていて餌を与えているのか? それにしては全然鳴き声が聞こえないのだが.飛び立つ瞬間をとらえた,と思ったのだが現像してみたらピンボケ・・・orz.巣箱にピンを合わせていたのだから当然ですわね.まもなく雛達が巣立つ様子が見られるのだろうか?
[PR]
by auf1028 | 2008-05-15 23:30 | 動物達 | Comments(0)

富良野市は山に挟まれている地形のせいか天気が急変することが多く,よく虹が見られます.夏はとくに多いのです.土曜日の夕方,街の方を見たら虹がまるで地面から出ているように見えたのでとりあえず手持ちの最望遠レンズであるAPOLANTHAR-180mm F4で撮ってみたのですがポジションは選べず手前の電柱,電線はどうにもなりません.まぁこういうのが見えたということで・・・.

このAPO-LANTHAR 180mm,Nikonマウントなので(爪ははずしました)Nikon-EOSマウントアダプターを経由しています.以前にも利用したことのあるDiscover Photoから購入しました.¥3700の安物です.直接買うとオークションよりちょっと安いです.ものすごく早く着いたけど(普通郵便)送金する前に送ってくれたのかなぁ.

アダプター経由で無限遠が出るかいささか心配でした.そりゃぁ宮本製作所などのちゃんとしたのを買えば安心かもしれないですが,1万円違いますからねぇ・・・.結果はわずかにオーバーインフ.O.K.です.単純にフランジバック分の厚みで作るより,わずかにオーバーインフにしておく方がベターだと思います.どんなレンズが付くかわからないわけですからね.ほんの少しでもレンズ側に歪みがあれば100分の数ミリくらい簡単に狂っちゃうでしょう.ただこのアダプターは回転方向に少し遊びがあります.調整できるかな?
f0080743_23524491.jpg
 Canon EOS 5D COSINA APO-LANTHAR 180mm F4 F4 1/1000sec. ISO 250 RawShooterで現像
[PR]
by auf1028 | 2008-05-12 23:54 | 風景 | Comments(0)

川原にて

f0080743_23372830.jpg
 Canon EOS 5D COSINA APO-LANTHAR 180mm F4 開放(かなりトリミングしています) ISO 250 RAWShooterで現像

f0080743_23373839.jpg
 Canon EOS 5D MD ROKKOR 35mm F1.8 ISO 250 RawShooterで現像

f0080743_23374927.jpg
 Canon EOS 5D MD ROKKOR 35mm F1.8 ISO 250 RawShooterで現像
 
上の写真とは全く関係ない話なのですが・・・つげ義春が非常なカメラ好きで,古物商免許を取得し一時中古カメラ屋をやっていたという事を最近知った.「ピント商会」という名前だったそうだ.自宅でやっていたらしいが長くは続かなかったのだろうと思う.

取材で撮影した写真を元に書き起こしたコマもあったらしい.僕はつげ義春の作品をまともに読んではいない.だけど断片的な知識の寄せ集めで代表作は読んだような気分になっている.「ねじ式」だけは友達の部屋で読んだような気もする(文庫版).

彼はどんなカメラを使っていたのだろうと考えた.やっぱりねじ式マウントのペンタックスSPだろうか.いや,たぶんねじ式でもLマウントのライカ・タイプではないか.でもライカではないだろう.ニコンSでもないような気がする.キヤノン7に25mm,35mm,50mmの3本を主に使っていたのでは,と勝手に考えてみた.
[PR]
by auf1028 | 2008-05-08 23:53 | 風景 | Comments(2)

EF35-135mm USM MF(笑)

f0080743_22213112.jpg

連休中はどこにも撮りに行けず.先週撮ったカットですが現在所有する唯一の純正レンズ,EF35-135mm USM(AF壊れ),65~82mmで撮影しました.前に書いたように広角端と望遠端は歪曲がひどく,周辺の像の流れも相当なものです.40~80mmのズームとしてなら5Dで十分使えます.APS-Cならもう少し広く使えるかも.

f0080743_22214457.jpg

結構シャープでトーンも気に入っています.逆光には弱いし周辺光量は落ちるしボケ味はあまり良くはない.でもなんとなく憎めないヤツって感じで.(笑) 荷物を極力減らしたい状況では25mmとこのレンズってことになるかなぁ.

f0080743_22215821.jpg


Canon EOS 5D EF35-135mm USM ISO 200,400,640 RawShooterで現像
[PR]
by auf1028 | 2008-05-06 22:20 | 風景 | Comments(4)