<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Polaroid izone 550

10DのサブとしてRICOH GXを持っていたのだが,あまりに使わないので処分した.替わりに小さくて外出時常に持って歩けるようなコンパクトデジタルカメラを入手しようと思った.

小型軽量はもちろんのこと,起動が速く取り出してパッと撮れるカメラでなくてはいけない.レンズはズーム不要,広角の単焦点でよい.オートフォーカスは暗いところで合わないことがよくあるので目測のマニュアル.とにかく気軽に,撮ろうかなと思ったとき即座に撮れるものでなくてはならない.じっくり撮るのなら10Dを使えばいいのだから.そもそも私は大半のコンパクト・デジタルカメラの,電源オンするとレンズがウニウニと出てくる,あれが大嫌いなのだ.

もちろん現行でも過去にでも希望に合う機種は存在しない.アナログならローライ35とかミノックス35などがある(現行じゃないけど)のだが・・・.そこで妥協しつつなるべく希望に近いのを捜すことになる.

まずCONTAX i4Rが目に留まった.こんなの出てたなんて知らなかったなぁ.デザインは好みから少しはずれてるが小さくて広角気味の単焦点,いいじゃないか.でもよく調べてみたら 1・スライドカバーを開けるとレンズがウニーと出てくる 2・1枚目を撮れるまで2秒近くかかるらしい(最近知ったのだが公称の起動時間と一枚目が撮れるまでの時間とはけっこう差がある) 3・とにかく高い.中古で3万円くらいする.そんなには出せない.1と2の問題がなければ無理してでも買うが・・・.

次二考えたのはミノルタDiMAGE X50.屈曲光学系でレンズは出てこない.起動時間0.5秒.撮れるまで1秒かからないようだ.ズームだけれど広角端は37mmとちょっと長い.でも小型だしレンズカバーのスライドと電源オンオフが連動していてスピーディに撮れるという点ではこれ以上のものはなさそうだ.AFがちょっと不安ではあるが.

で,ネット・オークションでX50を捜し始めたのだが途中で目に留まったのが「Polaroid izone 550」.500万画素CMOS 固定焦点の,ほぼトイカメラである.シンプルなデザインがいいではないか.色々調べたあげく中古を入手してしまった.使わないけどMP3プレーヤーにもなる.電池は内蔵リチウム・イオンと割り切った設計.つまり予備電池は使えない.実測106g(SDカード込み)と軽くてプラスチック外装もよくある金属(または金属風)外装にくらべて滑りやすくないので良い.ホールド性も悪くない.なんか横にそれてしまったような買い物だがX50は引き続き物色中である.
f0080743_2212872.jpg

条件の良い場合は結構まともに写るのではないかと思われる.問題は最短撮影距離1mくらいという点である.クローズアップレンズでなんとかしようと現在検討中.

f0080743_2222671.jpg
 Polaroid izone550 WB:Auto
[PR]
by auf1028 | 2007-12-27 22:03 | カメラ,写真 | Comments(0)

「なぜ植物図鑑か」 中平卓馬

晶文社からこの本が出ていたとき,僕は中古の一眼レフを買って写真を始めたばかりだった.その前から晶文社の出版リストで本の名前は知っていて変わった題名だなぁと思っていた.当時は今と違って結構本を買っていたが,買うのはほとんど文庫で高いハードカバーを買うことはまずなかった.晶文社の本はとりわけ高く感じた.「なぜ植物図鑑か」,「アデン・アラビア」とか「アメリカの鱒釣り」などという本の名前だけが記憶に残っている.その後上京して秋葉原で普通の民家みたいな晶文社の社屋を発見したときは驚いた.

将来高い本を買えるようになったら買ってみようか,とずっと思っていたが仕事に就いてそうなったときはもう本をあまり買わなくなっていた.結局読まず仕舞い.この本が入手困難なため一部で高値を呼んでいると聞いたのはわりと最近.

ところが今年,筑摩書房のちくま学芸文庫から出たというのだ.筑摩書房のサイトでこの本のページを見てえっと思った.僕はず~っと「ナカダイラ タクマ」だと思っていた著者の名前は「ナカヒラ」だったのだ.

この人の文章及び写真はその後カメラ雑誌上で何度か眼にした.写真は何の変哲もないものをストレートに撮ったものだった.文章は難解でよくわからなかった.しょっちゅうアラン・ロブ=グリエ(ロラン・バルトもだったかな)に言及されるのに閉口した.ロブ=グリエもバルトも知らんがな~.

ちょうど写真論や映像論ばやりだったのではないだろうか,その頃は.それらにはあまり興味がなかった.写真は理論で撮るものじゃねーだろ,と思っていた.最近,とくに冬は写真をあまり撮れないせいか写真についてよく考える.ソンタグの「写真論」でも読んでみようかと思ったりすることもある.でもやっぱり写真は理論があって撮るものじゃないと思う.あとから理論がくっついてしまうことはあるかもしれない.

f0080743_044825.jpg
 東京 飯田橋 RICOH GX
[PR]
by auf1028 | 2007-12-24 00:06 | Comments(2)

EF35-70mm F3.5-4.5

f0080743_0184869.jpg
今こんなロースペックなレンズは売っていないんじゃないだろうか.MF時代は標準ズームとして(サンゴーナナマル)ポピュラーな存在だった.これと望遠ズーム,例えば80-200mmとがあれば大抵のものが撮れてしまうわけだ.キヤノンFD旧タイプの時代に出たサンゴーナナマルは135mm望遠と同じくらいの長さでそれより太かった.10万円くらいだったと記憶している.現在ズーム比2倍のレンズなんてまったく相手にされない.

このレンズはたぶんEOSシリーズが出たとき一緒に発売されたんだろう.末尾にAが付いたのは後期タイプでマニュアルフォーカスができない.初心者向けのレンズだからマニュアルフォーカスなんか省いてもいいだろうということか.正しい部分もあるけどそれでは中級者(高級者?も)のサブとしては使えない.マクロ撮影ではMF必須だし霧の風景などAFでは撮れない.

これはカビありジャンクということで500円で手に入れた.改造用にマウントリングが欲しかったんで.比較的新しいEFレンズのローコストなラインアップはマウントがプラで接着されているようなので使えない.届いたレンズ,たしかにカビはあるけれどちゃんと動作するので分解してしまうのも忍びなくなんとなく取って置いた.しかしそれにしても驚くほど軽いレンズだ.レンズもプラが多用されているのだろう.

最近思い出して使ってみた.ネット・オークションに出品する際の撮影にぴったりの焦点距離だしそこそこマクロも使える.しかしカビのせいで逆光気味になるとコントラストがど~んと低下する.さらに像が甘い.最初からそうなのかは判らないが.ファインダーで見るだけでピンが甘いのが判る.流れているわけではなく,全体に甘い.Tamron SP 17-35mmと比べるとあまりに違う.まぁオークションの写真に使うなら別に問題ないレベルだけど,あえてこれを使う理由もない.Tamronで撮ってトリミングしてもいいわけだし.う~ん,やっぱりマウントが必要になったとき分解される運命かなぁ.フードもあるんだけど・・・.
f0080743_019750.jpg
 Canon EOS 10D FUJINON 55m F1.8 F8 ISO 400
[PR]
by auf1028 | 2007-12-21 00:20 | カメラ,写真 | Comments(2)

写真集 : THE EGG 西宮正明写真原点

写真を撮るのが好きでありながら写真集はあまり買わない.まして写真家の作品集なんてを買ったのは初めてではないかなぁ.
f0080743_20113910.jpg
 Canon EOS 10D EF35-70mm ISO 400
西宮正明は広告写真,コマーシャル・フィルムの人というか大御所なんだけど,名前がアマチュア・カメラマンの耳に入ってくることはあまりないかもしれない.でも僕にとっては重要な人なのだ.

写真を始めた頃,一眼レフを持って町をうろうろしながら何とかいい写真を撮りたいと思っていた.しかし,いい写真とは何なのか全然解ってはいなかったのだ.それでいい写真が撮れるのか? 撮れる可能性はあると思う.西宮正明に言わせればそれは「撮らされた写真」かもしれないが.そこが写真の面白いところであるとともに,アートとしてはイマイチ弱い原因なのかもしれない.

それはさておき,その頃はだいたい毎月カメラ雑誌を買っていた.主に「カメラ毎日」を,たまには内容によって「アサヒカメラ」を.カメラ雑誌の裏表紙はフジカラーRDの広告だった.有名なカメラマン,写真家がRDを使って撮った一枚の写真を載せるのだ.ガイジンモデルがポーズをとってるような写真は全く興味なかったのだが,ある月西宮正明という人の写真が載っていて,それはどこかの田舎にある木造校舎を撮った写真だった.校舎の前のグラウンドに数名の人物がいたような気もするが記憶があやふやで自信がない.

その写真を見たとき,「写真とは何か」が解ってしまったのだった.少なくとも解ってしまったと思ったのだった.これはもう理屈なんか飛び越えたダイレクトな感覚であって,こういう体験は人生のうちでそう何度もないと思う.

写真とは何か解ってしまった僕だったが,悲しいことに撮る写真は解る前と何ら変わりないのであった.そりゃそうですわね.でも写真を鑑賞する眼が明らかに変わってきたし,写真の技術というのがピントや露出,構図以外にもあって,そっちの方が重要なんだということはおぼろげながら解ったと思う.

このとき西宮正明という名前は僕の心の中に深く刻まれたのだが,彼の他の写真を見たいとは何故か思わなかった.広告写真を見てもしょうがないし,少し怖かったというのもあるだろう.数年間に写真を再開したとき,改めて見てみたいと思った.でも彼の写真集としては仏像や人形を撮ったのしかなかった.最近古本を含めて調べたら1989年刊のこの写真集が見つかったのですぐに注文した.いやー古本もネットで検索して購入できるようになったのは本当に便利ですね.

内容は西宮正明のプライベートな写真と文章が少し.ざっと見たが今のところ自分の中で消化できていない.時間がかかりそう.
[PR]
by auf1028 | 2007-12-13 20:12 | Comments(0)

冬の十勝岳

f0080743_23541399.jpg
  Graflex SuperGraphic  Nikkor M 300mm  FUJI RDP III

この写真は十勝岳登山口にある温泉宿「陵雲閣」の近くで撮ったものだけど,先月十勝岳で表層雪崩により四名の方が命を落とした.この稜線より2kmくらい北の地点だと思う.真冬より雪が降り始めた頃が危ないらしい.テレビのニュースに見覚えのある陵雲閣のロビーが対策本部として写っていた.

冬に十勝岳の火口を大型カメラで撮りたいと思っている.スキーとシールは調達してあるのだけど体力的,技術的に無理っぽい・・・.とりあえず雪のない時期に一度撮りたい・・・って毎年言ってるんだよなぁ.
[PR]
by auf1028 | 2007-12-12 23:55 | 風景 | Comments(0)

手袋コレクション

まぁ別にコレクションしているわけではありませんが,二年に一つくらい買っていると自然に増えてしまいます.手袋を一つってのも変だなぁ.ホントは「一双」って書くべきなんですがあまり一般的じゃないですね.

f0080743_21512449.jpg
この二双の革手袋はどちらもバイク用として売られているものですが,車のドライビング及びアウトドア用として使っています.アウトドア用として売られている革手袋は高いしラフな作業しかできないですからね.これならカメラの操作くらいはできます.

右側の黒いのは実に手にぴったりで重宝していました.五,六年使ううちに皮が伸びてきたのでタイヤ交換などの作業用に格下げ.替わりに似たようなのを捜しましたがなかなか見つからず,やっと見つけたのが左側の.しかしデザインは似ているものの実際はめてみると少し違う.皮がちょっと厚くて親指が窮屈.私が手袋買うと大体親指が余るんですがきついのは初めてです.使い込めば伸びるとは思うんですが.Lサイズも買ってみようかな?でもLだと大き過ぎかな・・・.まぁ今の状態でも使えます.

f0080743_21513765.jpg
真冬用.左側のは白山通りの「さかいやスポーツ」で買った見切り品.たしかアメリカのマイナーなブランドだったと思うんですがタグがないのでわかりません.「めちゃくちゃヘビー」と,買った時は思ったのに北海道の真冬ではちょうどいい.手のひら側が裏側風の人工皮革でグリップも良く車の運転にも適しています.内側はボアでとても暖かい.数年間主に雪かきで酷使した結果,穴が開いてしまいました.ボアも圧縮されてぺったんこ.ちなみに最初に穴が開いた場所は右中指.雪をすくって放り投げる際,ここに力が掛かるようです.これは実によい手袋でした.もし同じものが手に入るのなら是非買いたいですが.

右側は五年くらい前のユニクロ製.最初はイマイチと思ったけど結構良かった.部分的にではありますが手のひら側に人工皮革が貼られていてグリッブまずまず.ゆったりサイズでなかなか使えます.ユニクロは毎年モデルを変えるので同じものはもう買えません.去年のモデルなんかサイズが小さめで北海道では使えません.締め付けると血行が悪くなるのでダメなんですね.

f0080743_21515255.jpg
これはふだん使い用.シンサレートを使ったニットでごく一般的な,安いものです.まずまず暖かいですがグリップがないので運転には向きません.といいながら使ってますけど.ステアリング回すときはスポークに指かけてます.パワステといえども寒い朝の始動直後はものすごく重いです.オイルが低温で固くなっているんでしょう.そんな朝はアルミ製のシフトノブが真っ白になっていてとても素手では触れません.

f0080743_21521035.jpg
ヘビーなのをひとつ確保しておこうということで入手したのはMarmotの山スキー用です.ネット・オークションで中古ですが程度は良かったです.手袋の中古というのもナニですがこの手は高いですからね.これも新品だと二万円くらいするんじゃないでしょうか.ストックがあたる手のひらは厚めの本皮で耐久性よし.少し硬いけど.今のところあまり出番はありません.去年の-30℃近かった朝使ってみましたが,さすがに防寒という点では持っている中では最高です.しばらく戸外にいると小指が少し痛くなってきましたが・・・やっぱり極寒ではミトンじゃないとダメなんでしょうね.

f0080743_21522430.jpg
常に車に積んであるヘビーなゴム手袋.近くのホームセンターで購入.-30℃までO.K.と袋に書いてありましたが人間がO.K.なのか手袋がO.K.なのか? どうも後者ではないかな.雪が融けかかってベチャベチャのときタイヤ交換する羽目になった場合とか,非常用として積んであるわけです.革手袋が濡れた場合悲惨な状態になるのはよく知っていますから.インナーがついていて暖かそうです.グリップ最高.ただし中で手が遊びます.冬季に道路工事や建築関係の人が使うんじゃないかな.-60℃対応というのも置いてありましたが冷凍倉庫での作業にでも使うんでしょうか.

他にもフリースのミトンとか汚れる作業用の安い豚皮とか手袋は十双以上持ってますね・・・.

共通データ:Canon EOS 10D EF35-70mm ISO 400
[PR]
by auf1028 | 2007-12-01 21:53 | Comments(0)