<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Acronis True Image LEは使える

メルコといえば98時代からアイ・オー・データと並んで「サードパーティの雄」として有名な会社だ.両社の製品を色々使ってきたけれど,数としてはメルコの方がずっと多い.現在でも無線ルータ,無線LANカード,外付けハードディスクなど使っている.生まれて最初に買ったハードディスクはメルコの98Note用120Mだった.

今までは会社名がメルコでブランド名がBUFALOだったが最近会社名もBUFALOとして統一したようだ.僕としてはメルコの名前の方が好きなんですがねぇ.メルコという名称はメルコホールディングスとして残っており,BUFFAROはメルコ・グループの一員というかたちのようだ.大きくなったんですね.こういう技術系の会社が順調に発展していくのはなんだかうれしく感じる.
f0080743_232618100.jpg
 EPSON GT-X700でスキャン
同社の外付けハードディスクにはおまけでユーティリティCD-ROMがついてくる(他社でも多分ついてくると思うけど).この中の Acronis True Image LE をセカンド機で使ってみた.最近Windows xpを再インストールする機会が多かったからだ.再インストール自体は簡単だけれど,それから色々環境設定するのは結構な手間だ.

CドライブをDドライブにバックアップ.バックアップ・ファイルは圧縮されている.Cドライブにはシステムとプログラムしか入れていないのでファイルサイズは1.3Gほどしかない.バックアップはWINDOWS起動中に他の作業をしながらでもできる.しかも早い.

バックアップして数日後にPCが起動しなくなった.Cドライブがいかれたのだ.中のディスクが回転していない.普通バックアップとってると壊れないものなのだがなぁ.実にタイムリー.予備の同じ型のハードディスク(MAXTOR Atlas 37G SCSI)に入れ替えてユーティリティCD-ROM自体から起動する.Linuxで起動しているようだ.リストアも実に早い.これは使えます.昔のDrive Imageなどと比べると使い勝手は格段に良い.

ただ,ユーザー・インターフェイスはもうちょっとこなれてもいいように思う.「復元元」とか「復元先」と言われると一瞬考えてしまう.「バックアップ・ファイルの場所」とか「リストアするハードディスク」とか言えばよいのに.Acronis True Image は頻繁にヴァージョンアップしており(現在は10のようだ)このLE版がどのヴァージョンのサブセットかはよくわからない(7か?).最新のフルセットはCD-Rに分割してバックアップできるとか差分バックアップができるとか,SATA対応とか色々あるらしい.
[PR]
by auf1028 | 2007-11-24 23:28 | PC関連 | Comments(0)

雲海?

f0080743_0171679.jpg
雲海に浮かぶ山並み・・・数日前,朝の景色です.ちょっと引いて撮るとこういうことなんですがね.ややもやっていてコントラスト低いです.
f0080743_017313.jpg

Canon EOS 10D EF100-300mm ISO 400
夜中から晴れていたので逆転層が出来,そのせいもあるのだと思います.富良野盆地は冷気が溜まりやすいのです.雲がかかっている地域は十勝連山と富良野盆地の中間に広がる丘陵地帯です.大部分が畑になっています.開拓以前は大きな石がごろごろしている原生林だったと思われます.一年を通じてこの地域は雲がかかりやすい,ということは毎日眺めているのでよくわかります.
[PR]
by auf1028 | 2007-11-18 00:18 | 風景 | Comments(2)

カラ松

カラ松(唐松),本州では自生とのことですが,北海道では大規模に植林されました.たぶん伐採された跡に.成長が早いため炭坑で使う抗木としての需要を見込んだとも聞きます.建材としてはねじれ,割れが多く適さない,とはいえ最近はけっこう使われているようです.乾燥に工夫を凝らしたり熱と圧力を加えて圧縮したりすれば立派に使えるとか.
f0080743_2035130.jpg
f0080743_204349.jpg
f0080743_2041530.jpg
 Canon EOS 10D EF100-300m ISO 400
これは今朝撮ったものです.もう少し前に撮ればもっと黄色っぽくてきれいだったかもしれません.ちょっと赤っぽいです.振り返ってスキー場の方面を見るとこっちは黄色です.本当は大型で撮るつもりで用意して行ったのですが,風が強くて葉が揺れているのがわかります.4×5だとかなり絞り込むのでシャッタースピードはたぶん1/8~1/15秒あたりになります.これではとても止まりません.仕方ないので10D+ズームでなるべく開けて撮っておきました.

私の知り合いも数十年前に持ち山に植林しないかと声をかけられ話に乗ったものの,その後炭坑は次々と閉山し,カラ松は持て余し状態になってしまったとのこと.木を全部切って売却しても利益は出ないようです.しかも間伐は行わなければますます木の価値は下がってしまうのです.別の知り合いは業者に頼んだそうですが「間伐って,見てると太いの選んで切ってくんだよなぁ」と笑ってました・・・.

唐松という名前ながら日本のカラ松は大陸のカラ松とは違うそうで,ニホンカラマツというそうです.なんか変です.針葉樹ですが秋に葉が落ちます.なので落葉(ラクヨウ)ともいいます.当地ではラクヨウというとキノコのラクヨウタケ(ハナイグチ)を指す場合が多いです.夏が終わるとカラ松林の脇に車が停まっていることがよくあります.ラクヨウ採りです.ほとんどの場合林の所有者は採取者の知らない人あるいは団体,または自治体のはずですが,もちろん誰もそんなことは気にしていません.
f0080743_204378.jpg
f0080743_2054451.jpg
 Canon EOS 10D Tamron SP17-35m ISO 400
富良野市内の朝日山自然公園から下る道はこんな状態になっています.カラ松の葉が積もっているのです.自然公園といいながら山の西面はほとんど植林なんで.
f0080743_2055815.jpg
f0080743_2061380.jpg
 Canon EOS 10D Tamron SP17-35m ISO 400
[PR]
by auf1028 | 2007-11-10 20:06 | 風景 | Comments(2)

白樺その2

f0080743_033113.jpg
 Graflex Speed Graphic  Kodak Commercial Ektar 8 1/3inch  Kodak E100VS
白樺といえば数年前にコマーシャル・エクターで撮ったのがあったなぁと思い出して4×5のポジをスキャンしてみました.大判用コマーシャル・エクターは名レンズとして知られています.とても高くて買えなかったのですが,たまたま安いのがあったので思い切って購入しました.ただし後玉に拭きキズ少しあり,シャッター速度いいかげん,レンズ枠に当たりありのB級品です.

撮ってみるとう~んどうも暗部が締まらない.キズのせいもあるのか?この時代のレンズはこんなものなのか? よくわかりません.風景を撮ると暗部が青みがかる.UVフィルター付けた方がいいのかなぁ・・・.そのうちもっと新しいレンズを買ったのであまり使わなくなってしまいました.まぁ風景向きではないのはわかってたんですが.

EPSON GT-X700でスキャンしました.最初3200dpi,48bit Colorでスキャンしたらファイルサイズが1G超えてしまいました.Photoshop 7で読み込めません.PCの能力が高ければ読めるんだろうか?メモリ2Gじゃ無理なのか.改めて2400dpiでスキャン,500MBちょいになります.

暗部の青みを取るとまぁ普通に見られるトーンになりましたが木々と空の境目はフレアっぽいですね.空のトーンも出ているのはすごいかも.

このレンズはスタジオ向きなんでしょう.徹底的にハレ切って花や人物を撮るのがいいのかも.せっかく買ったのでなんとか使いたい.ほとんど使わないんだけど手放す気もしないんですね.
[PR]
by auf1028 | 2007-11-08 00:09 | 風景 | Comments(1)

白樺

f0080743_023028.jpg
 Canon EOS 10D EL Nikkor 105mm F5.6 F5.6 1/750sec. ISO 400
山火事や伐採の後放置された土地に最初に生えるのは白樺であると聞きました.北海道の山で必ず見られる木です.新緑の季節は葉の明るい緑がとてもきれいですが,葉が落ちたあとは白い幹だけが常緑樹に混じって見えることになります.北海道ではスギ花粉症が(たぶん)ない代わりにシラカバ花粉症があります.

わが家の庭にも二本生えているのですが庭木として適当とはとても思えません.先住の人が植えたので仕方がないのです.屋根の高さを越すと成長が加速して,手に負えなくなりそうだったので数年前に先の方をカットしました.すると切った所から細い枝がたくさん出て葉を増やそうとするんですね.異様に葉の密度が高い妙な白樺になってしまいました.四季を問わず鳥たちの遊び場,餌場として活用されています.もうあと数日で葉が全部落ちてしまうことでしょう.雪が降り,この木が雀たちの居場所となるのももうすぐです.

このEL Nikkor 105mm(旧タイプ)は一般撮影でも良く写ります.開放でも解像力は十分ですがコントラストはやや低く,ひと絞り絞ればぐっと向上します.発色は地味目.色調はEFレンズなどとは少し違いますが,調整可能な範囲です(色相をいじりました).
[PR]
by auf1028 | 2007-11-02 00:13 | 植物 | Comments(2)