<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夜の写真

f0080743_23242522.jpg
昔々,20代前半の頃夜の写真ばかり撮っていた時期がありました.昼間は時間が取れなかったということもあるのだけど,都会の夜を撮ること自体好きだったようです.昼間とまったく違う光線状態は,昼間見るとありふれた片隅の光景を別の非現実的なものに変えてしまうのでした.いや,別の言い方をすると夜の光景に,よりリアリティを感じていたのかもしれない.

夜撮影するためにASA(当時)400クラスのフィルムを倍かそれ以上に増感して使うのですが,コントラストは高くなり粒子は荒れてしまう.28mmレンズで手持ちでは1/8秒が限界でした.動いているものはブレてしまいます.

出来上がった写真はハイライトはすっ飛び,眼では見えていた暗部は真っ黒になりました.消えてしまうシャドウ部をなるべく出したいので現像は色々工夫しました.イギリス製の「プロマイクロール」という現像剤が増感してもコントラストが高くならないというのでしばらく使いましたが,粒子のエッジが甘くなるのでイマイチ気に入らなかった.そのうち夜に写真を撮るのも飽きてしまった.(笑)
f0080743_2324352.jpg

Canon F-1 FD28mm F2 F2.8 1/8sec. Kodak RE2475
[PR]
by auf1028 | 2007-09-29 23:24 | 古い写真 | Comments(0)

写真の整理をぼちぼちと

メインとサブのパソコンを同時にセットアップする羽目になったのでしばらく更新を怠ってしまいました.

毎年寒くなり始めると今までに撮ったネガ,ポジを整理しようと思って途中まで実行するのだけど続かない.整理の途中で興味のあるカットを発見するとスキャンしてみたり.いっそ全部スキャンしてしまうか.数はそれほどでもないので不可能ではないがEPSON GT-700Xはフィルムに写っている全情報を読み取れるほどの性能は持っていない.将来ちゃんとしたフィルムスキャナを入手したらまた一からスキャンしなければならなくなる・・・なんちゃって,多分買わないですね,フィルムスキャナ.買うとしたらNikon COOLSCAN 9000 ED だけどこれ買うお金あったらカメラを買うでしょう.

写真趣味をしばらくやってると,この場面をこう撮るとあがりはどうなるか,段々わかるようになってくる.最初の頃はまず露出からしてあやしい.次に現像もあやしい.現像が終わってネガを灯りに透かしてみていちおう像が出ていることにほっとする.これだけではまだ分からない.プリントしてみてはじめてどう写っているのかわかる.

しかし慣れてくると撮影時に出来上がりが見えてくるようになる.ようするに技術が向上したわけなのだが,するととたんに写真が撮れなくなってしまった.いちおうカメラを構えてファインダーを除いてはみるがもしそこでシャッターを切ったとして,出来上がった写真が想像できてしまう(もちろん100%じゃないですよ)と,撮ってもしょうがないかという気になってしまうのだった.まぁ少しは撮るのだけど.

そのうちさらに慣れるとカメラを構えなくとも,この状況でどういう写真が撮れるかある程度わかってしまう.ますます面白くなくなって撮れなくなる.つまりそれまで写真に感じていた面白さの,たぶん半分以上は「どう写るかわからない面白さ」であったことが判明したのでありました.
f0080743_23185556.jpg

この2カットはそんな時期に撮ったものでフランスですが,外国へ行くとそりゃぁ物珍しさもあってシャッターを切る機会も増えるというものです.再びこの場所へくることはないだろうという気持ちもありますしね.
f0080743_23201445.jpg
 共通データ:Canon A-1 FD24mm F1.4 Kodak KL
[PR]
by auf1028 | 2007-09-20 23:21 | 風景 | Comments(2)

Tekram DC-390

f0080743_23573428.jpg
コレはナニかというと知ってる人は知ってますね,そう,TekramのSCSIカードDC-390です.SCSIカードが高価だった頃(今でもUltra320とか最新のを新品で買うとべらぼうに高いですが)最も買いやすく性能も安定していたベストセラー.使わなくなってもなんとなく持っていましたが久々に出動です.

先日アップしたようにSupermicroのサーバーマシンは2Uサイズで平べったく,ロープロファイルのカードしか付かないのですね.CD-R(往年の名機TEAC CDR-55S 読み取り能力抜群)とDVD-RAMを接続する必要がありまして.DC-390はロープロサイズなんです.ただしブラケットは普通なのでスロットのカバー金具を糸鋸とヤスリでキコキコやってロープロ用ブラケットを作りました.BIOSチップはついてると起動の際にSCSI機器をいちいちチェックするのではずしてしまいました.Ultra SCSIでさえなくSCSI-2ですがつなぐものが低速なのでコレで十分です.しかしまもなくサーバーマシンの中身をタワータイプに入れ換えますので不要になってしまいます.上位機種のDC-390F(OEM)はなぜか2枚持ってるのでそれを使えばいい.

DC-390は10年前6~7千円くらいでしたかねぇ.初期のCD-RはSCSIだったのでCD-Rを使うためにこのカードを入手した人も多かったのではないでしょうか.

追記:マニュアル見たらジャンパでBIOS無効にできるのでしたぁ.ROMはずさなくてもよかった・・・.
[PR]
by auf1028 | 2007-09-05 00:00 | PC関連 | Comments(0)

Nikon D3

f0080743_23231922.jpg
 Canon EOS 10D Distagon 18mm F4 F8くらい ISO400

ついにNikon D3が発表された.現在Nikonを使っていない私でも注目してしまう.(ほぼ)フルサイズのCMOS撮像素子搭載で推定58万円というのは安いような気がする.デジタル水準器,いいですねぇ.ただし残念ながらファインダー内では見えないようだ.これはかなり売れるでしょうな.スペックを見ると欲しくなります.買えないですが.

まぁデザインはナニですが・・・デジカメWatchによれば「イタリアのジュジャーロ・デザインがデザイン」とのこと.日本で言うジウジアーロですね.今ジウジアーロでもないんじゃないかと思う.F3のデザインは確かによかったですけどね・・・.

フルサイズの他に24×16mm,30×24mm(5:4)のモードがあるっていうんだけど何故5:4なんだろう? 32×24mmの4:3の方がはるかに実用的でしょうに.もしこのモードがあったら,私だったら(二重仮定だ)これでほとんど全部撮るだろうな.Nikonとしてもかつて存在し,進駐軍の横槍で廃止になった32×24mmの「ニコン判(ニホン判とも言ったらしい)」復活ということで結構な話じゃないんですかねぇ.ついでに24mm×24mmのスクエア・モードも欲しいな.
[PR]
by auf1028 | 2007-09-02 23:24 | Comments(2)