<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

千望峠の春

久しぶりに外で撮影.午後から陽が射してきて山がきれいだったので上富良野町の千望峠へ行きました.ここからは上富良野町とその先の十勝山系が一望できます.

前の日,雪が降りました.平地ではほとんど積もりはしませんでしたが千望峠はさすがに標高が高いため,少し残っています.
f0080743_19483188.jpg
 Canon EOS 10D Distagon 18mm F4

足元を見ると雪の中にふきのとうが.
f0080743_19484112.jpg
 Canon EOS 10D Distagon 18mm F4

f0080743_19485314.jpg
 Canon EOS 10D MD Rokkor 35mm F1.8
美瑛方面を撮影.これだと11月,雪の降り始めた時期に撮ったと言っても通用しそうです.
f0080743_1949426.jpg
 Canon EOS 10D MD Rokkor 35mm F1.8
少し降りてまた美瑛方面を撮りましたが麦の緑があるせいでしょう,春らしく見えますかね.それにやっぱり空が,雲の形が11月とは全然違います.
f0080743_1949156.jpg
 Canon EOS 10D MD Rokkor 35mm F1.8
路肩の残雪.あと3,4日で消えてしまうでしょうか.

今日はあえて常用のTamron SP 17-35mmを家に置いて出かけたのですが(カメラバッグ,ケースに入らなかったという事もあるのですが)レンズごとの補正値は忘れているは(絞りによって違うので厄介です),オーバーインフで撮ってしまうは,散々でした.やっぱり純正(及び互換)レンズは楽過ぎますねぇ・・・.

Rokkor 35mm F1.8が風景でも結構使えたのが発見でした.35mm判では約50mm相当ですが,銀塩一眼レフを使っていたときは50mmを持っていなかったのです(正確には約1ヶ月間FD 50mm F1.4を所有していた).必要ないと思っていました.撮るものが違うからかな?
[PR]
by auf1028 | 2007-04-28 19:52 | 風景 | Comments(2)

CONTAX PC ベローズ+EL-Nikkor 105mm F5.6

f0080743_2250239.jpg
今では純正アクセサリーとしてあまり売られることのない一眼レフ用ベローズですが,銀塩時代は各社から出ていました.今でも中古で入手は容易です.あまり人気がないから・・・.

連続して接写倍率を変えられる便利なベローズですが,なぜ人気がないのか.まず,マクロレンズ一本あれば普通の人なら(たまにしか接写はしないわけで)じゅうぶん間に合ってしまいます.さらにズームレンズにもマクロ機構が備わってきたので(本格的なマクロとは差があるものの)花のアップなどならイケてしまいます.

実際,標準レンズをベローズに取りつけてみるとかなりの強拡大になります.三脚も必須.ここまで拡大する事は普通,あまりないでしょう.科学的研究用途などに限定されてしまいます.趣味で苔や小さな昆虫の写真を撮るというのもあるでしょうが,あまりにも需要が少ない.

それにベローズは高価です.接写リングセットの何倍もします.個人でこれを購入する人は少なかったでしょう.私も身近にベローズを所有している人を知りませんし,去年このCANTAX用ベローズを入手するまで触ったこともありませんでした.それでもそこそこ売れたというのはスライドコピーの需要があったからではないかと推測します.ベローズと組み合わせるスライドコピアというアクセサリーがあったのです.一昔前までは教材やプレゼン用途でスライドコピーの需要は結構あったのではないでしょうか.現在ではスライド・プロジェクターも絶滅の危機に瀕しています.

なぜ,いまどきベローズを入手したのかというと,アオリのできるベローズを確保しておきたかったからなのです.アオリ可能なベローズとしてはCONTAXの他にNikon PB-4があります.どちらも古いものです.メーカー純正はこの2機種だけかと思っていたら先日オークションにミノルタのアオリができるベローズというのが出品されていてビックリしました.他にサード・パーティからはマウント変換可能な製品がいくつか出ていたようです.

ネット・オークションを見ていると結構ベローズが出品されていますが,よほど安くない限り入札がありません.Nikon PB-4だけは人気がありそこそこの値段で落ちています.やはり私と同じようなことを考える人がいるのでしょうか.

PB-4は4本レールで非常にガッチリしています.下側2本のレールがマクロスライダー用になっています.CONTAXベローズはスライダーが別売りとなっており,合体させるとX字断面のレールとなります.ニコンに比べると華奢に見えますがよく出来ています.現役当時ベローズとスライダーを合わせた値段は相当なものだったようで・・・.

CONTAX RTSは発売当初からシステムカメラを標榜しており,接写関係もかなり気合が入っていました.ベローズにアオリ機構を備えたのもニコンFシステムに対する対抗心があったのかもしれません.レンズもベローズ専用マクロプラナー100mm,同じくヤシカML 100mm,超接写用のツァイス・ルミナー(ルミナール)と揃っていました.

もっとも35mm判一眼レフを出していた会社はほとんど100mmクラスのベローズ専用レンズを作っていました.私の知る限りでもニコン,キヤノン,ペンタックス,トプコン,ミノルタ,ヤシカ,コニカ,オリンパス(80mmと135mm)から出ています.

さて,CONTAXベローズを手に入れましたがEOS 10Dにこれをつけるのには問題がありました.YASHICA/CONTAX→EOSマウントアダプターを介してつけようとすると10Dのオデコが邪魔をします.手持ちの12mm接写リングを間に入れれば大丈夫ですが,これだと蛇腹の伸びが小さくなりアオリがし難くなります.さらに(レンズにもよりますが)近距離しかフォーカスが合わなくなります.この問題は小改造によって解決しました.ベローズのカメラ寄りの部分で90度レボルビングができるのですが,これを360度回るように改造しましたこれで誤魔化し誤魔化しですがなんとかカメラをつけられます.

マウント部分はM42→YASHICA/CONTAXアダプタでM42に変換してしまいます.さらにベローズの前枠の前部にあったマウントを後に持ってきました(裏から取り付ける).少しでも最遠撮影距離を伸ばそうということです.この結果.EL-NIkkor 105mm F5.6で無限遠から数cmまでフォーカスが来るようになりました.
f0080743_2251355.jpg
f0080743_22512679.jpg
 Canon EOS 10D EL-Nikkor 105mm F5.6 F8 1/15sec. ISO 200 RAW
アオリ(ティルト・ダウン)の効果の例としてよく挙げられるようなカットを撮ってみました.被写体は十数年使っているウェンガーのアーミー・ナイフ,ツーリストだったかトラベラーだったか・・・そんな名前のです.最初買ったビクトリノックスの同型は一年で鋏の部分が壊れました.ウェンガーは全然壊れない.機能は完璧ですが外見はもうボロボロです.上がアオリなし,下がティルト・ダウン(レンズだけを下に向ける)+少しライズ(レンズのみを上にスライド)したものです.このように同じ絞り値でもアオリを使うと画面全体にフォーカスが来るようにできます.(あまり良い例ではなかったかも・・・?)

f0080743_22513976.jpg
このときの蛇腹の状態はこのようになります.
[PR]
by auf1028 | 2007-04-21 22:53 | カメラ,写真 | Comments(6)

EL-Nikkor 105mm F5.6 (1)

f0080743_22521897.jpg
この引伸しレンズは某有名サイトで優秀レンズと書いてあったので前々から入手したかったのですが,オークションに時折出るもののなかなか安く落とせず先日やっと手に入れました.
f0080743_22523343.jpg
これは旧タイプです.昭和40年代? 鏡胴の後半分はなんと真鍮(多分)にクローム・メッキです.小さいのに持ってみるとずっしりと重い.金属とガラスだけで出来ています.現代の,というか最終型の同レンズに比べるとはるかに良い造りでほれぼれとします,なんて言うといささかビョーキであるのがばれてしまいますが,世の中にははるかに重症の方々が大勢いらっしゃるのを知っていますから・・・このくらいはかわいいものでしょう.CP-2という型番のこれもしっかりした作りのプラスチック・ケースがついています.

EL-NikkorのNタイプ105mmもF5.6なのでもしかしたら設計は同じかもしれません.EL-Nikkor 50mm F2.8は設計が新しくなっているはずです(昔旧タイプを使っていました).63mmはF3.5からF2.8と明るくなっていますから新設計です.75mm,80mmはちょっとわからない・・・どちらにせよNタイプのコーティングは改良されているでしょうね.この旧タイプ105mmはアンバー系というか黄色っぽい単層コーティングです.
M39→M42変換リング経由でBORGのヘリコイド+3cm弱の接写リングで無限遠が出ます.引伸しレンズや製版レンズは近い物体は良く写るけれど遠景の撮影ではへろへろになるものもあります.遠景の撮影なんか設計時に考慮されていませんから当然です.この105mmは遠景も良く写ることを確認しました.常用としてじゅうぶん使えます.色は手持ちの他のレンズと比べて明らかに青いですが,デジタル・カメラで使うぶんには補正は簡単です.
f0080743_22525088.jpg
問題はフードで,34.5mm径で長めのフードなんてまずありません.それどころか変換リングの入手も難しいみたいで.34mmや35mm径の変換リングはあるのですがね.「Nikkor Red Book」の(あ,書いちゃった)ウェブマスターはNikon S型用の「マウンテン・ニッコール」のフードがちょうどいいと書かれていますがこんなの手に入りません.もしあっても一万円は下らないでしょう.色々考えた結果,引伸ばしレンズ用キャップ(これも品薄ですが)を加工して27mm→52mmの変換リングを接着し,Nikkor 105mm用のフード(旧型)をつけました.
f0080743_2253188.jpg
なんか,すごい恰好になりました.キャップもフードもスナップ・オンなのですがキャップのところがいささか心もとない.なお,上の2枚はリコーGXで撮りましたがブレてます.(笑)
f0080743_22531663.jpg
 Canon EOS 10D EL-Nikkor 105mm F5.6 F11 1/180sec. ISO 200 RAW
窓から夕方の十勝岳を撮ってみました.噴煙が真横に流れています.こういう流れ方は珍しいんですよ.大体向こう側に流れるか,風がなければ真上に上がるか,です.
遠景もちゃんと写りますが,やはり本領は近接撮影にありましょう.そっちの方は後ほど.現在CONTAX用ベローズ(アオリが出来ます)を改造中です.
[PR]
by auf1028 | 2007-04-12 22:56 | カメラ,写真 | Comments(0)

顕微鏡関係を独立させました

顕微鏡写真及び顕微鏡関係を顕微鏡日記として独立させました.現在,リアルタイムではなく遡って書いています.なかなか現在に追いつきません.リンクに追加しました.
[PR]
by auf1028 | 2007-04-10 21:57 | Comments(0)

今年初めての蝶

さすがに春めいてまいりました.朝晴れていても昼間には雪が舞う,そんな天気が続いていましたが今日は一日中暖かでした.夜はまだ氷点下になりますが,昼間は晴れれば10℃を上回るこれからは雪融けも加速度的に進行するでしょう.
午後,蝶がヨタヨタという感じで飛んでいるのを発見.その後屋根にとまって日光浴をしていました.今年初めて見る蝶です.成虫で越冬していたわけですねぇ・・・.夜はマイナス10数度から20度にもなる状況で数ヶ月・・・どこで越冬しているんでしょう? 液体の水もないと思われるのに.
f0080743_19595772.jpg
 Canon EOS 10D EF100-300mm 300mm F11 1/1000sec. ISO 200 RAW(トリミングしています)
ツマグロヒョウモン・・・でしょうか? 二階から隣の建物の屋根にいる蝶を撮りましたが,35mm判換算460mmのレンズでも全然小さいので少しトリミングしました.こんなときは500mmクラスが欲しくなりますね.でもたまにしか使わないからなぁ.
[PR]
by auf1028 | 2007-04-07 20:06 | 昆虫など | Comments(0)