<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アカゲラ来訪

f0080743_2123258.jpg
冬になると家の庭に植えられた白樺の木に鳥がやってきます.雀,ヒヨドリ,シジュウカラ,カケスなどですが今日は珍しくアカゲラが来ました.10羽くらいの雀達がいるところに来て木の皮の下にいる虫を探しているようです.そのうち5羽ほどの雀が米をつついている最中の餌台に降りていくではないですか.雀達はもちろんあわてて逃げてしまいました.まさか米は食わないだろうと思ったのですが見ているとなんと,つつき始めました.アカゲラはドングリも食べるらしいので植物性の餌も食べられないことはないのか.もちろんよほど空腹でない限り米は食べないのでしょうが.2、3年前にはアオゲラが来たこともありました.
f0080743_2123347.jpg
Canon EOS 10D  EF100-300mm F5.6~6.3 ISO 400 RAW (トリミングしています)
[PR]
by auf1028 | 2007-01-31 21:24 | 動物達 | Comments(2)

My Kodachrome


とうとうその日が来てしまった.コダクロームの日本での販売終了が告げられた.日本以外の一部地域ではまだしばらくは売られるらしいけれど,完全に終了するのも時間の問題だろう.これは前々から予想されていたことではあるけれど.唯一の現像時に色素を加える外式のカラーフィルムがなくなってしまうのだ.

コダクロームの良さは外式であるゆえに褪色に強いという点もさることながら,その独特の色再現やトーンにある.これは使った人にしかわからないだろう,なんちゃって僕はKL(コダクローム200)しか使ったことがないのだけど.モノクロの自家現像,プリントをほとんどしなくなってからずっとKLを使っていた.たまにKLが手に入らなくて他のフィルムを使うと上がりを見てがっかりしてしまうのだった.アメリカのフィルムなのにKLには日本のフィルムにないシブミがあったのだなぁ.まぁ何を撮ってもドラマティックにしてしまうようなところもあったけれど.アグファの渋さとはまた全然違うんですね.

KR,KMはASA(当時)64,25という感度の低さによる使い難さもあったけれど,他人の撮った写真を見る限りいささか発色が渋すぎと思い敬遠していた.一度くらい使ってみてもよかったかな.使いたかったのは原色がド派手に撮れるコダクロームXなのだけれど僕が自分のカメラを持てるようになったときにはもうコダクローム64(KR)になっていた.

仕事で長い間使いつづけてきた人たちはさぞかし感慨深いことでしょう.もっとも最近の内式カラーフィルムの粒状性は一昔前に比べて飛躍的に向上しているので最近のプロはあまりコダクロームを使っていなかったのかもしれないですが.僕なんか数十本しかコダクロームで撮っていないんだけど,それでも一つの時代が終わったなと感じます.

こんなことを書いている本人がここ7,8年コダクロームを使っていなかったんだから・・・.今年はデジと4×5で行こうかなぁ.頑張って機材を揃えた中判(Mamiya RB)もなんだか中途半端に思えてきました.
f0080743_23585863.jpg
Canon EOS 10D EF100-300mm 300mm F8 1/1500sec. +1EV ISO 400 RAW
[PR]
by auf1028 | 2007-01-28 00:01 | その他 | Comments(2)

蕎麦畑

去年の夏に撮った蕎麦畑です.先日スキー場の夜景と一緒に現像しました.半年間冷蔵庫に眠っていたのです.フィルムの場合撮影してすぐ現像せずにこのくらい熟成させるとトーンがまろやかになり・・・ということは勿論ありません.(笑)

旭川の近くの江丹別,さらに北の幌加内は良質な蕎麦の産地として近年とみに有名です.富良野にも少々ながら蕎麦畑があるのです.
f0080743_2305487.jpg
これもGlaflex Super Graphic,4×5にFUJINON 90mm,FUJI RDP IIIで撮ったものですが,太陽が画面ぎりぎりでハレ切りが左上隅に少し写りこんでしまいました.よって少しトリミングしてあります.次回はもう少し早い時間に撮るべきだなぁ.畑の印象を出すためにはもっと高い位置から撮ったほうが良いですね.しかしこのときは蕎麦の花をある程度大きく撮りたかったためこの高さになりました.ハスキー4段を伸ばさずにそのままです.手前の花から遠景までフォーカスを合わせるためにレンズを下向きにあおっています.絞りはF45くらいだったかな?

蕎麦畑に関してはやや露出不足と思われ,スキャン時に暗部を持ち上げ,さらにスキャン後Photoshopでマスクを切って畑のみトーンをいじりましたがやや不自然な感じもします.やっぱり今年再トライです.しかし今年もこの場所に蕎麦が植えられているという保証はありませんし,花が咲いている期間に撮りに行けるかどうかもわからない.行けても天気は・・・.前にも麦が植えられていた場所に一年後撮りに行ったら菜っ葉が植わっていて愕然としたことがありました.風景も撮れるときに撮っておかないといけないのですなぁ.
[PR]
by auf1028 | 2007-01-21 23:01 | 風景 | Comments(1)

スキー場の夜景

実に久しぶりにフィルムで写真を撮りました.夜のスキー場遠景です.冬に旭川方面から富良野に帰る途中,前方に二つのゲレンデの夜間照明が二列に並んでとても印象的なのです.ずっとそのうち撮ろうと思っていましたがなかなか実行できませんでした.

今日は晴れて風もなく絶好と思われたので明るいうちに4×5のカメラとレンズ一式をを車に積み込んで出かけました.暗くなる前にロケハンして撮る場所を決めないといけないので.

車の中から見ているときは周りの余計なものは目に入っていません.二列に並んだ点線状の光だけを見て「おっ,きれいだな」と感じるわけですが・・・いざ写真に撮ろうとすると走る車の中から見た印象を再現するのは非常に難しいのですね.まぁこれはある程度わかっていましたが.電線や街灯,車のヘッドライトなど余計なものが移らない場所を捜すのはかなり時間がかかりました.

それでもカメラをセットしてみると,というかセットするまでもなく見ただけでもあんまり面白くないのですね.ただ光の列が二列あるだけといえなくもない.記憶に残っている印象とはずいぶん違います.でもせっかくカメラを持ち出したので(しかも大判カメラ)撮っておくことにしました.以後このような写真を撮るときのデータも得られますし.
f0080743_15194376.jpg
GLAFLEX Super Graphic Nikkor M300mm F9 F22 2m FUJI RDP III EPSON GT-700Xでスキャン

小さいサイズで見てもさえないのでもう少し大きなサイズ(横1400ピクセル)をこちらに上げておきます.もちろん元ファイルは巨大です.4×5で300mmレンズは35mm版でいうと100mmくらい.中望遠ってところです.私のモニターでは画面下側の雪原(田んぼですが)や左側に並んだ電柱,右側のポプラの木など判別できるのですが,環境によっては見えないかもしれません.

ハイライトを押さえ,シャドウ部をかなり持ち上げて軟調にスキャンしました.35mm判でこのくらい暗部を持ち上げると荒れ荒れになってしまうのですが原版がこのくらい大きいとあまり目立ちません.スキャンの範囲は118mm×87.7mm.解像度は2000dpi.16bit TIFでファイルサイズは367MBあります.私の旧式なPCではレタッチするのもやっとです.メモリも1Gじゃ全然足りません.

EPSON GT-700Xには4×5のフィルムホルダーが付属しています.二枚入れられます.最大解像度は4800dpiですが3200dpiとの差はほとんどなく実質3200dpiといえます.4×5のスキャンでは解像度が制限され,2000dpiくらいが限界です.

PCの画面上で見るだけだったら4×5で撮った意味はまず感じられないと思いますが(トーンの点では少し有利かも),大判のメリットは大サイズにプリントするときに生きます.A1にプリントしても十分なクォリティです.A0でもいけるでしょう.

この写真を撮ったカメラがこれです.
f0080743_1521632.jpg
かつて報道写真の撮影に使われたスピード・グラフィック,通称スピグラの最終型,スーパー・グラフィックです.SUPER SPEED GRAPHICと文字が入っている機種とSUPER GRAPHICとあるのと二種類ありますがほぼ同じものです.1958年から'70年代初頭まで生産されました.生産終了後に日本のトヨがライセンスと製造設備を取得し,「TOYO SUPER GRAPHIC」として売られたものもあります.こちらはボディがグレーでなくブラックでネジ類はインチからミリに変更されていました.私が入手した個体は相当使い込まれ,あちこちに傷みありでしたが,蛇腹は新品に貼り換えられていたのはラッキーでした.フラッシュガンとそのグリップもついてきましたが使わないので外してあります.上部には「フラッシュ・コンピューター」という計算尺みたいなのがついていますがその上に水準器を貼りつけてしまいました.よく持っていくのを忘れるからです.水準器がないと場合によっては水平を出すのが困難です.

以前,知人が娘さん(二十歳くらい)に「これ何に見える?」と訊いたら「ラジオ!」という答えが返ってきました.まぁ普通の人にはカメラに見えませんわね.
f0080743_1521215.jpg
前蓋を開けてレンズをつけるとちゃんとカメラに見えます.Nikkor M300mm F9 自作延長鏡筒(スプレーのキャップ)つきです.300mmだと少し延長しないと蛇腹の伸びが足りません.このレンズは小型軽量で山岳写真家にも愛用されているようです.テッサータイプの4枚玉,COPAL No.1シャッターつき.よく写ります.

スピグラの系統は本来プレスカメラで報道用です.127mmや135mmレンズをつけてGN 80とかの大光量フラッシュバルブで広めにどかんと撮り,必要な部分を切り出して使うわけです.最終型のスーパー・グラフィックはアオリ機構も充実し,商業写真にも対応しています.スピグラではベニヤ板製だったボディも軽合金に変わっています.90mm~300mmのレンズで風景を撮るにはまぁ十分です.「まぁ」というのはフロント部分が弱いとか各部の精度がイマイチでカッチリ決まらないとか,使いこなしを要求されるからです.でも気に入っています.
[PR]
by auf1028 | 2007-01-14 15:22 | 風景 | Comments(4)

寒雀

前から家のドアの横に古古古米を少し置いています.毎日ではないけれど.雀用です.用心深い雀達は近くの木に留まって様子を見てから思い切ったように餌台まで降りてきてちょちょっと食べるとすぐ木に引き返します.ドアのすぐ横ですからねぇ.こうやってだんだん慣らしておいてそのうち一網打尽に・・・いや冗談ですよ,冗談.(笑) 実際の話,なかなか慣れないです.そもそもやってくる雀がいつも同じ個体なのかどうかもわからない.
f0080743_19273637.jpg
Canon EOS 10D EF100-300mm 260mm F8 1/350sec +1.5EV ISO 400 RAW
冬になって餌台(ただの板ですが)を地面から1mくらい木の棒(箒の柄)で上げました.午前中に米を置いてやるとすぐ寄って来るわけではないんですがいつの間にか無くなっています.なかなか食べるところを見ることはできません.今日は集団でやってきました.羽を膨らませて,寒雀ってやつですね.

屋内から撮ったのでガラスを2枚通して(しかも斜めに)撮影しています.そのためシャープネスは低下していますがこのサイズだとあまり気にならないでしょうね.当地の住宅のガラス窓はほとんどペアガラス,つまり2枚のガラスの間に空気層を持ったガラス板を使っています.断熱に優れています.ガラスの間を真空にすると断熱性は格段に向上すると思われますが,完全に規格サイズになっちゃうので.将来的には普及するかもしれません.あまり古い家だとシングルガラスでその代わり窓が二重になっていたりします.最近は三枚重ね,トリブルガラスというのも普及しつつあるようです.
[PR]
by auf1028 | 2007-01-09 19:28 | 動物達 | Comments(0)

川霧の季節(2)

今年に入ってから,というかしばらく写真を撮っていないのでブログのネタをどうしたものか・・・おぉそうだ,先日川霧を撮った際のファイル,まだ現像していないのがあった.ということで去年の写真で失礼します.

川原の樹に霧氷がついています.この写真を撮ってから今日まで暖かい日が続いています.今年は全国的に暖冬小雪のようですね,現在のところは.
f0080743_1932079.jpg
Canon EOS 10D EF100-300mm 100mm F13 1/500sec. ISO 400 RAW

こちらは反対側,川沿いの道の樹々.
f0080743_19324039.jpg
Canon EOS 10D Tamron SP17-35mm 17mm  F11 1/500sec. ISO 400 RAW

霧氷って離れて撮ると樹に雪がついているのと対して変わらなく写るので(よく見ると違うのはわかりますが)寄ってみました.川から200mほど離れた住宅街にて.日陰です.
f0080743_19372811.jpg
Canon EOS 10D Tamron SP17-35mm 17mm  F11 1/180sec. ISO 400 RAW

こちらは日向.う~ん,あまり面白くないなぁ.
f0080743_1937397.jpg
Canon EOS 10D Tamron SP17-35mm 17mm  F8 1/750sec. ISO 400 RAW

現像ソフトは最近RawShooterばかり使っています.色収差,歪曲収差の補正なんて機能はないけれど,とにかくレスポンスがよろしい.サムネイルの展開やパラメータをいじった時の表示が早い.これはというコマに対しては画質優先のソフトを使えばいい.ってDPPしか持ってないんですけど.SYLKYPIXもねぇ・・・なんか高いような気がするんですね(ケチなだけか).Adobe Lightroomのβ版入れてみようとしたらWindows XP SP2以降でないとインストールできないんですと.
[PR]
by auf1028 | 2007-01-04 19:52 | 風景 | Comments(0)