<   2006年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

神田明神辺り

f0080743_19211449.jpg
 EOS 10D TAMRON SP 17-35mm

たまに東京に出かけると宿はいつも神田明神近くのビジネスホテルです.ここに泊まる理由はまず安いこと.それと秋葉原が近いこと.坂を降りるとすぐ秋葉原です.まぁ最近は秋葉原でないと買えない物って,あまりないのですが.先日行ったときはトルクスドライバーの#9を買っただけでした.御茶ノ水JR,地下鉄の駅も近く両方使えて便利です.

秋葉原も神田明神下交差点までという感じで,外神田3に入るとパーツ店もなく,商店,問屋,会社,住宅の混在する東東京の普通の街になります.通りから少し入るとしゃれた感じの小料理屋が何軒があります.近所の商店主などが夜集うのでしょうか.

写真は神田明神入口の茶店(だったか?)のショーウィンドウ.His Master's Voiceですね.ここまで揃うと見事です.

f0080743_19371315.jpg
 Ricoh GX (これは去年撮ったものです)

神田明神内の明神会館脇から出るとすぐこの「明神男坂」があります.下との落差はかなりあります.なにしろ「この坂の脇にあった大銀杏は、安房上総辺から江戸へやってくる漁船の目標となった」というのですから.「坂からの眺めが良いため毎年一月と七月の二六日に夜待ち(観月)が行われた」そうですが,今ではすっかり視界が閉じられてしまいました.
f0080743_20312577.jpg
 EOS 10D TAMRON SP 17-35mm
男坂の南側にも坂があります.ビルとビルの間で目立たなく,あまり通る人もいなそうな.こちらは女坂かな~と思ったらやはりそうでした(笑).
f0080743_2029219.jpg
 女坂の上から秋葉原方面を望む EOS 10D TAMRON SP 17-35mm


f0080743_2035293.jpg
 明神坂下にて EOS 10D TAMRON SP 17-35mm

これもトマソンの一種だろうか?いや,違うな・・・.


 
[PR]
by auf1028 | 2006-04-28 20:37 | Comments(4)

雪,EBC FUJINON 55mm F1.8,ME-1の調整

f0080743_20451246.jpg
 EOS 10D EBC FUJINON 55mm F1.8 F16 1/45sec. ISO200 WB5000 (トリミング)
昼前から雪が降ってきました.やれやれ・・・せっかく融けてきたのに.気温が高いから道路に積ることはないでしょうが,峠はノーマルタイヤでは危ないかも.

EBC FUJINON 55mm F1.8の開放値伝達用の突起を削ってM42レンズ→EOSボディアダプターにつけられるようにしました.1970年代の製品ですがこのレンズ,なかなか優秀なのではないかとニラんでいます.M42のEBC FUJINONすべてが優秀なのではなくて平凡なレンズもあるようですが,実際のところは使っていないのでよくわかりません.
f0080743_20551237.jpg
 突起の状態です.これがあるためカメラによってはつけられない.ペンタはO.K.みたいです.アダプターはそのままでは無理です.最後までねじ込めない.
f0080743_20563441.jpg
 10Dにつけたところ.レンズがとても小さく見えます.このレンズは前期型です(鏡胴のデザインが違う)


f0080743_2112615.gif
 256色GIF
前に書きましたがマグニファイヤーアイピース,ME-1の装着位置がもう少し下がよいのではないかと.写真にあるように裏側の上部に3つの突起があってカメラ側のアイピース枠と当たるようになっています(写真はまん中だけ削ってある).これを削ることにしました.約1mm強下がるはずです.

結果は像のにじみが少なくなりピントが合わせやすくなった・・・ような気がします(笑).気のせいかもしれません.その程度です.スクリーン中心の円弧の外側の部分の方がコントラストが高く,合わせやすいです.かなり実用になります.四隅の像が流れるのはしょうがないですかね.

思えば昔,Canon F-1というファインダー倍率0.77倍(だと思いました)というカメラを使っていて別に不便ともなんとも思わなかったのですが,やはりスプリット・マイクロプリズムがあったからなんでしょう.10Dにもスプリット・マイクロプリズムのスクリーンがあれば動体撮影以外はAF無しでもいけるんですがねぇ.
[PR]
by auf1028 | 2006-04-24 21:16 | Comments(4)

秋葉原にて

f0080743_15395849.jpg
 EOS 10D SIGMA 55-200mm DC F8 1/500sec. ISO200 WB5000
激しく変貌する秋葉原.しっょちゅう見ているとそうでもないのかもしれないが,一年ぶりに見ると以前の記憶と異なる部分がその存在を強く主張する.意識下で記憶と今見ている光景とを常にチェックしているのだろう.
f0080743_1543552.jpg
 Tamron SP 17-35mm F6.7 1/30sec. ISO200 WB5000
千代田海藻は私が秋葉原に通い始めた頃からずっとここにある(と思う).秋葉原UDXのまん前である.この対比がすごい.
f0080743_15522738.jpg
 Tamron SP 17-35mm F11 1/20sec. ISO200 WB5000
喫茶店伊万里は本当に変わらない.この近くの喫茶店えびはらはもっとすごいが営業しているのかどうかよくわからなかった.本日閉店の札が下がっていたが,年中下がっているのかもしれない.
f0080743_17421579.jpg
 SP 17-35mm F11 1/10sec. ISO200 WB5000
[PR]
by auf1028 | 2006-04-22 15:58 | Comments(3)

秋葉原ラジオセンター

久しぶりに秋葉原へ行ってきました。ヨドバシカメラ秋葉原店や昔のやっちゃ場跡に大きなビルができたということは知っていましたが、実際に目の当たりにすると実に感慨深いものがあります。私はかつてのオーディオ全盛の秋葉原からパソコンの街秋葉原への変貌をリアルタイムで見てきましたからねぇ。Windows 95が出たころから秋葉原の街は急激に変貌していきました。

しかし変わらない場所もありました。古くからの秋葉原通なら誰でも知っている秋葉原ラジオセンター。すれ違うのがやっとくらいの狭い通路の両側に間口一間ほどのパーツ屋がぎっしり並んでいます。私もよく行きました。どちらかいうと「ラジオデパート」の方へよく行きましたが。ラジオセンターの「山本無線」は工具やネジ類を買うのに重宝してました。

この建物は駅とくっついている秋葉原デパートと外から見るとくっついているのです。つまり間接的に秋葉原駅とつながっている。実際デパートとラジオセンターと行き来できるのかどうか知りませんが、どうも出来そうな気がします。下の写真は1997年に初のメガピクセル・デジカメ(少し水増し?)、Kodak DC120Zoomで撮ったものです。レタッチがヘタクソだったのでコントラスト高過ぎです。
f0080743_21385016.jpg
 
次の写真は同じ部分を数日前に撮ったものです。新しいビルの隣の敷地が金網で囲まれているためまったく同じポジションでは撮れず、少し寄って広角で撮ることになりました。
f0080743_2142326.jpg
 Canon EOS 10D Tamron SP 17-35mm F2.8-4 ISO200 WB 5000

9年経ってもほとんど変わっていません。この部分はよくよく見るとトマソンの宝庫であります。
f0080743_1317722.jpg

[PR]
by auf1028 | 2006-04-21 21:46 | Comments(2)

EOS 10Dにマグニファイヤーアイカップ ME-1

EOS 10DにM42アダプターをつけて遊ぶつもりなのですが,この場合当然マニュアル・フォーカスになります.AF一眼レフのフォーカシング・スクリーンは明るいけれどピントの山がつかみにくいと言われています.中でもEOS系はMFに向かないとよく聞きます.デジタル一眼でも同様で,とくに10DはMFしづらいというので有名です.

10Dを実際手にしてMFしてみた感想は「けっこう合うじゃないか」でした.コントラストが高い被写体ならなんとかなります.レンズの焦点距離が短くなったりコントラストの弱い被写体だとつらいですが・・・.

MFを現状より容易にする方法として,1.「フォーカシング・スクリーンを非純正のものに換装する」 2.「ファインダーの倍率を上げる」 3.「両方実行する」 が挙げられます.

1についてはミノルタα用のスクリーンをカットして入れるとかタルベルグのスクリーンを入れるなどですが,ピントのずれはないのかという不安,露出が変わるので補正しなければならない問題があります.

1よりは手軽にできる2の方法から試してみることにします.倍率を二段階に変えられるマグニファイング・アングルファインダーをつかうやり方はひとまず脇に置いて,アイピースの手前に置いて1.2倍ほどに拡大できるマグニファイング・アイピースとしてはNikonのDK-17Mがかなり前から発売されています.本来D2シリーズ用ですが,加工してEOSにつけた例もネット上で発表されています.

最近¥5000のDK-17Mより安い(¥3150)DK-21Mが発売されました.これはD二桁シリーズ用で角型ですからそのまま,あるいは少しの加工でEOSにつく可能性が高いです.性能的に17Mと比べてどうなのか,ネット上では「変わらない」「少し落ちる」と両方の感想を見つけることが出来ました.価格からしてDK-17Mの方が質が良さそうな気はしますが・・・? 17Mはかなり手前に突き出ます.これはメリットデメリット両方ありそうです.外れやすいという意見も聞きます.

迷いましたが無加工でEOSにつくという,オリンパスから出ているME-1を購入することにしました.もちろん本来はオリンパスのE300,500用です.

ちょっと引っかかったのはDK-17Mを上回る税込¥5250という価格です.まぁDK-17Mをつけるためには他にアダプター類を買わなければならず,結果的には安いのですが・・・五千円ですよ,ごせんえん.行きつけのカメラ店に注文していたのが入荷しました.店の人も「これ,五千円もするんだ~」と驚いていました.早速装着してみました.ロックの爪などはなく,力をいれてはめるだけです.かなりしっかりはまりました.二つのレンズの中心が合っているのかやや疑問に思いました.もう少し下につくのがよいのでは?という気もしますが確信が持てません.この点に関しては時間をかけて検証してみます.
f0080743_0545199.gif
 256色GIF

装着したら視度補正を+側に数段回さないといけません.DK-17Mだと逆にマイナス側に回すそうで、逆になるのが不思議です.通常で視度補正をかなり+側にしている人はマージン不足で使えない可能性もあります.私は通常+2ディオプター分くらい補正しているのですが問題なく使えました.

f0080743_10126.gif
 256色 GIF

このように突き出る度合いは少ないです.

ファインダーを見るとたしかに一回り広くなります.MFは明らかにし易いです.下側の上表表示部も目を動かさずに見えますが,四隅はけられ気味です.まぁ問題ない程度と私は思います.眼鏡をかけての使用はまず無理でしょう.もともと10Dのアイポイントは長くはなく,ME-1の装着でさらに食われます.視野の周辺の像は流れ気味です.

私は常用することにしましたが,ふだん使っていてファインダーに不満がなければ五千円も出してつけるほどの事はないでしょう.しばしばMFを使う人で裸眼でファインダーを見る人にとってはなかなか有用だと思います.まぁ問題は五千・・・(しつこい).
[PR]
by auf1028 | 2006-04-16 01:17 | Comments(5)

アイスランドの植物

写真撮ってないのでネタがありませんので古い写真でも・・・.

私,昔からあまり花は撮らないんですが(スナップ派だったので)仕事でアイスランドへ行ったとき,日本の植物相とあまりに違うので何枚か撮りました.そう,高山植物みたいなんですね,みんな.ちなみに樹木はほとんどありません.あっても潅木だけです.キノコ類はいっぱいありました.
f0080743_0201730.jpg

f0080743_0193659.jpg
f0080743_0194548.jpg
Canon A-1 24mm F1.4 Kodak KL

さらに山の上へ行くともう普通の植物はまったくなくて苔類が地面にびっしり.これもまたすごい光景でしたが,残念ながら仕事中で写真を撮るというわけにはいきませんでした.もう一度行ってみたい場所のひとつです.
[PR]
by auf1028 | 2006-04-13 00:28 | Comments(4)

道の写真

f0080743_221039.jpg

別冊宝島EX「新しい写真の読み方」というムックがあって,これは知人から借りたのだがとても面白い.もう絶版だけれど写真関係の本としてはかなり部数は出ていると思うので,古書店ででも見かけたら是非確保しておくことをお勧めします.こういう切り口で写真を論じた本はあまりないと思う.

この本によると普遍的な写真のテーマのひとつとして「道の写真」があるのだという.地平線のかなたへ続く道とかですね.たしかに撮りたくなる人は多いだろうと思う.

当地へ越してきた当初,道がまっすぐで,ずっと遠くまで続いていることにやたらと感動してしまった.同じ思いを持つ人も多いようだ.残念ながら今はあまりに見慣れてしまったため,かつてほどの感動は覚えない.

f0080743_22192121.jpg
1999年4月 OLYMPUS C1400L
見事な樽型歪曲収差ですね.当時としては高画質なカメラだったが,撮った写真を今改めて見てみると少し拡大しただけでブロックが見えてしまい,うーん.

f0080743_22241731.jpg
 1999年4月 OLYMPUS C1400L

まぁ,アメリカあたりでは北海道どころではなくて地平線の彼方へ消えていく,どこまでもまっすぐな道が当たり前に見られるのだろうけど.

f0080743_22291860.jpg
 2005年2月 Glafrex Speed Graphic Nikkor M300mm F9 FUJI RDP

まっすぐな道を見慣れてしまった今でも道の写真は撮っているし,これからも撮るだろうと思う.
[PR]
by auf1028 | 2006-04-10 22:39 | Comments(6)

えー,古い家を撮るために入手したEOS 10Dですが,用事があったり天気が悪かったりでなかなか撮れないでいます.過去に撮ったフィルムからスキャンしてみました.8bitでスキャンしましたが3200dpi,TIFファイルで160Mあります.古いPCなのでレタッチするにしても,ひとつの行程にものすごく時間がかかる・・・.
f0080743_014848.jpg
MAMIYA RB67 SEKOR 127mm F3.8 FUJI RDP

5年程前,MAMIYA RB67を中古で入手してテストがてら撮ったものです.もう営業を止めて何年も経っているみたいでした.田舎にありがちな,典型的な雑貨屋ですね.玄関だけはアルミサッシに換えてあります.

富良野でもこの時代の家は農家の納屋などを別にするとそんなに残っていません.そのうち気合を入れて撮り直そうと思っているうちに取り壊され,アパートが建ってしまいました.

こういう家を観察してると細かい部分にある種の様式みたいなものが見えて面白いんです.この例では玄関の上の造りとか窓とかですね.たくさん撮っているとまた別なものが見えてくるのかもしれないと思っています.
[PR]
by auf1028 | 2006-04-08 00:27 | Comments(3)

EOS 10DにTriotar 135mm F4 (1)

前々からデジタル一眼レフを入手しいたらやってみようと思っていた.M42→EOSマウントアダプターによるレンズ遊びである.

アダプターは業者っぽい人からオークションで新品を入手した.¥3980.もっと安いのもあったけれど,これは周囲にローレットがあるのでレンズからはずすときにやり易い.実物を見たらそう精度が高くもない感じ.「JAPAN」と刻んであるが一部早くも字が消えかけている.いちおう刻印なのだがここだけへこんでいないのだ.「MADE IN JAPAN」とは書いてないからなぁ・・・.いわゆる「ピン押し」タイプでマニュアル/オート切り替えのないレンズでも実絞りで使用できる.

手持ちの,以前なんとなく入手しておいたZeiss Triotar 135mm F4をつけてみた.Tコーティング,鏡胴は真鍮にメッキ,ずっしりと重い.こんなに長いけれど三枚玉だからレンズと絞りは先っぽの方にまとめてついているだけなのだ.先の部分だけうまくはずれたら大判レンズ用シャッターに取り付けて,4×5で使ってみようと思っていた.ライツのヘクトール135mmが4×5をカバーするのはよく知られている.これもイケるんじゃないかと思った(確認はしていない).

このレンズは安い.Sonar 135mm F3.5の陰に隠れている.Sonarだってタマ数は豊富で安いがさらに安い.でもこの三枚構成に期待するところもあるのだ.三枚玉の描写は多数枚構成のレンズとは一味違うと思っている.
f0080743_21101862.jpg
f0080743_21102648.jpg
Ricoh Caplio GXで撮影

一枚窓から撮ってみたのが下の写真.この条件では三枚玉の特徴は出てこない.後ほどいいのが撮れたらアップしますね.普通によく写っている.ちょっとコントラストが低いか?(レタッチしてありますが)
f0080743_2120224.jpg
F22 1/250sec. ISO 200 5000K

このレンズは冬は使えない.ヘリコイドがものすごく固いのである.気温が低いとまったく回らない.今の季節なら何とかなるけれどやっぱり重い.業者に出して調整(グリス交換ですね)してもらおうと思う.自分では無理っぽい.(マイナスねじだし)

M42マウントのレンズは他にFUJINON 55mm F1.8を持っているのだが分解してカビ取りした後,うまく元通り組めないで放置されていた.今ちょっとまたいじり始めたところ.
[PR]
by auf1028 | 2006-04-05 21:30 | Comments(9)

しま太郎の足跡

f0080743_2232414.jpg

昨日の朝は10cmくらい雪が積っていた.本当は店の前の除雪をしなければいけないのだが,どうせ気温が上がれば融けるからと省略してしまった.
10時過ぎに一度店に入り,15分くらいして階段を降りたら写真の足跡が.
この辺はキツネやリスも来るが大きさからして違う.この辺を縄張りにしているキジ猫が巡回していったのだろう.私は「しま太郎」と勝手によんでいるのだが.なかなか近くで姿を見せることは少ないのですよ.時々向かいのお寺の境内をうろついているのを目撃する.
誰かが餌をと居場所を与えているのだと思う.そうでなければ-20℃にもなる冬を越すのは難しいだろう.なんとか冬を越せたみたいで,よかったよかった.猫の足跡ってこんな風に一直線になるんですね.
[PR]
by auf1028 | 2006-04-04 22:43 | Comments(5)