カテゴリ:DIY( 2 )

スノーショベル

先日の低気圧通過,富良野市は風が強かったので各所に吹き溜まりができてなかなか大変でした.積んである薪や焚きつけ,みな雪をかぶってしまいました.屋根の下なのに風が雪を巻き込んでしまうのです.

f0080743_1121831.jpg

これは愛用(?)のスノーショベル,ポリカーボネイト+薄い鉄パイプロングバージョンです.柄が長いと腰をかがめなくて済みます.この点で柄の短いスコップは嫌い.ですが雪を跳ね上げるときは力が必要になります.それはまぁ仕方がない.

柄にロープがついています.これは持ち運びのときに肩にかける・・・のではなくて https://www.youtube.com/watch?v=LQkGfqmD8Fc と,いうことなんですね.

早速やって見ました.なるほど,腰の負担は大幅に減ります.人によっては違和感あるかもしれませんが僕は気に入りました.
[PR]
by auf1028 | 2016-12-25 11:02 | DIY | Comments(6)

電動ドリルのニッカド電池をエネループに置き換える

北海道も場所によってかなりの積雪らしいですが,富良野は昨日まで積雪ゼロ.こんな年も珍しいです.今日はちょっと積もっていて景色は白くなりました.富良野新プリンススキー場は7日にやっとオープンするそうです.

・・・電動ドリルはACのを二台持っていますが,バッテリー式もあればばちょっと使いたいときわざわざコードを伸ばさなくてもよいので数年前に買いました.

日本メーカーのいちばん安いのです.家庭用.電池はなんと今時ニッカド7.2Vです.力は弱く電池の持ちも悪そうだけど使用頻度を考えればこれでいいかと.電池式ドリルは予備電池がないと話になりません.電池切れと同時に作業が中断してしまいます.チャージには時間がかかりますし.プロでも使えるクラスのドリルを中古で買ったとしてもリチウム・イオンの予備電池はとても高いのです.

しかし使ってみると電池の持ちは想像以上によくない.予備電池を満充電しておいても自然放電がかなりある.さらにリチウム電池のように使った後充電器に挿しておくというのが気軽にできない.使い切ってから充電しないと「メモリー効果」によってフル充電できないのです.

そこで電池ボックスの中身をエネループに入れ替えようと思いました.エネループはニッケル水素電池で充電器はニッカドと共用できそうです.メモリー効果や自然放電も皆無ではありませんが実用上無視できる範囲です.

f0080743_23505657.jpg

オリジナルの電池は単三より短くて太いのが6本直列になっています.これで容量1300mAhしかない.交換したエネループ・プロは2450mAhで倍近くあります.

単三のエネループ・プロを6本,バッテリーホルダーに入れましたが内部スペースの関係で収まらず下に飛び出してしまいました.(笑) スポット溶接ならホルダーを使わず収まりきると思うんですができるはずもありませんで.次は半田付けでやってみよう.温度センサーも一本の被覆を剥いてつけときました.(温度が上昇しすぎたとき充電を中断するようになっているはず)

f0080743_23511769.jpg

いちおうドリル付属の充電器で充電できます.エネループに最適かどうかはともかく.フル充電時の開放電圧は8.4Vもありますがまぁ大丈夫でしょう.

回してみるとニッカドとは回し始めの音が違うんです.ニッカドの方が高い.定常回転時の差はないようです.ニッカドの方が立ち上がりがよい? 内部抵抗が違うんでしょうか.実使用時において力の差は感じません.持ちの方は寒くなって外で工作しなくなっちゃったのでよくわかりませんが多分よくなってるんじゃないかと思います.

 *危険が伴いますので絶対に真似しないでください
[PR]
by auf1028 | 2014-12-06 23:50 | DIY | Comments(2)