バッテリーを充電しながらインパーターを使う


元旦に未来舎のバッテリー充電器CH-1225GTが到着しました.バッテリーに負荷を接続しながらでも使え,充電終了後フロート充電(電圧を維持しながら極少の電流を流す)に自動的に切り替わります(負荷が適切ならば).つまり繋ぎっぱなしでよいのです.この機種はハヤシラボで使っている充電器より容量大きいです.

f0080743_2252251.jpg

充電しながらバッテリー経由インバーターの100V出力でオーディオ機器を動かします.パワーアンプが130W,ノイマンのフェーダーも繋ぎますがこちらの消費電力は微々たるものです.インバーター出力は50Hzと60Hzが選べます.もちろん60Hzを選択します.

f0080743_22524580.jpg

インバーター経由でオーディオ機器を鳴らす理由は・・・商用電源100Vはもはや波形が崩れており正しい正弦波とは言えなくなっているからです.種々のノイズも乗っているでしょう.

音はクリアー&パワフル.電圧が下がるとインバーターは自動停止するはずですが何時間聴いても止まりません.

実のところ多少波形が崩れていたって整流結果に大差ないのでは?またノイズにしても可聴域に影響ないのでは?という疑問がありましたが,この結果からするときれいな正弦波でアンプを駆動するのがベターなんでしょうなぁ.

半日以上鳴らしてインバーターのスイッチを切りバッテリーの電圧を測ります.使用前と変わらず.これってバッテリーで鳴らしているというか,充電器のスイッチング電源で鳴らしていてインバーターとの間に超大容量のキャパシタ-を挟んだ感じになっているのか?よくわかりません.とにかく結果は素晴らしいので採用です.バッテリー端子への接続をちゃんとしたカタチにしましょう.

ただし問題が.充電器のファンが充電中回りっぱなしです(フロート充電の際は停止).曲の静かな部分になると耳につきます.スピーカーの横にファンヒーターを置いている感じ.密閉するわけにもいかないし・・・.何か対策を考えなくては.

この方式,バッテリーの扱いに慣れた人以外には全くオススメできません.万一ショートしたら大変なことになります.さらにリチウムイオン電池と違って爆発の可能性はありませんが倒したら希硫酸がこぼれるかもしれません.



[PR]
by auf1028 | 2018-01-07 22:52 | オーディオ | Comments(2)
Commented by mephisto.tres at 2018-01-08 20:54 x
aufさん、遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
これはすごく興味があります。ファンの音の低減(隔離かな?)方法もアップ頂けると嬉しいです。
Commented by auf1028 at 2018-01-08 23:09
mephisto.tresさん, 新年おめでとうございます.今年の
一月,北海道は異様に気温が高いですよ.

この方式ですが消費電力が大きい場合はバッテリーが減
るかもしれません.自動的に充電されはしますがそれだ
と電池寿命が短くなるのでカーバッテリーでなくディー
プサイクル用電池を使うべきでしょう.

ファンの音対策,いちばん簡単なのは離すことでしょう
けど僕の環境では無理なので,後ろの開いた箱を作って
入れるとか考えていますが完全に消すのは無理でしょう.
100Vにしてからは伸ばしても問題ないと思うので離すの
がよいのではないでしょうか.
<< 倉庫 年初めの写真・・・ >>