オイルタンク

廃屋の前に寄り添うように立つオイルタンク二つ.二つある理由が分かりません.ひとつは灯油タンクで間違いないと思うのですが,もうひとつは重油なのかもしれません.

f0080743_2355644.jpg

現在の灯油タンクはモナカ構造の薄い直方体です.その前はこのような円筒形,球体もありました.

Fd 50mm F1.4L @F1.4



[PR]
by auf1028 | 2017-09-08 23:06 | 風景 | Comments(4)
Commented by maou2929 at 2017-09-09 07:38
カッコいいですねこのタンク!!
重油も暖房用として使っていた時期があったのですか!?
まるで銭湯みたいですね。
Commented by gaku0107boo at 2017-09-09 13:17
こんにちわ!
なんだか寄り添う動物の親子みたいに見えますね。
家の外に灯油タンク、北海道ならではでしょうね。
使う量が半端ない感じですね。^^
Commented by auf1028 at 2017-09-09 20:42
魔王さん, 重油ストーブは石炭から灯油に切り替わる
時期の少し前にあったんですが普及しませんでした.油
の価格は安いんですがススが溜まりやすくトラブルがち
だったようで.今は改良された廃油ストーブが重油でも
何でも燃やせます.
Commented by auf1028 at 2017-09-09 20:48
岳の父ちゃんさん, 灯油タンク二個t使いってあまり見
たことないです.ホントに使う量がハンパじゃなくて,
業者がなくなった頃を見計らって勝手に入れていくんです
が灯油代を浮かせるために薪を割ってるわけです.
<< 虹の端 薪作り開始 >>