Distagon 25mmとSonnar 90mm

Distagon 25mm F2.8 AEG(Y/C)でトタン壁の建物を撮った後,横断歩道を渡って道路の反対側へ戻ったんですがSonnar 90mm F2.8(CONTAX G用)でも撮ってみました.

f0080743_232637100.jpg


f0080743_2331121.jpg

ほぼ同条件で現像,中間の明るさを揃えると・・・まったく同じではないがよく似た発色ですね.25mmが少し温調か.詰めればほぼ同じになりそうです.25mmで空が青いのは広角だから空の高度が高い部分が見えているのです.

これはDXO Optics Pro11で現像しましたが今では現像ソフトの違いの方が大きいですね,たぶん.RawTherapeeだとずっとあっさりした色になるはず.

Sonnar 90mm F2.8はいいレンズと思いますがヤシコンマウントのSonnar,85mm F2.8と100mm F3.5も絶対いいレンズだと思う・・・んだけどこの辺の焦点距離のレンズは持っているので買い難い・・・.



[PR]
by auf1028 | 2017-08-23 23:27 | 家,建物 | Comments(4)
Commented by maou2929 at 2017-08-24 08:39
25㎜の広角レンズもいいですが90㎜もまた味があっていい感じですねぇ
自分はこの域のレンズは、EF80ぐらいしか持っていませんでも結構気にいっているんですよねぇ単焦点の長いレンズ好きで本当は、もっと長いのも欲しいと思っていました。昔の話ですけど(笑)
Commented by auf1028 at 2017-08-24 22:09
広角だと深く考えなくてもど~んと寄って撮れば写真にな
るけど,中焦点距離のレンズは少し難しいですね.ズーム
連ずつ買えば,って話なんですが.(笑)
Commented by hiromiko7 at 2017-08-24 23:07
トタン板に現れた意味ありげな模様は何なんでしょう?
圧延したときの何かの跡なんでしょうか?
他では見たことのない面白いパターンですね。
Commented by auf1028 at 2017-08-24 23:55
お団子ですね.波型に整形する前はロールになっている
と思われますがその辺に関係あるのかなぁ・・・.
<< 雨の夕方,立ち並ぶ住宅群 壁のヒビ >>