再び高砂酒造

Canon New FD 50mm F1.2Lを借りることができたので試写.先日撮った高砂酒造へまた寄りました.

どちらもF1.4での撮影です.α7ではF1.2も1.4もボケ量はほとんど変わりません.F1.4では細部のコントラストがF1.2より少し上がります.ポートレイトなどでなければF1.2で撮る意味はあまりないかと.F1.4でもフォーカシングは非常にシビアです.

f0080743_22424940.jpg

旧社屋の板壁.黒色です.

f0080743_2243097.jpg

向かいにある新社屋.といってもかなり古く近代建築って感じです.



[PR]
by auf1028 | 2017-07-14 22:43 | 家,建物 | Comments(2)
Commented by gaku0107boo at 2017-07-15 08:54
おはようございます!
FD50mmF1.2L、一度は使ってみたいレンズです。
でも考えてみたら1.4とはほんのわずかな差なんでしょうね。
ワタクシもLレンズには敵いませんがリケノン55mm1.2を持っておりますが、そのじゃじゃ馬ぶりには手を焼いて、出番が少ないです。
でも持ち出してみたくなりました。
Commented by auf1028 at 2017-07-15 10:40
岳の父ちゃんさん, F1.2と1.4でボケの差がないのは
CMOSオンチップのマイクロレンズのところで蹴られて
いる可能性があります.でも,それがなくても差は小さ
いでしょうね.ただ,FD50mm F1.4のF1.4でも同じか
というと同じではない.中心部のシャープネス,コント
ラストで差があります.まぁ,撮っていて気持ちいいで
すよ.昔A-1使っていましたんで.

Rikenon 55mm F1.2お持ちなんですが.FD50mm F1.
2Lより中古相場高いかも.希少ですものね.




<< センスのよい配色の納屋入り口 白樺 >>