画像にノイズを加える

デジタルカメラの進化により普通PC上で見る大きさ.プリントする大きさではノイズが見えずきれいなのですが,何やらぬめりとした感じでもあります.ここに,あえてノイズを加える・・・すでに多くの人が試みているとは思いますが.DXO FilmPackではフィルムの粒状もシミュレートしてくれるらしいですが,持っていないのでどういう風になるかは知りません.銀塩写真の粒子が荒れた感じにしようというわけでもないんです.ディザ的にちょっと付加する.オーディオにおいても微小なバックグラウンド・ノイズがあった方が自然だったりします.そんな感じで.

f0080743_23082875.jpg
f0080743_23082376.jpg
Photoshopでノイズを付加してみました(ガウス分布).上がノイズを加えた画像です.このような被写体では効果的な場合もあるでしょう.ノイズの量は大きさによって変える必要があります.きれいに撮れるのが当たり前の時代になったので,色々考えないとなりません.(笑)

Labカラーに変換し,Lチャネルのみにノイズを付加しましたがRGBでノイズをグレースケールにしてもほぼ同じ感じかな(少し違う).




[PR]
by auf1028 | 2017-02-05 23:12 | カメラ,写真 | Comments(2)
Commented by maou2929 at 2017-02-07 06:51
敢えてノイズを加える時代なんですね。
昔は、いかにノイズを無くすかみたいな感じでしたが
上の加えた画像を見ると白い部分で違いがなんとなくわかるような赤い部分でもなんと無く色が濃くなったような気がします。
素人なんでこんなコメしか出来ず申し訳ないです。
Commented by auf1028 at 2017-02-07 22:10
今はスマホでもきれいな写真が撮れちゃうんで,色々考え
なくてはね.(苦笑)

<< 民宿 メンデルベルクのマタイ受難曲 >>