門柱のある家


昨日行った旭川市内の道路は氷に近い圧雪でつるつる.でもみんな結構なスピードで走ってますなぁ.僕はタイヤも古いので慎重に走りました.信号待ちからの発進はクリープを利用しないとヨレる.二車線が1.5車線になっていて,外側車線を走る車は内側にはみ出さないと走れません.なるべく併走にならないように互い違いになって走っています.

帰りの国道はずっとマシな状況でしたが前を走る86(現)がしょっちゅうリアがブレイクしてヨレていました.北海道の冬でFR車はきびしいです.でも好きな人は走ってますけどね.

f0080743_2257375.jpg

門柱のある家ですが門柱から玄関まで異様に近いですな.北海道の家としては異様に窓の面積が大きいです.あまり見ない造り.

住んでる人はいないようですが,玄関も窓も枠とビニール(?)でカバーしてあるのは(明らかに素人仕事ではない)何時かまた住むということなんでしょうか.

まともにあたっている光源はなくて付近の街灯その他の光を拾っています.見た目ではほぼ色はない感じでしたが写真に撮ると変な色になります.

人の眼は光量が十分にあるときは網膜の錐体細胞が働きますが,暗くなると感度の高い捍体細胞によって情報を得ています.この細胞は色の識別能力はないのであまり暗くなると色の識別ができません.真っ暗闇に近くて物がぼんやりとだけ見えているような状況では,人はモノクロームに近い景色を見ているのです.

よって,暗い場所で撮った写真を見た感じに近づけるには暗部の彩度を落とすべき・・・なんだけどPhotoshopではできないので全体の彩度を下げました.でもまぁ,こだわることもなかろうと思います.
[PR]
by auf1028 | 2016-12-17 22:57 | 家,建物 | Comments(4)
Commented by debu8219 at 2016-12-19 06:45
本当に後輪駆動で走るには怖いですね。
過去を振り返ると自分あまり後輪駆動の車って乗った事が無いんだなぁって思いました。
車の営業している時に....ってもうあれこれ30年ちかく前の話ですがその時に一台と今の軽自動車のエブリィでたったの二台だけ(苦笑)
後は、前輪駆動か四輪駆動ですw
お尻をフリフリしながらの運転は怖いですよね。

本当に門柱と建物が近いですね。
まるでこちら関東の家に近いって感じですね。
庭が無いんですね。
昭和の初期のような建物がまた味があっていい感じですね。
Commented by auf1028 at 2016-12-19 13:46
FR車は,あと降ったばかりで除雪していない道に入ったとたん
ストン,とスタックしちゃうこともあります.うまくやると交差点で
直角に曲がれて面白いですが180度曲がっちゃうこともあるの
でねぇ・・・.

Commented by hiromiko7 at 2016-12-20 22:57
1.5車線の道、青森でタクシーに乗って走ったことがあります。
道の真ん中にわだちの壁(?)ができていて、車がすれ違うときは
どちらかがそれをハンマーで割っていました。これ実話です。
Commented by auf1028 at 2016-12-21 00:31
片側一車線の道でわだちが三本ついてるというのもよく
ありますね.すれ違うときは何とかするということで.
<< 川霧と富良野新プリンスホテル PPバンド >>