黄色い戸板(芦別市)

このところ薪の原木運びと薪造りに追われ,写真撮っていません.日が暮れるのが早くなったこともありますが.

冬に使う薪を今造るのかよ?と思われるかもしれませんが,毎年そんなものです.年内は去年の残りで賄えるでしょう.新年までには大体乾くんじゃないかな.ベストな状態ではないでしょうけど.

北海道で薪ストーブを使っていた時代も秋に薪造りしていたらしい.子供の頃の薪ストーブに関する記憶は少ないのですが,ストーブの中でジュウジュウいいながら薪が萌えているのを見た記憶があります.秋に生木から薪にしたんでしょう.

f0080743_19215425.jpg

もう使われていない農家の納屋の入り口を黄色く塗られた戸板が塞いでいます.何のために黄色く塗ったのか・・・謎.
[PR]
by auf1028 | 2016-10-09 19:22 | 家,建物 | Comments(2)
Commented by hiromiko7 at 2016-10-12 21:52
まさか写真に撮られて世界に向けて公開されるなんて思わなかったんでしょうねぇ。
「どうでもいい」を画に描いたような・・・ いや、ひょっとしてそれを主張している?
Commented by auf1028 at 2016-10-12 23:55
閉まっていることを強調したかったのでしょうか?
でも強調する意味がない.ロープが架かっていますが
これも意味不明.
<< FUJICA ST605とST801 ビワの芽が出た >>